島謙作さんのページ | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


島謙作さんのマイページ

ウェブサイト
ウェブサイトは未記入です。
自己紹介文
自己紹介は未記入です。

投稿したアイデア 2

ipv6 などの次世代サービスの消費税減税

島謙作さん

ipv6 の普及が遅れています。いっそ ipv6 を積極的に推進しているサービス事業者の消費税軽減をしてみては、というご提案です。 ここでは ipv6 をテーマにしていますが、ipv6 に限らず、新規に公共性の高いサービスを提供しているにも関わらずラウンチできない、推進できないサービス... » 詳しく

ブロードバンド僻地にも高速インターネットを整備すべき

島謙作さん

IoT の時代なのに、まだブロードバンド通信ができない地域が存在します。私の実家も田舎で散村です。住所から調べてみるとは光ファイバーサービス提供地域に含まれていますが、実際に数年前からプロバイダに申し込んでも「充分な光ファイバー需要がないので光幹線の通信事業者(つまりNTT... » 詳しく

お気に入りアイデア 1

ブロードバンド僻地にも高速インターネットを整備すべき

島謙作さん

IoT の時代なのに、まだブロードバンド通信ができない地域が存在します。私の実家も田舎で散村です。住所から調べてみるとは光ファイバーサービス提供地域に含まれていますが、実際に数年前からプロバイダに申し込んでも「充分な光ファイバー需要がないので光幹線の通信事業者(つまりNTT... » 詳しく

投稿したコメント 6

行政機関の利用ファイル形式をオープンドキュメント形式(ODF)にしてください

賛成です。ファイル形式にはライセンスがあるわけだし、ただ文書を開くだけのために国民すべてのPCに有償のソフトウェアを購入する必要があるというのは、オープン化の流れに逆行しています。

文脈からアプリケーションの使い勝手云々ではなく、文書フォーマットです。

共通文書フォーマットを、Mac でも Linux でも、オープンソースのアプリケーションや互換ソフトウェアで自由に読める、印刷できることは、利用者の立場からみて行政にとっては重要なことだと思います。

オープンフォーマットの機能が古いとか制限がある云々というご意見もありますが、そもそも提供される文書・内容が高機能すぎるのです。

平均的な利用者に配布する文書はODFで充分事足ります。

ODFで足りないレベルの”提供物”であればそれなりのフォーマットがあるわけです。当たり前ですが3Dの図形だとかはそれなりのフォーマットがあるわけです。何もすべて ODF にしろとはかんがえなくてもいいんです。

一般的な利用者が使うレベルのものは、オープン化して欲しいのです。

by 島謙作さん - 2020/12/17 11:43 問題を報告

行政で使用するワープロ表計算はLibreOfficeにしませんか?

基本的に賛成です。このドキュメント開きたい、読みたいと言うときに Mac でも Linux でも、Windows サーバーでも読めるのはいい事。いつでも、どのPCでもダウンロードして好きに使えます。

そもそも役所が提供する文書を、ただ年に数回見るためだけに数万円のライセンス料を支払うのは利用者側からすると馬鹿らしいです。

この10数年 LibreOffice を使っていますが、基本的に困ったことはありません。一番困ったのは、属人的な作りの、いわゆる 「Excel 方眼紙」ですが、そもそも消えてほしいです。

by 島謙作さん - 2020/12/17 11:06 問題を報告

ipv6 などの次世代サービスの消費税減税

正直言って私が生きている間にipv4がなくなるとは考えた事がないんですよ。ipv6 なんてどうでもいい、私もそう思うし、たぶんみんな思っている。インセンティブがないからみんなどうでもいいと考えている。

減税が正しいかどうかは反対意見が多いので私も納得しましたが、取り組む側に何らかの危機感やメリットがないと取り組めない。減税でなければ補助金も、というご意見もありましたが、それもいいご意見だと感じました。

いずれにせよ、国家予算が絡む話だと、ややこしいですね。ここでの議論じゃないのかな。

by 島謙作さん - 2020/12/13 19:00 問題を報告

#003 医療現場の話は聞いたことがあります。

どう現場のモチベーションを事業者に持たせるか、の視点です。

by 島謙作さん - 2020/12/10 18:44 問題を報告

#002 読みました。役所が変わるのは現実性はありますね。

by 島謙作さん - 2020/12/10 18:38 問題を報告

#001 はじめたらキリがない。そうですね。国家という船ですからそう簡単に方向は変えられませんね。

by 島謙作さん - 2020/12/10 18:35 問題を報告

投票履歴 10

高評価コメント 1

他のユーザからの評価(★の数)の平均が4以上のコメントを表示しています。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

賛成です。ファイル形式にはライセンスがあるわけだし、ただ文書を開くだけのために国民すべてのPCに有償のソフトウェアを購入する必要があるというのは、オープン化の流れに逆行しています。

文脈からアプリケーションの使い勝手云々ではなく、文書フォーマットです。

共通文書フォーマットを、Mac でも Linux でも、オープンソースのアプリケーションや互換ソフトウェアで自由に読める、印刷できることは、利用者の立場からみて行政にとっては重要なことだと思います。

オープンフォーマットの機能が古いとか制限がある云々というご意見もありますが、そもそも提供される文書・内容が高機能すぎるのです。

平均的な利用者に配布する文書はODFで充分事足ります。

ODFで足りないレベルの”提供物”であればそれなりのフォーマットがあるわけです。当たり前ですが3Dの図形だとかはそれなりのフォーマットがあるわけです。何もすべて ODF にしろとはかんがえなくてもいいんです。

一般的な利用者が使うレベルのものは、オープン化して欲しいのです。

ページの先頭へ