野瀬田裕樹さんのページ | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


野瀬田裕樹さんのマイページ

ウェブサイト
http://
自己紹介文
iOS/Androidアプリ開発エンジニア、UXエンジニア

投稿したアイデア 2

システム開発時のPRDをGitHubなどで必ず公開する

野瀬田裕樹さん

新しいシステムを開発する際には必ずGitHubなどでPRDを公開し、一般から意見を集めるようにしてはどうでしょうか? ユーザ目線やエンジニア目線でレビューが入ることで、UX起因やセキュリティ起因などによる手戻りリスクが減り、より良いシステムを低コストで実現できる可能性が高いと思... » 詳しく

  • 5ポイント
  • 7
  • 2コメント

行政サービス関連のシステム内製化

野瀬田裕樹さん

【概要】 現状、行政サービス関連のシステムは全て外注になっていると思いますが、基本を内製とするように組織を作る方が良いと思います。 【目的】 システム開発・運用の知見の蓄積、および長期的なコスト削減 【現状】 行政サービス関連のシステム開発は、基本PRDを書いて外注... » 詳しく

  • 5ポイント
  • 5
  • 0コメント

お気に入りアイデア 0

まだお気に入りがありません。

投稿したコメント 27

行政手続きの和暦を廃止して西暦に統一していただきたい

#083 コストの問題だけでなく、UXや世界の潮流を鑑みる必要があります。
何度も書いていますが、行政手続きは和暦文化継承を目的とするものではありません。
文化を保護したいならそれように別で予算を割り当てる議論をすべきでしょう。
個人的見解でいえば、日本に現在する文化にシステムが合わせるのではなく、より効率的な仕組みの上に新しく文化を作っていくことが大切だと思います。
システムや仕組みは可能な限り効率化することで、時間や金銭に余剰が発生します。
この余剰によって文化継承や新しい文化の育みを為すことが好ましいと考えます。
仕組みを文化を理由に非効率化するのは、時間や金銭の余剰を減らし、文化の醸成のみならず文化継承にまでかえって悪影響を及ぼしかねないと思います。

by 野瀬田裕樹さん - 2020/11/29 17:43 問題を報告

#080
> どういった点が論理の通らない話なのか、具体的に教えて下さい。

大前提として、「公文書に年号を記すことがなぜ元号の決定的な要素なのかとの問いであるが」という問いはしていないので、そのあとの話は全く意味がありません。
私は和暦排除にメリットがあることをコスト面、UX面、世界の潮流などの観点から既に示しています。
また、反対派の懸念されている文化喪失の懸念に対しては、行政手続きの目的が和暦文化継承でないこと、文化喪失に対してはそれを目的とした別の手段を用いて対処するのが望ましいことを示しています。

和暦を行政手続きから排除することは、和暦文化に価値がないことと等価ではありません。
和暦文化に価値があっても、行政手続きからは排除すべきであり、その根拠として先ほど理由と反対理由に対する反論を述べていますが、これらに対する根拠ある意見は一切ありません。
どちらかが劣っているとか優れているとかではなく、和暦排除によるメリット、デメリットをきちんとあげて決めるべきです。
和暦排除にはユーザが慣れるまでの一時的な利便性の低下、一部ユーザの気分的なもの以外にデメリットは存在しません。

by 野瀬田裕樹さん - 2020/11/29 17:09 問題を報告

#075
> 賛成の人の主な意見
> ・手続きが面倒
> ・わかりにくい

> 反対の人の主な意見
> ・文化を大事に

賛成派の意見が全然入ってませんね。
和暦を排除するメリットは手続きの簡便化やUX改善だけでなく、システム保守運用や開発費用の削減のようにコストも絡むものです。
また、日本国外から外国人が多く訪れ、帰化する人も多数おり、今後増えていくという潮流の中、行政手続きにおいては世界で標準的に利用されている西暦を使うのは当然の流れといえるでしょう。

行政手続きの目的は和暦を残すためにあるわけではありません。
和暦文化を継承し、残していくためにやるべきことは行政手続きに和暦使用を強制することではなく、文化継承のため教育課程として盛り込むなどそのための手段を模索すべきでしょう。

by 野瀬田裕樹さん - 2020/11/29 16:28 問題を報告

#074
そんな問いはしてません。
全く関係のない話で全く論理の通らない話をしているだけで、根拠もないし思い込みだけでコメントをするのは議論の妨げになるだけなので控える方が良いでしょう。
今まで使われてる&残ってる→だから使う&残す、というトートロジー(同義語反復)ロジックは意味がないし根拠になりません。
こういうトートロジーを許すと今ある仕組み・システムは必ず残さねばならなくなります。
まさにデジタル改革における妨げといえるでしょう。

by 野瀬田裕樹さん - 2020/11/29 16:21 問題を報告

#072 そうですね、個人のブログやTwitterの投稿、普段の会話などで個人個人が和暦を使い続けることにはなんら問題はありません
そうして使い続ける人たちがいる限り和暦はなくなりませんし、行政手続きが西暦だけになろうとそれは変わりません
そのため、UX観点やシステムの保守運用などの観点でメリットがうまれる行政手続きからの和暦排除に問題はないということです

by 野瀬田裕樹さん - 2020/11/28 16:55 問題を報告

[事務局] 「デジタル社会を形成するための基本原則(10原則)」へのご意見をお願いします

色々なものを盛り込みたい気持ちでいっぱいなのはわかりますが、100%カバーした基本原則を作ろうとするのは間違っています。
物理原則ではないので100%カバーしようとすると、今出てる原則以外にもコメントについたように別の意見や観点が出てきてしまいます。

こうした原則を掲げるときは以下の対応をして欲しいです。

(1) 原則は優先度・重要度が高い3つに絞る
(2) プロモーション力のある原則を作る

3つに絞る理由は、人の脳は4±1の短期記憶容量しかなく、3つに絞らないと多くの人が覚えられる原則にならないためです。

プロモーション力のある原則を作る理由は、こうした原則をきちんとした共通認識とし、全員が理解した上で取り組みを行う必要があるためです。
そのため、プロモーションに強いデザイナーや文章を作る専門の方にお願いすべきだと思われます。

by 野瀬田裕樹さん - 2020/11/28 13:00 問題を報告

対応端末にLinuxも追加して欲しい

サポート対象外の環境はノークレームでよろしく、が言えるならそれでも良いと思います。
サポート対象が増えれば増えるほど、開発にかかるコストも、検証にかかるコストも、ドキュメント化にかかるコストも、運用にかかるコストも増えていくので、主要OS/ブラウザを対象にしてそれ以外は切り捨てるのはコストパフォーマンスの観点から言えば仕方ないかなと思います。
Linuxも対応します!だから消費税は12%ね!とか言われるのは勘弁して欲しいですね。

by 野瀬田裕樹さん - 2020/11/28 12:52 問題を報告

行政手続きの和暦を廃止して西暦に統一していただきたい

和暦文化の喪失の懸念に対しては、そもそも行政手続きによって和暦文化が支えられているという根拠を示すべきだと思います。
子供が和暦を意識するのは行政手続きを行うときだけだと本当に考えているのでしょうか?
和暦を知る機会、和暦を学ぶ機会は成人までの過程においてたくさん存在します。
伝統芸能などのように保護したいという主張であれば、それは行政手続きによってなされるべきではなく、教育課程などで行われるべきでしょう。
マイナンバーカードの取得のために伝統芸能への貢献が必須と言われたらどう思いますか?お箸の講習を免許証の更新の時に行うとしたらどう思いますか?
行政上の手続きは文化継承のためにあるわけではありません。
目的のための手続きなので、それ以外の要素は排して考えるべきでしょう。

by 野瀬田裕樹さん - 2020/11/28 12:48 問題を報告

現状は和暦を使いたい人と西暦を使いたい人が混在しているので、どちらの入力がユーザにとってより便利かは個人差があります。
UX観点で言えば、同一データに大して複数の入力形式を受け付けるために枠を大きく取るよりも、1つの入力形式で受け付ける方が好ましいです。
あるデータを入力するためにどの入力形式を採用するかを選択させるよりも、共通した一通りの入力形式が標準になり、ユーザはそれを学習する方が最終的なUXとしては好ましいものになります。
極端な例でいうと、西暦・和暦だけじゃなく皇暦や中国暦などとにかく全ての暦から選ぶ形式になっていたらどうでしょうか?選択が面倒くさいですよね?
確かに選択肢が2つであればまだその面倒くささは感じにくいですが、選択肢が1つとそうじゃない場合では選択するというプロセスがあるかないかという観点で大きくUXは変わってきます。
これは入力フォームの設計における基本的な原則です。
和暦と西暦で西暦の方が好ましい理由は既に多くの人が挙げられているので割愛しますが、和暦は全て行政手続きから排除すべきだと思います。

by 野瀬田裕樹さん - 2020/11/28 12:41 問題を報告

[事務局]第2回データ戦略TFへのご意見をお願いします。(総論)

前回の投稿にもコメントしましたが、資料を読む限りやはりデザイナーによる資料UXレビューがなされていないように思われます。
構想や資料作成の段階からデザイナーおよびエンジニアによるUXレビュー、セキュリティレビュー、技術レビューを実施しないと結局は使いにくく技術的にも開発運用がしづらい微妙なシステムになることが容易に想像できます。
手戻り発生のコスト削減のためにも初期段階からデザイナー・エンジニアを参画させるべきだと思います。


(補足)
議題が議題なので、おそらく中身について、方針について、体制について、目的についてなど様々な観点から意見が寄せられると思います。
それらの意見は玉石混交であり、それを採用する側は取捨選択する能力が必要となります。
その観点でいえば、まずはどのような人材を割り当てて活動するのか、という体制こそがプロジェクト成功の鍵になるでしょう。
体制作りにあたってはしっかりとデザイナー・エンジニアの力を借りる必要があり、それは初期段階から権限を持って取り組める状態であるべきだと考えます。

by 野瀬田裕樹さん - 2020/11/18 11:04 問題を報告

ZIPのパスワードをメールで別送する行為は無意味

#008 それはリテラシーが低い人に合わせるべきだからセキュリティなどに問題があったとしても新しいシステム導入はやめろという議論ですかね?
運用にあたってはシステムに合わせて利用者が学習すべきだと私は考えますし、そのためにはお金や工数をかけるべきだと思います

by 野瀬田裕樹さん - 2020/11/18 10:09 問題を報告

#006 関係者はslackのチャンネルに招待してそこでファイルやりとりすれば外部公開されなくていいんじゃないですかね。
どうしてもメールが良ければgmailなどは短い時間内であれば取消できます。
なんにせよやり方はいくらでもあると思います。

by 野瀬田裕樹さん - 2020/11/18 09:52 問題を報告

データ戦略へのご意見をお願いします!![事務局]

【雑感】
具体的な中身の話ではなく、複数領域にまたがった概念的・抽象的な内容なので、大筋は賛成します。が、課題は具体的な計画・運用の中で発生してくると思います

【コメント】
(1) 資料の作りがそもそもUX的に微妙。デザイナーのレビューが入っていないことが丸わかりです。構想、および資料作成の段階からデザイナー/エンジニアを入れてほしいです

(2)ベースレジストリを作りたい、という話は大賛成です

(3) ベースレジストリの構想の中で、カタログサイトの話は不要だと思います。ベースレジストリ自体を外部アクセス可能にしておけば、企業・個人側でもそうしたカタログサイトは作成できると思うので、ベースレジストリの一覧を外部から取得できるオープンデータにしてください

(4) 〜〜の必要があるのではないか、という提起で終わらないように、個々の課題・提起に対してのロードマップを作成し、それを公開してほしいです。検証が必要ならいつまでに計画を立て、いつ実施し、いつ横展開するのか、など

by 野瀬田裕樹さん - 2020/11/18 09:33 問題を報告

河野大臣・平井大臣によるオープン対話を拝見して

結果の平等を求めるのは良くないと思います。
適切に能力と実績に応じて選出される仕組みができれば良くて、能力もないのに数合わせで入る人が出るのは良くないと思います。

by 野瀬田裕樹さん - 2020/11/18 09:09 問題を報告

行政手続きの和暦を廃止して西暦に統一していただきたい

行政手続きから和暦がなくなる=和暦文化が消えるというコメントが多いですが、私はそうは思いません。
子どもたちは行政手続きがあることで和暦を認識、理解して育つわけではなく、ニュースやスマホの変換、サイトの表記などを通して和暦の認識、および理解をするので、行政手続きで和暦利用しなくても良いと思います。

by 野瀬田裕樹さん - 2020/11/18 08:45 問題を報告

保育園・幼稚園の空き状況確認

やりたいことには賛成します。
実際に実現するとなると誰がどう運用するの?が大変なので、そこを自動化できる+アルファの案が出てくるとより良いかなと思いました。
保育園や幼稚園に限らず、公の施設における予約管理、データ管理、サイト運用に関して一元化し、運用効率化を図る実働組織の立案を為せると良いかなと思います。

by 野瀬田裕樹さん - 2020/11/18 08:39 問題を報告

個人スケジュールの「見える化」

やりたいことや課題感には賛成しますが、実際には運用できなさそうだと思いました。
上から強制して入れてもらうのは難しいので、入れてない人は査定に響いて役職者なら降格する人事制度にするのが効果的かなと思います。

by 野瀬田裕樹さん - 2020/11/18 08:29 問題を報告

システム開発時のPRDをGitHubなどで必ず公開する

#001 あくまで私が提案しているのは、PRD、すなわちどのようなシステムを開発すべきか、どのようにシステムを構築すべきか、の部分に対するレビューなので、個人情報に関するデータやシステムの中身がレビューされるものではありません。
個人情報を取り扱うシステムにおける制約については、PRD内に記載をしておき、それを理解した上でレビューするべきだとは思います。
また、セキュリティ対策の具体的な要件についてはむしろ積極的に外部の目線からレビューしてもらうのがいいのではないかと考えています。

by 野瀬田裕樹さん - 2020/11/18 00:37 問題を報告

物流の世界もデジタルで改革を

具体的な提案で良いと思いました。
結局は権限の問題で、具体的な案件になると縦割り組織でデジタル庁が権限を持たないために何も進まないという事態が発生しそうなことを容易に想起させられますね。
そうならないようにデジタル庁が大きな権限を持って進められるようにしてほしいと思います。
具体的には、デジタル庁はシステム的に改善が可能な領域における決定権を持つように決めてほしいと考えています。

by 野瀬田裕樹さん - 2020/11/18 00:32 問題を報告

自治体ごとにシステム開発するのは税金と労働力の無駄

この問題はシステムが統一されていないことから発生するというより、システム開発の知見が蓄積されておらず運用が個々に行われていることに原因があると私は思います。
自治体ごとに変更する必要性のないシステムもあれば、自治体にあわせて変更が必要なシステムもあると思います。
現状はそれらのシステムをどのように最適化していくのか、について縦割り組織でここに対応されています。
なので、その縦割り組織を壊してデジタル庁でちゃんと一元管理してほしいとは思いますが、全てなんでも同じシステムを使えというのはちょっと乱暴かもしれません。

by 野瀬田裕樹さん - 2020/11/18 00:16 問題を報告

IT人材を増やすために資格手当を導入する

#004 自治体内にITスキルの高い人を増やしても、幹部クラスのITスキルが低ければ意味がないと思います。
ITスキルの高い人がきちんと役職に付き権限を持てるような案が必要だと思います。

by 野瀬田裕樹さん - 2020/11/18 00:01 問題を報告

フラットな組織で「さん」で呼び合う

賛成です。
内容は半分愚痴っぽいですが、以下の効果があると考えます。

- 役職意識が薄れる
- 上下関係の意識が薄れる
- 呼びかけ時の意識レベルでのコストが下がる

また、上記効果は以下の副効果に派生すると思われます。

- 心理的安全性が高くなり、生産性が高くなる
- 上下関係に基づく非生産的なマナーの減少

by 野瀬田裕樹さん - 2020/11/17 23:56 問題を報告

オープンデータやAPIの仕様統一

少なくとも5 star状態であることを必須とするのが良いと考えます。
https://5stardata.info/ja/

by 野瀬田裕樹さん - 2020/11/17 23:49 問題を報告

小学校関連のデジタル化

今ならやりとりは全てslack経由にしてほしいですね。

by 野瀬田裕樹さん - 2020/11/17 23:29 問題を報告

行政デジタル書類の汎用性について

個人的には全てのデータはリンクトオープンデータとして取り扱えるようにしてほしいですね

by 野瀬田裕樹さん - 2020/11/17 23:26 問題を報告

行政WEB・アプリサービスにも広告を

広告枠として売ることとし、選定・レビューを挟んだものだけを公開する仕組みを作るのであれば良いと思います。
ただ、そのシステムを作成、運用する費用に対して広告の効果がどれだけ出るかは微妙なところだと思います。

by 野瀬田裕樹さん - 2020/11/17 22:43 問題を報告

何でもアプリを入れさせる大手企業に指導を

本質的な問題はそこにはないと思います。
ユーザにとって使いにくいUXが良くないことは当然ですが、それは各メーカの自助努力によって解決する問題であり、ユーザはより良いUXのサービスを選択する自由があります。
政府はその自由な選択が脅かされていないことに制約を設けるべきで、個々のUXに制約を設けるべきではありません。
より良いUXはユーザの学習や状況などによって変化するもので、政府が上からこうすべきなどと画一的に指導できるものではないと思います。
具体例でいうと、Human Interface GuidelinesやMaterial Designなども時代に合わせて徐々に変化しています。
この徐々に変化するより良いUXに対して政府指導をするべきではないでしょう。

by 野瀬田裕樹さん - 2020/11/17 21:56 問題を報告

投票履歴 55

「女性手当」の創設
予算要求について
公務員試験の見直し
医療業務の電子化
マイクロIT化と教育
図書館の廃止
確定申告の自動化

高評価コメント 6

他のユーザからの評価(★の数)の平均が4以上のコメントを表示しています。

評価の平均値
4
コメント日時
コメントしたアイデア

行政手続きの和暦を廃止して西暦に統一していただきたい

#075
> 賛成の人の主な意見
> ・手続きが面倒
> ・わかりにくい

> 反対の人の主な意見
> ・文化を大事に

賛成派の意見が全然入ってませんね。
和暦を排除するメリットは手続きの簡便化やUX改善だけでなく、システム保守運用や開発費用の削減のようにコストも絡むものです。
また、日本国外から外国人が多く訪れ、帰化する人も多数おり、今後増えていくという潮流の中、行政手続きにおいては世界で標準的に利用されている西暦を使うのは当然の流れといえるでしょう。

行政手続きの目的は和暦を残すためにあるわけではありません。
和暦文化を継承し、残していくためにやるべきことは行政手続きに和暦使用を強制することではなく、文化継承のため教育課程として盛り込むなどそのための手段を模索すべきでしょう。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

対応端末にLinuxも追加して欲しい

サポート対象外の環境はノークレームでよろしく、が言えるならそれでも良いと思います。
サポート対象が増えれば増えるほど、開発にかかるコストも、検証にかかるコストも、ドキュメント化にかかるコストも、運用にかかるコストも増えていくので、主要OS/ブラウザを対象にしてそれ以外は切り捨てるのはコストパフォーマンスの観点から言えば仕方ないかなと思います。
Linuxも対応します!だから消費税は12%ね!とか言われるのは勘弁して欲しいですね。

評価の平均値
4
コメント日時
コメントしたアイデア

行政手続きの和暦を廃止して西暦に統一していただきたい

現状は和暦を使いたい人と西暦を使いたい人が混在しているので、どちらの入力がユーザにとってより便利かは個人差があります。
UX観点で言えば、同一データに大して複数の入力形式を受け付けるために枠を大きく取るよりも、1つの入力形式で受け付ける方が好ましいです。
あるデータを入力するためにどの入力形式を採用するかを選択させるよりも、共通した一通りの入力形式が標準になり、ユーザはそれを学習する方が最終的なUXとしては好ましいものになります。
極端な例でいうと、西暦・和暦だけじゃなく皇暦や中国暦などとにかく全ての暦から選ぶ形式になっていたらどうでしょうか?選択が面倒くさいですよね?
確かに選択肢が2つであればまだその面倒くささは感じにくいですが、選択肢が1つとそうじゃない場合では選択するというプロセスがあるかないかという観点で大きくUXは変わってきます。
これは入力フォームの設計における基本的な原則です。
和暦と西暦で西暦の方が好ましい理由は既に多くの人が挙げられているので割愛しますが、和暦は全て行政手続きから排除すべきだと思います。

評価の平均値
4
コメント日時
コメントしたアイデア

行政手続きの和暦を廃止して西暦に統一していただきたい

行政手続きから和暦がなくなる=和暦文化が消えるというコメントが多いですが、私はそうは思いません。
子どもたちは行政手続きがあることで和暦を認識、理解して育つわけではなく、ニュースやスマホの変換、サイトの表記などを通して和暦の認識、および理解をするので、行政手続きで和暦利用しなくても良いと思います。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

IT人材を増やすために資格手当を導入する

#004 自治体内にITスキルの高い人を増やしても、幹部クラスのITスキルが低ければ意味がないと思います。
ITスキルの高い人がきちんと役職に付き権限を持てるような案が必要だと思います。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

何でもアプリを入れさせる大手企業に指導を

本質的な問題はそこにはないと思います。
ユーザにとって使いにくいUXが良くないことは当然ですが、それは各メーカの自助努力によって解決する問題であり、ユーザはより良いUXのサービスを選択する自由があります。
政府はその自由な選択が脅かされていないことに制約を設けるべきで、個々のUXに制約を設けるべきではありません。
より良いUXはユーザの学習や状況などによって変化するもので、政府が上からこうすべきなどと画一的に指導できるものではないと思います。
具体例でいうと、Human Interface GuidelinesやMaterial Designなども時代に合わせて徐々に変化しています。
この徐々に変化するより良いUXに対して政府指導をするべきではないでしょう。

ページの先頭へ