井二かけるさんのページ | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


井二かけるさんのマイページ

ウェブサイト
http://
自己紹介文
情報処理安全確保支援士(第000226号)、作家、プログラマー。 「こうしす!」など、作品を通じた情報セキュリティ普及啓発活動を行う。

投稿したアイデア 6

PC等の償却資産の管理事務を簡素化するため、固定資産税評価上の簿価を法人税上の簿価に統一する

井二かけるさん

■問題点 PCなどの償却資産について、法人税と固定資産税とで、法人税の償却限度額や簿価が一致しないケースが多々あります。 そのため、法人税用の固定資産台帳と固定資産税用の固定資産台帳を別々に管理しなければならないことが、事務的な負担となっています。 1. 20万円以上30... » 詳しく

  • 5ポイント
  • 5
  • 0コメント

公的個人認証サービスの電子証明書による電子署名があれば法定調書のマイナンバーの記載を省略できるように

井二かけるさん

■問題点 以下の投稿を参照 事業者に過大な負担を強いている源泉徴収、法定調書、マイナンバーの制度を、デジタル社会に沿うよう見直す https://ideabox.cio.go.jp/ja/idea/04641/ ■解決策のアイデア 電子署名の技術を用いれば、そもそも法定調書にマイナンバーを記載す... » 詳しく

  • 3ポイント
  • 3
  • 0コメント

源泉徴収義務者をクラウドソーシング事業者にする

井二かけるさん

■問題点 以下の投稿を参照 事業者に過大な負担を強いている源泉徴収、法定調書、マイナンバーの制度を、デジタル社会に沿うよう見直す https://ideabox.cio.go.jp/ja/idea/04641/ ■解決策のアイデア 多くのクラウドソーシングサービスでは運営者は取引の当事者とならない... » 詳しく

  • 2ポイント
  • 2
  • 0コメント

屋号付き口座にはマイナンバーを紐付け、屋号付き口座に振り込んだ場合には源泉徴収対象外とする

井二かけるさん

■問題点 以下の投稿を参照 事業者に過大な負担を強いている源泉徴収、法定調書、マイナンバーの制度を、デジタル社会に沿うよう見直す https://ideabox.cio.go.jp/ja/idea/04641/ ■解決策のアイデア 屋号付き口座にはマイナンバー紐付け、その口座に振り込んだ場合は、源... » 詳しく

  • 2ポイント
  • 2
  • 0コメント

事業者に過大な負担を強いている源泉徴収、法定調書、マイナンバーの制度を、デジタル社会に沿うよう見直す

井二かけるさん

本来、源泉徴収とは納税事務や徴税事務を簡素化することを目的とした制度であるはずです。しかし、マイナンバー制度の導入により、納税者や源泉徴収義務者にとって過大な事務負担を強いるものとなってしまっています。やむなく「サイバーセキュリティ対策として、収集したマイナンバーを... » 詳しく

  • 1ポイント
  • 3
  • 1コメント

不動産登記申請が原則オンラインで完結できるように

井二かけるさん

■問題点 申請総合ソフトを用いた不動産登記申請において、現状では多くのケースでオンラインで登記が完結しません。 ◇証明書類等が書面交付のために郵送が必要となる例 例えば、不動産の相続登記の場合、以下のような添付書類が書面交付であるために、郵送で送付する必要があり... » 詳しく

  • 10ポイント
  • 10
  • 3コメント

お気に入りアイデア 0

まだお気に入りがありません。

投稿したコメント 1

PC購入時の「10万円の壁」の解消

30万円未満のPCについて、少額減価償却資産の特例を適用した場合でも、償却資産税(固定資産税)の対象にはなります。そのため、結局、減価償却の管理が必要となります。この事務コストは無視できません。

したがって、少額減価償却資産の特例の恒久化に併せて、少額減価償却資産の特例を適用したものは固定資産税の対象から除外するということも必要ではないかと思います。

by 井二かけるさん - 2020/10/15 02:35 問題を報告

投票履歴 6

高評価コメント 0

他のユーザからの評価(★の数)の平均が4以上のコメントを表示しています。

ページの先頭へ