hashmanさんのページ | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


hashmanさんのマイページ

ウェブサイト
http://
自己紹介文
自己紹介は未記入です。

投稿したアイデア 1

法務局「登記・供託オンライン申請システム」のID有効期限について

hashmanさん

法務局「登記・供託オンライン申請システム」は便利ですが、IDに有効期限があります。 最終利用後1年の有効期限で、期限を過ぎると問答無用で削除されてしまいます。 少なくとも更新手続きのメールを送るか、そもそもログインをマイナンバーカードにするなど、利便化をお願いします。 » 詳しく

  • 2ポイント
  • 2
  • 0コメント

お気に入りアイデア 0

まだお気に入りがありません。

投稿したコメント 3

法人マイナンバーカードを作って印鑑証明を廃止に

#002 省庁から要求されるんですよ・・・

by hashmanさん - 2020/12/23 09:41 問題を報告

実際に法人の印鑑証明をオンラインで取るには

・法務省発行の電子証明書(有料!!)
・登記・供託オンライン申請システム(登記ねっと 供託ねっと)へのID登録(最終利用日から1年で削除される!!)

が必要です。
投稿者様は、印鑑証明書すら必要のない状態にし、法人ICカードによって法人格の証明とすることをお考えのようで、それはそれで大変良いと思うのですが、少なくともマイナンバーカード並みに簡便に印鑑証明書や全部事項証明書を取得できるようにして欲しいです。

法務省発行の電子証明書は年額7、900円も支払わなければなりません。いつ必要になるかわからない全部事項証明書や印鑑証明書のためにこの金額に見合ったコストは事業者の規模が小さければ小さいほど負担が大きいです。
政府が副業を推奨しているのならば、法人格を持ったひとり事業者にも利便性を提供するべきではないでしょうか。

結局法務局に行き、「現金」で支払いをしないといけません。
そろそろやめましょうよ。

by hashmanさん - 2020/12/23 09:40 問題を報告

法務省は商業登記電子証明書を電子証明書と略称することをやめてください。

まさに、たった今、その罠にハマりました。

by hashmanさん - 2020/12/23 09:17 問題を報告

投票履歴 6

高評価コメント 0

他のユーザからの評価(★の数)の平均が4以上のコメントを表示しています。

ページの先頭へ