M.Kさんのページ | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


M.Kさんのマイページ

ウェブサイト
http://
自己紹介文
自己紹介は未記入です。

投稿したアイデア 3

飲食店の感染対策を見える化して、店を選ぶ消費者にも飲食店にもわかりやすく伝える特設サイトの作成。

M.Kさん

TV番組で窮状を訴える飲食店の映像がよく出てきますが、後ろに映った店内を見ると感染対策がずさんな店が多いと感じます。 ずさんな感染対策だとわかっていて店をさらしたい店主はいないと思うので、どうしていいのかわからなかったり自覚がなかったりするのだと思います。 感染拡... » 詳しく

  • 3ポイント
  • 3
  • 4コメント

スマホゲームでコロナ感染予防への理解を広める

M.Kさん

都内在住ですが、東京都感染防止宣言ステッカーを貼ってあっても「テーブルの上に調味料や箸をおきっぱなしにしている」「下敷き位のサイズの飛沫を防げないパーテーションを置いている」「対面に座席があって距離も1m程度近いのに、パーテーションの設置がない」など、感染対策が不備な... » 詳しく

  • 4ポイント
  • 7
  • 10コメント

コロナ感染対策の質を上げるための、感染対策用の特設サイトの作成。

M.Kさん

コロナ感染対策の質を上げるための、感染対策用の特設サイトを作ってはどうだろうか。 サイト名は「SAFE EAT」(仮)。 感染対策に自信のある店舗が登録申請をして、店の前に「SAFE EAT参加店」のシールを貼る。 「クラスターが発生した場合は店名を公開する」「店の外からでも... » 詳しく

  • 0ポイント
  • 3
  • 4コメント

お気に入りアイデア 0

まだお気に入りがありません。

投稿したコメント 15

アイディアに責任を

#010
ごめんなさい!!

最近デジタルボックスに参加し始めましたが、まだ仕組みがうまく理解できていませんでした。

UNZEN.JP様がコメントを投稿したというメールが入ったのですが、私のコメントに来たコメントと勘違いしてしまいました…。

自分が投稿したアイデアに来た別の方のコメントでもメールで連絡が入るのですね!

私に対するコメントだとするとつじつまが合わない部分はありましたが、「自分の考えと違うからと、頭ごなしに否定するのは失礼だと思います。」という文章に、「嫌な気分にさせてしまったのか!」とびっくりしてしまって。

ご連絡いただきありがとうございます。安心しました。

by M.Kさん - 2020/12/04 09:17 問題を報告

気分を害されたようですみません。

文章の意図を私がうまく理解できていなかったようです。

文章の書き方も含め、今後気を付けたいと思います。

勉強になりました。ありがとうございます。

by M.Kさん - 2020/12/03 18:27 問題を報告

自由な議論ができる場があるといいので「このレベルに達していない投稿はダメ」というのはちょっと違うかと思います。

ただ、「より精度の高い提案ができるようにサイトの仕様を変更する」という考え方もあるかと思いました。

1000文字の制限の中では自分の考えを伝えきることができない場合もあるのではないかと思います。

長文になることでわかりにくくなってしまう場合もあると思いますが、文字制限を増やすとか、資料画像を添付できるようにすることで、自分の考えをより伝えやすくなり、精度が高い提案も出せるようになるのかと。

さらに、コメントに関しても「こういう資料がありましたよ。」といった画像を添付することができれば、議論を深めやすくなるのではないかと思います。

著作権関連が心配で画像の添付をさせないようにしているのかもしれませんが。

by M.Kさん - 2020/12/03 17:10 問題を報告

飲食店の感染対策を見える化して、店を選ぶ消費者にも飲食店にもわかりやすく伝える特設サイトの作成。

…ここまでの対策ができている店は私が知る限りはほとんどなく、そういった店舗がサイトに登録すると感染対策の甘さが露呈して逆効果になる場合があるので、初めに登録する店舗はそれほど多くならないと思われます。(50件に届かない可能性も)

6.運営規模について

まずはコンパクトに「東京都内の飲食店」から「テストケース」としてスタートして、必要に応じて改善したり広げられるようにするとよいと思われます。

サイトの作成と管理・リモートで協力してくれる専門家3名程度でできる規模から始めれば、莫大な費用がかかるという事はないはずなので、やってみてあまり効果が見込めなかった場合でもリスクは少ないと思われます。(専門家を3名にするのは、専門家でも意見が分かれる場合があり、その場合は異なる意見を両方乗せた方が良いと思うので)

「これだけで感染対策の質を向上させる」というのではなく、「いろいろな方法の一つとして」試す価値はあるかもしれません。

色々な方の意見を聞いて改善する必要はあると思いますが。

このやり方がうまく行くようであれば、飲食店だけではなく宿泊施設等にも応用が可能かと思います。

以上

by M.Kさん - 2020/12/03 14:46 問題を報告

A.座席間隔・席の間引き・パーテーションなど。
他の客の飛沫を防げる大きさや位置にパーテーションがない場合、椅子同士の間隔は横で1m、向かい合わせで2m程度開いていない場合は、専門家のチェックの対象となる。

B.客用トイレや客用洗面所の除菌の対応の仕方。便座除菌液やアルコール消毒液の設置が必要。

C.換気場所の窓や空気清浄機。

D.キッチンと客席が隔離されているか。(カウンター店の場合、キッチンの内部に飛沫が飛んで料理や器につかないようになっているか)

E.従業員が仕事中にマスクや手袋をどう使っているか。(マウスシールドやフェイスガードで代用していないか)

F.テーブルに調味料や箸・スプーン等が置きっぱなしになっていないか。(接触感染予防)
客ごとに提供し、提供ごとに消毒するなどの対応が必要。

→次のコメント欄に続く

by M.Kさん - 2020/12/03 14:45 問題を報告

トイレの写真に「アルコール便座クリーナー常備。清掃は1時間ごと」など、写真1枚ごとに30字程度のアピールコメントが入れられるようにする。

上記のデータをサイトに送ると、データに不備がない限り、申請順に受け付けられるようにする。

4.掲載店舗数の制限について

専門家は3名程度で、リモートでのコメントを想定。
沢山掲載しすぎると専門家の目が行き届きにくくなるのと、それぞれの写真に対する視聴者からのコメントが少なくなる可能性があるので、掲載店舗数を絞った方が良い。(受け付けは随時)
掲載待ちや掲載後に「ここまでやらないとダメなら掲載しない方が良い。」と判断する店も出てくると思うので、途中辞退は自由。

5.登録が集中しないための対策(登録前に、以下の内容を確認してもらう)

主に記載の項目に専門家の改善要望や指摘が入ります。(これ以外にも、気が付いた点は改善を求められる場合があります。)
以下の要項をクリアしていないとサイト上で感染対策の不備を多く指摘される事になり、営業にマイナスに働く可能性があります。
事前にご確認の上登録手続きをお願いいたします。

→次のコメント欄に続く

by M.Kさん - 2020/12/03 14:44 問題を報告

2.効果

A.実店舗の写真に専門家が直接アドバイスする事で、具体的な感染対策がわかりやすくなり、店を選ぶ消費者にも感染対策に迷う飲食店にも参考になる。

B.消費者がどんな感染対策を望んでいるのかわかる。

C.サイトに写真を登録させる事で、専門家がその場に行かなくても感染対策の指導ができる。

D.感染対策が良ければ店の宣伝になり客が増える。登録店の客が増えた事がニュースになれば、感染対策を真似たり、登録を希望する店が増える。

3.申請する項目

店の住所と電話番号とメールアドレス。あればHPアドレス。(電話はサイトには非掲載)

非接触の会計を導入しているかどうか。

店の写真「1.座席間隔・席の間引き・パーテーションなどがわかる写真」「2.客用トイレの写真」「3.客用洗面所の写真」「3.換気場所や空気清浄機の写真」「4.キッチンと客席が隔離されている写真」「5.従業員の仕事中の写真(マスクや手袋の着用など」の、各項目1~3枚程度の写真。(合計12枚以内)

→次のコメント欄に続く

by M.Kさん - 2020/12/03 14:42 問題を報告

スマホゲームでコロナ感染予防への理解を広める

#009

なるほど!

私は感染対策、特に「できる限り感染を避けるためにはどういう飲食店を選ぶといいか。」というゲームをイメージしていて、5~10分程度でできる20項目程度の簡単な○×形式のゲームを考えておりました。(たぶんその位なら作成も導入も早くできると思うので)

しかし「ゲーム」にはいろいろな形式があるので、もっと様々なシーンに応用することも可能ですね。

「PCRを受けた後の流れ」とか「待機期間中の対応」とかも、箇条書きで文章を並べたものよりは、ゲームにした方がイメージしやすい人も結構いるかもしれません。


勉強になります。

by M.Kさん - 2020/11/30 08:50 問題を報告

デジタル IdeaBox コンテスト

景品によるかもしれません。

例えば、「非売品のピンバッヂ」とか「きれいなデザインのカード」とかなら、知らない人には価値がなくても知ってる人には名誉なことなので、賛成。

「1位、最新電化製品」とかなら、反対。

あと、「素晴らしいコメント」にもピンバッヂのような景品が送られるとよいと思います。

私も投稿しましたが、反対であれ賛成であれ、いただいたコメントは勉強になりました。

コメントはアイデアを改善するために重要なものなので、良いコメントに景品を出す事でコメントを投稿する人が増えるとよいと思います。

by M.Kさん - 2020/11/29 16:57 問題を報告

スマホゲームでコロナ感染予防への理解を広める

#007

コメントありがとうございます。

ゲーム性が高いものをご提案いただいている気がします。

ゲームとしてよりやりたくなるような構造ではありそうですが、それを感染対策をうまく融合させるには綿密な計画とかなりの時間が必要ではないかと。

頂いた改善案は「できるだけ急ぐプロジェクト」というのには不向きかもしれませんが、「初めに単純なゲームを作って反応を見て、グレードアップが必要であればよりゲーム性の高い構造に変えていく。」という感じになると思われます。

ありがとうございます。

by M.Kさん - 2020/11/29 15:59 問題を報告

#005
コメントありがとうございます。

実は私、スマートフォンを持っていないのです。

ぼーっとしながら考え事をするのが好きなので、「いつ電話が鳴るかわからない」となるとノイローゼになるかもしれません。

なので、COCOAやポケモンGOがどういう物かなんとなくわかっていても、細かいことはわからないのです。

もしかしてとても素敵なアイデアを出してくださったのかもしれないのですが、わからなくってごめんなさい。

わかる方がいろいろなアイデアを出してくださるのはありがたいことだと思います。

by M.Kさん - 2020/11/29 15:06 問題を報告

#002
ゲームをやってもらうのは難しい…確かにそうかもしれません。

最近「あらゆる方法を使って…」という言葉が使われていますが、その「あらゆる対策の内の一つ」というイメージだったので、「これだけですべて解決できる」というものではないと思っています。

スマホを使わない高齢者には向かないでしょうし。

おそらく他の方法よりはコストも低くて済むと思うので、「いろいろな方法の一つ」としては有効かと。

個人的には、ゲームが終わった後に横浜流星君の映像が出てきて「今は近くに行けなくてごめん。」とか言われたら、何回でも同じゲームをやっちゃいますが。

by M.Kさん - 2020/11/29 14:23 問題を報告

#001
コメントありがとうございます。

そこまで強い強制力をつける事までは思いついていませんでしたが、ゲームをやってもらうには多少の強制力も必要なのかもしれません。勉強になります。

by M.Kさん - 2020/11/29 14:02 問題を報告

コロナ感染対策の質を上げるための、感染対策用の特設サイトの作成。

#003

コメントありがとうございます。

多少悪意ある投稿はあることは想定していましたが、競合他社が足を引っ張る可能性までは考えていませんでした。

勉強になります。

消費者が店内の写真を撮って「箸や調味料をテーブルの上に置きっぱなしにすると接触感染の危険があるので、ここは改善してほしい。」と写真に写っているものに対してコメントするイメージだったので、文章だけで「店の雰囲気が悪い」とか「店員が不衛生な行動をした」といった不適切な投稿をする事は少なくできるかと予想していましたが、ちょっと考え方が甘かったかもしれません。

もしこれを実行する場合は、運営に負担をかけないように「写真無でのコメントは削除する。」など、様々な悪意ある投稿を想定して、あらかじめルールをしっかり決める必要がありそうですね。

ただ、「感染対策のアベレージが上がった時、サイトに載っているメリットがない」に関しては、メリットがなくなる事こそが理想だと思います。

多くの店の感染対策が向上したという事になるので。

by M.Kさん - 2020/11/25 13:29 問題を報告

#001

説明がわかりにくかったようですみません。

私の提案しているのは「貼ってあるから安全」と保障するシールではありません。

例えばAという店舗が登録して、「店内撮影OK。サイトに当店の感染対策を投稿して下さい。」というシールを張ったとします。登録店舗には管理番号がつき、それで管理します。

消費者がAにいったらテーブルの上に調味料や箸がおきっぱなしになっているのが気になりました。

消費者はサイトに「感染対策を改善してほしいと思った部分の写真」を投稿し、それが公開されます。

それを見た店主は、その部分を改善して写真を撮り、改善をサイトに報告します。

改善しない場合は、シールを貼ってあってもお客様が減ると思います。

確かに登録せずに偽造シールだけ貼るお店があるかもしれません。

登録番号を入力してその店のページが出てこなければ、「不正表示店」と誰でもわかるので、そこまでのリスクは侵さないだろうと思いますが、偽造防止対策に関してはシールの文章やデザインで工夫できるかと思います。

追加説明する機会を与えてくれてありがとうございます。

by M.Kさん - 2020/11/25 09:11 問題を報告

投票履歴 5

アイディアに責任を

高評価コメント 0

他のユーザからの評価(★の数)の平均が4以上のコメントを表示しています。

ページの先頭へ