ぺんたけさんのページ | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


ぺんたけさんのマイページ

ウェブサイト
http://
自己紹介文
自己紹介は未記入です。

投稿したアイデア 0

まだアイデアを投稿していません。

お気に入りアイデア 0

まだお気に入りがありません。

投稿したコメント 2

教育(校務)の情報化

自分の小学校時代(15年ほど前)を振り返ってみると、確かに保護者宛の文書を帰りの会で配られ、お母さんに渡していた記憶がありました。現在も変わっていないんですね... 当時、保護者宛の文書をお母さんに渡し忘れる...なんてことは自分自身もありました。電子データで送受信すれば、確実に届くので良いですね。

とはいえ、全員に同じ方法で文書を配る必要はないとも思います(先生側の負担になってしまうのかもしれませんが...)
経済的な理由から電子データの文書を受け取ることができない保護者の方もいらっしゃると思うので、そういう家庭のお子さんだけ、紙の文書を子どもに配るのはどうでしょうか?
みんなの前で紙の文書を配るとあからさまに経済状況が周りに分かってしまうので、教室の中ではなく他の場所にクラス関係なく子どもを集めて配布するとかでしょうか、難しいですね。むしろ、電子データを送受信する用のデバイスを配布した方が平等でしょうか...

「校務用のPCとソフトのスペック改善」と「出席簿のデジタル化」は、やらない理由がないのでぜひやるべきだと思います。

by ぺんたけさん - 2020/10/17 14:07 問題を報告

国民参加型の「デジタル用語集」編纂そして標準化

外国語由来の言葉(= 概念)は、日本人同士の会話で認識の不一致をもたらしやすいので、標準化された用語としてまとまっているととても良いですね。

全ての人に活用して欲しいですが、特に、大きな影響力を持つ「メディア」と「学校教育」で活用してもらいたいです。

今あるものをデジタル化することは、すなわち、新しい言葉と概念を知ることでもあると思っています。直感的に理解できる日本語表記があれば、生産的な議論ができる土壌が育つと思います。

by ぺんたけさん - 2020/10/17 13:51 問題を報告

投票履歴 4

教育(校務)の情報化

高評価コメント 1

他のユーザからの評価(★の数)の平均が4以上のコメントを表示しています。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

外国語由来の言葉(= 概念)は、日本人同士の会話で認識の不一致をもたらしやすいので、標準化された用語としてまとまっているととても良いですね。

全ての人に活用して欲しいですが、特に、大きな影響力を持つ「メディア」と「学校教育」で活用してもらいたいです。

今あるものをデジタル化することは、すなわち、新しい言葉と概念を知ることでもあると思っています。直感的に理解できる日本語表記があれば、生産的な議論ができる土壌が育つと思います。

ページの先頭へ