gentleyellowさんのページ | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


gentleyellowさんのマイページ

ウェブサイト
http://
自己紹介文
自己紹介は未記入です。

投稿したアイデア 1

公文書「転記」の廃止と「複写」制限の緩和

gentleyellowさん

「転記」とは手書きで書き写すこと。 「複写」とはコピー機や写真でまるまる写しとることです。 現行法では、多くのケースで公文書の転記は合法、複写は違法となっています。 素人の自分が調べたところによると、これはインスタントカメラが出来た時の規定が根拠となっているらしい... » 詳しく

お気に入りアイデア 0

まだお気に入りがありません。

投稿したコメント 6

ロボットと人権

ロボットに人権があるかどうかを決めるのは、政治であり、政治を左右する市民感情であって、理性や論理ではありません。
なぜそう言えるかと言うと、今の我々に人権があるのさえ、倫理学や哲学ではなくて感情の高まりと社会情勢に後押しされた政治的決断によるからです。議論ではなく、フランス革命とかアメリカ南北戦争とかが人権を作りました。
 
ロボットが人格が得るほどの遠未来(?)において、市民感情がどうなっているかを予測できるでしょうか? できません。
従ってその件について前もって議論しておくことは無意味となります。

by gentleyellowさん - 2021/04/16 09:35 問題を報告

公文書「転記」の廃止と「複写」制限の緩和

あっ、なんか誤解を生んでるかもしれない。
なにも無制限に全部コピーさせろとかいう話ではない。
あくまでも、手書き可能ならコピー禁止は不合理やろ、です。
 
もしも複写されて困るならそもそも閲覧可能になっているべきではないし、閲覧や複写に資格や申請の厳格化もいるでしょうね。
そこらへんの制度が未整備なんじゃないでしょうか?
個人情報だから黒塗りってのもまだ判断として雑で、個人情報の閲覧は必要な人には必要です。

by gentleyellowさん - 2021/04/14 15:15 問題を報告

#010 #011

引用していただいたニュースをよくご覧になってほしいんですけど、詐欺師は閲覧が可能で書き写した資料を使ってるんですよね。

「手書きであれば同一でないから詐欺師が使えない」という判断のもとで、閲覧可能だが複写不可手書きは可、みたいな仕組みが今残ってるのは存じておりますが、最初に述べた通りそれはインスタントカメラと手書き書類の時代の判断です。
詐欺師が公文書使いたかったら、持って帰ったメモと家のword使って書類つくればいいし、なんの意味もない規定になってるはずです。

by gentleyellowさん - 2021/04/14 13:31 問題を報告

#004 #005 #007
それです。ありがとうございます。
 
#008
いいえ。実のところ、いま転記できている書類を、複写するために黒塗りにされたら困るわけです。住所や権利者など、個人情報が必要だから見ているわけですから。
それらの閲覧できる情報を持ち帰るのに手書きで移すしかない、という手間が我々の業務に負担となっているのであって、転記ができるんだから写真でのメモはオッケーなはずだろ、という感覚からくる提案となります。

by gentleyellowさん - 2021/04/13 09:31 問題を報告

公文書PDFの「テキストコピー禁止」を即時廃止

自分が思うに、
https://ideabox.cio.go.jp/ja/idea/05172/
こちらで問題提起した、「公文書の複写禁止」という既存法に基づいて、コピーは禁止にするか……という意図で気軽に設定したものでしょう。

実質的に意味はないですが、ルールに誠実な公務員であるほどこの通りの対応をしてしまうはず。
トップダウンでの対応を強く望みたいです。

by gentleyellowさん - 2021/04/12 19:12 問題を報告

公文書「転記」の廃止と「複写」制限の緩和

#001
僕が業種的に見るのは建築土木関係の書類ですが、他のジャンルでも間違いなく同じことが起きているはずです。
例えば政治家のドキュメンタリーで「答弁に使う資料を得るために1日を転記に費やした」というエピソードを見たことがあります。
 
一律に扱われているのが問題というなら、むしろ現状が法的に公文書を一律に扱ってるんではないでしょうか?
「手書きだからオッケー」と「写真はコピーだからダメ」しか無い。手書きで持って帰ってワープロで同じ書類を作る、みたいなことをしていい書類かどうか? そういう発想からくる区別が法的に整備されてないのだと思います。
公文書が全て手書きだった時代はそれでよかったのでしょうが、もういい加減ダメでしょう。

by gentleyellowさん - 2021/04/12 18:58 問題を報告

投票履歴 5

ロボットと人権

高評価コメント 2

他のユーザからの評価(★の数)の平均が4以上のコメントを表示しています。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

ロボットに人権があるかどうかを決めるのは、政治であり、政治を左右する市民感情であって、理性や論理ではありません。
なぜそう言えるかと言うと、今の我々に人権があるのさえ、倫理学や哲学ではなくて感情の高まりと社会情勢に後押しされた政治的決断によるからです。議論ではなく、フランス革命とかアメリカ南北戦争とかが人権を作りました。
 
ロボットが人格が得るほどの遠未来(?)において、市民感情がどうなっているかを予測できるでしょうか? できません。
従ってその件について前もって議論しておくことは無意味となります。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

#010 #011

引用していただいたニュースをよくご覧になってほしいんですけど、詐欺師は閲覧が可能で書き写した資料を使ってるんですよね。

「手書きであれば同一でないから詐欺師が使えない」という判断のもとで、閲覧可能だが複写不可手書きは可、みたいな仕組みが今残ってるのは存じておりますが、最初に述べた通りそれはインスタントカメラと手書き書類の時代の判断です。
詐欺師が公文書使いたかったら、持って帰ったメモと家のword使って書類つくればいいし、なんの意味もない規定になってるはずです。

ページの先頭へ