fountainさんのページ | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


fountainさんのマイページ

ウェブサイト
http://
自己紹介文
現在は組織に属しており、業務範囲外の多岐にわたる自らの様々なアイディアを活かせる機会がなく、何か少しでも日本のためにお役に立てたらと、今回勇気を持って参加させていただくことにしました。ここ20年くらいずっと現代の資本主義社会の限界を、あらゆる場面で痛感しており、社会システムの変革が必須との認識に至っております。日本のみならず、世界共通で、あらゆる仕組み、習慣等の抜本的な見直しが必要なのだと思います。 なお、こちらで申し上げる意見はあくまで個人の考え(私見)であり、属する組織とは一切関係ありません。 本来は退職する等、けじめをつけてから一個人として参加させていただくべきところですが、経済的事情もありますため、ひとまずご容赦願います。ここでは稚拙な素案レベルしかお示しできず、たいへん恐縮ですが具体化の際には将来的に参画し主導的に推進可能です。今後の日本の皆様の幸せな生活のために現実化して参りたいと思っております。 (案はたくさんありますが、時間の都合上、一部案の素案のみ提示させていただくに留まります)一応、情報系修士ですが得意なことは技術ではなく大局を見ることです。

投稿したアイデア 7

デジタル庁管轄下の「デジタル起業 優遇措置および支援制度」創設

fountainさん

2021年9月デジタル庁発足に伴い、今後ますます日本のデジタル化が進むことが容易に予想される。デジタル庁は基本内製化の方針で、民間からも高度情報処理試験合格者を中心に優秀人材を募集中とのことで、多くのIT系人材はこのデジタル庁入庁を目指すかもしれないが、中には同等能力があっ... » 詳しく

  • 3ポイント
  • 5
  • 74コメント

社会人のリカレント教育および就業機会の充実・促進について

fountainさん

IT技術者に限った話ではないが、日本では社会人以降も様々学び続ける人たちが評価されない、活躍できない社会である。社会に出てからさらなるスキルアップのために大学/大学院等に通い学士/修士/博士を取得したり、海外の難関大学院でMBAを取得しても、評価されるどころか、馬鹿にされ... » 詳しく

  • 1ポイント
  • 6
  • 50コメント

ポストコロナ時代の日本統治体制の抜本的改革

fountainさん

デジタル庁創設にあたり、お願いしたいことは山ほどあるが、投稿期限:2020年11月6日とのことで、私見で重要度や緊急度が高いと思われるテーマのみ主に提案させていただく。今回のデジタル庁創設とともに縦割り行政廃止予定とのことで、政府と共に、国民一人一人が以下の重要テーマに取り... » 詳しく

  • 1ポイント
  • 7
  • 16コメント

デジタル通貨(CBDC)を使用したユニバーサル・ベーシック・インカム試験的開始

fountainさん

デジタル庁創設に当たり、お願いしたいこと、取り組んでいただきたいことは山ほどあるが、とにかく今は、”日本国民を一刻も早く救済”する為の策を優先し、その後で、”滅亡危機にある日本救済の為の抜本的な大改革”を断行していただきたい。デジタル庁に関係ありそうなことでお願いしたい... » 詳しく

  • 12ポイント
  • 15
  • 32コメント

デジタル化=5Gではない 子供の健康・命を守ることを第一に全ての基準を設置して欲しい

fountainさん

私自身もモバイル機器の恩恵に預かっている一人であり、また、通信事業者、システム/IT関係の多数の事業者様の事業妨害や、日本のGDP成長を妨害したいわけでは決してないのですが、全国津々浦々5G基地局、アンテナを無数に設置する計画は今すぐにでも中止していただけないかと、懇願さ... » 詳しく

  • -2ポイント
  • 6
  • 10コメント

高等教育の義務化およびオンライン学習の最大活用

fountainさん

すでに「オンライン学習中心のホームスクーリング制度の整備」にて小中学校義務教育におけるオンライン学習の活用について提案させていただいているが、高等学校、専門学校、大学、大学院、生涯学習についてもオンライン等うまく活用し、全国民が好きなことを学び続けることが可能な社会... » 詳しく

  • 2ポイント
  • 7
  • 7コメント

オンライン学習中心のホームスクーリング制度の整備

fountainさん

デジタル庁から小中学校の教科書のデジタル化方針(案)が出た。これを機に義務教育(小中学校)の登校困難児でないケースについても、オンライン学習中心のホームスクーリング制度による卒業/修了が認定されるよう整備を行うべき。(関連法「義務教育の段階における普通教育に相当する... » 詳しく

  • 15ポイント
  • 15
  • 18コメント

お気に入りアイデア 0

まだお気に入りがありません。

投稿したコメント 116

オンライン学習中心のホームスクーリング制度の整備

(補足13)(続き)モバイルはiPhoneを使用していますが、自宅では、できる限りLANケーブルで有線接続。この方法であれば電磁波の不快感とか頭痛等はあまりしませんので、読み上げ機能で音声で聴いたりしています。ただ2-3回の読み上げよりは自分の頭を使って2-3回読み込んだほうが内容を覚え易いような。個人差があるとは思いますが。
PCも基本は有線LAN接続。文書作成ならそれほど疲れを感じませんが、暗記モノとか深い理解となると長時間のPC使用は疲れる割に内容が頭に入っていなかったり。英語等の発音を覚える学習等にはPC等が適していますが。
ビルゲイツさんも、スティーブジョブズさんも、お子さんには14歳頃までモバイルを使用させなかったらしいですね。モバイル依存症回避が理由らしいですが、電磁波による体調不良と学習障害の悪影響もご存じだったのではないかと勝手に思っています。(補足12)に書いたニュースのコメント欄にも、お子さんが「デジタルだと集中できない、覚えられない、体調不良」等の多数のコメントを見ました。PCは学習管理や連絡用として、最悪紙媒体だけでも学習進められるよう工夫が必要かもしれません

by fountainさん - 2021/01/29 03:04 問題を報告

(補足12)「デジタル教科書、紙と併用か・全教科か…文科省が5案提示 読売新聞オンライン 2020/1/29 Yahooニュース」に関して。私としては、やはり当初の主張通り、小中学生の学習には「紙とデジタルの併用」必須だと考えます。紙削減(エコ)の観点からも完全デジタル化を推進したいところですが、結論から言って、毎日の長時間のPC/モバイル使用は、小中学生には、身体的に無理があると思います。主な理由は、20歳頃まで(最低でも15歳くらいまで)の身体にはPC等端末や無線等から出る電磁波が(多ければ多いほど)健康被害を齎し、集中力も削ぐ為です。大人でも眼精疲労や肩こり、体の強張り、体調不良になる人が多いのに、まして育ち盛りの子供たちが長時間のデジタル学習に集中して耐えられるはずもありません(wifi/モバイル業者様の営業妨害では絶対にありません)。
再度、1か月くらい、紙媒体の本/PC上/モバイルで学習効率と疲れ易さを比較してみました。正式な研究レベルではなく申し訳ないのですが、本で学習したときが一番体が疲れず、ノート書き込み等していなくともマーカー引いた箇所等はよく覚えていました。

by fountainさん - 2021/01/29 02:44 問題を報告

#014 mitunari2050さん 返信が遅くなり申し訳ありません。2月前半まで時間が取れないため、一瞬の返信となりますがお許しを。
・「石田三成の時代」⇒あまり書くと知り合いにばれますが、先祖の一部の出身地が石田三成の地に若干近く、それだけです、期待させてすみません。
・「21世紀の関ケ原は・・東軍「生産者業界」と西軍(「一億消費者集団Cs=消費家」)の合戦
⇒仰る通りですね。決して対決の構図は望まないのですが、部分的には対決せざるを得ない場合もあるかもしれませんね。従来は、東軍が大企業であれば一社だけであっても圧倒的に強かったのですが、即日、全世界的に、「ステークホルダー資本主義」の運用が本格始動しましたので、ステークホルダーのうちの「顧客(消費者ニーズ適合/不買運動可等)」の権利も従来とは比較にならないくらい大きくなっていきますので、経済システムの力関係自体も徐々に変わっていくかと思われます。
・GIGAスクール⇒仰る通り、小中学生の学習のICT利活用はGIGAスクール構想の関係者/業者が以前から進めています。私のほうは気づいた点のみ補足的にメッセージングさせていただければと

by fountainさん - 2021/01/29 02:05 問題を報告

デジタル庁管轄下の「デジタル起業 優遇措置および支援制度」創設

#006 UNZEN.JPさん(続き)世界全体でもほぼ同様の考えの下、大改革に取り組まれているようです。デジタル化もこの地球環境回復が第一目的かと認識しています。他には、デジタル(ICT)により、地球規模でも連携/協力しやすいこと。国家も官民ともに効率化が進む等メリット多く、デジタル化には今後も何らかの形で関わっていきたいとは思っています。肝心なことは、全体の情報を整理整頓して、シンプルかつ機能的なシステムを創り上げていくことだと思っています。その意味では、国全体でやるべきことの全体のコンセンサスが確立されていない状態で、バラバラと起業して好き勝手に色々と無駄なものを作ってしまうことのないようにとは思っています。他と重複しないような形で、複数他システムとの連携も考慮しつつ、棲み分けしながら、役立っていくということが大事かと。それなので、まずは、デジタル庁が何をどこまで取り組まれていくのか、官民の棲み分け、協業、下請け等をどのような感じで進めていかれるおつもりなのかによっても違ってくるかと思いますので、各自はとりあえずスキルアップに励みつつ、様子を見ながら検討を進めていきましょう。

by fountainさん - 2021/01/13 04:51 問題を報告

#006 UNZEN.JPさん ありがとうございます。
>一人で失敗しても別の人と組めばうまく行くかも
⇒ 組む人やチームの価値観や考え方(蓄積知識の量/質/幅、鍛え方のレベル、学び歴=シナプス結合 の違いにより、見えているものが全く異なる)で本当に違ってきます。過剰なストレスなく、高度に創造的な仕事が成し遂げられる場が(社会全体でも)用意されていくことが望ましく。

>「やり直せる社会」「デジタル改革に資する」起業が大条件
⇒その通りだと思います。が、ちなみに、私自身はやりたいこと=起業というわけでもなく。私は、元々デジタル(IT)だけをやろうとしていた訳ではなく、小さい頃から地球全体に関わる諸問題解決の立案に関わろうと、ITを含め、様々勉強してきました(e-コマースはやりたかったことの一つではありますが、それが本目的ではなく)。それで、ずっと問題視してきたことは、現在の資本主義下、世界中でスタートアップも大企業も、皆が利益確保第一優先(自由主義)ルールの下、利益最大化の為に宇宙と地球で強引に事業を展開し、結果として環境汚染が増大、比例して人間が地球上で安全に暮らせる残期間が激減中

by fountainさん - 2021/01/13 04:18 問題を報告

#005 ikemoさん ありがとうございます。
⇒IPA 2021年度未踏アドバンスト事業公募も出ていますね。
(引用)「未踏性、市場性、事業性、開発実現性を備えたITを活用した革新的なアイディア・プロトタイプ(製品・サービスの企画・構想を練っている段階、製品・サービスのプロトタイプ開発を継続している段階)を有し、ビジネスや社会課題の解決につなげたいと考えている未踏的IT人材からプロジェクトを募集」

「未踏アドバンスト事業」などは2017年度からあり、私は、実用化の為のIT系研究事業や天才プログラマー等が参加可能な敷居の高いPJかと思っていたのですが、アイディアBOX等に持ち寄ったアイディアの中で応募できるものも出てくるかもしれませんね。
ただ、すでに誰かがアイディアBOXに書き込んだ内容の著作権はデジタル庁に帰属するかと?「未踏アドバンスト事業」に応募してよいかというのは現時点でわかりません。UNZEN.JPさんが別コメントで、「アイディアBOX(会員制)」で本格的に検討して実用化に向けて進めるのはどうかというような提案を出してくださっていますが、重複や盗用等トラブル避けたいです

by fountainさん - 2021/01/13 03:24 問題を報告

#004 栞子さん ありがとうございます。
2⇒仰ることわかります。基本的には、情報系学位/修士/博士+「高度情報処理技術者」「情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)」を複数取得している方が望ましいかとは思いますが、募集職種によって、学際的、俯瞰的視点/経験を持った人材のほうが望ましい場合もあります。言い訳のようですが、私はハイブリット人材を目指して多領域の専門性を身に着けることをモットーに長年やってきました。それなので、情報技術に関しては幅広い基礎的知識と一部専門知識(経験則含む)はあっても、苦手な分野もあり、客観的に見て、優れたIT技術者であるとは言い難いかと思います。よって、高度専門性が必要な部分はその方々に任せて、全体の中で、各自が得意な能力やレベルを持ち寄って関わることができたらと考えています。

5⇒仰る通りですね。そもそも原則詐欺的な目的の方は参加できないでしょう。ただ、ITといっても本当に幅広く純粋な意味での技術者だけを指すわけではないので、様々な多様なスキルを持ち寄って、可能な範囲で最大限よいものができる感じがよいかと。なお、労働搾取/血税搾取いずれも望んでいません。

by fountainさん - 2021/01/13 03:17 問題を報告

#004 栞子さん、#005 ikemoさん、#006 UNZEN.JPさん
#019 雪見餅さん、#039 N_azoooさん
皆さん、コメントありがとうございます。自分で提案しておきながら大変恐縮なのですが、しばらく1か月くらい時間が取れず。皆さんのご意見をよく拝見し、熟考してから回答させていただきたいと思います。

#059 雪見餅さん
>国の癒着する天下り先を増やすだけ
⇒当然これは私も望んでいません。

>国を良くするぞという人間が集まった、一つの方向性を持った政治思想を持った集団
⇒仰る通りです。偏った思想の集団に勝手なことをされたら困るでしょうから、変な反抗的集団を作るつもりもありません。
誰かにとっての正義は誰かにとっての迷惑だったりしますので。

#060 UNZEN.JPさん ありがとうございます。
2月10日頃までほぼ時間がないのですが、できる限りコメント読ませていただきますね。私もホームページ作りは昔試行錯誤していました(全部削除済ですが)。私も純粋な技術屋ではありません。技術は理想とする未来創造の為の支援ツールだと思いますので最大限活用していきたいですね。

by fountainさん - 2021/01/11 21:26 問題を報告

#002 酒神忍さん ありがとうございます。本来は官民協業が望ましい事業もありますが、独占禁止法他様々なコンプライアンス法令への対応もありますし、また、簡単に起業できた人たちに国の重要な仕事を割り振るというのも難しいでしょう、その辺は認識しています。一方で、デジタル庁の仕事は多岐にわたり、デジタル庁職員だけでは足りず、いずれ多様な人材が携わることになるでしょうから、その時に何かしらの形で貢献できるようなことがあればよろしいかと思います。

#003 UNZEN.JPさん ありがとうございます。今ここにきて大企業も大変革に向けて本腰を上げ始めていますので、日本もこれから変わっていけるかもしれませんが、資本主義が続く限り、株主第一優先のビジネスを止めることはできませんので、政府には、規制緩和/強化すべきものの見極めを確り行っていただきたいと思います。いずれにしても、起業/大企業にしても、当面のキーは、「地球回復および継続の為のソーシャルビジネス中心」ということになりそうです。その意味では180度の大変換。従来は利益確保出来ないビジネスには取り組めませんでしたが、今後概念が変わるでしょう。

by fountainさん - 2021/01/11 20:33 問題を報告

#001 UNZEN.JPさん 提案を盛り上げてくださり本当にありがとうございます。実は、私も1990年代後半、WINDOWS95,98を使用し始め、当時から「これからはインターネットでビジネスをする時代が来る、e-コマース、ネットショッピングが主流になる。世界中の人々とよりネットで繋がり易くなり、協力し合える時代が来る」と思い、時間がある時に独学で技術を学びながら試行錯誤していました。ただ、何しろ独学で、かつ技術は得意なほうではなかったのでモノにできず。その後、せっかく大企業でチャンスをいただくも自分の能力不足で多くの事業案は未提案。一方で最近、自分は技術単独で勝負する程の技術力はないと再認識し、得意な領域中心に方向性を切り替えました。ただ、私が20代の時にやろうとしていたこと(現在のAmazon,楽天等のようなビジネス)は、仲間を募り、補助金等資金確保できていたら起業まで踏み切れていた可能性はあるかと。当時、世界中の多くの方が同じことを考えていたはず。その痛い経験もあり地方移住起業支援もありますがコロナ禍で首都圏からの移住者は歓迎されない傾向も有、デジタル起業支援もあればと思います

by fountainさん - 2021/01/11 20:04 問題を報告

デジタル化=5Gではない 子供の健康・命を守ることを第一に全ての基準を設置して欲しい

(補足7)(続き)5Gといっても周波数、出力、通信方法は様々であり、工場等ローカル使用は自由。全用途に反対している訳ではない。ただ、想定外の被害(環境破壊、人や動物の健康被害)が起きる可能性が高いが医学的な証明が難しく、これまで以上に電磁波で苦しみ、泣き寝入りすることになる多くの方々が心配。また、再三の健康被害を体験し、外出者、5G携帯所持者が極端に減るのではないかという危惧有。さらに少子化対策が叫ばれる中で不妊に悩む人が急増中。「不妊治療費助成」も始まるが、環境電磁波の影響を最小限に抑えられる環境整備が急務。妊娠の問題に限らず、電磁波過敏症が急増中。例えば、自身は、元々wifiやモバイル回線の5Ghz以上の周波数では電波弱めであっても電源ONから30秒も経たずに全身に物理的な圧を感じ、無数の電磁波が皮膚に連続して刺さり続けて痛い為、長時間使用が厳しい。2.4ghzはある程度慣れ内臓損傷以外大きな問題はない。モバイルはLAN接続であれば電磁波を感じない。さらには、2020年後半から自身も含め外出時に目が痛くなる人が急増中。5G普及が進む米国のみ新型コロナ感染者数が圧倒的に多いのはなぜか

by fountainさん - 2021/01/10 21:42 問題を報告

(補足6)(続き)(2)(1)に関する具体的な被害(一部)⇒ 空/水/地中の水分蒸発、全生物の自律神経失調のみならず、土壌・植物・動物の全てが、細胞レベルで焼かれて干からびる。多くの生物は、特に目の細胞膜損傷(水晶体を損傷し白内障発生)、特殊なプロテクト眼鏡なしでは失明の危機。人工衛星からの直接ビームも一般的になる為、電子銃一撃で突然死増
(3)無数の5G人工衛星(地上300~1500km)の強力な電磁波包囲網は地球の自転にまで影響を及ぼす。2023年~2025年頃から?ポールシフトが起き、次に、公転軌道逸脱にまで及ぶ可能性大

他にもたくさんあるが、時間的都合で一旦ここまでにさせていただきたい。「間も無く第三次世界大戦、ポールシフト、隕石衝突や太陽フレアーの影響で地球に住めなくなる可能性が高い為、火星他に住めるよう宇宙開発を進めている」という話だが、逆に、5G人工衛星大量打ち上げのような危険極まりないことを必要最小限に抑えることによって、地球滅亡危機を最大限回避する方向に政策転換いただけないかと願う。また宇宙開発は、荒らすことではなく、地球防衛の目的にのみ特化して進めていただきたい。

by fountainさん - 2021/01/10 20:38 問題を報告

(補足5)世界中の多くの科学者や専門家が、5G通信衛星の大量打ち上げおよび地上の5G通信網新設/刷新による地球と人類の滅亡危機について再三警告されている。自身も電磁波に関するあらゆる情報(1万件以上)に触れてきて、また、実体験からも、近未来の地球滅亡の危機を憂い、一刻も早い軌道修正、大幅な規模縮小を願うところである。

【特に危惧している点】
1.人工通信衛星の尋常でない数の打ち上げ ⇒(提案では2万基以上と書いたが)実際には、今後さらに5~6万基以上の5G人工通信衛星打上予定とのこと(※資金繰り、宇宙ゴミその他問題を指摘され、最新では、今後10年間で1千基程度の打上予定に変更されているかもしれないが)
2.5G基地局、アンテナ等 ⇒今後、世界中で1兆基以上を刷新+新設予定とのこと

上記1&2により、近い将来懸念される主な事項は以下の通り
(研究論文ではないので簡単な表現で大まかなことのみ)
(1)超低軌道衛星(上空200マイル、約320キロ)での地球規模の電磁波(非常に強力なパルスビーム)連携によって、電離圏のバランスが破壊され、地球全体の生態系が絶滅する危機

by fountainさん - 2021/01/10 20:05 問題を報告

社会人のリカレント教育および就業機会の充実・促進について

#030 雪見餅さん(続き)究極まで専門性を追求することなく、中途半端な状態で次々横に広く浅く?スキルをつけざるを得ないというのが実情です。よって、20年後に別の職種に興味を持ったらそちらに移ってもよいのではないか?の問いに対しては当然個人の自由ですが、この場合も、ゼロや1からのスタートではなく、これまでの1000なりの経験値や実績を総合的に判断して様々なスキルを持ったより視野が開けた人材として、適した役割が与えられ、適正に評価されるように社会全体が変わるとよいなと思いました。後、企業に入ると、製品や技術に特化した人材と見做される人もいれば、ゼネラリスト的な役割を担わされる人もおり、両方メリット、デメリットありますが、ゼネラリスト的な役割を担わされた人は専門性そこそこにして異動/別の業務を担わされたりして、色々とできても上司との相性が悪いだけで低評価となり昇級できず、定年まで不幸な毎日を送る人も多く、こういったことが起きないよう、学び続ける多様な人材が適正に評価され、活躍の場を与えられていく社会になればと思っています。雪見餅さん、皆さんへの続きのコメントはまた後日書きます。

by fountainさん - 2021/01/10 01:35 問題を報告

#030 雪見餅さん コメントありがとうございます。
>同類項の法則(価値感や得意分野で役割/仕事を振る)で棲み分けが進むべき
→例えば、Aさんの20歳の時点での(後省略)
⇒以下の通り一部回答させていただきます。新卒/リカレント教育(学士/修士/博士取得、独学資格取得等)に限らずですが、大前提として、
1.入社時(大学等からの復職時)は、できるだけ専門か専門領域周辺に近い職務に就かせていただくのが望ましい。
(理由:専門や周辺領域のほうが組織や世の中に、より貢献しやすい為。理論+実践で専門性を深められる)
2.1が叶ったら、段階的に専門性を上げ、さらに幅を広げていける職場環境が継続的に提供されることが望ましい。
(理由:多くの方は長期的な視点で資格取得計画等を立て、その計画に従って日々進めているので)
⇒ただし、現実は異なる。多くの職場で、個人のスキルアップを支援するような、優しいしくみは整えられていない。例えば、資格取得の為の参考書購入/受験料補助、資格取得奨励金等もない、資格取得後も、能力を活かせるように仕事で取り計らってもらえることは難しい。組織によって様々ではあるが。

by fountainさん - 2021/01/10 01:04 問題を報告

#024 雪見餅さん コメントありがとうございます。失礼しました。
>会社が雇用をする際に学歴で初任給が決まるのが普通であり、~(省略)。
⇒私も同様の考えですが、年功序列終焉、現在はコロナ禍もあり、当初想定とは違い(雇用継続は大変感謝していますが)。マッチングの問題、自分の努力不足に尽きるのでしょうが。恨みではなく、新しい時代には国家全体で、人の活かし方や給与等についても再整理されるべきと思いました。これから「ステークホルダー経済」へと移行する中で、各人の学歴や専攻、得意分野等が職業に反映され、現在のように価値観や考え方の大きな違いで悩まないよう、同類項の法則(価値感や得意分野で役割/仕事を振る)で棲み分けが進むべきかと思っています。

>その上で、
「学歴以外の部分を所得として算出する評価方法」の具体案
⇒学歴、出身大学、各資格の取得状況、経歴、人柄、資質、賞罰、勤務態度、コンプライアンス遵守意識、役職/危険手当他様々な構成要素で総合的に判断されていることは存じ上げております。情報再整理後、後日リプライします。なお、あまり時間がなく返信が遅くなるかもしれません。申し訳ありません。

by fountainさん - 2021/01/05 03:14 問題を報告

#023 hr2さん コメントありがとうございます。hr2さんのように働きながら大学院を出られて、さらに「高度IT資格を複数取得」されている非常に優秀な方でも、思うように評価されないというこもあるのですね。所属する組織の方針や政治(派閥)にもよるのでしょうが、こういった不公正は今後是正されるべきと感じています。なお、このように学び続ける人々への再評価や学歴差異での価値観の違い、軋轢・トラブルに関しては、周囲の方々、インターネット上等でもかなり多く見かけました。関連してハラスメントや人間関係で悩んでいる方々も非常に多いですね。ただ、間も無くこの現代のストレス社会の一大要因である資本主義社会は終焉していき、次は、「従業員もステークホルダー」として見做される「ステークホルダー資本主義」が主流となり、その後、社会主義でも共産主義でもない新たな経済システムの創造、構築が行われていくようですので、その時にこの問題の是正格差も同時に行われていくようにとは思っています。なお、学歴の話をすると、すぐ「マウンティング、過去の栄光にしがみつく哀れな人、世間への恨みがある人」等と話を誤解する方々が現れ残念です

by fountainさん - 2021/01/05 02:41 問題を報告

#026 UNZEN.JPさん こちらこそ私の提案に付き合ってくださり、ありがとうございました。本件、私の提案とは別に、UNZEN.JPさんご自身でも同様の提案を投稿されても大丈夫です。
当該アイディアボックスは、他者提案と類似/重複していても問題ないようですので。余談ですが、私はなぜか小さい頃~学生時代も含め毎日忙しい人生で、社会人以降も22-24時頃まで残業していることが多かったです。土日も忙しいながら少しずつ資格勉強を続け色々と試験を受けて、しかし、あと1~2問というところで不合格になったりを繰り返し、努力の割には報われていません。ただ、もう間も無く世の中がメンバーシップ型からジョブ型に移行しますので、生き残る為にも資格も色々と取得しておかねばならず。未来はAIに仕事を奪われ、取得済の資格の価値もなくなるかもしれませんが、とりあえず今は必要ですね。緊急事態宣言が出ますが、UNZEN.JPさんも、どうかお気をつけください。コロナは、今は無症状でも後で命を脅かす後遺症が出てくる可能性が高く、非常に危険だと思っています。

by fountainさん - 2021/01/05 01:27 問題を報告

#020 UNZEN.JPさん、本来は下書きを事前に見ていただいてから投稿しようと思っていたのですが、あまり時間がないため、雑な内容ですが、以下のタイトルで一旦アイディア投稿させていただきました。
⇒ デジタル庁管轄下の「デジタル起業 優遇措置および支援制度」創設

UNZEN.JPさんの意図と異なっていたら申し訳ありませんが、いつかお時間ありますときにでもコメント等宜しくお願い致します。なお、私はこれ以外にも最低30件程度は投稿したいアイディアがあり、他の方々への返信もせねばというところなのですが、現在~1か月先まで非常に忙しく、コメントへの返信もかなり遅れるか、1か月以降になるかもしれません。事情ご理解のほどよろしくお願い致します。UNZEN.JPさんのおかげで一つ提案が出せてよかったです。ただし、このコロナ禍で本当に多くの優秀な方々が倒産/廃業されており、資金面の不安から、自分がすぐに起業できるとは思えません。
私は、昔から独創的なアイディアに溢れ、将来予測/未来創造が得意で今後も色々と革新的かつ機能的なモノを創り上げていきたいと思っています。宜しくお願い致します。

by fountainさん - 2021/01/04 23:48 問題を報告

#013 雪見餅さん(続き)外見の美しさが求められる職業もあれば、弁護士資格がないと就けない仕事もあり、各自が就きたい仕事において最低限の資格を有していれば何ら問題ないものと思われます。日本は中学卒業が義務教育ですので、ひとまず中学を卒業していれば仕事に就けます。各自がなりたい職業に就けて、最低限の幸せな生活を営むことができていれば問題なく、職業人生において必要なことは日々の仕事の中でも学んでいますので、大学/大学院を出た人だけが偉いから学歴に見合った給与を下さいと主張しているわけではありません。(ただ、大学の学費は高いので、かけた分を回収できるような公平さは必要かと)
また、専攻や得意なこと、やりたいこととの受入先とのマッチング、働き手のキャリアパス意向や計画も尊重し、取り組ませてもらえるようなしくみ、ジョブ完全固定型でなくとも、ある程度専門領域の能力を伸ばしていけるような仕事の与え方が主流になっていくとありがたいと思いました。⇒ステークホルダ資本主義

>「学歴以外の部分を所得として算出する評価方法」の具体案
⇒時間をいただき提案主旨も再整理後に、再度リプライさせていただきます。

by fountainさん - 2021/01/03 03:04 問題を報告

#013 雪見餅さんコメントありがとうございます。
私の説明がわかりにくかったと思いますので、補足させていただきますと「学歴が全てであり、学歴情報を元にヒエラルキーを再定義してください」という極論要請ではなく、社会人になって仕事を退職してまで大学/大学院に通い学位や資格を取得したり、退職せずとも隙間時間で必死に勉強を続け、社会や組織の役に立ちたいと考えている人材が、今よりもっと活かされる感じになっていくとよいと思い提案させていただきました。卒業/修了したからと言って必ずしも優秀とは限らないのですが、少なくとも、さらに追加で何らかの専門性を向上させたことの証となります。

なお、「学歴」だけで機械的、無機質に「人間をラベル付けするシステム」を推奨しているわけではありません。このような格付システムは、某国の「信用格付けシステム」(+過剰監視社会)のような運用へと通じ、人間の自由の精神を奪い、人々を委縮させるものではないかと危惧しています。各人が選択する職業によって、最低限必要な学歴や専攻は異なってきますので、全ての人が一流大学/大学院卒でなければならないという主張ではありません。

by fountainさん - 2021/01/03 02:33 問題を報告

#017 UNZEN.JPさん ありがとうございます。
そうですね、まずは現行の起業補助制度等を確認して、遅くとも1週間以内には提案を出せるようにと思います。なかなか時間を割けないのですぐには難しいですが。
一旦失礼します。

by fountainさん - 2021/01/03 02:04 問題を報告

#016 UNZEN.JPさん 推薦だなんて、暖かきお言葉ありがとうございます。デジタル庁が欲しい人材かはわかりませんが、可能な限り勉強は続けておきます(世界のどこかに自分を必要としてくれる場所があると信じて。なければいずれ起業か)

恐らく、平井大臣も20年以上政治の世界にいらして、霞が関の問題点についてもご存じかと思います。Youtubeでそれらしきお話を拝見しました。日本で起きている問題は世界でも起きていて、共通の課題を抱えていますので、世界の潮流も見ながら、常に最適解を導き出していきたいと思っています。

>全体や先々の影響を巨視的に俯瞰できる人材
>全体的なビジョンをもって、またはその視点で検討指示できる人こそが組織のトップに必要な人材
⇒こういったことは昔から私の得意領域ですが、なかなか能力を活かせる場がないことは確かです。小学生位から地球上の諸問題の課題解決等に思いを巡らせていましたが、努力/能力と実行力が不足していたと我ながら反省しています。ただ、ずっと地球環境やデジタル化のことは気になっていますので、新たな社会形成に貢献していきたいと思います。

by fountainさん - 2021/01/03 02:00 問題を報告

#012 UNZEN.JPさん(続き)歪んだヒエラルキーも徐々に是正され、組織もよりフラットに、閃きや創造的なアイディアがより現実化しやすい社会へと環境が整っていくのではないかと思っています。社会全体で給与所得等は一律下がってしまうかもしれませんが、今よりは適正な形で分配されるようになり、UBIが定期的に支給されるので、全ての人に最低限の生活が保障される。これにより、人々のストレスは軽減し、犯罪や不適切な職業、苛め等も減り、皆が心豊かに暮らせる社会が到来と予測。理想の形は人により様々ですが、私は、日本だけでなく地球全体の幸福を目指して、皆で協力していくことが大事だと思っているので、そういった明るい未来創造に関わっていけたらと考えています。

>社会や慣習を変えるのは難しいですが、政策で起業のための環境を変えてもらうのは、実現可能な最短の方法
⇒その通りですね。現状でもIT起業等の補助はあるかもしれませんが。アイディアBOXで他の方が提案されていなければ提案もしてみたいと思います。所属組織にはとても感謝しているのですが、必ずしも企業が欲しがる人材ではないかもしれず。起業はリスキーですが。

by fountainさん - 2021/01/03 00:49 問題を報告

#012 UNZEN.JPさん ありがとうございます。
平井大臣はデジタル庁について、従来の霞が関文化の課題(長時間残業他諸要因で体調不良者、離職者続出等)が最大限クリアにされたような、創造的で自由な雰囲気の職場を作ろうとされているような感じで、その点で自らの理想と一致していますが、そもそも自分がデジタル庁に入れるかはわかりません。ただ、IT系に限らずですが、近い将来的に、世界の潮流と同様に、日本の社会と働き方も大きく変わっていくと思っています。

新型コロナウィルス感染予防対策としてのみならず、環境問題への対応(移動による二酸化炭素排出抑制、大気他の環境汚染防止、節電/省エネ推進他)、ハラスメント・性的被害防止、時間の有効活用、ワークライフバランス、育児・介護、悪天候/自然災害対策他様々複合的な用途の為に、デジタル化+テレワーク、効率化(自動化)が進むと同時に、環境汚染や人間(動物等含む)の健康や命を脅かす元凶となるような事業の多くは徐々に継続できなくなります。霞が関も時代に逆行せず、いずれ大変革していくことになるのではないかと思っています。(今のままでは、優秀な人が皆いなくなる)

by fountainさん - 2021/01/03 00:29 問題を報告

#008 UNZEN.JPさん ありがとうございます。デジタル庁で働きたいIT系人材多数、そして、デジタル庁がデジタル系起業を促進(補助/投資支援)くださるならば非常にありがたく。私自身も、日本や世界全体に関わる様々な課題解決に向けてICTを活用したソーシャルビジネスを手がけていきたいと考えており、現在情報収集中です。経営、法律、様々な技術についても資格取得に関わらず、学び続けております。アイディア無数にたくさんありますが、組織に所属させていただいている関係で提案内容には細心の注意を払っています。ただ、組織にいると担当業務にしか関わることができず、横に幅広く様々なPJに関われないのが残念です。また、技術からしばらく離れていた為、細かい実践的なことは苦手ですが、未来像、あるべき姿、施策やイメージを考えるのは得意です。IT系人材がそれぞれ寄り合い、互いに得意なところで協力し合い、多数PJを成功させながら、皆でさらに楽しくスキルアップしていくことができたら最高ですね。ぜひデジタル庁にはチャンスをいただけたらと思います。最高レベルのIT国家資格者は素晴らしいですが未取得者も含めて皆で助合い!

by fountainさん - 2021/01/01 23:11 問題を報告

#009 よっちゃんさん、コメントありがとうございます。
仰る通り、近年の大学院改革で全体的に大学院マスター修了者が急激に増えましたが、正規の研究職、専門職で活躍できる受け皿が圧倒的に少ない状態が続いていますね。最近はコロナ禍でリストラや退職せざるを得なかった人の多くが、(製薬系等の)優秀な修士/博士等というのも残念なところです。
法科大学院については仰る通りですが、そもそも、日本の司法自体にも改善の余地はあるかと。日本は米国と異なり、法令があってもなかなか見直しが行われず、内容が古く、実態と乖離している場合が多く、司法機能も限定的な傾向にあります。現状の運用のまま行くのであれば法曹や弁護士を増やす必要はないのかもしれませんが、社会変革していくのであれば、法曹や弁護士になりやすいように試験を工夫する必要があるかと。ただ、勉強不足、倫理観等欠けているとか資質がない人が誰でも簡単に資格を取得できてしまったらそれはそれで大問題ですが。人柄なども考慮されるべきですしね。いずれにしても、善意に満ちた、知識層が適正に総動員される社会の実現が望ましいかと思います。ずっと逆転現象が続いていますので。

by fountainさん - 2021/01/01 22:41 問題を報告

#006 UNZEN.JPさん コメントありがとうございます。一個人の社会への不満を吐出しただけの提案のように見えたとしたら大変失礼しました。仰る通り、自らの実体験を踏まえ、社会全体の実情を見て、日々感じていることを書かせていただきました。所属する組織の人材活用の考え方や相性の問題も大きいのでしょうから一概には言えませんが、日本社会の一側面ではないかと思っています。起業できればしたいですが、その為には、今後ニーズが高く、自分でも参入できて、毎年利益確保し続けることができる、かつ社会に継続的に役立つことができそうな分野はどこかを見極める必要がありますね。自ら資本金と運転資金を準備できない者にとっては資本主義が終わっていない今がチャンスですね、その意味では文句ばかり言っていないで、自らやってみればと言われてもしかたありません。
一方で、現在のコロナ禍でたくさんの優秀な起業家、優良中小企業が倒産している状況を横目に、社会的信用が確立できていない、バカ正直者の自分が起業することのリスクについてもわかっています。個人のやる気だけではどうにもならないことも多々有、社会全体の変革も同時に望みます。

by fountainさん - 2021/01/01 21:44 問題を報告

(補足5)(続き)最後に、コロナ禍で収入激減し、大学中退せざるを得ない方々も多数おり、学歴がなければ生きていく意味がない等と言っているわけではないので誤解なきようお願いしたい。学歴は、家庭/学びの環境、経済力、病気、障害、その他諸事情が重なり希望通りにいっていない人のほうが圧倒的に多く、学歴や出身校だけで全てを決めつけてよいかというとそうではない。義務教育しか終えていない人であっても、仕事をして幸せな人生を送る権利は当然あり、学歴差別社会を誘発しているのではない。
一方で、高学歴、能力が非常に高くても、スキルやポテンシャルを全く生かすことができない、学歴・専攻や対応可能な領域の幅の広さ、深さに対して、能力がほとんど発揮できない、能力者がそうでもない人たちの尻ぬぐい、下支えだけをさせられて、一生這い上がれないような、理不尽が続いていることが問題なのである。家柄、世襲ならまだ納得がいくが、時々の気まぐれや腹いせの作為で序列をつけられ、活躍するための進路を塞がれる等あってはならない。今後は国全体で、歪んだ序列を是正し、適材適所とパラレルワールドで、誰もが幸せに生きられる社会を目指したい。

by fountainさん - 2021/01/01 19:42 問題を報告

(補足4)(続き)つまり、システムをできる限り低コストで実現し、より効率的にやりたいことが進められるよう環境を整えることが重要。こういった古い、非効率なしくみを刷新していくときに、幅広く、かつ専門分野を学び続けている人々、頭脳を常に鍛えている人々の発想が役に立つ。ただ、仕事をしていると、集中して疲労しているし、ストレスも多い為、勉強時間を確保するのが極めて難しいのも事実。その中で如何に学びを続けていくかであるが、命を削ってまで勉強しても報われない世の中である。昇給・昇進できなければ生活にも困窮していくが、現実的に、必要なのは学位や学び歴ではなく、人間関係だったりするので非常に難しい(参考:「日本企業で出世する人たち、じつは「超低学歴」ばかりになっていた…!【2020年ベスト記事】2020/12/29(火) 7:02配信 現代ビジネス(yahooニュース経由))。

同一賃金同一労働と言うが、大事なのは、全ての人の給与を同一にすることよりも能力/努力に見合った職業領域、報酬、職位が適正に与えられる社会。社会の役に立ちたいと、生涯学び続けている人たちが活躍・評価される社会への変革が急務

by fountainさん - 2021/01/01 18:16 問題を報告

(補足3)(続き)ひろゆき氏は、現在言われている大学不要論に対して、「大学は入っておいたほうがよい、生涯年収も違ってくるから」等おっしゃっているが(参考:「2ちゃん創設者が論破する「学歴不要論」のウソ~海外に出たいなら、なおさら「学歴」は必要だ」ひろゆき 2020/12/11 11:00 東洋経済)、現実は、社会人になってから大学/大学院に入学・卒業/修了した人材に限らず、学位や専攻等よりも、高卒等で在籍歴が長い人のほうが評価され、昇給・昇進できる組織が多い。つまり、多くの組織ではそれぞれの得意分野や長所等は考慮されず、全て一緒くたにされて、単純作業等のスピードの速さ等だけで競争させられ、勝敗を決められてしまうような、理不尽なサバイバルレースが繰り広げられている。このレースでは、必要なことであってもやらずに、誤魔化して適当に省略した人の勝ちであり、他のプロセスへ及ぼす迷惑のリスク/困難さ等は考慮されない。大事なことは単純作業で個々の競争意識と分断を煽るようなことではなく、現在起きているあらゆる問題を最大限に解決する為にシステム等を最大限活用していくこと(手動+システム+自動化の協業)

by fountainさん - 2021/01/01 17:48 問題を報告

(補足2)(続き)一方で、高校卒業時にストレートで大学進学した人以外は学歴と見做されない、学歴はほぼ意味をなさない、25歳以降で大学入学・編入等している人たちが馬鹿にされたり、笑いの対象になってしまうという現状が改められない限り、日本の歪んだ社会構造には進歩がなく、古い考えに固執したまま衰退していくだけだと思う。菅(すが)首相のように高校卒業と同時には進学せずとも、後で大学に入学し、卒業している人たちがもっと評価される時代になればと思う。また、人生の若い頃に学んで学位、資格を取得したら、その後は学ばなくても人間関係さえうまくやれていればどんどん昇給できる、という昇進・昇給に関する現行の考え方についても、国全体で改められるべきと思う。
(他の案でも書いたが、優秀であっても経済的事情等で進学できない人が現在でも多い事実は承知。ただ、経済的に苦しくても学位を取得すれば人生が開けるかもしれないと希望を持ち、社会人になってからも貯金+奨学金で、仕事を退職してまで大学等に入り直すような意欲の高い人たちが絶望するような現在の社会は改められなければならないと思う)

by fountainさん - 2021/01/01 17:20 問題を報告

(補足1)起業家 堀江貴文さんは、「大学に行って学ぶ「教養」は、インターネットですべて学べる。その気になれば誰だって、受験勉強なしで東大生と同じレベルの学問を修められる。」「「学び歴」を得るのは早い方がいいけれど、年齢は関係ない。成人してからでもいいし、40代以降から学び直すのも結構だ。」「学歴よりも大事なのは、やりたいこととやるべきことを自分で見きわめ、探究の実践を積み重ねた「学び歴」。」とおっしゃている(「ホリエモン「学歴は究極のオワコン。これからの時代に必要なのは学歴ではなく“学び歴”だ」2020/10/12(月) 12:04配信(yahooニュース経由))

確かにその通りで、今はインターネットであらゆることが独学で習得できる時代なので、極端な話、学位取得者かどうかに関わらず、その人の「学び歴」が重要であることは間違いない。職業人は各人の所属組織で求められていること等を学び続けている「学び歴」が重要であろう。

by fountainさん - 2021/01/01 17:03 問題を報告

全ての公衆トイレをマイナンバーカードが無いと使用できなくしてはどうか

マイナンバーカード普及の為の案を出されている点は良いとは思うが、必ずしも万人が日常的に使用するわけではない公衆トイレに高額なマイナンバーカード認証用装置やカードリーダー等を取り付けても、あまり大きな効果は得られないのではないかと思います。トイレを通常用途外で不正利用されないように、長時間占拠されないように、盗撮カメラを置いた犯人を容易に特定するため等、色々と理由はあるでしょうが、そこまでコストかけられないのではないでしょうか。公衆トイレで犯罪に遭わないようにする為にはそもそも物騒な感じであれば近づかないこと、コンビニや公共施設等が近くにあればそちらのトイレを借りる等して危険回避する方法がよろしいかと。
マイナンバーカード普及策としては、以下が有効かと思います。
1.メリットを実感できるサービスメニュー充実と多数特典
2.一気に取得率を上げる為には次回の特別給付金支給申請を原則マイナンバーカードからの申請に限定すること
3.個人情報取り扱いルールが確立されていること、またその事前説明がわかり易い事(とりわけ医療機関サービスとの連携にて要配慮個人情報がどのように医療関係者に開示されるか等)

by fountainさん - 2020/12/31 03:43 問題を報告

公的個人認証を用いた一人1アカウントの実現

#030 ほまるさん 返信ありがとうございます。
>公的個人認証サービスを使って認証連携されたアカウント向けに流通させた分については買占めできません。

⇒食糧危機や災害等の緊急時、買占めが起こる可能性のある商品群(食糧、日用品等)について、「公的個人認証サービスを使って認証連携されたアカウント向け」分だけは絶対的に確保されるというのであれば国民としては安心でしょうね。賞味/消費期限の関係もあり、配給分を多めに確保するのは難しいかもしれませんが、少なくとも2~3か月分生き延びれるだけの最低限の数量を確保できればとりあえずは安心でしょうね。
あとは、ほげさんもご指摘されているように、IdPを使用することによるプライバシーの侵害の危惧や、他に、想定される具体的な用途、対費用効果他について、自らもしばらく考えてみたいと思いますので一旦失礼させていただきます。
なおSNS誹謗中傷者の特定については、有線LAN/無線に限らず現行でもある程度可能かと思います。ただこれも難しくて、個人の中傷ではなく社会全体に対する問題提起、警鐘&改善提案までもが犯罪扱い、提訴されたりするようになるのは困りますね。

by fountainさん - 2020/12/31 00:43 問題を報告

デジタル通貨(CBDC)を使用したユニバーサル・ベーシック・インカム試験的開始

#007 北本安範さん コメントありがとうございます。(続き)
2021年以降は、人間の行動や生活様式、地球上で生きる意義等全てが根本から変わっていくかと思います。今までは、多くの方が会社等の組織の人間関係やいじめ他のハラスメントに悩んだりしながらも、生活の為、家族を養う為に、ひたすら我慢して、定年まで仕事中心の生活を強いられてきました。毎日朝早く出社し、遅くまで残業で、満員電車での行き来、次々と資格取得していかなければならないのに勉強時間も確保できず、寝る時間を惜しんでギリギリまで努力し、一生懸命やっても評価もされず。精神面、金銭面、時間的にも余裕なく結婚相手を探す時間もなく。どんどん心がギスギスして、いつの間にか、他人に屈辱を味合わせることが趣味になり、集団いじめをして楽しんだり、他者を馬鹿にしてストレス解消したりと。様々な歪みが生じ、放置され、社会全体が病んでいます。これからは、全体がもっと幸せに生きられる社会を目指していこうと思っています。各自がやりたいことをやれる時間が創出されていく時代になるかと思います。その為の、デジタル庁であったり、UBIだと思っています。

by fountainさん - 2020/12/29 03:05 問題を報告

#007 北本安範さん コメントありがとうございます。仰る通り、UBI(ユニバーサル・ベーシック・インカム)が定着すれば、働かなくても生きていける人が激増しますので、「働かない」という選択肢も出てくるかと思います。現在でも、お金に余裕があり働かずに生活している人、世界中にたくさんいますね。
ただ、本来は、働かない=怠け者 ではないと思うのです。働かなくても最低限の生活ができるようになれば、危険な仕事などは特に、担い手がいなくなり、地球上の全ての営みがうまく回らなくなるのではないかと危惧されている方も多いようですが、そもそも、そのような危険な仕事自体、今後極力なくしていかなければならないと思っています。例えば、原発事故の後処理、毒物、危険物を扱う仕事、戦闘要員等、その他あらゆる極めて危険な仕事は強制的に担わされる人が不幸な人生になります。
それ以外の仕事は、地球環境破壊をこれ以上進行させない、地球環境の回復という人類共通の目的の範囲内で実施可能なものに限り継続可能で、全体的に全て見直しがされていき、新たな仕事も様々創出され、本当に必要な仕事だけが残っていくでしょう。

by fountainさん - 2020/12/29 02:54 問題を報告

(追加2)参考までに米国の現金給付金の記事を参考までに追記

トランプ米大統領は27日、新型コロナウイルス感染拡大に対応する総額9000億ドル(約93兆円)規模の追加経済対策法案に署名し、同法は成立した。追加経済対策は、国民1人当たり最大600ドル(約6万2000円)の現金給付や、週300ドルの失業給付の加算措置のほか、新型コロナで苦しむ中小企業支援として3250億ドルを盛り込んだ。(参考:「トランプ氏、拒否権見送り政府閉鎖回避 コロナ追加対策署名「闘いあきらめない」毎日新聞2020年12月28日 17時22分)
------------------------------
全国民に配る現金給付は、トランプ氏からは「米国民への支援が不十分として直接給付を2000ドルに増額するよう」法案修正の要求が出ていたが、共和党が巨額の追加支出に難色を示したため、直接給付は今春実施した1200ドルから600ドルに半減することで決着したとのこと

by fountainさん - 2020/12/29 02:26 問題を報告

(追加1)日本のデジタル通貨(CBDC:Central Bank Digital Currency)は、2021年中の実証実験(PoC)開始を目指して勉強会等が進められている最中とのこと(参考:「日本で動き出した「デジタル通貨」プロジェクト」impress 鈴木 淳也 2020年11月27日 16:51)。BIに関連して、12/28 米国で全国民対象とした二回目給付(国民1人当たり最大600ドル;約6万2000円)決定とのこと。提案なのですが、米国に倣い、日本でも2回目の「特別定額給付金」支給をご検討いただきたく。その際、現在、マイナポイント申請可能なマイナンバーカード取得キャンペーン中ですので、せっかくですから、マイナンバーカード取得者&マイナポータルからの申請を原則申請ルールとして、今回は一人当たり10~30万円程度の現金給付を実施されませんか。10万円/1か月*3ヶ月分程度まで纏めて支給されてもよいのではないかと。現在コロナ感染者が増加中、変異種も国内で確認されており、日本医師会からも全国的に医療が提供できなくなるとして「医療緊急事態宣言」が出されています。医療従事者を守る為にも

by fountainさん - 2020/12/29 02:20 問題を報告

情報セキュリティアドミニストレータを情報処理安全確保支援士に認定すべきである

#015 hr2さん 仰ることわかりますので簡単にコメントさせていただきたく。
IT系(広範囲)の人々にとって、働きながら情報技術者系国家資格を取得していくのは本当に大変なことかと。ただでさえ日々激務で心身を壊す人が多く、睡眠時間を削って資格勉強をして合格できたとしても、国からも、組織からもうまく活用いただけない、評価されない、というのであれば取得した意味がないですよね(IT系はIT専門学歴や資格より実務経験が重視されがちなので)。それと、時間がない人たちに対して、試験問題が難し過ぎ、広範囲と感じています。国は今一度、IT国家試験について、内容と段階的にでも合格していけるよう見直し願いたく。例えば、基礎・共通問題、保守運用系、開発系、情報システム部員用、ITコンサル用、IT企画/経営、情報セキュリティ法務系など、各セクションで必須の知識・技術を中心に習得できる資格(実用的)とする等。理想は広範囲にまんべんなく知識と技術を、ですが、今後はメンバーシップ型からジョブ型に移行していく傾向にあり、国家資格=ジョブにピンポイントとなれば、より活用度が増していくのでは(一朝一短ありますが)。

by fountainさん - 2020/12/26 00:29 問題を報告

#014 セキュアドさん ありがとうございます。
確かに仰る通り、国としては認定せず、一方で、都では認定されており、矛盾を感じるお気持ち、理解できます。恐らく、国の考え方が基準ではあるが、東京都IT職員については、実際にやってもらいたいと想定している仕事の範囲や内容から、「旧情報セキュリティアドミニストレータ」も同等と認定するということなのかもしれませんね、個人の勝手な憶測ですが。
IT系の仕事に携わっている方は技術者のみならず、皆さん夜遅くまで、休日まで、非常に忙しい方が多いので、素質はあっても資格取得勉強に割ける十分な時間がなく、資格を取れないでいる方も多いのではないかと思います。
逆に、数学の授業をたくさん受けている高校生、大学(理系)の方や、試験勉強時間を確保できる学生、あと、IT系でも資格に近い業務に携わっている方、業務時間中に勉強させてもらえる方、先輩や同僚に教えてもらえる方々等が有利かもしれません。
私も言い訳のようですが、時間の確保ができないまま時だけが経過してしまいましたので、今後何とか再挑戦しようとは思っています。大変ですが、セキュアドさん、皆さん、頑張りましょう。

by fountainさん - 2020/12/25 23:53 問題を報告

公的個人認証を用いた一人1アカウントの実現

#024 ほまるさん 台湾の事例の提示ありがとうございます。
買占めに関してだけ言えば、当該しくみの運用実現によって、日本国内居住者に対してはある程度の規制がかけられるでしょうが、海外の方がネットショッピングなり、来日して実店舗にて買占めを行った場合は、複数策を徹底したとしても抜け漏れが生じるかもしれませんね。ただ、煽るつもりはないのですが、砂漠飛びバッタとコロナの影響で、2021年以降世界的な食糧危機が起きる可能性が高く、中国他来日者が米等の食糧を大量に買占める可能性があるのでは?と危惧/発信されている方々多数おります。この点、日本人が餓死する状況とならないよう、国として対策が必要かと。もちろん中国や海外の方が困ってよいという話ではありません。ただ、やはり国内居住者用の最低限の食糧・日用品の確保は必須ですよね。商品があっても価格が高過ぎて富裕者以外買えない状況はあってはなりません。
最後に、買占防止策の話に限らず、将来は電子通貨も普及し、これまで以上のデータ連携が進むでしょうが、新たな仕組創りにおいて、「要配慮個人情報」等への慎重な対応が軽視されることのないようにと思っています。

by fountainさん - 2020/12/25 23:12 問題を報告

#008 ほまるさん

>買占めが想定される商品を購入できるアカウントは公的個人認証と紐づけたアカウントだけに限定する、といった使い方を想定。複数アカウントを使えなくすることは意図していません
⇒それならば安心ですね。このしくみは、「マイナポータルにより認証された個人は一人1アカウントが保証される」ことから、買い物をするお店がネットに限らず、実店舗であろうと、マイナンバーカード提示により(店側がシステム上でチェックを行い販売可能か否かの判断を行い対応)、同商品(類似機能商品含?)を購入済であることが判明すれば購入不可ということですね。当然買占制限がかかっている製品限定でしょうが。
マスク、トイレットペーパー、食糧品の買占め禁止徹底の為に(それ以外にも広範な用途が含まれますが)、結構な費用や手間をかけてまで進めるのかは、私個人で検討する時間はまだまだ必要ですが、食糧危機に限って言いますと、政府側が備蓄を増量しておく必要もあり、複合策で進めていったほうがよいのかもしれませんね。

いずれにしても、当該仕組みの広範用途に対するメリットが一部わかりました。ありがとうございました。

by fountainさん - 2020/12/22 18:54 問題を報告

#007 ほまるさんや皆さんの様々なアイディアに対してもたくさん投票やコメントしたいのですが、時間が取れず十分に練られた内容ではありませんが、以下に簡単にコメントさせていただきますね。「公的個人認証サービス利活用推進事業」の資料も拝見済

>健康・生命に関わる問題
⇒ 2021年から、食糧危機や災害(富士山噴火、地震・大津波等)発生の可能性が高いため、食糧・日用品の備蓄や内陸部他安全地域への移住等が推奨されている傾向にあり、その点で今後一部の方々による買占めが起こる可能性は高いですので、消費者目線で言えば、当該しくみが買占め抑制/禁止に貢献するのであれば導入賛成ではあります。気づいたらどのお店にも商品がない、転売屋の高額商品以外買えないという状況だけは避けたいですよね。一方で、売上を上げたい小売側にとっては迷惑な場合もあるかもしれませんね。

>他事業者の持つデータと組み合わせて個人の嗜好性を分析したりはできないようにすることを提案しています。
⇒それであれば安心です。また、加盟の小売店などがお店の購入者でない方々の個人情報までリストで閲覧できたりしないしくみであればよろしいかと。

by fountainさん - 2020/12/22 18:27 問題を報告

ポストコロナ時代の日本統治体制の抜本的改革

#012 mitunari2050さん コメントありがとうございます。
(続き)
3.「21世紀の市場は「経済民主主義」」⇒ほぼ賛成。「経済民主主義;経済的側面の民主化により,労働者大衆の生活を向上させること」であるならば、そうだと思いますが、私は、労働者のみならず、最上階支配層の方々含め、全ての人々が本当に望む幸せ(戦争等は論外)が最大限実現される社会を再構築していく必要があると考えています。ただし、それは、地球を元に戻すという現在の人類全体の共通の取り組みの範囲内で行われる事、地球環境破壊等を進めない事等、いくつか制約があります。また、法律/基準/規制等の定期的な見直しも必要でしょう。

4.「デジタルプラットトフォーム市場」に限らず、「消費家(コンシューマイノベーションコード)」ニーズにも重きを置いたビジネスが生き残っていくでしょうね。

5.「GAFAやBATHを凌駕するのは「個人消費者集団=消費家」」⇒未来の産業ヒエラルキー(盛衰)は、「個人消費者集団=消費家」の選択次第という話でしょうか。一例として、今後は、グリーン購入、フェアトレード製品等を選択していく人は増えるでしょうが、GAFA等に関しては、(他社サービスもまんべんなく使ってくださいと言われても)、便利、使い勝手もよく、なかなか難しい可能性がありますよね。

by fountainさん - 2020/12/22 00:45 問題を報告

#012 mitunari2050さん コメントありがとうございます。
2.(続き)それと、日本では「共産主義:資本、財産等を皆で共有する平等な社会体制。土地、財産等は全て国有」は悪という考え方の方が多いようであまり馴染みませんが、未来の社会では、あらゆる産業で、プロシューマー(生産消費者)が主流になっていくでしょうから、例えば、国有農地をシェア、共有したりというようなことも多く起こってきそうで(政策によるでしょうが)、この意味で、絶対に「共産主義」は論外というようにはならない感じがします。いずれにしても、地球全体で環境破壊をこれ以上進めない、全ての立場にある人々がそれぞれ幸福を最大限に享受できる社会の実現を目指していくならば、それらが全て実現可能となるよう、「世界全体に適用される共通ルール」の新たな創立が必然となっていくでしょうね。それは過剰な監視社会、冷酷・陰湿な苛め構造等の温存ではなく、本当により公正で、無駄に競争を煽りエゴ剥き出しで人を押しのける社会とは真逆のものになるよう、ルールづくりを進めなければなりません。

by fountainさん - 2020/12/22 00:28 問題を報告

#012 mitunari2050さん コメントありがとうございます。

1.「国民は生産活動では「資本主義」を容認する!」⇒ご存じの通り、現在の形での「資本主義」は世界レベルで間も無く終焉予定です。しばらくは、「ステークホルダー資本主義」、「ESG投資」等中心で進められていくことになるでしょうが、数年以内にさらに大きな変更があるかと。ただ、この「資本主義」のグレートリセットによって、既存の産業構造が根底から崩れ、今後日本の産業界が受けるダメージも相当大きいでしょうから、総崩れしない為にも、日本の良さ/強みを残しつつ、生き残る為の策(新しい産業構造のあるべき姿含む)について皆で考えていかなければならないでしょう。新型コロナも今後数年間は終息しないでしょうから、未来型への思い切ったシステム転換が必要でしょうね。

2.「消費活動では「社会主義」を要求する!」⇒ほぼ賛成。「社会主義」という言葉で完全に表現できるかわかりませんが、個々人の能力/努力/長所等が考慮される社会、かつ全ての人々が安心して最低限の暮らし、消費を継続可能な社会というのは必須かと思います。

by fountainさん - 2020/12/21 23:52 問題を報告

「内閣官房デジタル改革担当」の脳内革命が必要!

mitunari2050さん、社会経済学者様?でいらっしゃるのかなと思いましたが個人情報ですので追究いたしませんが、一部共感する部分と経済学者ではない私には読めない箇所がありました。

・「2050年度「公助=100兆円」」
恐らく将来は世界中でBI等社会保障が充実し、日本もこのような感じになっていることでしょう。

・「{妄想≒「イノベーション」}が出来ない無い「デジタル庁」自体がアウト(リーダー失格・退場)である!」
こちらについては、イノベーションができなかった場合であり、
これから起ち上げるデジタル庁がアウトという意味ではないですよね?古い考え方をする多勢より妨害があれば失敗する可能性もゼロではないので、抜本的大改革がうまくいくよう政府が強力にバックアップしていく必要があります。なお、デジタル庁はあくまで、国民の生活(主に精神面)を豊かにすることに貢献するのであり、直接的にGDP成長に結びつくものではないかもしれません。ただ、日本の変革を主導する立場として機能していき、徐々に人々を幸福な方向へと誘導していってくれるのではないかと思います。追伸;石田三成の時代は私も多少関係

by fountainさん - 2020/12/20 16:38 問題を報告

情報セキュリティアドミニストレータを情報処理安全確保支援士に認定すべきである

「情報セキュリティアドミニストレータ」は、2008年で終了した資格で、設置当初は、情報システムのセキュリティ管理者側の高度専門試験であったので認定してもよさそうであるが、すでに認定から10年以上経過しており、その間、セキュリティに関する技術革新もだいぶ進んでおり習得せねばならない内容も2/3程度は異なっているだろうから、昔取得した資格をそのまま認定してよいのかについては、厳しいのではないかと思う。他のIT系資格の有効期限もせいぜい10-15年程度かと。なお、基本情報技術者等は、二種時代に取得しているから取得済と認定されることがIT企業等では多いかもしれないが、こちらは基礎的な技術、知識であり次の高度専門的試験に挑戦し、合格すればよいということが多いかと。一方で、「情報処理安全確保支援士」については高度試験であるので、自信があるIT系技術者については、昔も同様の試験に合格されているので、多少の勉強時間で合格できると思うので、仕事で非常に忙しいとは思うが受験し直すことでよろしいのではないか。あと「情報処理安全確保支援士」という名称、「情報セキュリティ専門技術士」等わかり易い名称に変えて欲しい。

by fountainさん - 2020/12/20 03:14 問題を報告

デジタル通貨(CBDC)を使用したユニバーサル・ベーシック・インカム試験的開始

#005 mitunari2050さん コメントありがとうございます。
返信遅れて申し訳ありません。方程式、数学的な考え方をされる
方なのですね。IT技術者というか先生でしょうか(個人情報なので深追いはしません)。みつなりさんの方程式、難しくてちょっと正確に読めてないかもしれず申し訳ないのですが、いずれにしても私は「大企業倒産」には賛成してはいないのですが、国内の現行の歪んだヒエラルキーの是正は必要なのではないかと思っています。そのための立て直しの期間だけでもBIが必要と思います。お金が有り余っている人ばかりではないので。ただ、これから地球全体で地球環境のことを第一優先にして運営していかなければいけなくなり、必然的に人類の過剰な活動は自粛させられ、BI必須の世の中になっていくかと思います。

by fountainさん - 2020/12/20 03:06 問題を報告

教育のデジタル化

私は、基本的には教育のデジタル化(デジタルの活用)賛成の立場ですが、デジタル化を完全に崇拝しているわけではなく、日々冷静に色々と考察を行っております。その観点から、気づいた点を以下に少し簡単にコメントさせていただきたく。

「宿題やテストなどもできるだけ紙ではなくデジタルで出題」
⇒高校生以上になってくればそれでもよいかもしれませんが、小中学生でテストまでデジタル化されるのは科目によってはきついかもしれませんね。小さい頃からPCに慣れておくのはよいのですが、紙では解答しやすく、PC画面上では解答しづらい内容も多々あるでしょう。

「生徒のデータも管理しておき、先生の裁量で成績が書き換えられないようにする」
⇒今も学校は相対評価なのかわかりませんが、この段階的な評価制度自体どうなのだろうかと思っています。この通知表の成績がよい学生であれば今は比較的簡単に大学に推薦入試合格できるそうですが。日頃の成績が悪くても試験直前に頑張って逆転勝利できる人もいると思いますので、あまり日頃の成績だけで生徒の進路を狭めないで欲しいところですね。以上、
コロナ感染の後遺症の怖さからも、デジタル化必須ですね。

by fountainさん - 2020/12/20 02:51 問題を報告

とりあえず医療系は

まとめるのはよいですが、重病等の要配慮個人情報については厳格に管理されるようなしくみを整えるべきです。医療機関であれば患者の病歴に関わる全ての、どんな情報でも見れるようにするというのは反対です。新法案では本人の承諾を得れば閲覧可能となるようですが、場合によって開示不要な情報も多々あるでしょう。中央が個人のデータを厳重なセキュリティ管理下で一元管理するのは致しかたないことかと思いますが、要配慮個人情報まで市民レベルで幅広に横連携(情報共有)させるのは危険です。

by fountainさん - 2020/12/20 02:38 問題を報告

マイナンバーカードはデジタル化するべき

カード配布は少なくともこの先10年位は絶対に必要だと思います。理由は以下の通りです。
1.全ての人がモバイル/スマホを持っているわけではない。
2.モバイル/スマホ以外(例えば、コンビニ設置マシン等)の操作時にカードの情報を見ながら入力する必要が出てくるかも。
3.役所他で何か問い合わせる際に、カードを提示して処理をお願いする手続きもあるかもしれない。
4.モバイル/スマホを常に携帯しているわけではないし、電源が切れたりしている場合には使用できない。
5.モバイル/スマホを家族/会社共有で使用している人もいる。
他にも色々とありますが、取り急ぎ以上です。

by fountainさん - 2020/12/20 02:31 問題を報告

信頼されるデジタル政府への第一歩

仰ることはよく理解できますが、なんでもかんでもやりとりを開示すればよいかというとそういうことではなく、必要なときに、必要な情報が開示されることが大事なのではないかと思っています。また、その開示された情報に対して国民が意見を伝えたりすることができる仕組みがあれば、従来の閉じられた政府から、開かれた、みんなで作り上げていく政府へと変わっていけるのではないかと思います。人が考えることは実に多様で、ほぼ全員が異なる意見を持っていますので、全ての国民の意見を全部政策に反映することは難しいことであり、ある程度は政府側に任せないといけない場合もあるかと思います。また、全てのやり取りのデータをリンクさせる形にすると本当に必要なエッセンス部分とそうでない副次的なもの、参考データ等も入交り、複雑化されてわかりにくくなってしまう場合もありますので、まずはシンプルで誰もが理解しやすいシステム、アプリ等を作っていくことが重要であるかと思います。

by fountainさん - 2020/12/20 02:18 問題を報告

3D顔認証を導入してほしいです

「顔認証システム」はID,パスワードが必要ないため、パスワードを忘れても認証を通過することができたり、他人にパスワードを盗まれる危険性もなくなり、とても便利なシステムではありますが、私自身は「顔認証システム」自体、個人的には使用したいと思わず、どちらかというと反対派ですので、「3D顔認証」についても同様の意見です。犯罪撲滅、犯罪者特定のためだけに認証が使用されるのであればよいのですが、将来的にはどこにいてもカメラで捉えられ、顔認証され、地球上での全ての行動が監視され、常に全てスコア化されるようになっていくところに繋がっていくのだとしたら、それは人類にとっての幸福な社会には繋がらないのではと思っています。世界でも半分は顔認証をやめる方向に向かっています。休日に化粧せずラフな格好でリラックスしたいのに(休日でなくても日常でもそうですが)常にカメラで捉えられている生活は窮屈ですよね、顔認証どうなのかなと考え中です。

by fountainさん - 2020/12/20 02:06 問題を報告

公的個人認証を用いた一人1アカウントの実現

良い案だとは思いますが、買占め自体それほど起こることでなく、ごく一部の方々が行っていることですので、国民全体に対して当該案を実施することについては、そこまでする必要はないのでは?と思います。理由は、手間がかかる、個人情報保護の観点(ショッピングの嗜好性プライバシーまで連携される)、何か事情があって複数アカウントを作って使い分けている方もいるかもしれず。
しょっちゅう買占めをして何か迷惑をかけている方がいた場合、問題が生じている場合は、当該方法で規制をかけることを検討されてもよいのかもしれません。

by fountainさん - 2020/12/20 01:51 問題を報告

個人に対する対象物は、世帯主ではなく個人宛に送るようにして欲しい

世帯主(=一家の監督者)が支払についても責任を持ってもらう必要があるため、世帯主に送っているのでしょうが、世帯主制度は廃止しないにしても直接本人に送付する選択肢も示されるといいですね、といいますか、あまりに選択肢が多いと面倒かもしれませんので、基本的には学生であっても本人宛に送る等のほうがよいのではないでしょうか?ただ学生で親元を離れている場合にまたそれを転送しなければならなくなったりして切手代、無駄な手間が発生するのでやはり事前に送付先を選択できるようになっていればよいのかもしれません。そもそも間違って書類を捨ててしまうのもいけないのですが、年をとればれば誰でもそういったことが起き易くなるかと思われますので事前/途中変更いずれかの方法での柔軟な配慮は必要ですね。

by fountainさん - 2020/12/20 01:42 問題を報告

電気・ガス・水道料金 支払い方法のディジタル化

私はあまりスマホ決済使用したくない派ですが、必要な人が多ければ将来的に対応いただくのがよろしいかと思います。

by fountainさん - 2020/12/20 01:31 問題を報告

対応するブラウザ

対応させる設定が面倒でなければよろしくお願いします。

by fountainさん - 2020/12/20 01:30 問題を報告

オンライン学習中心のホームスクーリング制度の整備

(追伸11)小中学生がオンライン学習する際の端末は何か一番よいか(続き)
(3)iPad等のタブレット…PCほど画面が大きくなく、デジタル教科書を読むときに読みやすいが、(2)と同様に電磁波の問題があるので、できればタッチペン等使用することを推奨したいが面倒な方も多いだろう。また、重くて角に当たり怪我し易い、うっかり落として壊す人も多いので、できれば「強化ガラス」と「耐衝撃シリコンケース」をセットで使用して欲しい。
大人であれば、モバイル回線やwifi環境でも多少は問題ないが、子供の勉強環境としては有線か弱電波推奨。
最後に、学校のオンライン教育に関してより参考になる記事があったので紹介。
「30年進まなかった教育情報化、デジタル庁は本気で切り込めるか GLOCOM豊福晋平氏に聞く 2020年11月04日 10時11分 弁護士ドットコム」(以下、引用)「現時点の分かりやすい目標は、「学びのデジタルモビリティ」の実現だと考えています。例えば、GoogleなどのクラウドIDでログインすると、スマホでもノートパソコンでも自宅のパソコンでも、すべて同じ作業環境が呼び出せます。」(引用終わり)

by fountainさん - 2020/11/05 04:58 問題を報告

(追伸10)小中学生がオンライン学習する際の端末は何か一番よいのかを改めて考えてみた。結論として「(1)推奨」であることに変わりはないのだが、ケースバイケースか。
(1)ノートPC…画面が大きく情報が見やすい。タイピングもでき文章作成も楽。15インチ軽量がベストだが高額。PCは少しの衝撃で壊れるので毎日の通学での持ち運びは推奨しない。視力低下が起こり易い。有線LAN接続であっても画面が大きい為、電磁波による目や全身の疲れは長時間使用すれば大きい。
(2)iPhone等のスマホ…体調が悪いときや多少眠い時でも、講師映像と音声中心の教材であれば寝転がって気楽な姿勢でも視聴可能なので、いつでもどこでも学習可能という観点からは(2)が最適。画面が小さいので画面から感じる電磁波は少ない。ただし、モバイル回線電磁波と画面タッチ時に指に感じる熱があり、長時間使用は懸念。有線LANケーブルで「Lightning - Digital AVアダプタ」でインターネット接続すればアダプタ以外からは電磁波も感じられないので使用出来たらベスト(ただし時々オフラインになり抜差必要)。非電導型スマホケース使用推奨

by fountainさん - 2020/11/05 04:47 問題を報告

(追伸9)タイピングとプログラミングについて実体験から
【タイピング練習】PC習得で小学校低中学年から訓練開始しておいたほうがよいと思うのはタッチタイピング。私は13歳頃(ワープロ書院)からタイピングをしたいたが正位置打ちに真剣に取り組んでこなかったため今でもタッチタイピングは苦手である。ただ、世間ではタイピングがかっこよくできないとそれだけで評価が下がる風潮があるため、皆さんにはホームポジションでのタイピング練習に早期着手して欲しい。タイピングの練習にはポジションを指示してくれるソフトが最適がと。
【プログラミング】小学生から全員に習わせるのはよいが、向き不向きがあるのであまり難しいレベルまで強制しないほうがよい。これからは誰もが情報技術の基礎くらいは知っておくべきであるが、プログラミングや設計、開発は向き不向きがある。私がプログラミングの勉強開始したのは、27歳頃だったが適性なく簡単なプログラムしか書けなかった。なお、小学校でのプログラミング習得には、授業型より、ソースを実行すると何がどのように動くのかのコンテンツを100パターン位作りこんで、その裏表を確認しながら学べる教材が適していると思う。

by fountainさん - 2020/11/05 04:13 問題を報告

ポストコロナ時代の日本統治体制の抜本的改革

(追伸8)(続き)今後重要と思われる事業領域の一部
1.デジタル化(”効率化”により人々がより自分の為の有意義な時間を大切にできる社会。電磁波地獄化だけは避けて欲しい)
2.省エネ、再エネ(冷暖房等の生活必需の電力、街灯他の公共の最低限の電力消費は省けないが、可能な限り省エネ徹底必要。原発再稼働回避。再エネは、森林を切り崩す太陽光は縮小し、砂漠地帯等を活用できないか。洋上風力、国際社会からは非難されているが高効率石炭火力発電等も活用できないか)
3.グリーン化、野生生物の保護(地球を本来の元気な姿に戻すと人間も元気になる。自然に根付き、正常な感覚を取り戻す)
4.農業(国民に机上の勉強を止めてと言っているのではなく、多少自給自足しながら、空いた時間で自分がやりたい知的探求や勉強が続けられる社会)
5.医療福祉(誰もが健康で幸せに生きられる社会)
6.研究等知的探求(新たな時代の為の研究。取り組みの枠組みから変える。ごく一部の非常に優秀な科学者のみならず、誰もが知性に参加できる社会)等々以上
従来の経済発展型から新たな在り方へと転換を図っていくべき

by fountainさん - 2020/11/05 03:52 問題を報告

(追伸7)#007 (追伸4)「新しい時代に推奨される事業領域」と記載したが一部関連記事があったので念のため以下に補足
(参考)「パンデミックを防ぐため、世界的な自然保護政策を、報告書 2020.11.04 National Geographic」https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/103100639/
(以下、引用)「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のような大規模なパンデミック(世界的大流行)のリスクを大幅に減らすため、自然や野生生物の保護に数百億ドルを投資するように、世界は政策を大転換するべきだ。10月29日、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の生物多様性版とも呼ばれるグループが、そのような警鐘を鳴らす報告書を発表した。報告書は、学術界、政府、非営利団体の科学者による「生物多様性および生態系サービスに関する政府間科学政策プラットフォーム(IPBES)」が7月下旬に開催したオンライン・ワークショップの議論をまとめたものだ。」(引用終わり)今後の国の産業構造自体についても方針を大きく変えていく必要がありそうだ。

by fountainさん - 2020/11/05 03:40 問題を報告

オンライン学習中心のホームスクーリング制度の整備

(追伸8)(続き)
(5)自宅や学校での勉強に使用するPCとしては、15インチ程度でないと見づらいが重いので持ち運びに苦労する。落とす可能性も高くなる。落とすと必ず故障するが、補償対象外分の修理費用は誰が負担するのか?
(6)ノートPCが無償配布されたとしても、自宅に光回線等導入していない、光回線導入費/月額使用料を払えない家庭も多いが補助するのか? ⇒小中学のみならず、高校、大学、社会人に至るまで、今後在宅勤務/学習を推奨していくわけで、光回線導入と月額使用料の国からの補助が必要になる可能性がある。携帯電話料金のみならず、携帯電話+光固定回線セット料金値下げもお願いしたいところ
(7)固定回線ではなくモバイルwifiも便利であるが、小中学生は体が小さく、電磁波の影響を受けやすいため、極力固定回線使用を推奨したい。
(8)学校と自宅等でしょっちゅうPC持ち運びが発生する状況は望ましくない。PCに慣れて欲しい事が第一目的ならばノートPCは自宅に置いて使い方を練習してもらい、学校では備付けのPCを使用してもらうなど?いずれにしても自宅学習+通学併用必須であれば費用がかかりそうである。

by fountainさん - 2020/11/04 13:54 問題を報告

(追伸7)小中学生に無償配布予定のノートPCについて最低でも検討が必要な事項(以下の通り)
(1)ノートPCは、通常4-6年程度で買い替える人が多い。小中学の9年間の使用を想定しての購入か?
(2)小学1年の入学時点配布予定であれば、小学校6年間使用することを想定しているのか?
(3)ノートPCは精密機械であり落とさなくても非常に壊れやすい。一台30万円もするようなPCを与えてもすぐに壊してしまう子供も多いはず。新品配布なら一台7万円程度(15インチ)のものに限定、あるいは思い切って原則中古PCを配布するなど検討したらどうか?(新品で最新OSで覚えたほうがよいが)
(4)そもそも一つの端末で、様々な目的を実現させようとするのには限界がある。小学一年生にPCでやらせたいことと、中学生にやらせたい内容では異なる。主に何を目的として端末配布したいのか明確にしてから購入すべき。
・例えば、デジタル教材化の一つの理由は複数教科書の持ち運びが重過ぎ、肩腕等を痛める子供が多いからというのがある。この問題を解消するには、12インチ程度の軽量なノートPCがよいが、画面は小さく20万程度と高額

by fountainさん - 2020/11/04 13:39 問題を報告

ポストコロナ時代の日本統治体制の抜本的改革

(追伸6)(続き)一方で、「日本学術会議」の課題で、菅(すが)総理を攻撃している方々もいるようだが、菅総理にには内閣総理大臣として危機的状況にある日本を救う為に、総合的抜本的改革を行わなければならない役目と責務がある。学歴が旧帝大卒でなくとも、7年8か月、官房長官を務められる他政治の世界での実務における長年の実績と周囲からの厚い信頼がおありのようで、またよく存じ上げないが、実直で、自然を愛する、国として何が重要かの正常な感覚をお持ちの方、世界的グレートリセット時代に相応しい総理として適任かと思われ、自らも機会があれば、信頼して今後もアイディアや意見を出していきたいと思っている。人生の一通過点である学歴のことを攻撃するのではなく、その後の長きにわたる学びと時代ニーズに応える力を評価されるべきではないか。国会での答弁棒読み等批判されている方もおられるが、総理ともなれば質問内容に事前に目を通す時間もないほど忙しいかと。言い間違いによる混乱を防ぐ為にも優秀な官僚が作成した解答案を信頼するのも悪ではないのでは。また総理であってもテレワーク等活用し健康に最大限配慮しつつ任務全うできるよう改革が必要

by fountainさん - 2020/10/31 08:33 問題を報告

(追伸5)提案のうち「(2)省庁再編」に関連し私見を補足。(参考)「首相、学術会議の会員「旧帝大が45%」 大学の偏り、データを説明 産経新聞 yahooニュース10/30(金) 14:53配信」。私の実体験から言わせてもらうと、日本の中では、旧帝大に、センター等試験を合格し入学・卒業している人たち、特に理系は、非常に頭脳明晰な人が多かった。私は一応帝大大学院修了者であるが、自分とは全く比較にならない程優秀な人たちをたくさん見てきた。地頭がよい、頭脳明晰であることが人間の全てではないが、小さい頃からものすごく頭を鍛えてきた人たちには、より良い世界を築く為の先導的役割を担う素質、ポテンシャルが高いと感じていた。その進化系として第一線の学者として活躍されている方々を中心に、日本の知性の最高峰として位置づけられているのが「日本学術会議」なのだと思われるが、元々1949年に連合軍総司令部(GHQ)のもとで創設されたとのことで、(米国の許可が必要なのであれば相談しつつ)現在の日本の状況に合わせて、国内の知性総動員で、あらゆる面で安全で幸福が感じられる国造りを目指せる体制へと変えていって欲しい。

by fountainさん - 2020/10/31 07:56 問題を報告

(追伸4)(続き)
(3)(1)、(2)を実現するための具体的な策
具体策の一つとして「企業による働き方改革の取り組みを後押しする政策パッケージを策定。具体的には、教育訓練のための休暇制度導入や短時間勤務制度の活用拡大、20代からの兼業・副業の実現、テレワークの推進などが柱」「社会人学び直しを後押し 年度内に働き方改革パッケージ 諮問会議民間議員が提言10/23(金) 7:05配信」とあり非常に期待しているが、以下のようなことも可能であれば取り組んで欲しい。国際機関(世界政府的機能含む)、日本政府、公共機関、大企業、中小、零細企業、個人事業等の役割再整理(新しい時代に推奨される事業領域、事業内容の定義と棲み分け)、組織再編成・再構築、適した人材の再配置(適材適所、優秀人材の定義、抜擢)、個人でも活躍しやすい社会。必ずしも正解とは言えなかった従来のやり方を大幅に見直し、新体制を作っていく必要がある。新体制では、間違った判断が横行しない、ハラスメントのない、能力や努力が報われる公正な社会の実現が望まれる。その為に(安倍さんも能力が高かったが)私も正義感溢れる菅(すが)政権に期待

by fountainさん - 2020/10/28 23:25 問題を報告

(追伸3)(続き)
(2)人間の個性や能力、努力を尊重する社会
経済的な事情等で希望通りの進学ができていない人が大多数であるが、一方で、幸運にも、元来の能力で、または、血の滲むような努力によって、世界的/国内で偏差値の高い、伝統ある大学/大学院等を出ている方々もいる。ただし、このように努力を重ね、非常に広範にかつ深く、多くを学んでいる人たちであっても、国家の為に、世界の平和の為に、その能力を十分に活かし切れる職に就けていない。運よく就職できたとしても、ミスマッチの職場で、苛めに遭い、排除されたり、寂しい思いをしている人々、病気に追いやられている人もたくさん。中には秀才、天才であるがゆえに社会での理解者なく、引きこもりになっている純粋な人々も多数。これからは、勉強したい人はオンラインなど活用してどんどん学びを広げ、何歳になっても学位取得でき、それが認められやすい社会になるとともに、才能を活かせておらず苦しんでいる非常に多くの方々が復活できる社会としたい。もちろん、価値観は様々であり学歴や勉強が全てではない。ただ、皆さんが好きなことで、より価値観が合う人々と自分を活かし輝ける社会とした

by fountainさん - 2020/10/28 22:51 問題を報告

(追伸2)「1.経済変革…より公平な経済を目指す」についての一部補足(続き)
具体的には、以下の通り、人間の個性や能力、努力を尊重する社会へと変えていくことが重要である。
(1)元来の人間らしさ、他人を排除せず、他をも尊重
日本では均一規格の人間を量産することが重視されてきた。結果として、人々の持つ多様な個性(長所)、卓越した能力はおおよそ封じられ、非常に簡単なことでさえ自らの頭で考えることができない、多面的な視点や判断力とはかけ離れた、忖度人間で溢れかえる世の中となった。驚くほどに誰もが同調圧力の奴隷になり、正義も善良な心も前面に押し出すことが許されない環境の中にあり、いつしか人間らしさをも忘れてエゴの塊と化している。直観や経験則で正常な判断ができる人間が徹底的に排除され、つい最近まで人類は滅亡の危機に瀕していた。誰かに頼まれたのか、無意識な選択か、両方であろうが、集団自殺の方向に自ら進んでいた(今も進んでいる)。今改革にあたって大事なことは支配層を潰そうということではなく、誰かのせいにすることでもなく、あらゆる階層の人々が幸福になれる妥協案を皆で探っていこうということである。

by fountainさん - 2020/10/28 22:28 問題を報告

(追伸1)「1.経済変革…より公平な経済を目指す」についての一部補足 世界/日本共通の深刻な課題の一つとして、ここ200年位の間に、資本主義体制の中で、あらゆる場所で歪んだヒエラルキーが自在に創造されやすい状態となっており、あらゆる階層の多くの人々が苦しめられている。かつての支配層とて現在のシステムの中では、人間らしく幸福な人生など見出せず、非常に惨めな辛い思いの中で過ごされていたりする。偉大な人々を幽閉し惨めな思いにさせるほど、呪いの作用も発動して、社会全体もより辛く貧しい方向へと進む。今後できる限り誤魔化しの効かない”公平な社会”が形成されていく為にも、お互いを認め合い、「他人の幸せな人生を邪魔しない」社会創りが必要。改革の取り組みの前提として、まずは「誰のせいでもなく、過去人類が全体で犯してしまってきたあらゆる過ちを二度と繰り返さない共通認識」が重要である一方で、事情は単純なものでない場合も多く、「一概に一方だけを責められない。だからこそ、協調しつつも棲み分けが大切であること、他人の幸福な領域を侵害しないこと」を社会全体の明確なルールとして新しい世界を再構築していくことが重要

by fountainさん - 2020/10/28 22:03 問題を報告

本物のIT人材とそうでない人材を、国で明確に定義(区別)する

「能力の足りない人材が、(中略)集団思考(グループシンク)に陥って、本当に能力のある人材が排斥」され、全く使えないシステムがあちこち散乱しているというのは昔から聞いています。どこでも起きている事象のようですので、政府が主導的に状況改善を行っていく必要はあるかと思います。ただし、IT人材といってもかなり幅が広いです。プログラミングは苦手だけれどかなり大きい範囲で俯瞰して全体構想が立てられる人、俯瞰した視点は苦手だが、詳細設計が得意など、人それぞれ得意分野があります。その多様な能力を持つたくさんのIT人材が適材適所でうまいこと活用される社会を作っていくべきと思っています。特に現場では、IT系修士、博士の方々の論理的な思考が軽視されがちな場合が多いようで皆さんかなりお困りですので、専門的に高度に学んでいる人たちが国の素晴らしいIT化のために活躍できる場ができてくるとよいなと思っています。

by fountainさん - 2020/10/22 21:04 問題を報告

当サイトの改善を・・・

私は他の人が横からラフにコメントできたり、【賛成】,【中立】,【反対】ボタンを押せたりする機能はとても素晴らしく、このようなブレーンストーミング型掲示板(アイディアボックス)には必須だと思っています。反対が多くても悲観することは全くありません。ご自分の思っていること、国をよくするために国政に反映して欲しいことをできる限りストレートに書くことが重要かと思います。実際は、現在所属する組織の別の方々なども見ているかもしれませんので、差し障りのないような内容に留めざるを得ないですが。私ももっと他の方々の意見にコメントしたり、賛成、反対等ボタンを押したいのですが時間が全くないので難しく。11月6日にはサイトへのコメント出しが一旦クローズになる?そうですので、それまでに何とか時間を作ってもっと参加していきたいと思っています。最後に、賛成多数だからと言ってそれで順位を競うものではないはずですので、気にせずに書き込みましょう。

by fountainさん - 2020/10/22 20:36 問題を報告

{Vo.002}イノベーションのアイデアとヒント!?

シェアリングエコノミーはメリット、デメリット両方ありますね。
私はあまり中古品が好きではないので、できる限り新しいものを購入していますが、そのうち自分も含め、皆さんが貧しくなってくるとシェアリングエコノミーが一般的になってくるかもしれませんね(そういう状況は極力避けたいですが)。個人間のやり取りは、詐欺やトラブルが発生し易く、犯罪の温床になることもありますので、国の法律とともに、サービス運営ルールを誰にでもわかりやすく明確にして運営していくことが大切ですね。

by fountainさん - 2020/10/20 23:55 問題を報告

{Vo.004}イノベーションのアイデアとヒント!?

業務プロセスの整理、システム化、AI活用等により、さらに今後は世界的に自社に自分勝手な経済活動を行うことはできなくなりますので、嫌が応にも「週休四日制」にはなっていきますよね。その分、自宅で勉強したり、研究を行ったりする時間が増えて、よろしいかと思います。後は、全体的に給与は下がっていくでしょうから、UBI配布やその他最低限の社会保障は必須となりますね。これから選択肢が増えて人間の心が豊かに戻っていく社会が再来するとすればよいことです。

by fountainさん - 2020/10/20 23:49 問題を報告

デジタル通貨(CBDC)を使用したユニバーサル・ベーシック・インカム試験的開始

#003 mitunari2050さん コメントありがとうございます。
「Aは「AI(人工知能)」Bは「BI(ベーシックインカム)」Cは「CI(コンシューマイノベーション)」・・
{説明}としては・・
{CIが稼いだ「共助(互恵資金)」をAIがBI的手法で国民(一億消費者)に分配する。}となります。」
→解釈として、以下のような感じでよいでしょうか?
今まで大企業向けが主流であったビジネスのやり方を消費者の方向を向いて、一般国民にニーズのあるビジネスを主流とし(AI等でマーケティング、ニーズ分析等を行い)、CIで得た収益の一部をBIで国民に分配する。
よろしいかと思いますが、BIは無限(無尽蔵)ではなく定額のほうが政府も長期的視野で予算が立てやすく、分布される国民も各自予実管理しやすく、生活設計が立てやすいかと。また、肝心なのは、CIですが、国民が真に求めていることと政府や大企業が与えるサービスに大きなずれがあってもいけないかと。これからは人類が少しでも長く地球にいさせてもらうためにも、人間のエゴ中心ではなく、地球、自然環境の間借り意識、必要最小限の開発と維持という共通認識

by fountainさん - 2020/10/20 23:41 問題を報告

(補足2)「ベーシックインカムのメリット・デメリット」について参考になる記事があったので以下に一部抜粋。「日本では、憲法25条において、「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」と規定していることから、ベーシックインカムを導入する場合、これが法的根拠となります。」「●ベーシックインカムのメリット・デメリット【メリット】①貧困者の救済、②起業の増加、③働き方改革の推進、④学習機会の増加、⑤行政コストの削減、⑥地方創生・活性化、⑦犯罪の減少、⑧少子化対策。【デメリット】①勤労意欲の減退、②莫大な財源が必要(増税の懸念)、③社会保障の縮小、④賃下げの懸念」(私見)BI最大のデメリットと言われている「勤怠意欲の減退」については心配不要。各自が自分らしく生きるためのチャンスにもなるかと。月20万円が理想だが(参考)竹中平蔵氏の「月7万円」ベーシックインカム論が炎上…(省略)10/17(土) 12:06 弁護士ドットコムニュース編集部

by fountainさん - 2020/10/19 00:01 問題を報告

ポストコロナ時代の日本統治体制の抜本的改革

(補足3)(続き)大事なことを書き忘れていたのでもう一つ。
(7)弱者が救済される社会…障害者、高齢者、体調不良者、病気を抱えている人等が生きやすい社会。思いやり、相互理解、支え合う気持ちが大切。障害者や怪我をがをした人が生活しやすいバリアフリーが充実した地域環境整備。高次機能障害者、発達障害者、認知症患者等への社会の理解と治療薬の開発等。体調不良を抱えていても制度による補助等を受けながら要職が続けられる社会。オンラインを最大限活用し、頻繁な海外出張等を避けられる、安全と健康第一に最大限配慮しつつ活躍継続可能な社会。
(8)自然界への畏敬、神仏への敬い、皇族や聖職者、僧侶の皆様への敬い、教えを大事にする社会…自然界や各自が信じる神仏を敬う、清く美しい心とともに、皇族や神仏等に関わる徳の高い方々の生き方、考え方や教えに耳を傾ける社会。信仰・宗教は自由であり決して強要はしないが、日本古来の伝統的な神々のいる寺院、神社仏閣、日本古来の良き習慣等は永年残されるよう、皆で守っていかなければならないと考える。

by fountainさん - 2020/10/18 21:45 問題を報告

(補足2)(続き)
(5)国民が直接政治に参加できる仕組み…インターネット上のSNS等も普及し、従来のように政治家、議員等に陳情を依頼せずとも自ら中央政府に直接声を届けることができる社会となった。議員の皆様にはご自身のオリジナルなアイディア出しに集中できるよう、原則、議員に依頼せずとも各個人が自分のアイディアを出していけるような仕組み(全員参加型ブレーンストーミング形式掲示板、誰でも気軽に参加可能なパブリック・オピニオン等)としたらよいのではないか?また、所属組織等の規定もあり、現状多くの国民は自由な発言は許されないのが現状。これからは皆が政治参加できるよう、発言できるよう整えて欲しい。
(6)自然災害、戦争勃発等の災害リスク通知…何らかの災害発生可能性、他国の戦争勃発で被害を被る危険性が予測される場合等は、事前に幅広に国民に通知、警告して欲しい。パニックが起きるのを抑えねばならないのだろうが人命最優先である。また、本来ならば、危険時に国民が他国等へ避難できるよう資金準備と支援も必要かと。よって、従来の予算配分を極力見直し、見える化して、本当に必要なところに国のお金を使って欲しい。

by fountainさん - 2020/10/18 20:44 問題を報告

(補足1)(続き)
(3)政治制度全般の見直し…政治家が集金する必要のない仕組み(大金が集まらないと選挙も政治も出来ない現行の仕組みが不正・腐敗を生んでいる)。現在は与野党双方の批判合戦になっており、互いの良さが打ち消されている。情熱溢れる政治家の皆様が無駄な闘いに終始することなく、各自オリジナル案を集中して提言していけるよう、政党制ではなく個人で活躍できるような仕組みに変えたらよいのではないか?また今後は選挙制度を廃止して政府宛に政策提言等を自ら行う人々の中から優れた人材を指名する制度に変更、比例代表制等の見直し等。多数決が全てではない。
(4)大学院修了者等、科学者や専門家を社会で活かす仕組み…日本では修士、博士課程を修了していても職場で専門性を活かせる場が非常に少ない。多くのマスター、ドクター修了者が、その志や意欲に反して、知的労働で国家、企業、国際社会の平和構築等に貢献できない現状について悩みを抱えている。「大学や大学院での勉強不要論」が盛んであるが、逆に、高度教育を受け、専門性高く、また幅広く勉学している人が国に知力で貢献できる仕組みを整えて欲しい。

by fountainさん - 2020/10/18 20:36 問題を報告

小中高スマホ完全解禁

#005 Madkickerさん 
「体罰や強要」
→これはもう絶対にあってはならないものですね。

また、電磁波の子供への影響については海外では様々研究が行われており、インターネット上にも大量に情報があります。
時間がないので詳細は省略させていただきますが、子供の頭蓋骨や大脳皮質等は大人に比べて薄く、脳は水分が多いため電磁波をより吸収しやすいようです。身体も成人に比べて細胞分裂が活発なため、影響を受けやすいです。症状の一例ですが、頭痛、目まい、吐き気、動悸、不眠、疲れやすさ、免疫が落ちる、イライラ、キレやすさ、ADHD、落ち着きのなさ、集中できない、体の正常発育を妨げる、認知機能障害が起きやすい、脳腫瘍、癌になりやすくなり治りにくい等。個人差がありますので、保護者の皆様の責任で持たせるということであれば私は文句はありません。
私も電磁波の研究者というわけではなく、自らも色々と体感し、データを集めたり、調べたりしているレベルですので、絶対とは言い切れません。(今後時間があれば研究していきたいですが)

by fountainさん - 2020/10/18 03:39 問題を報告

#003 Madkickerさん 「いじめの実態」は撮影とか音声録音してもよいかと思いますが、「教員の間違った指導をエビデンスとして録画」はちょっと先生がかわいそうな気もします。教師でも人間ですから間違うときもあるかもしれません。ただし、あまりにもおかしな指導やおかしな授業が繰り広げられているという場合には、子供たちが誰かに相談してみる機会があればよいですね。そういった意味でのスマホの使い方があるというのであれば持ち込み禁止とまでいかなくてもよいかもしれませんが、いずれにしても本来は子供のうちから電磁波が強い電化製品を身の周りに常時置いておくというのは危ない気がします。

by fountainさん - 2020/10/18 02:34 問題を報告

今や小中高生の多くがスマホ等持っているかと思いますが、本来は、重要な成長期にあるこれらの年齢でこういった電磁波発生機器を電源オンのまま常帯することは望ましくありません。私たちが子供の頃はこういった危険なものは一切身近にありませんでした。子供にスマホを持たせるのは親の責任でもありますのでしかたないかもしれないが、本来学校側はそれを認めるべきではありません。後で何らかの身体的、精神的問題が生じても誰も補償できないからです。最悪所持を許可する学校があるにしても、せめて授業開始から終業までは全員電源オフにしてもらう、使用時のみ電源オンにする等、何らかの対策が必要です。(自分が電源オフにしていても他の皆がオンにしていたら危険度が増しますので)子供の体は大人とは全く異なりますので何にしても影響が大きいです。

by fountainさん - 2020/10/18 02:24 問題を報告

インターネット利用の資格化推進

「特に子供達を巻き込む犯罪が多くなってきており、インターネット利用に対しての法的な制約が必要」とのこと、状況は深刻なものであると認識しておりますが、インターネットを利用することについて資格制とするよりは、例えばWEBサイト上での問題等であれば都度ワンクリック等でサイト管理者に報告できるような作り方になっていればよいかと。WEBサイト管理者は定期的に監視を行い、多数続くようであれば警告を発したり、警察に相談する等の処置が取れることが重要かと思います。

by fountainさん - 2020/10/18 02:13 問題を報告

荷物検査廃止

飛行機搭乗時の荷物検査はテロの可能性がないかとか、カッターやハサミなどの凶器や爆発物となりうるものがないか等をチェックする為のものですので必須です。搭乗時点でたまたま間違ってハサミをバックに入れたままにしていたりなどあるかもしれません。万が一にも飛行機搭乗中の対人トラブルなどでとっさにハサミ等持ち出さないようにするための予防措置の一環かと思います。

by fountainさん - 2020/10/17 22:26 問題を報告

高等教育の義務化およびオンライン学習の最大活用

#005 0014akiraさん コメントありがとうございます。
「それと高校までの義務教育がリンクしない。」
→仰る通りですね、説明不足でした。義務教育としたのは、大学進学/就職のいずれにしても、高校の3年間でできる限り専門を中心として的を絞って将来の準備に集中できる機会を国として設けてあげたほうがよいと思ったからです。義務教育期間であってもアルバイトしながら5~6年で卒業など、オンラインなら幅が広がるかなと。あとは、一応高校まで義務で出ておけばいつか大学に行きたいとなったときにすぐに行けるので。まあ、今でも通信制や定時制もありますから、わざわざ普通科/進学コースまでオンラインにする必要はないのでしょうけれど。今は新型コロナウィルス感染リスク等もあるので、せめて終息するまでの1~3年? だけでもオンラインがもっと有効活用されるべきと思いました。
---------
「習熟度に合わせて履修していけば学習効率があがるので小学校6年間で中学までの内容を習得できるものと思う」
→こちらも仰る通りですね。空いた時間で別の勉強ができます。

by fountainさん - 2020/10/17 22:20 問題を報告

(続き3)ちなみに、最近よく話題になっている「俯瞰的、総合的」といったような”総合的な観点から物事を考察し、判断できる人材”が今後最も重宝されるものかと私も感じています。このような人材となるためには、専門領域のみならず、文系理系の領域を超えて、あらゆる物事を幅広く学び、経験も豊富に積んでいく必要があるかと思います。ですから、専門性のみ磨けばよいということでは決してありません。ただ、企業等に入ると幅広い知識があってもそれを活かせるポジションがなかったりして、何でも屋さんとして使われ、高度に備えた知性を活かすことなく職業人生が終わってしまう可能性が高いため、専門領域を一つか複数持っていたほうがより安全だという意味で書きました。能力を他の人に理解してもらうことは難しいですから。いずれにしても、大学進学だけが全てではなく、高卒で就職すること、途中で夢が変わること、方向転換等全く問題ないと思います。高校の3年間くらいの間では、青春を謳歌することの他に、将来の為に様々な準備をしておく機会が豊富にあればと思いました。学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校・S高等学校等も楽しく学べそうですね。

by fountainさん - 2020/10/17 22:08 問題を報告

デジタル化=5Gではない 子供の健康・命を守ることを第一に全ての基準を設置して欲しい

(補足4)もう一つだけ補足。いずれにしても元々ある素晴らしい技術である光回線(LANケーブル接続固定回線。モデムからwifiも可)や、従来使用されてきて様々な人々によって比較的健康被害が少ないようだと認識されている現行のモバイル回線の周波数帯(3G,4G LTE等)をやめて、健康被害の可能性の調査・検証もほとんど実施されていない5Gの周波数に置き換えるというのは、コスト/技術面で本当にもったいないと感じています。そして、特に健康被害が懸念されるのが、6GHz以上のセンチ波/ミリ波と従来の6GHz以下周波数帯との併用(ミックス波)や、Massive MIMOとビームフォーミングの組み合わせ等ですが、日本ではこういった最先端の技術利用に対する健康被害に関する研究のみならず、通常の電磁波影響による健康被害等の基礎的な研究さえ行う機会が全くといってよいほどないので、これが問題です。研究結果がないので医療現場でも相談できる医師がごく少数という状況です。以上、通信業者様の事業妨害をする意図は全くなく、しつこいようですが、信頼度の高い光回線技術を最大限活用することを推奨するものです。

by fountainさん - 2020/10/17 21:35 問題を報告

(補足3)2020年9月23日からすでに28GHz帯のミリ波を利用した5G通信サービスの提供が成田国際空港、羽田空港、渋谷スクランブルスクエア等で開始。また、5G Sub-6は都内を中心とした住宅密集地域にも徐々にエリア拡大されているようで、特に東京スカイツリー周辺地域等はもともと電波によると思われる電磁波過敏症や原因不明の体調不良者が多数と聞いたことがあり、子どもや体の弱い人たちは大丈夫なのだろうかと心配ではあります。日本は、様々な技術が革新的に進んでいてとても便利で素晴らしい国ですが、それと引き換えに電磁波等による健康被害を受ける機会も多いのかもしれません。電気や大容量通信データにストレスなくアクセスできることは本当に恵まれていますが、一方で所狭しと変電所、鉄塔、電線と変圧器があり、さらに近年は携帯基地局やアンテナが住宅地にまで大量に設置されています。ペンダント等の電磁波防御グッズでは電磁波防御できず、高額な費用を捻出して自宅を丸ごと電磁波シールドしなければならないとか、それでも防御不可能で電磁波発生地点から大きく距離をとることでしか体調不良の問題が解決されない場合も多いようです。

by fountainさん - 2020/10/17 20:54 問題を報告

(補足2)5G基地局・アンテナ設置には莫大な建設費が必要になるのみならず、4G基地局の3-4倍以上の莫大な電気料金(維持費)を要する。5G基地局は使用頻度が少ないスポットであっても、24時間365日稼働し続ける。このような基地局が全国に今後何十万基も設置されれば無駄に莫大な量の電力消費が行われ、それこそ原発再稼働を余儀なくさせられる可能性が高い(今後電気自動車への切替もあり、電力消費量は上がる一方)。原発はエネルギーの供給安定性と経済性を維持しながらCO2排出を最大限削減可能な発電方法でありメリットも大きいが、事故を起こした際のデメリットがあまりにも大き過ぎる為(毒性が強く、放射性物質である核廃棄物を作り出す、地球規模で悪影響。高レベル放射性廃棄物等)、とりわけ地震の多い日本では不向きであるし、今後の大幅な人口減少で、原発で働きたい人はほぼ皆無となるであろうから(非常に専門性が高く事故があれば優秀な理系人材でも手に負えない難しい技術)、可能であれば今のうちにクローズの方向で進めるべきである。よって、電力エコ取り組みの観点からも、すでにある光回線等を最大限有効活用する方向を検討願いたい。

by fountainさん - 2020/10/17 20:07 問題を報告

デジタル通貨(CBDC)を使用したユニバーサル・ベーシック・インカム試験的開始

(補足1)今後国内のあらゆる仕組み、機能の様々な見直をされてもなおベーシックインカムのための財源を確保できないということであれば、世界政府的な機能を樹立するなどして(日本も主導的な国の一つとして動く)、(全世界に対し特に返済を求めない基礎的な費用として)支出するしくみとすればよい(デジタル通貨制度運用にあたり技術的課題等様々あるが、ここでは文字数の関係から省略)。そもそも近い将来貨幣制度(紙幣、硬貨)の概念、各国でGDP成長を競い合わせる等の”地球環境保護に相反する共通のしくみ”自体を変えていく必要がある。私たちが住むことができる場所はこの地球1つしかない。人類はその地球に少しでも長くいさせていただくために、地球構成の一員として自然界のルールに従わなければならない。その自然界のルールに人類全体を従わせるために、今後は世界政府的な機能が圧倒的な強い権限を持ち、戦争を起こさせない、地球環境破壊を行う恐れのある全ての行為を禁止する等の、世界政府と各国政府の結束、協調による強い機能が必要となるのである。UBIはこの”持続可能な地球環境維持”のために欠かせない制度である。奴隷化が目的ではないはず

by fountainさん - 2020/10/16 22:04 問題を報告

アイデアというより懸念

私は日本愛国心溢れる日本人ですが、基本的には地球全体を見ています。その意味は、地球上のあらゆる諸問題はすでに一国の取り組みだけでは解決困難であり、各国(人類全体)の協力を必要としているからです。地球上にいる人類は皆、地球を使わせてもらっている”仲間”ですので、お互いの良い面は称え合いつつ、人類全体で幸せになりましょうというのが私の基本的な考え方です。一方で、だからと言って、国防対策不要かといいますと全く別物です。不利なことがあればすぐにでも日本を核攻撃しようとか、骨抜きにして属国にしよう等と策を進めているような外国があるとすれば、日本というアイデンティティを死守するために、防衛策を徹底しなければなりません。戦争を積極的にやろうとするのは絶対によくありませんが、国防は国家運営の最大重要事項です。他国はすでに安全保障対策が厳重に徹底されているのに、経済発展や他国との競争のことばかり促され、様々な重要機密情報が至る所で漏洩、垂れ流しになっている状態かと。今すぐにでも改め、”日本国土と国民の健康と命を守ることを第一に”あらゆるルールを変更し、徹底運用しなければなりません。政府、官公庁データ全て

by fountainさん - 2020/10/16 19:32 問題を報告

補助金・減税の申請要件に、経営者のITパスポート試験合格を入れる

ITパスポート試験はIT技術者系の人にとっては、1~3,4か月くらい勉強すれば取得できる簡単な試験ですが、そうでない方にはたとえ偏差値が高い人でも難しいようですので、取得必須とするのは難しいのではないでしょうか?経営者の方は別にやることがたくさんあるので、IT出身でない限り勉強時間を確保するのが難しそうですね。一番大事なことは、誰もが直観的に操作可能でセキュアで確実なシステムを作ることだと思います。

by fountainさん - 2020/10/14 02:16 問題を報告

デジタル化=5Gではない 子供の健康・命を守ることを第一に全ての基準を設置して欲しい

#001 山岸さん 人工電磁波中和のための「ハイパー全樹脂電池」の情報を教えていただきまして、ありがとうございます。今は時間がないのですが、近いうちに必ず情報拝見させていただきます。私も様々な電磁波の影響を中和する、無害化する技術を開発したいと思い(実験系科学者ではないですが)、ここ15年位色々と情報調べたり、自宅でとても簡易的にですが色々と実験してみたりしています。電磁波は化学兵器ですが、ものすごい大容量でない限り、敏感な体質の人以外には理解してもらうのが難しいのかもしれません。が見えないだけで普通に存在してますので、決して誤魔化せるものではないと思います。

by fountainさん - 2020/10/14 02:09 問題を報告

(補足1)追記。実際的にどこに5G基地局、アンテナが設置されているのか、今後設置予定なのか、「5G基地局・アンテナ設置MAP」を作成し、運用して欲しい。可能であれば周波数帯(Sub6 3.7GHz帯、4.5GHz帯。28GHz帯ミリ波等)、帯域幅、通信方式、用途等を簡単にでもよいので表示願いたい。現在、携帯基地局数(3G、LTE/4G、BWA等)だけでも全国で約86万6000基有、4G基地局のうち幾つかは5Gに転用予定とのこと(総務省の省令改正により、2020年秋から4G周波数の5Gへの転用が可能)https://www.soumu.go.jp/main_content/000633132.pdf
上記総務省の資料もだいぶ前に拝見したが、ドローンはテロ、スパイや軍事転用が非常に容易であり、また、落下危険性も多々あるため市街地での使用は厳しいであろうし、遠隔医療(遠隔でロボットによる手術)等も、緊急時以外の有用性を見出せるのか今のところは難しいかと思う。膨大なコスト、人体・動物の健康被害、地球環境破壊のリスクを犯してまで大量のアンテナ設置を行うメリットはあるのでしょうか?

by fountainさん - 2020/10/14 02:01 問題を報告

首都移転

東京一極集中を分散させ、例えば自然に近い地域に住んでワークライフバランス等も充実させながら、テレワーク等で仕事できるようにするのはいいかと思いますがなぜ福島に限定されるのでしょうか?福島は素晴らしい県だとは思うのですが、原発事故の影響もあり、将来的には住めなくなる可能性がある地域です。全域ではないですが、福島や茨城の一部は今後も汚染の影響がないとは言えません、むしろ費用面で可能ならば原発に近い地域に住んでいる皆さんが移住できるよう今からでも支援を行うべきではないでしょうか?地方分散という意味では、大津波が来ても大丈夫なように標高が高い山脈近く、地震等災害が少なく、戦争勃発時に攻撃されにくい地域(複数)等に分散することが望ましいかもしれません。ただし、東京の地価が下がると困る人がたくさんいるので無理には勧めませんが。省庁の皆さんのストレスが軽減され、かつ機能的な運用へと変革されますよう。

by fountainさん - 2020/10/14 00:32 問題を報告

オンライン学習中心のホームスクーリング制度の整備

(追伸6)有線/無線 未接続であっても電源を入れればノートPC等の機器本体からも電磁波は出ている。子どもや体の弱い方、手術をしたことがある方、体調不良、病気がある方々にとっては、PCで長時間作業すること自体が体によくない、疲れやすくなるのは当然のことである。その上でさらに出力が強力なwifi(5Gアンテナは言語道断)が学校に設置され、体の小さな子供たちが、その電磁波地獄の中で毎日長時間授業を受けさせられるようなことがあれば非常に危険な事態。費用面で全児童・生徒分の固定回線接続準備が難しければ、従来通り学校の一部の教室に固定回線(専用線)を引き、そちらを交代で使わせるなどの工夫が必要。wifiを使用する場合にも接続安定性より、健康面を重視して非常に弱い電波となるよう設置してもらうこと。今の子どもだけが学校でまで電磁波被害で体調不良に苦しめられるのは本当に悲惨。また、試験的にデジタル教材主流とするにしても紙媒体の教科書でも勉強できるように配布しておくことは重要。エコや費用面の配慮からも完全デジタル化というのもわかるが、年間数百回以上確認する可能性のある教科書紙媒体を完全になくすのは危険

by fountainさん - 2020/10/13 21:17 問題を報告

学校の廃止

私も近いようなことを提案させていただいておりますので、ある意味賛成しております。皆で臨場感溢れる教室で一斉授業を受けることの感動のような感覚、知らない他者と知り合いになり、たくさんの他の人の存在(個性)を知る、という意味においても教室授業は子供時代にとって有用な役割を担っていることは間違いないのですが、今は新型コロナウィルスがいつ終息するかもわからない状況が長く続いていることもあり、健康、命第一優先で、自宅学習が可能/自宅学習のほうが進むという児童・生徒にとっては、オンライン学習も適しているのかもしれません。どうしても集合学習が必要であれば、月2~3回、自由討議とかテスト実施で集まればよいのかもしれません。他には、体育、芸術、音楽等は最低月に3~5回程度通学必須にするなど。何もかも全て教室で授業する必要はないですよね。あと、児童・生徒の安全確保という意味では、どうしても出てくる必要がある子供についてはフリーアドレス(座席自由)等で出席させればよいのだと思います。教室でも電磁波があまりにも強烈なwifiが入っていたりしたら安全ではないです。そもそも、PC他端末自体からも電磁波出ており注意

by fountainさん - 2020/10/13 19:30 問題を報告

株式会社の常勤監査役のリモート化

ちなみに、こちらの提案が、会社側が逆に遠隔で仕事をしている常勤監査役の業務遂行状況をリモートでチェックできる体制を作るという意味でしたら、特に「賛成」ではありません。
 また、デジタル庁と関係ないかもしれませんが、内部監査等の往査必須(国内/海外)というのも、この際、コロナ感染症予防、地球温暖化対策、現地治安考慮による人命安全確保の観点からのみならず、頻繁な飛行機搭乗によるエコノミー症候群発症回避のためにも、電子による証拠収集、オンライン・ヒアリング(カメラによる一時的な現地観察含む)、実査は独立した現地の監査法人、あるいは支店配備の監査要員等が部分的に実施可能なように、柔軟にルール変更いただきたいところですね。特に監査の海外対応が非常に大変なようですので、心配になっておりました。

by fountainさん - 2020/10/13 19:11 問題を報告

私は監査役等の偉い立場ではないのですが、常勤監査役が現地(本社/支社等)に直接赴かなくとも任務を完全リモートにて遂行できるようにするという意味であれば、そう思います。
ただし、現在は、以下のような見解らしいですね。(以下、引用。公開されている監査役の方のブロクを参考にさせていただきますが問題があるようでしたらすぐに削除対応します)
--------------------------------
・監査のヒントを得るに当たっては、従業員や役員同士の会話を直接聞くことが有用。
・常勤監査役は、このような監査のきっかけをつかむことが仕事。
・従業員がリモート推奨でかつ監査役にもリモートワークできる環境があったとしても、本社としての物理的施設があるのであれば、常勤監査役はそこに行かなければならない。
・ただし、都道府県からの要請によってオフィスを完全に閉める対応をする場合は行かなくてよい。
---------------------------------
https://ameblo.jp/kansayaku-yanagi/entry-12605986601.html

by fountainさん - 2020/10/13 19:06 問題を報告

24時間交差点映像の配信

困っている人をすぐに助けられる仕組みのようで悪くはないと思うのですが、もうすでにある程度事故が多い交差点にはカメラが設置されているはずです。また、事故が起きた場合は夜中以外は目撃者の誰かしらがすぐに110番通報してくれているようです。交通量がほぼないような場所まで大量にカメラ設置するのは費用面で難しいかと思います。

by fountainさん - 2020/10/13 00:52 問題を報告

ITおよび組織改革に通じた人を採用し、裁量権を与えて欲しい

「ITおよび組織改革、組織運営に通じた人を改革の中心に据えて」という部分は賛成ですが、デジタル庁は今後の日本の明暗を分ける大改革を担う非常に重要な機能ですので、全ての案件について十分時間をかけてでも慎重に検討、設計されるべきと思っています。小さな組織の小さな案件を決めるのであればスピーディでいいかと思いますが、国家存続の危機、国民全体の健康・命に係わる問題、ひいては世界各国との協調に関わる影響まで、色々と、それこそ俯瞰的に、大局を見て、バランスよく進めていかなければならないものかと思います。ただ、とにかくこれからは重複、無駄な歳出は極力避けたいですね。国民が幸せになる国家を建設していかなければなりません。

by fountainさん - 2020/10/13 00:38 問題を報告

高速ネット回線(光回線など)のユニバーサルサービス化と電磁波過敏症と称する人達への対策

ここでいう高速ネット回線というのがどの範囲を示すのかわかりませんが、「光回線」等の固定回線がもっと有効活用されるべきと考えています。無線とは比較にならないくらい通信が安定しています。LANケーブルからは電磁波も無線ほどは感じません。各種無線網のうち、5Gの一部の通信方式には人体に危険なものがありますので私も含め、反対されている科学者や一般市民が多いのは当然のことと思います。ただし、現時点では、電磁波過敏に関しての医学的調査や研究は日本ではほとんど行われておりませんので、ぜひそういった研究にも助成がつくようにと思っています。
金銭的に補償されるのならば自分も含めて調査・研究したい人は多いのではないかと思います。電磁波はもともと戦争用に様々な使い方が開発されています、単純な通信用途として申請されている5G通信衛星についても秘密裏に別用途に容易に転用可能ですので注意が必要です。各国GDP成長のために新技術を色々と試したい気持ちはわかりますが、国民の健康と命が守られることが第一です。疑わしきは様々な結果が出てくるまで国が厳しく規制をかけ続けなければなりません。

by fountainさん - 2020/10/13 00:29 問題を報告

高等教育の義務化およびオンライン学習の最大活用

#001 #001 万年筆様 コメントありがとうございます。仰る通り、オンライン中心スクーリングの限界はありますね。オンラインでも学習効果が高い内容と、オンラインでは不可能な内容がありますので、その辺は説明時に切り分けが必要でしたね。スペースの問題もあり、概要しか記載しておりませんので誤解が生じやすいかもしれません。また、オンラインにするとますます引きこもりが増えるかもしれないと危惧されているのも理解しています。ただ、実は多くの引きこもりの人々の理由は、多様性を認めてもらえない社会、弱肉強食、同調圧力、いじめによるものが原因であったりします。現在の皆一律の学習環境で、一律の答え方のみを強制されるような教育方法では、個性や各自の秀でた能力等を引き出しにくいのではないかと感じております。よって、基本は勉強は自分が進みたい道に近い周辺領域を中心に、ただし、視野が狭くならないよう、他者とも意見交換する機会等もありながら、一人ひとりが専門性をもって自律し活躍していける社会となるような教育設計が必要かと思います。放送大学はよいですが、高校時代からでも学べるようもう少し安価だと助かりますね。

by fountainさん - 2020/10/13 00:00 問題を報告

(続き2)サーバや回線許容量の問題もあり、全て何もかもオンラインにすればよいというわけではない。私は通信に最も安定している光回線等を主に使用することを推奨しているが、全国民が使用した場合にインフラが耐えられるか等の試算はまだ行っていない。ただ、ほぼ皆が何かしら一生学び続ける必要があるという現実から、無償あるいは安価で様々な学習が可能となるしくみがあればと考えている。さらに言うと、外国にルーツを持つ子どもや外国籍の日本居住者の皆さんについても、日本の義務教育だけでも修了できるよう、英語等でオンラインコース等用意する配慮も必要かもしれないと考えている。勉強は対面方式のほうがより効果が高い場合が多いが、費用面で無償あるいは安価で少しでも多くの人々に学習の機会をと考えたときにオンライン(主にオンデマンド)を最大限有効活用するのも一つの方法ではないかと考えた次第。一応、自分でも小学生時代から学校教育のほかに塾や通信教育等も複数受けながら、遠隔教育の効果について(専門的にも勉強しながら)最適な教育の在り姿について日々考えてきた。私の考えが全てではないので一つの素案として参考にしていただければ幸い。

by fountainさん - 2020/10/12 23:49 問題を報告

(続き1)費用面からできる限り浪人等もせずに次のステップに進学できるよう高校時代の早いスタートが鍵となる。大学ではさらにその続きを効率よく学び資格や語学習得等の傍ら、研究等にも専念し、大学院ではさらに研究領域を広く深く追究し、時間的余裕をもって論文等を纏め上げることができれば。そして、就業開始時までにある程度の高度な専門性および公的資格等を取得している状態が望ましい。これからは働き方改革で状況が異なってくるかもしれないが、就職後は仕事で忙しく、様々な資格取得等のための時間はほぼ取れないのである。就職後は試験や勉強の必要性がなくなるかというと真逆であり、常に社内試験があり、常に業務の詳細を覚え、専門性向上のためのスキルアップが求められる。つまり、ほぼ例外なく誰の人生も一生学び続けることが求められている。そして人生は短いので、的を絞って集中して必要なこと中心に勉強できる仕組みでないと無駄に時間を浪費することになるのである。ちなみに、高校レベルの勉強に5年かかってもよい、また、何歳でも誰でも再チャレンジできる制度とする必要がある。

by fountainさん - 2020/10/12 23:30 問題を報告

路上監視カメラの導入

防犯の意味でよい案だと思いますが、実は、都市部を中心にすでに、地域の安全・安心を確保する為の警察の防犯カメラが多数設置されています。誘拐、痴漢、盗難、ひったくり等、安全を考えればさらに多めに設置されることが望ましいかもしれませんが、あらゆる路上に監視カメラを置くのは費用面からも現実的ではないかもしれません。今計画されている全国への5G用基地局、アンテナ設置がその役割の一部を担うかもしれないと聞いていますが、私個人は5Gアンテナ設置は限定的なものに留めるべきとの考えです。子供たちへの電磁波の影響が懸念されるからです。
カメラよりも、何か犯罪に巻き込まれた際に、手持ちの携帯電話等で2~3クリックするだけで警察に現在地とSOS内容がすぐに送信されるようなアプリのようなものがあればと思っています。緊急時は電話で長々説明できないけれど一刻も早くかけつけて欲しいというような場合が多いかと。あとは、これまで通り、何かあったらできるだけ早めに交番や警察署に相談するということに尽きるかと思います。犯罪ではなく障害者であるがゆえに起きたトラブルだったり事情が色々あったりします。共助、公助の社会で

by fountainさん - 2020/10/12 21:57 問題を報告

オンライン学習中心のホームスクーリング制度の整備

(追伸5)別途複数アイディア投稿予定につき、そちらに書こうとしていたのだが、当該提案に関わる話であるので、念のため追記させていただく。まもなく世界全体で資本主義が終焉し、来年からステークホルダー主本主義へと変遷する。また、いずれその進化系となる地球環境保護第一優先&福祉社会へと変わっていく。世界全体と同様に日本も様々な大改革が行われていく中で、職業についても従来のメンバー型からジョブ型へと来年くらいから変遷していく。つまり、従来の仕事の概念はこれから大きく変わっていき、今後は各自が専門性を磨かなければいけない時代となる。よって、義務教育期間も中学校2年位の早い段階から将来設計を見据え、準備開始していかなければならない。このため、私が提唱するオンライン中心の学習では、中学2年前半くらいまでに最低限の卒業要件を満たし、残り1年半くらいで将来進みたいコースを模索しつつ希望高に確実に進学する為の受験勉強に早めに着手するという構想である。現在、義務教育は中学卒業までであるが、高校卒業まで延ばし、高校からはさらにオンラインを活用し、学区にとらわれずに自由に授業選択できるようにと考えている。

by fountainさん - 2020/10/12 21:46 問題を報告

(追伸4)Yahooニュース「【#許すなわいせつ教員】懲戒処分受けた教員の半数、SNSで被害生徒と私的なやりとり 10/11(日) 11:30配信 讀賣新聞」。学校関係者(教師他)や部活の先生など近所の大人による児童・生徒性的犯罪は昔から多数あったと思われるが、以前はSNS等告発媒体もなかったので明るみになることは少なかった。閉鎖的空間で性的衝動が起きることの最大の原因は身体的距離が近いことに尽きるかと思う。児童・生徒が家庭不和や学校でのいじめ相談等を先生にしていて親身になって対応しているうちに情がわいて抱きしめてしまったり、その先へと衝動が抑えきれなくなることもあるようだ。毎日の過重労働のストレスで心身ともに限界にあり、バランスが崩れてしまっていたりすると理性や判断力が効かなくなるというようなこともあるのかもしれない。子供たちはその時はわけがわからなくとも、後日~大人になってからその過去の忌々しい記憶に悩まされる。Yahooニュース「「#先生死ぬかも」日本の教育現場はあと10年も持たない 10/11(日) 7:02配信 現代ビジネス」のコメント欄からも現場教師の皆さんの疲弊がわかる。

by fountainさん - 2020/10/11 22:29 問題を報告

全世帯への固定ブロードバンド回線義務化

今後全ての行政手続きがオンライン化されれば、普段インターネットを使用しないご家庭でも固定回線を引かざるを得なくなる日が来るかもしれませんが、当面は、義務化+費用負担までは必要ないでしょう。ただし、大容量・高速通信の用途には、PC+光回線(CATV含む)が最も安定し適していますので、固定回線導入費用、月額使用料等を国として安価にしていただくのはとても有効な策であるかと思います。通信業者、IT業者様の業務妨害する意図は一切ありませんが、せっかく国ですでに固定回線インフラを整備してくれており、非常に信頼できる素晴らしい技術であるのにこちらを有効活用せず、5Gで代替しようとされている点は本当にもったいないと思うところです。また、5G等は便利でも、子供や体が弱い人には特に、電磁波健康被害が懸念されますので、地域限定、一部工場内、一部用途限定とするべきです。スマホやタブレットでも有線LAN接続して使用できます。電磁波地獄日本、電磁波過敏症か原因不明の体調不良で困っている人が急増しているらしいです。政府には国民の健康と命を守るために方針変更いただきたいです。私もモバイルのメリットよく理解していますが

by fountainさん - 2020/10/11 19:26 問題を報告

オンライン学習中心のホームスクーリング制度の整備

(追伸3)こちらのとても少ないスペースで構想の全てを示すには限界があり、ご理解いただくのが難しい状態かもしれないが、デジタル化やオンライン(e-Learning)が全てなのではなく、緊急時であっても最低限の学習継続が可能となるための整備を行って欲しいというのが第一義である。また、第二義的には、とりわけ義務教育が社会形成・営みに齎すインパクトの大きさから鑑み、現在起きている様々深刻な社会的問題解決の為にも、旧来のやり方を続ければ同じ問題が終焉しないこと、小手先、誤魔化しのテクニックではもはや何も変えることはできないことを念頭に、本当に子どもたちの為になる教育環境を整備して欲しいと考える。私は自案を強引に実現したいわけではなく、児童・生徒、教員含む、様々な人々の健康や学ぶ機会の損失等が心配になっているだけである。また、国の方針で小中学校にノートPCのみならずiPad等タブレット類が配布され、wifiルータが貸し出されているようであるが、電磁波被害の影響が懸念される。家庭で親の責任で無線を使用するのはしかたないかもしれないが、せめて文部科学省からは有線LAN接続を推奨して欲しい。

by fountainさん - 2020/10/11 18:57 問題を報告

(追伸2)しかしながら現在は、従来とは事情がだいぶ異なるのである。仮に新型コロナウィルスが早期終息しなくとも全国民が無償で打てるワクチンが用意される為、それを打てばこれからは通学も問題なくなる、というのもわかる。ただし、問題は新型コロナウィルスだけではないのである。
(これらは全て絶対に起きて欲しくないのだが)新たな毒性の強い新型ウィルス流行、富士山噴火、巨大地震・津波発生、巨大台風・洪水、米中戦争勃発の可能性等、様々な災害発生リスクと緊張が高まっている。また、これらが複合的に発生し、復興まで数年間要する程長期化する可能性もゼロではないのである。こういった背景もあるため、国として今のうちに緊急時であっても最大限勉学継続可能な仕組み、また、それが卒業/修了の為の単位取得に有効となるよう、何らかの工夫を施しておく必要があるのである。最悪の場合は、一時的に国内外の他地域への一時的な疎開等が必要になる場合もある。こういった最悪の事態を常に想定し、国民の命と事業、学業等の継続性を最大限守る(自助、共助、公助)のが国家の役割である。

by fountainさん - 2020/10/11 17:59 問題を報告

(追伸1)当アイディアBOXに素案を提出する前の段階ですでに、Yahooニュースに「文科相「オンライン授業だけでは乱暴」 河野氏らにクギ 10/10(土) 11:14配信」という記事が出ていたようである。これに関して、簡単に私見を追記させていただきたく。
「萩生田光一文部科学相は9日の閣議後会見で、平井卓也デジタル改革相や河野太郎行政改革相から求められた教育のデジタル化の加速について、「オンライン授業だけで学校へ行ったことにするような乱暴な代替策は現段階で考えて欲しくない」と伝えたことを明らかにした。」(以上、引用)とある。
当然、本来ならばオンライン中心で卒業できる義務教育という案には限界があり、問題がないわけではない。小中学校は、授業参加(生きていくための最低限の知識・常識を身に着ける。他者を意識して競い合って能力を最大限まで開発、できれば全教科バランスよく)のみならず他者との触れ合いの中で思いやり、優しさ、社会性やルールを身に着ける場である。この他、様々な目的がこの短い義務教育期間の中で極力果たされるよう、工夫して盛り込まれている。義務教育は通学型が望ましいのは理解している。

by fountainさん - 2020/10/11 17:46 問題を報告

(続き2)
・1日1回~週5回程度(30分~1時間/回)、オンラインで教師に質問・相談可能。教師は従来の担任に留まらず、全国に各専門の先生を配備。テレワーク環境で対応可能な体制
・進捗度は個人の都合に任せ、教師等が、月2回くらいは進捗をサポート
・1か月に一度程度、児童・生徒間でフォーラムのようなネットで自由討議、意見交換の場(練習)を設定。⇒自分の頭で考えて意見を発し、他者と協議する能力を身に着ける。英語でも練習?
・1年に1,2回は学校等を使用して一斉テスト(紙/PC)を行うことも可
・成長期は特に、体育・運動など体を鍛える機会は欠かせない。
→最低月3~5回程度 学区内の校庭/体育館等を使用した授業に参加(必須)
・部活は参加強制せず。色々と試してみて、自分に合いそうなスポーツがあれば参加
・遠足、運動会、旅行、その他イベント参加を強制しない。
以上、雑で申し訳ないのですが、旧来の制度をそのまま踏襲したのでは、今と全く同じ結果しか望めません。今、体調不良で通学困難な子供が急増していると聞いたこともあって心配で提案に至りました。

by fountainさん - 2020/10/10 23:00 問題を報告

(続き1)極端な内容かもしれませんが、未来型として現時点で最善と考えている案は、以下の通りです。
具体案:完全オンライン型(基本、通学不要)★推奨
≪自助≫ 自分で学習計画を立て、進捗管理を行い、自分のペースで学習を進める。
・政府支給のノートPC ≪公助≫ を使用して自宅等で好きな時間にコンテンツ学習を進められる。
・教師の負担軽減の観点から、コンテンツ学習内容は、全国一律or教科書検定制度にて認定されたいずれかの教科書の内容に基づくもの(新たに、市販コンテンツでも認定を受ければ使用可とするか?)を使用。なお、理解の為に、各教師が独自に作成した教材や、市販の参考書、インターネット上の無償学習教材等様々活用することは当然可
・PC使用不可時、また、本でないと集中できない児童・生徒の為に、メインの学習コンテンツ(PDFテキスト可)と同じ内容の紙媒体の教科書も配布必須
・近い将来、義務教育で教えるべきことについても大幅な見直しが必要。例)現在の地球を取り巻く諸問題、地球環境保護他世界全体での取り組み、それらを実現するために何を仕事としていくか、英語、情報システム、法、道徳(倫理

by fountainさん - 2020/10/10 22:53 問題を報告

投票履歴 64

領収書を廃止する
企業側の購買力強化
ネット投票を可能に
教育のデジタル化
とりあえず医療系は
対応するブラウザ
IT運用コスト削減
荷物検査廃止
首都移転
学校の廃止

高評価コメント 3

他のユーザからの評価(★の数)の平均が4以上のコメントを表示しています。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

本物のIT人材とそうでない人材を、国で明確に定義(区別)する

「能力の足りない人材が、(中略)集団思考(グループシンク)に陥って、本当に能力のある人材が排斥」され、全く使えないシステムがあちこち散乱しているというのは昔から聞いています。どこでも起きている事象のようですので、政府が主導的に状況改善を行っていく必要はあるかと思います。ただし、IT人材といってもかなり幅が広いです。プログラミングは苦手だけれどかなり大きい範囲で俯瞰して全体構想が立てられる人、俯瞰した視点は苦手だが、詳細設計が得意など、人それぞれ得意分野があります。その多様な能力を持つたくさんのIT人材が適材適所でうまいこと活用される社会を作っていくべきと思っています。特に現場では、IT系修士、博士の方々の論理的な思考が軽視されがちな場合が多いようで皆さんかなりお困りですので、専門的に高度に学んでいる人たちが国の素晴らしいIT化のために活躍できる場ができてくるとよいなと思っています。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

当サイトの改善を・・・

私は他の人が横からラフにコメントできたり、【賛成】,【中立】,【反対】ボタンを押せたりする機能はとても素晴らしく、このようなブレーンストーミング型掲示板(アイディアボックス)には必須だと思っています。反対が多くても悲観することは全くありません。ご自分の思っていること、国をよくするために国政に反映して欲しいことをできる限りストレートに書くことが重要かと思います。実際は、現在所属する組織の別の方々なども見ているかもしれませんので、差し障りのないような内容に留めざるを得ないですが。私ももっと他の方々の意見にコメントしたり、賛成、反対等ボタンを押したいのですが時間が全くないので難しく。11月6日にはサイトへのコメント出しが一旦クローズになる?そうですので、それまでに何とか時間を作ってもっと参加していきたいと思っています。最後に、賛成多数だからと言ってそれで順位を競うものではないはずですので、気にせずに書き込みましょう。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

高速ネット回線(光回線など)のユニバーサルサービス化と電磁波過敏症と称する人達への対策

ここでいう高速ネット回線というのがどの範囲を示すのかわかりませんが、「光回線」等の固定回線がもっと有効活用されるべきと考えています。無線とは比較にならないくらい通信が安定しています。LANケーブルからは電磁波も無線ほどは感じません。各種無線網のうち、5Gの一部の通信方式には人体に危険なものがありますので私も含め、反対されている科学者や一般市民が多いのは当然のことと思います。ただし、現時点では、電磁波過敏に関しての医学的調査や研究は日本ではほとんど行われておりませんので、ぜひそういった研究にも助成がつくようにと思っています。
金銭的に補償されるのならば自分も含めて調査・研究したい人は多いのではないかと思います。電磁波はもともと戦争用に様々な使い方が開発されています、単純な通信用途として申請されている5G通信衛星についても秘密裏に別用途に容易に転用可能ですので注意が必要です。各国GDP成長のために新技術を色々と試したい気持ちはわかりますが、国民の健康と命が守られることが第一です。疑わしきは様々な結果が出てくるまで国が厳しく規制をかけ続けなければなりません。

ページの先頭へ