KazTさんのページ | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


KazTさんのマイページ

ウェブサイト
ウェブサイトは未記入です。
自己紹介文
自己紹介は未記入です。

投稿したアイデア 5

学校教育の入札化 (デジタル化に祭して、貧富の差=教育格差を是正)

KazTさん

学習塾のレベルがすごく高い現在では、貧富の差=教育格差につながっています。 一番格差があってはいけないのは、医療と教育だと思います。 学校教育の一部を学習塾の競争入札化にして、それをデジタル化して学校や先生は教育状況を管理しては? そうすれば、学校の先生は道徳や... » 詳しく

そうなるでしょうが・・・「デジタル庁法」草案⇨国会審議

KazTさん

おそらく、その予定だと思いますが このアイディアボックスの意見を元に・・・  審議案のたたき台作成     ↓ 委員会・専門家会への諮問・審議     ↓   骨子・草案策定     ↓    国会提出 (テレビ等メディアで提出案公開)     ↓    国会審... » 詳しく

行政サービスの銀行・コンビニ委託 & 24時間化

KazTさん

本来、行政サービスというのは、職業分類ではサービス業に位置付けられるはずです。 一部を銀行やコンビニに窓口業務を委託するべきだと思います。 行政サービスの実態は平日の9時ー17時で窓口が閉まり、受付窓口も様々なところに分散しており、サービス業が本来目指すべき利便性向... » 詳しく

国民皆金融サービス制の実施

KazTさん

国民全員に対する10万円の給付で露呈した課題ではありますが やはり、私は国民全員が平等に金融サービスを享受できるようになるべきだと思います。 つまり、国民全員が銀行口座を持つということです。 そうすることによって給付金なども迅速に給付でき、抜け漏れが発生しません... » 詳しく

情報管理インフラ整備の必要性

KazTさん

デジタル化の整備は、情報管理システムの整備と切っても切れない関係にありますので、私の提案はより大局的な、一般的・抽象的な枠組みにさせて頂きます。 まず、行政での情報の運用と管理と監査はそれぞれ切り離さないといけないと思います。 つまり運用・保全・監査の三権分立型のシ... » 詳しく

お気に入りアイデア 3

eStatに完全集約!→政府統一のデータ分析基盤の構築を急ぐ

dominoさん

デジタル活用にはデータ活用促進が不可欠だと思いますが、政府統計は有用なデータの宝庫ではあるのですが、活用がしにくい状態だと思います(欲しいデータがどこにあるのかわからない、データ形式が扱いくいなど。) これらを早期にもっといい状態にしていくことが、大事だと思います... » 詳しく

「住所記入」の手間を削減したい

Sinonさん

公・民問わず、この先の人生で「住所記入」の手間を無くしたいです。 役所に行って何か手続きをすればこっちの紙に住所を記入、あっちの紙に住所を記入。 電話をすれば電話先で住所を口述して、相手が復唱して確認。 何かの契約や、引っ越しや結婚などを行えばまたいくつもの書類に... » 詳しく

個人情報保護法の抜本的改正

shin_fukuokaさん

パーソナルデータの適切な保護と利用のために、現行の個人情報保護の体系を抜本的に見直すべきと考えます。 現行の個人情報保護法は、パーソナルデータの第三者提供等について、原則として本人の同意を中心に構成されています。 しかし、本人同意中心の仕組みは以下の問題点を孕んでい... » 詳しく

投稿したコメント 38

学校教育の入札化 (デジタル化に祭して、貧富の差=教育格差を是正)

#005 確かにその蓋然性は一部、あるかもしれないですね。
科目を教えたい人で実力のある人が、予備校の講師に集中して学校に残る先生は、道徳教育や学校行事や、いじめ問題対応などの科目を教えること以外をしたい人に限られてしまうような住み分けが起きてしまう可能性はありますね。

なんとか両立できれば良いのですが、もっと私自身も教育業界などについて知見を深めないと、両立できるような提案はできなさそうです。

by KazTさん - 2020/10/20 19:00 問題を報告

#004 の意見に補足させて頂きます。
私の意見はあくまで、即効性を考えればというものです。
確かに、長期的には0014akiraさんがおっしゃられるように、無駄な業務がデジタル化により処理能力が向上し、迅速に処理できるなどによって、教員が自身の指導力の向上に努めれるように努力や学習できるようし、相互に意見交換や個別の生徒の特性に沿った学習ができるように時間をかけて教員の全体的な学習指導技量の向上を図ることができれば、全員が幸せになれる方法だと思います。

長期的には、そのような対応をするとしても、あくまで即効性を求めるならという見解から、ここで提案をさせて頂きました。

また教育の方向性などに瑕疵があっても広く一般的抽象的なため、行政事件訴訟の原告適格も不適格と思慮するので、デジタル化の意見公募の際に併せて議論する機会ができれば良いと考え、提案させて頂きました。

by KazTさん - 2020/10/20 18:52 問題を報告

#003 確かに教員の方々の思いについてはさまざまな思いがあると察します。

数学や体育など特定科目の先生になりたくて教員になられた方や、部活の顧問になりたくてなられた方など様々な方がおられ、その方々の思いをないがしろにするのは、公務員の労働基準法適用の制限等々の権利の制限は、合理的と解される範囲においてのみ制限される判例に照らしても慎重に検討されるべきものと考えます。

一方で、貧富の差=教育格差を生んでいる現状は、行政がその是正措置を積極的に行なっているのか疑問に思います。
一番の教育格差の被害者が教育権の授権者である学生にしわ寄せがいくのは避けるべきで、教員の思いと比較考慮すれば学生のためになる方を優先すべきと思います。
教育業界での競争原理を抑制し、その発展を阻害するのは教育手法そのものの発展阻害になるので、避けるべきと思うので、逆に入札などで、それを利用する提案をさせて頂きました。

by KazTさん - 2020/10/20 18:28 問題を報告

行政サービスの銀行・コンビニ委託 & 24時間化

#003
確かにそういう意味でデジタル化で24/7の受付ができますね。

単純窓口業務でないもので民間委託できればと思ったのは、羈束行為で申請受理などの際に個別に、どのような補正が必要か、必要な書類や情報を提供する業務のうち一部でも委託できれば、行政サービスが低下せず、または一部利便性が向上すると考えるからです。

確かにおっしゃる通り、法律行為的行政行為などは、そもそも民間委託できないし、するべきでないのですが、そうでないものについて、それぞれ各申請ごとの個別具体的な補正の求めも、いずれ全てデジタル化できるのかもしれないのですが、デジタル化するまでに補正の傾向の類型化などのデータ採取が必要ではないかと思います。
(各職員の肌感覚ではある程度、この項目を注意しようなどはあると思いますが、データとして蓄積されていないように思います)

そのため、デジタル化をしても行政サービスの質の低下を招かず、かつデータ採取と蓄積を考えるなら、準法律行為的行政行為の一部は民間委託できると考えます。

by KazTさん - 2020/10/20 17:59 問題を報告

副業を可能にして欲しい

大いに賛成です。
ただ、秘密保持の徹底など、副業を許可した企業が損をしない仕組み作りは徹底しないとですね。

現在、公務員でも副業などに関して、意見交換や調査などが行われていることや、
各企業が就業規則を作成する際の規範とする厚労省の「モデル就業規則」も、去年頃から副業禁止規定が削除されていたりと、社会的にも徐々に副業を認める流れになってきているように思います。

また、ご指摘のように税収・経済効果の面でも必要に迫られていると思います。

労働人口は減少し、新たな産業が成長しにくい日本では、社会保障用の税収と、その基の収入を企業一社のみでは払えないようになると思うので、長期的には兼業が主流になっていくように思いますが、政府がもっと推進する必要はありますね。

by KazTさん - 2020/10/19 21:03 問題を報告

人命救助に係る救急搬送について その1

大規模なシステムになるかもしれませんが・・・
証券取引所で、売買動向がリアルタイムで誰でも見て取れるシステムが導入されているので、官邸肝いりで、厚労省とデジタル庁が取り組めば、お金と時間はかかるかもしれませんが、できるような気がします。
既存の119番への電話から、消防署への連携システムを応用したりしても実現できれば、早めに実現できるかも?

病院の現状など、もしかすると技術面以外で深刻な課題があればできないかもしれませんが・・・


社会的弱者にしわ寄せがいくようなことがあってはならないと思うので、この課題が改善できることを願っています。

by KazTさん - 2020/10/19 04:34 問題を報告

戸籍の移動

#003 すみません。上記のコメントと混同していました。

しかし、手続きのデジタル化では、他の手続きにも該当することですが、本人認証の課題があるので、そこの課題を乗り越えるのは難しいのではないでしょうか。

もちろん、現行の方法でもなりすましなどが絶対できないとは断言できないのですが、デジタルで手続きを行うとなると、一段と偽造やなりすましのリスクが発生するので、それを防止する手法を確立することが先んじて必要になると、個人的に思います。

by KazTさん - 2020/10/17 02:24 問題を報告

ネット犯罪防止の強化

正直、ネット関連に関してはもっと法整備しないといけないですよね。
法整備のためには、ネット上で起こった犯罪やトラブルの類型化が必要だと思うのですが、それが一切行われていないことで、ネットトラブルに法律が対処できていない現状を生み出しているのだと思います。

確かに、手間と時間がかかるので大変ですが
これを管政権が「ネット上の問題を類型化して犯罪抑止のために、問題があった事案は法整備する!!!」といえば、反対する人はいないし、世界的にも表現の自由を担保しつつ課題を法法整備することは評価されることだと思います。

by KazTさん - 2020/10/17 01:39 問題を報告

学校教育の入札化 (デジタル化に祭して、貧富の差=教育格差を是正)

#001 確かに個別最適な学習をするために個別サポートをし、そのために人員増加をするのは必要だと、私も思います。

ただ、そのために公立学校の場合、公務員である教師の数を増やすのは、慎重な検討が必要だと思います。

学校の先生は間違いなく過剰労働で、学校現場は人手不足の状況にあるのは間違いない状況ので、何らかの形で人員を増員、または業務削減する必要があります。
それが、一部民間委託などで実現でき、デジタル化でより管理でき、さらに生徒個別の進捗を把握できるのであれば、個人的にはそれが良いのではないかと考えています。

by KazTさん - 2020/10/16 22:26 問題を報告

戸籍の移動

相続やその他の法律上の権利関係の問題の際に、現在では戸籍謄本で原戸籍まで調べる必要があるので、戸籍制度は必要だとは思いますが、

何十年も行政サービス上の利便性が向上されていないというのは、サービス業という業態として、どうなのかと疑問に思う気持ちには同感します。

マイナンバーと紐付けしたりすることには賛成です。

by KazTさん - 2020/10/16 19:15 問題を報告

ガス点検強盗防止のための現金廃止とスマートフォンによる訪問者本人確認

公共事業の職員の認証確認のためにデジタル技術を活用するのは大いに賛成です。

ただ、ドアガードをした状態でドアを開けても、強盗に来るような輩は、その隙間からチェーンカッターで切って侵入すると思うので、運用方法などは検討する必要があると思います。

by KazTさん - 2020/10/16 15:17 問題を報告

行政手続きのオンライン化、24時間365日化

私も似た意見で、オンライン化+24時間化すると同時に、
銀行支店とコンビニなど民間委託のアイディアを投稿させて頂きました。

まさに、行政サービス=サービス業なのに利便性の向上が何十年もないのはおかしいと思います。
オンライン化や民間委託で、現在の公務員の労働を増やすことなく実現できるなら、これは進めるべきだと思います。

by KazTさん - 2020/10/16 14:26 問題を報告

音声認識ができるタブレットを福祉窓口に配置し、職員が話す内容を大きな字幕で表示する。

マイクロソフト・OfficeのTeamsで会議を行うと、英語限定ではありますが話している言葉をリアルタイムに字幕化してくれるので(ちょくちょく誤字はありますが・・・)どこかの業者か、それかマイクロソフト日本法人に依頼すれば、これは近いうちに実現できそうですね。

by KazTさん - 2020/10/16 14:07 問題を報告

特定個人情報の「特定」を廃止を

個人情報保護法上のカテゴリー的には、マイナンバーは「個人情報」でもあり、同時に「特定個人情報」でもあります。

同法上の「個人情報」はかなり大きなくくりで、その中でも個人を特定できるものを「特定個人情報」と定義しています。
なので、投稿の趣旨としてはマイナンバーを個人を特定できないようにした「匿名加工情報」にして欲しいということだと推察します。
しかし、同法上、これは難しいかもしれないです。


確かに、マイナンバーカードにマイナンバーが印字されているのは正直、セキュリティー上の不安を覚えます。
この印字されている番号だけでは個人が特定できないようにすればいいという発想にはなるのですが、そもそも「匿名加工情報」の定義としては、個人が特定できないものにし、さらに他の情報と合わせても復元できないものと定義しているためです。

「特定個人情報」と「匿名加工情報」の中間ぐらいのカテゴリーを設定することがまずは先なのかなと感じます。

by KazTさん - 2020/10/16 13:58 問題を報告

デジタル庁など認定の発達障がい者支援センター設置と横展開へ

本来、社会的に非力な方々を国民みんなの力で支えようというのが行政サービスというサービス業の本質のはずですが、
投稿されている意見が本当だとすれば、一番支えられないといけない方々への支援が後回しにされているように感じます。

デジタル化でこの領域の紙媒体による管理・事務業務が効率化し、実際に臨床心理士の方々の訪問回数が増えるなら、ぜひ改革を行うべきだと思います。

by KazTさん - 2020/10/16 13:47 問題を報告

住民基本台帳システムの一元化

この際、デジタル庁にシステムの作り直しを!!!!と言いたい気持ちもありますが・・・

だいたいそれぞれの領域ごとで分かれているシステムを横通ししようとすると、大量に深刻な問題が発生することが多々あるように思われます。

代表例が、多くの企業でのASP導入などです。
だいたい深刻な問題が頻発していても、報告書の表現を変えて深刻でなさそうにしてごまかしている例が多いので、それぞれのシステムのインターフェスを向上させることに注力した方が、移行などをして混乱を招くことが少なくなると思います。

本当は、理想を言えば、抜本的に全部一貫したシステムにできればいいのですが・・・
大混乱が起こるリスクを考えれば、中立とさせて頂きます。

by KazTさん - 2020/10/16 01:38 問題を報告

ライフイベントを契機とした官民のワンストップサービス構想

身分行為・保険サービス・医療サービス・金融サービスについては、ワンアクションを起点に、相互に牽連性を持って処理してほしいですね。
(できれば通勤定期も並びたくないですが、定期券との連携は難しいかもしれませんが・・・)

賛成です。

by KazTさん - 2020/10/16 01:26 問題を報告

「マイナンバーカード」を使って、選挙のオンライン投票を可能に

現在は中立、但し本人認証の精度をもっと上げることを条件に賛成です。

マイナンバーの活用・他の権利利益を活用する際の導入の一環としては、選挙への活用が一番国民からの反対意見が出にくいと思います。


すでにマイナンバーは振り分けられており、一身専属性という観点からも、選挙という重要な権利行使の機会の際の本人認証の証憑としてマイナンバーカードをオンライン・オフライン問わず活用することには賛成です。

ただし、オンラインの場合はフィッシングなどでマイナンバーが漏洩する蓋然性があるので、そのセキュリティーは相当慎重に検討する必要があると思います。

by KazTさん - 2020/10/16 01:06 問題を報告

行政サービスの銀行・コンビニ委託 & 24時間化

#001
ご意見ありがとうございます。
デジタル化し、行政側の処理時間が短縮すれば、受付時間が長くなる(営業時間が短い状態が解消される)というのは、運用の仕方や受付方法の見直しなど、もう少し他のことも含めた検討が必要だと推察しますが、

ここでの問題は、行政サービスというサービス業の利便性が長年向上してこなかったことに問題があると思います。

その解消手法の一つとして受付を民間委託・デジタル化をすることで
公務員の労働時間や業務を増やすことなく実現できるのではないだろうか、というのが投稿意見の主旨でした。

by KazTさん - 2020/10/16 00:45 問題を報告

情報管理インフラ整備の必要性

#001
ご意見ありがとうございます。
確かにおっしゃる通り、アメリカの国防総省でも行われている様に、脆弱性の指摘に対しての報奨金は必須ですね。

ご指摘頂きありがとうございます。

by KazTさん - 2020/10/16 00:20 問題を報告

サイバー警察を全国組織に一本化

サイバー警察は特に一元化して、強力な組織としないといけないというのは賛成です。

正直、行政の情報管理体制も、防犯という意味では同時に監査してほしいです。

by KazTさん - 2020/10/15 17:40 問題を報告

国政選挙の投票率アップ化とインターネット投票

若年層の投票率の向上と、ネット投票による投票のアクセサビリティーの向上はまた別の話のような気がします。

やはり、抜本的な投票率の向上のためには、ネット投票などのテクニック的な問題ではなく、もっと別のところに問題があるように感じます。

ただ、ネット投票にはコスト削減や、利便性向上なので、賛成です。

by KazTさん - 2020/10/15 17:35 問題を報告

インターネット投票の実現

インターネット投票は実現しようとすれば、セキュリティーや本人認証精度の厳格さを低くすれば、ある程度早期にできると思いますが、
やはり本人認証性の精度をより高める方が先にあると思います。

それと同時に選挙に関連する法整備も行なって、もっと各党の政策が伝わりやすく、もっと宣伝しやすくしないと、国民に伝わらず、投票率が伸びないと思います。


アメリカでは科学を一般の人にもわかりやすく伝える人をサイエンス・コミュニケーターと言いますが、日本では政治・政策をわかりやすく伝えるポリティカル・コミュニケーターをしっかりと各党がデジタル技術やマーケティング手法を使って伝えて行くべきだと思います。

少し、論点がずれてしまいましたが、やはりインターネット投票には、セキュリティーの問題がつきものになると思いますが、投票率の低下に対する抜本的な解決策は、インターネット投票などのテクニック的なものではなく、もう少し別にあると思います。

by KazTさん - 2020/10/15 17:13 問題を報告

図書館の廃止

図書館の存在意義などを考慮すれば、やはり広く国民が知識を得る接点として存続させる必要があると思います。
それは、図書館という空間で本を落ち着いて読んだり、打ち合わせ室などで、文献内容について議論をしたりするという場の提供という意味も含めます。

一方で、オンライン図書館という発想自体は国民が文献など、知識を得る接点となると思うので、著作権を侵害しない程度で一部公開するということは良いかと思いますが、あまり推し進めると著作権との兼ね合いがあるので、これについては慎重に検討する必要があると思います。

by KazTさん - 2020/10/15 16:57 問題を報告

障害者手帳を便利にしてほしい

実際に交付されている、身体障害者手帳などを見ると、簡単に偽造ができそうな作りになっていたりするので、もっと偽造を困難にするようにしないといけないと思います。

さらに、国からの身体障害者に対する福祉政策以外に、各都道府県んでも独自に行っていますが、それも窓口が違ったり、申請も一度ではなく、いろいろな書類をつけたり、病院になんども書類の記載と交付に出向いたりと、不便が多いのも事実です。

このあたりは、デジタル化を推進すると同時に、解消してほしい問題だと思うので、賛成致します。

by KazTさん - 2020/10/15 16:52 問題を報告

アイデアボックスを常設して欲しいです。

一応、官邸・各省庁や自民党のウェブサイトでは意見の募集などはされているのですが、少しわかりにくかったり、提出意見が公にされなかったりしていて、運用に問題があるかもしれないですね。

あとは、提出意見が公にされるものであれば、個別に法律を制定する過程で、行政手続法の意見公募手続きに基づいてパブリックコメントを募集しているので、個別の法律のことに限定されていますので、もっと利便性がいいものがあればいいのですが・・・

by KazTさん - 2020/10/15 13:21 問題を報告

不要な生体認証データ削除の義務化

生体認証データは活用の仕方によって、直接国民の権利利益に影響が出やすいので、本当に不要であれば削除し、管理するとしても行政から独立した中立的な管理専門の機関に管理してもらう方が、行政の勝手な都合で利用・悪用されるとたまったものじゃないです。

やっぱり、データ管理・運用方法はしっかり政府に検討してもらわないといけないと思います。

by KazTさん - 2020/10/15 13:09 問題を報告

アイデアボックスを期間限定にせず意見を言える場所として残してほしい

#002 一応、官邸・各省庁や自民党のウェブサイトでは意見の募集などはされているのですが、少しわかりにくかったり、提出意見が公にされなかったりしていて、運用に問題があるかもしれないですね。

あとは、提出意見が公にされるものであれば、個別に法律を制定する過程で、行政手続法の意見公募手続きに基づいてパブリックコメントを募集しているので、個別の法律のことに限定されてしましますが、そちらを活用するのもいいかもしれないです。

by KazTさん - 2020/10/15 13:02 問題を報告

公立小中学校の民間運営化

教育において、科目教育と道徳観の育成が必要だと思います。
科目教育に関しては、正直、教える技術の高い学習塾などに競争入札させる方が、貧富の差が教育格差となることが防げるので、こちらは積極的にやるべきだと思います。

しかし、道徳観の育成に関しては、かなり慎重にならないと偏見を持ったり、思想信条に偏りが生じる可能性があると思います。
例えば、ある宗教の方に、この道徳観の育成を任せるとすれば、その宗教観に強い影響を受けすぎて、他の宗教観を排除したり、差別的な考えで凝り固まってしまって、その後のその方の人生に大きな影響を与える可能性が高いです。

もちろん、現在の教師の思想信条に影響されやすい現状もおかしいと思うので、一部民間の参入をする必要もあると思いますが、それは慎重に審査しなければならないと思います。

by KazTさん - 2020/10/15 12:53 問題を報告

車の免許更新のデジタル化

免許の交付や更新は直接国民の権利利益を形成する行為なので、慎重に審査されるべきですが、やっぱり1日休みをとって行くのも不便だなって思います。
オンラインでの講習・聴聞や、何か直接講習所に行かなくても、しっかりと審査できる方法をして、必要であれば教習所に行くなどの方が利便性が向上しますね。

やっぱり行政サービスは、本質的にはサービス業のはずなので、さらにデジタル化を進めて、公務員の負担を増やさない形で、もう少し利便性を向上していただきたいですね。

by KazTさん - 2020/10/15 12:40 問題を報告

投票履歴 54

戸籍の移動
医療業務の電子化
図書館の廃止
学校の廃止
生涯電子カルテ

高評価コメント 9

他のユーザからの評価(★の数)の平均が4以上のコメントを表示しています。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

大いに賛成です。
ただ、秘密保持の徹底など、副業を許可した企業が損をしない仕組み作りは徹底しないとですね。

現在、公務員でも副業などに関して、意見交換や調査などが行われていることや、
各企業が就業規則を作成する際の規範とする厚労省の「モデル就業規則」も、去年頃から副業禁止規定が削除されていたりと、社会的にも徐々に副業を認める流れになってきているように思います。

また、ご指摘のように税収・経済効果の面でも必要に迫られていると思います。

労働人口は減少し、新たな産業が成長しにくい日本では、社会保障用の税収と、その基の収入を企業一社のみでは払えないようになると思うので、長期的には兼業が主流になっていくように思いますが、政府がもっと推進する必要はありますね。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

正直、ネット関連に関してはもっと法整備しないといけないですよね。
法整備のためには、ネット上で起こった犯罪やトラブルの類型化が必要だと思うのですが、それが一切行われていないことで、ネットトラブルに法律が対処できていない現状を生み出しているのだと思います。

確かに、手間と時間がかかるので大変ですが
これを管政権が「ネット上の問題を類型化して犯罪抑止のために、問題があった事案は法整備する!!!」といえば、反対する人はいないし、世界的にも表現の自由を担保しつつ課題を法法整備することは評価されることだと思います。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

個人情報保護法上のカテゴリー的には、マイナンバーは「個人情報」でもあり、同時に「特定個人情報」でもあります。

同法上の「個人情報」はかなり大きなくくりで、その中でも個人を特定できるものを「特定個人情報」と定義しています。
なので、投稿の趣旨としてはマイナンバーを個人を特定できないようにした「匿名加工情報」にして欲しいということだと推察します。
しかし、同法上、これは難しいかもしれないです。


確かに、マイナンバーカードにマイナンバーが印字されているのは正直、セキュリティー上の不安を覚えます。
この印字されている番号だけでは個人が特定できないようにすればいいという発想にはなるのですが、そもそも「匿名加工情報」の定義としては、個人が特定できないものにし、さらに他の情報と合わせても復元できないものと定義しているためです。

「特定個人情報」と「匿名加工情報」の中間ぐらいのカテゴリーを設定することがまずは先なのかなと感じます。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

本来、社会的に非力な方々を国民みんなの力で支えようというのが行政サービスというサービス業の本質のはずですが、
投稿されている意見が本当だとすれば、一番支えられないといけない方々への支援が後回しにされているように感じます。

デジタル化でこの領域の紙媒体による管理・事務業務が効率化し、実際に臨床心理士の方々の訪問回数が増えるなら、ぜひ改革を行うべきだと思います。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

サイバー警察は特に一元化して、強力な組織としないといけないというのは賛成です。

正直、行政の情報管理体制も、防犯という意味では同時に監査してほしいです。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

インターネット投票は実現しようとすれば、セキュリティーや本人認証精度の厳格さを低くすれば、ある程度早期にできると思いますが、
やはり本人認証性の精度をより高める方が先にあると思います。

それと同時に選挙に関連する法整備も行なって、もっと各党の政策が伝わりやすく、もっと宣伝しやすくしないと、国民に伝わらず、投票率が伸びないと思います。


アメリカでは科学を一般の人にもわかりやすく伝える人をサイエンス・コミュニケーターと言いますが、日本では政治・政策をわかりやすく伝えるポリティカル・コミュニケーターをしっかりと各党がデジタル技術やマーケティング手法を使って伝えて行くべきだと思います。

少し、論点がずれてしまいましたが、やはりインターネット投票には、セキュリティーの問題がつきものになると思いますが、投票率の低下に対する抜本的な解決策は、インターネット投票などのテクニック的なものではなく、もう少し別にあると思います。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

実際に交付されている、身体障害者手帳などを見ると、簡単に偽造ができそうな作りになっていたりするので、もっと偽造を困難にするようにしないといけないと思います。

さらに、国からの身体障害者に対する福祉政策以外に、各都道府県んでも独自に行っていますが、それも窓口が違ったり、申請も一度ではなく、いろいろな書類をつけたり、病院になんども書類の記載と交付に出向いたりと、不便が多いのも事実です。

このあたりは、デジタル化を推進すると同時に、解消してほしい問題だと思うので、賛成致します。

評価の平均値
4
コメント日時
コメントしたアイデア

免許の交付や更新は直接国民の権利利益を形成する行為なので、慎重に審査されるべきですが、やっぱり1日休みをとって行くのも不便だなって思います。
オンラインでの講習・聴聞や、何か直接講習所に行かなくても、しっかりと審査できる方法をして、必要であれば教習所に行くなどの方が利便性が向上しますね。

やっぱり行政サービスは、本質的にはサービス業のはずなので、さらにデジタル化を進めて、公務員の負担を増やさない形で、もう少し利便性を向上していただきたいですね。

評価の平均値
4
コメント日時
コメントしたアイデア

学校教育においては、科目教育と育成教育とに分かれると思います。
学校教育にはその両方が要求されているので、私は学校廃止に一部反対です。

まず、科目教育は算数・国語・理科・社会などの具体的なテストや試験で成績を測れる試験とここでは定義します。
これは、正直、やり方がいろいろあると思うので、オンライン学習や、教育の仕方をそもそも実力のある学習塾などに競争入札させるなどしても良いと思います。

一方で、育成教育とここで読んでいるものは、道徳や社会性を共同生活を通して学ぶ機会のことを言います。
これにはある程度の賛否両論ありますが、自宅や習い事教室だけの似たような性格性質を持つ人同士ばかりが集まる狭い社会では、社会の中での振る舞い方や、どんな発言や行動をしたら周りがどう反応するのかは身に付きにくい、もしくはばらつきが生じると思います。
一定程度、自分とは異質な人と接し、悩み、調整しようとすることで、この社会性は身につくと思います。
よって、一部デジタル化は賛成ですが、全部に対しては反対です。

ページの先頭へ