三島鬼六さんのページ | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


三島鬼六さんのマイページ

ウェブサイト
ウェブサイトは未記入です。
自己紹介文
将来不安を消せない中年男です。非正規を脱したいです。

投稿したアイデア 5

金融商品の移管(証券会社間)手続きの簡素化

三島鬼六さん

金融商品の例として株式ですが、株券は電子化されています。 電子化されているのですから、株式に関する手続きは 電子情報のやり取り だけで済むはずです。 9/29にNTTによるドコモ株の公開買付けがプレスリリースされました。以下は 公開買付けに応じた場合の 手続き(例)になりま... » 詳しく

デジタル・ディバイド発生中?

三島鬼六さん

広く意見を求める「デジタル改革Idea Box」は良い考えと思います。 しかし、この時点で「PC・スマホなどの機器を持たない者」「ネット環境が 無い者」を切り捨ててはいないでしょうか? もし切り捨てている状況なら、そのような「持たない者」に対しても意見で きる手段を設けて... » 詳しく

日本がプラットフォーマーとなるための戦略・考え方について

三島鬼六さん

■問題点 デジタル化に関連するサービスの基盤(プラットフォーム)で、日本がプラッ トフォーマーとなっている物が思いつきません。 例1) PC  CPU: インテル(米)  OS: マイクロソフト(米) 例2) スマホ  CPU(SoC): クアルコム(米)  OS: Google(米) ※オープンソースではある... » 詳しく

人件費(公務員)の基本的な考え方について

三島鬼六さん

■問題点 マスコミ報道で「デジタル改革」で何を行うかの一例を示していました。  例) 各府省庁のシステムの一括調達を進めてデータ様式を統一 例えば民間企業で「各部門のシナジー・連携」を考慮せず、情報管理の設計 を行うような非効率なことはありえません。 つまり行政(... » 詳しく

行政Webサイトのサイトマップ統一

三島鬼六さん

Webサイト(都道府県・市区町村)のツリー構成が、各自治体でバラバラで統一 されていません。 例えば A市・B市の[A]という情報を比較目的で探す場合、A市のWebサイトで 情報を見つけても、その探した(位置的な)経験が B市での検索で活かせませ ん。 Webサイトのツリー構成(サイト... » 詳しく

お気に入りアイデア 0

まだお気に入りがありません。

投稿したコメント 17

日本がプラットフォーマーとなるための戦略・考え方について

日本政府、AWSベースの情報システム基盤を運用開始 デジタルシフトの起爆剤になるか
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2010/14/news053.html
https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2020/10/japan-government-common-platform-launches-on-aws-to-accelerate-digital-transformation-of-citizen-services/

ITインフラを日本企業ではなく、米国企業Amazonに依存。こういうのを一番
止めて欲しかった。

コアな部分を海外に任せて、日本企業が協力って・・・

by 三島鬼六さん - 2020/10/15 09:03 問題を報告

日本全国の地図を3Dデータ化

#004 つづき

近い将来、車は自動運転になります。おそらく自立型は無理で、トヨタのコ
ネクティッド・シティのような方法になる気がします。

そうなれば信号・道路に誘導機を埋め込む形で「自動運転に対応している道」
などの情報が必要になってきます。そうなれば海外企業ではなく、日本で利
便性の高い地図を作ることになるように思えます。

地理院地図に肉付けされる形で作ることができると 良いと考えています。

by 三島鬼六さん - 2020/10/14 03:29 問題を報告

初めてGoogleマップを見たとき、その発想と便利さに驚きました。

防衛上の問題になる地域は別、またプライバシー等も守られる前提で、Google
マップより利便性の高い地図を 日本でも作るべきと思います。

作るべき理由)
 1. 米中対立を見れば、恒久的に使えるか分からない
 2. Googleマップに足りない情報を加えたい
  例)
  ・バス亭をクリックしたら 時刻表が表示される
  ・地図上をクリックしたら、その座標に登録された情報が表示される
   → 地図上の座標にデータベースが紐付いているイメージ
 3. ユーザーが情報を追加・更新できるようにしたい
  ・嘘や間違いは困るので、更新情報のチェックは自治体が行う
  ・基本的には 地域住民が更新していくイメージ
 4. WYSIWYGで濃く印刷したい

by 三島鬼六さん - 2020/10/14 03:27 問題を報告

Googleマップ、尖閣諸島の中国名表記に対する注意勧告

デジタル改革というよりは 政治問題ですね…

Wikiを見ると 日本名「魚釣島」、中国名「釣魚島」となっていました。これ
が正しいなら問題無いのでしょうが、日本の対応が甘いのは同感です。

by 三島鬼六さん - 2020/10/14 02:37 問題を報告

4G/5G通報緊急ブザーを全児童、希望する女性・高齢者に貸与

1mくらいの精度で位置を特定できる前提ですが、実現できたら事件発生後の
検証に有用と感じました。

携帯のハンドオーバやIoTを活用すれば、位置特定や低電力での通信の実現は
簡単と思います。

しかし事件防止の観点では、通信ボタンを押下して それを検知した警察が駆
けつけるまでに被害をうけていると思います。

警報ブザーであれば周囲にしか聞こえませんが、それだけに周囲の人が助け
てくれる可能性があります。それが通信では・・・

警報ブザーにIoTを活用した通信機能を付加すれば、警報と同時に通報(位置
含む)されて安心感は増しそうとは感じました。

by 三島鬼六さん - 2020/10/13 22:07 問題を報告

48番目のデジタル都道府県をつくる

#005 続き
一番興味を持ったのは、[デジタル自治体]を代表する政治家が居ることでし
た。私は、日本で一番の問題は「政治のあり方」だと考えています。

具体例としては、脱デフレと言いながら 真逆の消費増税を2回行った安倍政
権です。そうしなければいけなかった真の理由は? そもそも政権が何を目指
しているかすら分からない。

このIdea Boxもそうですが、このネット社会でいくらでも有権者と意思疎通
する方法があるのに、それすらも実施しようとしない政治家たち。

利便性が高ければ[デジタル自治体]には 若者が多く移住すると思います。

[デジタル自治体]の人口が増えて、選挙区が[デジタル自治体]の国会議員が
国会議員の大半を占めたとき、日本は失われた30+α年を脱することができる
気がします。

by 三島鬼六さん - 2020/10/11 07:54 問題を報告

おそらく意図を理解しきれていませんが、「そういう発想があるのか」と興
味深く拝見しました。

今まで「マイナンバー制度」が進まなかった理由は、行政による個人情報漏
洩などの不安・不信感だと聞いたことがあります。

「デジタル改革」を進めるうえで、[利便性] と [リスク] のどちらを優先す
るかが 大きな1つの区切りと思います。

私みたいに多少のリスクがあっても、利便性を優先する[利便性派]。個人情
報漏洩など死んでも嫌な[リスク派]、大きくこの2つに分けます。

[利便性派]のみ、デジタル改革の先兵(テスター的存在)として リスク承知で
[デジタル自治体]に移住すれば良いかと。そして[デジタル自治体]で得られ
た経験がフィードバックされていけば建設的と思います。

[デジタル自治体]の情報システムは利便性が追及され、既存システムの互換
性を考慮せずに新規作成されるイメージです。

by 三島鬼六さん - 2020/10/11 07:52 問題を報告

キャッシュレスを推進しないで欲しい

支払いを行うのが店舗ならば、個人(客)が特定できればいいだけです。マイ
ナンバーに購入商品が紐づけられ、マイナンバーに登録している口座から引
き落とされる感じになっていくのでしょうね。

問題は、外出先での個人間の金銭やり取りです。農家の露店で野菜を買うよ
うな際にキャッシュレスだと、どうしても電子的な端末が必要になるように
思えます。

個人間の金銭やり取り(外出先)までキャッシュレスにするなら、そのための
端末や通信インフラ(通信費含む)は国から支給して欲しいです。

by 三島鬼六さん - 2020/10/11 06:05 問題を報告

デジタル改革は、全国同一に考えて欲しい

「コンビニ交付」に対応していない市区町村があることを知りませんでした。
確かに、地域で行政サービスの提供に 差があるのは問題ですね。

「住民票」に限定した話ですが、住民票の提出を求めている人は 記載事項を
確認することが目的と思います。

マイナンバーの個人が許可すれば、オンライン認証して ネット経由で行政の
情報を閲覧可能にして欲しいです。(わざわざ紙媒体を取得しに行くのは面倒)

デジタル改革により最終的には「住民票という紙媒体が必要」というケース
は無くなって欲しいです。

by 三島鬼六さん - 2020/10/11 05:40 問題を報告

いろんなカードの統一

「持ち歩くカードが減る」という方向性は賛成です。
(全てマイナンバーに紐付けられるイメージですよね)

パスポートのように「カード記載事項の目視確認」がメインで、その確認は
海外でも行われることを考えると 海外も巻き込まないと厳しそう。

マイナンバーは「日本人」の個人を識別するものですが、近い将来「世界」
になっていくのは確実なのでしょうね。

個人的に、財布を一番圧迫しているのはポイントカードなので、これをマイ
ナンバー(カード)に紐付けたいです。

結論としては、「カード記載事項の目視確認」が目的ではなく、個人を識別
するだけが目的のカードは 全て1枚に統一したいです。

by 三島鬼六さん - 2020/10/11 05:17 問題を報告

IT技術者派遣における中抜きの厳格な制限を

人を全く派遣していないのに、商流として中抜きだけする派遣会社。また、
異常に高いマージン率

さすがにそういう悪質なことは、派遣法改正で できなくなりつつあります。

若いエンジニアが育たないのは給料が低いからではないと思います。給料が
低い派遣会社の多くは直請けではなく 2次・3次など商流を挟む弱い立場です。
そのため積み重ねた経験がスキルとなるような作業に従事しにくいことが主
な原因と思えます。

派遣先企業が高いコア技術が要求されるような仕事を、基本的には派遣会社
に担当させません。高い付加価値ある経験を積める仕事ほど単価が高く、商
流で立場が強い企業・エンジニアから得ていきます。

2次・3次…となればカスみたいな「時間の切り売り」のような作業しか回っ
てきません。これがSESのIT技術者が育たない主原因と考えています。

それでも時給的には悪くありませんので、今や派遣会社は増えるばかりです
が、派遣は「雇用の調整弁」ですので弱い立場の者から切られていきます。

その結果、何のキャリアも積めずに年齢を重ねると人生が詰むことになりま
す。

by 三島鬼六さん - 2020/10/10 15:50 問題を報告

国民資産としてのタブレットを導入すべき

教育現場にITを活用して欲しいですが、iPadのような海外製品を使用すると
したら、税金でiPadユーザーを増やしてあげる結果となり 国益として気にな
ります。

海外の特定のプラットフォームに依存することは、プラットフォームを盤石
にすることに貢献することになります。

言われるように米中対立を見れば、海外の特定のプラットフォームへの依存
は避けるべきと思います。

上記のiPadを避けたいという話は、日本も何かしらのプラットフォーマーを
目指して欲しいという視点からです。「iPadの優れた機能を学ぼう」という
ような機会のためならば賛成です。

by 三島鬼六さん - 2020/10/10 14:56 問題を報告

高齢者のスマホ・タブレット慣れを!

賛成ですが、正直「実現不可能」という気もしています。

自分の80近い親を見ていると「操作方法を知ってもらう」というレベルでは
教える意味が薄いと感じます。

素養が全くない高齢者には、そのGUIなり、操作する画面構成が変わった時点
で何もできなくなります。基本的な概念が分かっていないため、応用が全く
効かないのです。

機器(スマホ等)のユーザーインターフェースとして、例えばAND・ORなど論理
演算やフェイルセーフといった概念を知らないと「こういう操作はあり得な
いはず」と言った応用や判断ができないのだと思えます。

少しでもデジタル・ディバイドが減ることは賛成です。本気で教えるなら、
「分からなければ生活できない」というくらいの必要性を作り、かつ「虎の
穴」レベルで基礎から教えないと難しいと感じます。

by 三島鬼六さん - 2020/10/10 13:00 問題を報告

通信網の国営化

ニュアンスは↓と同じと思えるので「賛成」です。

■NHKについて
「日本のどこでも公共放送を受信できる」という事に費やすユニバーサル料
金部分をNHK受信料から分離することは必須と思います。ユニバーサル料金部
分は税金で良いと思います。

■NTT等の通信会社について
企業間の自由競争はサービス向上の意味で重要ですが、「通信」のどの部分
で競争させるかを明確にすべきです。

超ざっくりですが 以下のように分けた場合、
 (A) 通信するための土管(送電・通信網)
 (B) データ(ネット上でのサービス)

都心ですと携帯の基地局を設置できる箇所は限られます。限られた用地に各
携帯キャリアがそれぞれ基地局を設置するような事は無駄と思います。

そう考えると(A)は国が設備投資を行うべきで、民間企業が競争すべきは(B)
のように思えます。

少なくとも(A)は 国などが土管を一括して作成すべきで、それを各携帯キャ
リアに貸し出す形にしないと インフラ整備費が重荷となって企業の新規参入
を阻むことになります。

by 三島鬼六さん - 2020/10/10 10:10 問題を報告

AVのモザイクをなくす!

モザイクが無くなることが「デジタル改革」かは分かりませんが、モザイク
という「意味が無い処理を省略できることで生産性向上する」という意味で
賛成です。

おそらくAVにモザイクをかける根拠は、AVと犯罪率の兼ね合いだと思わ
れます。今どきの大人でモロ画像を見てフィーバー・犯罪に走る人が居ると
は思えませんので・・(無論、未成年はAV鑑賞できないことが大前提です)

by 三島鬼六さん - 2020/10/10 08:56 問題を報告

オンラインでの政策アンケート

■政策アンケートの前提条件
前回の衆院選後に麻生財務相が「消費増税を掲げて勝たせていただきました
ので…」と発言されていました。

自民党に投票した有権者の中で「消費増税に賛成していた人」が何割なのか
気になりました。

消費増税は国民生活に直結する話です。国民投票とまではいかなくとも、何
らかの形で民意を問うべきと感じました。

国民世論を問うてオープンにすることは賛成ですが、それを政策判断に使う
ためには「国民が賢くなる」ことが大前提と思います。

■前提条件の例) 消費増税に賛成/反対?
消費増税の理由を「増え続ける社会保障のための安定財源」と説明している
が、直近で実際に社会保障に使われた割合。

この30年で税収の総額は変わらず。法人税・所得税の割合が減り、その減少
分は丸々消費税に置き換わった。消費増税で穴埋めした法人税減税分は、株
主配当と内部留保に化けた。

上記は一例ですが「アンケート事象についての前提知識」が無い状態で民意
を問うても意味が薄く、政治家が「目指す目標」を明確に示す能力が無いと
成立しないように思えます。

by 三島鬼六さん - 2020/10/10 04:17 問題を報告

行政が使う一太郎ソフト

米国が中国(Huawei)に対して「米国のEDAやその他のソフトウェアツール」等
の輸出禁止措置をとっています。

この事象一つでも、海外メーカーのソフトに完全に依存しきるのは不安を感
じます。

(無論、資料作成時のソフトウェアを購入しているでしょうが、オンライン認
証のソフトは 認証を拒否されたら使用不可となるため)

(ソフトの不安を言い出すと、ソフトが動作するプラットフォーム(PCのOS・
CPU等)の不安も出てきますが・・・)

「ソフトの一本化」自体は作業効率等を考慮すれば自明と思います。

個人的には 便利であればカラパゴス賛成です。Guernikaさん同様、技術は開
発し続けないと失われると考えるためです。

多くの日本人が使用する[日本語ワープロソフト]が海外企業の製品。私は古
い人間だからか、そのことが残念に思います。

by 三島鬼六さん - 2020/10/09 23:51 問題を報告

投票履歴 19

通信網の国営化

高評価コメント 7

他のユーザからの評価(★の数)の平均が4以上のコメントを表示しています。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

1mくらいの精度で位置を特定できる前提ですが、実現できたら事件発生後の
検証に有用と感じました。

携帯のハンドオーバやIoTを活用すれば、位置特定や低電力での通信の実現は
簡単と思います。

しかし事件防止の観点では、通信ボタンを押下して それを検知した警察が駆
けつけるまでに被害をうけていると思います。

警報ブザーであれば周囲にしか聞こえませんが、それだけに周囲の人が助け
てくれる可能性があります。それが通信では・・・

警報ブザーにIoTを活用した通信機能を付加すれば、警報と同時に通報(位置
含む)されて安心感は増しそうとは感じました。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

#005 続き
一番興味を持ったのは、[デジタル自治体]を代表する政治家が居ることでし
た。私は、日本で一番の問題は「政治のあり方」だと考えています。

具体例としては、脱デフレと言いながら 真逆の消費増税を2回行った安倍政
権です。そうしなければいけなかった真の理由は? そもそも政権が何を目指
しているかすら分からない。

このIdea Boxもそうですが、このネット社会でいくらでも有権者と意思疎通
する方法があるのに、それすらも実施しようとしない政治家たち。

利便性が高ければ[デジタル自治体]には 若者が多く移住すると思います。

[デジタル自治体]の人口が増えて、選挙区が[デジタル自治体]の国会議員が
国会議員の大半を占めたとき、日本は失われた30+α年を脱することができる
気がします。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

おそらく意図を理解しきれていませんが、「そういう発想があるのか」と興
味深く拝見しました。

今まで「マイナンバー制度」が進まなかった理由は、行政による個人情報漏
洩などの不安・不信感だと聞いたことがあります。

「デジタル改革」を進めるうえで、[利便性] と [リスク] のどちらを優先す
るかが 大きな1つの区切りと思います。

私みたいに多少のリスクがあっても、利便性を優先する[利便性派]。個人情
報漏洩など死んでも嫌な[リスク派]、大きくこの2つに分けます。

[利便性派]のみ、デジタル改革の先兵(テスター的存在)として リスク承知で
[デジタル自治体]に移住すれば良いかと。そして[デジタル自治体]で得られ
た経験がフィードバックされていけば建設的と思います。

[デジタル自治体]の情報システムは利便性が追及され、既存システムの互換
性を考慮せずに新規作成されるイメージです。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

「持ち歩くカードが減る」という方向性は賛成です。
(全てマイナンバーに紐付けられるイメージですよね)

パスポートのように「カード記載事項の目視確認」がメインで、その確認は
海外でも行われることを考えると 海外も巻き込まないと厳しそう。

マイナンバーは「日本人」の個人を識別するものですが、近い将来「世界」
になっていくのは確実なのでしょうね。

個人的に、財布を一番圧迫しているのはポイントカードなので、これをマイ
ナンバー(カード)に紐付けたいです。

結論としては、「カード記載事項の目視確認」が目的ではなく、個人を識別
するだけが目的のカードは 全て1枚に統一したいです。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

人を全く派遣していないのに、商流として中抜きだけする派遣会社。また、
異常に高いマージン率

さすがにそういう悪質なことは、派遣法改正で できなくなりつつあります。

若いエンジニアが育たないのは給料が低いからではないと思います。給料が
低い派遣会社の多くは直請けではなく 2次・3次など商流を挟む弱い立場です。
そのため積み重ねた経験がスキルとなるような作業に従事しにくいことが主
な原因と思えます。

派遣先企業が高いコア技術が要求されるような仕事を、基本的には派遣会社
に担当させません。高い付加価値ある経験を積める仕事ほど単価が高く、商
流で立場が強い企業・エンジニアから得ていきます。

2次・3次…となればカスみたいな「時間の切り売り」のような作業しか回っ
てきません。これがSESのIT技術者が育たない主原因と考えています。

それでも時給的には悪くありませんので、今や派遣会社は増えるばかりです
が、派遣は「雇用の調整弁」ですので弱い立場の者から切られていきます。

その結果、何のキャリアも積めずに年齢を重ねると人生が詰むことになりま
す。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

賛成ですが、正直「実現不可能」という気もしています。

自分の80近い親を見ていると「操作方法を知ってもらう」というレベルでは
教える意味が薄いと感じます。

素養が全くない高齢者には、そのGUIなり、操作する画面構成が変わった時点
で何もできなくなります。基本的な概念が分かっていないため、応用が全く
効かないのです。

機器(スマホ等)のユーザーインターフェースとして、例えばAND・ORなど論理
演算やフェイルセーフといった概念を知らないと「こういう操作はあり得な
いはず」と言った応用や判断ができないのだと思えます。

少しでもデジタル・ディバイドが減ることは賛成です。本気で教えるなら、
「分からなければ生活できない」というくらいの必要性を作り、かつ「虎の
穴」レベルで基礎から教えないと難しいと感じます。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

■政策アンケートの前提条件
前回の衆院選後に麻生財務相が「消費増税を掲げて勝たせていただきました
ので…」と発言されていました。

自民党に投票した有権者の中で「消費増税に賛成していた人」が何割なのか
気になりました。

消費増税は国民生活に直結する話です。国民投票とまではいかなくとも、何
らかの形で民意を問うべきと感じました。

国民世論を問うてオープンにすることは賛成ですが、それを政策判断に使う
ためには「国民が賢くなる」ことが大前提と思います。

■前提条件の例) 消費増税に賛成/反対?
消費増税の理由を「増え続ける社会保障のための安定財源」と説明している
が、直近で実際に社会保障に使われた割合。

この30年で税収の総額は変わらず。法人税・所得税の割合が減り、その減少
分は丸々消費税に置き換わった。消費増税で穴埋めした法人税減税分は、株
主配当と内部留保に化けた。

上記は一例ですが「アンケート事象についての前提知識」が無い状態で民意
を問うても意味が薄く、政治家が「目指す目標」を明確に示す能力が無いと
成立しないように思えます。

ページの先頭へ