表現のチカラさんのページ | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


表現のチカラさんのマイページ

ウェブサイト
http://www.hyogen.fun/
自己紹介文
舞台俳優のはだ一朗です。2018年秋に、様々な表現方法で様々な社会問題を周知・啓発する団体【表現のチカラ】を発足しました。
2020年12月16日、シニア世代のデジタルディバイドの解消を目的とした、シニア向けオンライン情報番組を市の映像配信支援プログラムの助成を受けて実施します。頑張ります!

投稿したアイデア 1

もっとシニアにフォーカスを!

表現のチカラさん

テレホンカードに驚く祖父が居ました。 券売機で切符を買う事に躊躇する祖母も居ました。 Suicaに驚く父でしたが、今、ガラケーからiPhoneに勇気を持ってスイッチしようとしています。 時代の発展に戸惑うのはいつの時代もシニア世代です。 そしてそれは自分の未来の姿。 必ず、時代... » 詳しく

お気に入りアイデア 0

まだお気に入りがありません。

投稿したコメント 1

もっとシニアにフォーカスを!

#001 わざわざコメント有難うございます。
語弊がありました。
社会で、シニアの皆さんが明るく楽しく暮らせている姿が沢山見られたら、それはやがてシニアになる我々の未来像でもあるので、先陣切って時代の進化(デジタル化)と戦い、戸惑っているシニアの皆さんを支える社会にしましょう、というのが私の想いです。
シニアの皆さんの笑顔を受けて私たちが元気で笑顔であれば、子供達も笑顔になるのだと思います。
私達に余裕がなくて、シワ寄せが次の世代に行っている様に思います。
引っ張る…というのは、シニアの皆さんが笑顔になれば社会は変わる…といった意味です。
子供達も、貧困な状況にあればデジタルディバイドの渦中にあっても不思議では無いと思います。
ただ、テーマがデジタル改革なので、順応性の高さから考えて優先順位をシニアの皆さんにつけました。
子供達は減って行きますが、高齢者の人数は変わらないのが現状です。
デジタル改革という分野であれば、私はまずシニアの皆さんに手を伸ばしたくなりました。
決して、頂いた意見を否定するものではないのでご理解下さい。
子供達のサポートも大切です。
あく

by 表現のチカラさん - 2020/10/19 20:09 問題を報告

投票履歴 1

高評価コメント 0

他のユーザからの評価(★の数)の平均が4以上のコメントを表示しています。

ページの先頭へ