keijuさんのページ | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


keijuさんのマイページ

ウェブサイト
http://kmatsu-lab.blogspot.com/
自己紹介文
クラウドサービス推進機構 ソフトピアジャパン

投稿したアイデア 4

約束手形の廃止

keijuさん

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201119/k10012719771000.html 約束手形の支払い期限 60日に短縮方針 (経済産業省)といいますが、行革、デジタル化の観点からは、廃止が不可欠です。 インボイスの電子化はそのための方法です。電債などを含めて、手形は世界の趨勢から取り残さ... » 詳しく

  • 2ポイント
  • 2
  • 1コメント

電子インボイスの実施で中小企業への支払い短縮の促進

keijuさん

今、大手企業を含めた決済支払いは60日以上かかっています。このコロナ禍で中小企業の経営はますます苦しくなっていますが、本来、支払いに使える請求金額、売掛金が入金されないことが、苦しさを増大させています。政府の補助も必要ですが、まずは、早く支払ってもらえる商慣習の改革が... » 詳しく

  • 3ポイント
  • 3
  • 3コメント

山林所得のEtax利用を可能に

keijuさん

林野庁が公募した、緑のオーナー制度で、半額で売却するということに大幅な損失をこうむりました。 https://www.rinya.maff.go.jp/j/kokuyu_rinya/kokumin_mori/katuyo/owner/index.html 山林所得の損失として、申告したいのですが、etaxが利用できないようです。 https://www.k... » 詳しく

  • 2ポイント
  • 2
  • 0コメント

お気に入りアイデア 0

まだお気に入りがありません。

投稿したコメント 9

「官のシステム」のディジタル化に関する要件

賛成です。
縦割りを、廃止するという意味は、データを多角的に、様々な用途に活用できるようにすることです。そのためには、まずデータ構造の基本原則を確立し、それに基づいて、個別に、データのオーナーが、管理することです。決して集中管理ではないことも、方針として明確にしてほしいです。
守らなければならない原則を、まず、作ること、ここからスタートと思います。短期決戦の、仮設小屋みたいなデータ構造を作ってはならないのです。

by keijuさん - 2020/11/14 15:00 問題を報告

自分の死後に、ネット上でのアカウントを処理する仕組みの整備

賛成です。
最初の契約の段階で1年利用がなかったら、警告後、自動的にアカウントが削除されるとすればいいと思います。
重要なのは、ポイントなども廃棄されると、することですね。

by keijuさん - 2020/11/04 20:25 問題を報告

電子インボイスの実施で中小企業への支払い短縮の促進

#002 #002
ほんとう、ですね。
この場合は、手形の話のようですが、
教えていただきたいのですが、手形の場合でも、買掛債務になりますので、ここでおっしゃる利益とは、預金金利収入だけですね。
支払い遅延によるメリットは、金利というよりも、キャッシュフロー上と思うのですが、この内部留保の積みあがったとき、キャッシュフローメリットはほぼないと思うのです。それより、支払いがきれいな会社というイメージを作る方が、得と思うのですが、どうも、安手の富裕層と同じく、お金はたくさん、手元にある方がいいと、という呪縛から、経理担当役員も、離れないのでしょうか。
わからないですね。

by keijuさん - 2020/11/02 16:30 問題を報告

アトキンソンさんの中小企業再編論は、まったく中小企業の現実を無視した間違った議論です。

by keijuさん - 2020/11/02 13:02 問題を報告

携帯電話の料金引き下げについて

安くすることにはもちろん、賛成ですが、高価になっている原因は、総務省が要請している本人認証、様々な説明など、窓口で、1時間以上もかかる手続きの複雑さへの、人件費増でもあります。家族割引などの割引オプションを全廃して、簡単な、時間・データ量払い、と、月ぎめ定額の2つにすれば、通信会社のシステムの簡素化、窓口要員の削減が可能になり、自然と、安価が実現できると思います。
新しい価格制度を要望することにはあえて反対を投じます。

by keijuさん - 2020/10/28 14:22 問題を報告

自治体システム等の標準化について

趣旨には賛成ですが、あえて、反対を投じます。
標準化と共通化は違います。まして統一は大きく違います。地方自治を尊重しつつ、各自治体のサービスの多様化、知恵を組み込むことを可能にするには、コアとなる機能(例えば年金、国保、住民記録など)どを共通機能として国がクラウドで提供し、それを各自治体がサービスとして、EU、あるいはポータルを作り、市民に提供することだと思います。つまり、国が提供する機能と各自治体が提供するサービスを切り分けることと思います。
住民記録で言えば、住民情報の維持更新は自治体、しかし管理機能は国がプラットフォームで提供することかと思います。

by keijuさん - 2020/10/27 16:04 問題を報告

医療のデジタル化

賛成です。
ただ、これまでのさまざまな取組が、不十分だったのはデジタル化だけの問題ではなかったからと思います。
たとえば、かかりつけ医院から、かかりつけ薬局、といいますが、処方箋を見て、薬局が、変だよ、ほかの医院からの薬との飲み合わせが問題とか、また、現実にあったのですが、錠剤の量が多すぎると、薬局が発見しても、その処方箋を医院に返却することなどできません。ネットで、差し戻して、再作成すべきですが、その権限が薬局にはありません。そうしたらかかりつけ薬局なんて情報があっても、実効性がありません。デジタル化だけではなくデジタル化を生かす仕組みつくり、これが肝と思います。

by keijuさん - 2020/10/27 11:35 問題を報告

システムの開発や導入は随意契約を禁止する

上記を理解しつつ、あえて、反対を投じます。
もはや官公需が儲かる受注という時代は過ぎつつあります。もちろん、少ない大企業が多重下請けで、何もしないのに、利益を抜いているのは論外です。
安心、安全な信頼できる公的システムには、継続的な開発保守運用が不可欠で、それが、開発運用分離、細かく業者を分割することのオーバーヘッドは想像を超えています。公開入札のための膨大な資料作成、膨大な作業、などです。
さらに、現在system入札には、1社入札と、応札者なしが増えています。人手不足と、人件費の単価が市場より低く設定されているからです。また、リスク要素を認めないために、最初から利益がとれないことが予想されるプロジェクトなど。
癒着はあってはならないことですが、、官庁システムのクラウド化を確実に実施するには、高度なIT人材をもつ企業の継続的な活用が、不可欠と思います。

by keijuさん - 2020/10/26 15:58 問題を報告

科研費は理系の研究だけを対象に

「科研費は日本の国益に帰す研究に費やされるべきであり、一部の学者の政治的文化的趣味に税金を投入するべきではありません。」
には賛成ですが、今の学問は、理系であっても、社会との関係を無視して成り立ちません。その意味でも、文系の研究、社会科学系の研究の役割はますます、高くなっています。問題はそれらの研究を評価する仕組み、世界レベルに高める仕組みが、現体制では不十分と思います。改革は必須と思います。

by keijuさん - 2020/10/26 12:00 問題を報告

投票履歴 13

約束手形の廃止

高評価コメント 0

他のユーザからの評価(★の数)の平均が4以上のコメントを表示しています。

ページの先頭へ