タツヤさんのページ | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


タツヤさんのマイページ

ウェブサイト
http://
自己紹介文
主義主張、思想、といったものにとらわれず、政府の前向きな取り組みを後押ししたい、何か一つでも役に立ちたい、という思いです。みんなで楽しく問題解決しましょう。

投稿したアイデア 13

アイデアボックスは、いったん蓋を占める時だと思います。

タツヤさん

久しぶりにアイデアボックスを拝見しましたが、荒れているように感じて寂しい気持ちになりました。 溜まっていた有益な意見が吐き出されたのかもしれませんね。 デジタル庁の設立に向けて、いったん整理のためにボックスを閉じてはいかがでしょう。 今のままですと、官僚はボックス... » 詳しく

全国展開する事業にはRCTによる効果検証を必須に!

タツヤさん

素晴らしいアイデアでも、税金で事業化するのであれば、現在の国民が誰でも納得でき、将来の国民への役立ち、借金そのものも含めた負の遺産を残さないようにすることが大切です。 そこで、政策の効果検証の手段はいろいろありますが、単純明快なRCTを、全国展開を念頭に国が試行する事業... » 詳しく

施策の全国展開前にRCTを必須に!

タツヤさん

このアイデアボックスによりたくさんのおもしろいアイデアが集まっていますが、集まったアイデアのうち1000件について事務局においてマインドマップにより整理されているのはとても素晴らしいと思います。 さらに、課題と打ち手とに分けて、それぞれロジックツリーでMECEとなっているか... » 詳しく

車輪の再発明にならないEBPM推進のためのエビデンス共有システムを!

タツヤさん

内閣府では令和2年度にデータや分析事例等を集約するエビデンスシステムの構築をされると、行政改革のホームページに載っていましたか、ぜひとも内閣府にとじず、全省庁や全地方自治体が参加し、全ての大学や研究機関も巻き込むシステムを作り上げてほしいと思います。 車輪の再発明は職... » 詳しく

電話応答の効率化のためのシステム導入と運用に交付税措置を!

タツヤさん

民間では当たり前に導入されている、受信した電話の発信者番号確認や録音、対応事務の種類による振り分けなどのシステムの国や自治体への導入を促進すべきだと思います。 チャットやメールによる相談対応も当然に充実すればよいのですが、電話相談は依然として多く、一部の電話は業務に... » 詳しく

電子官報の閲覧を無料化し、掲載を無期限に!

タツヤさん

官報には国家運営の根幹的な情報から生活に関わることまで、国の動きに関わる重要な情報が掲載されていますが、無料公表は30日間にすぎず、とても残念な状況です。 官報の情報は行政のデジタル化にも大いに貢献します。なぜなら、国が様々発信する情報は、表彰や処分なども含めて、化で... » 詳しく

このサイトの賛成票の扱いについて

タツヤさん

運営のご担当者の方、お疲れ様です。 投稿した際に、賛成票が一票入るのですが、自分でサクラをやっているように見えてみっともない感じもしますので、改修の際、投稿時に賛成票が入らないような仕様にしていただけると嬉しく思います。よろしくお願いします。 » 詳しく

全国的に統一できる事務は国が責任を持って法令での規定を!

タツヤさん

国が法令で定めていることと、自治体が条例などで定めていることが重複していたり、法令が必ずしも上位規範とならずに自治体が自由に定められる分野で自治体間でまちまちに定めていることがあります。情報保護・公開関係の条例などでも具体的に議論になったことがあると思います。 もち... » 詳しく

このサイトでのアイデアメモ機能を希望!

タツヤさん

アイデアを思い付いたものの、生煮えで人様に見ていただくには恥ずかしいものは、一旦メモとして保存できる機能があると嬉しいです。 手元で書いて残しておけばいいんですけど、メモ機能があると投稿の質も高くなるかも。 今回の取組は河野大臣のものと同じくワクワクする嬉しい企画で... » 詳しく

議事録、協議メモ等作成罪の制定を!(笑)

タツヤさん

議事録はAI文字起こしを用いて自動化することを原則(修正には人手がどうしても必要となってくる)とし、その事務量をベースに人員や予算を配分してはどうでしょう。 地方自治体についても、それをベースに地方交付税配分に用いる各自治体の基準財政需要額を算定することとしてはどうで... » 詳しく

まずは法令で定める仕組みをデジタル対応に!

タツヤさん

法令では紙ベースで考えられた仕組みが前提となっているものがほとんどですが、デジタル化を進めるのであれば、それに合わせて法令を見直す必要があります。様式の提出をデジタルで、ということだけでなく、ワークフローをデジタルをベースとしたものに組み替えること念頭に、必要に応じ... » 詳しく

様式検討では自治体の職員の知恵を借りて楽ちんに!

タツヤさん

国での様々な様式の検討は、実態として担当者が素案を作り、係長が考え、その上の人が手直しをしていきますが、ベースとして大切なのは素案です。素案を作る担当者は処理すべき仕事が多く、素案段階で結構な検討漏れが生じます。 法令が求める項目が漏れていないか、問い方に不備はない... » 詳しく

思い付きに加えてロジックツリーの活用を!

タツヤさん

答えの見えにくい課題を前にした時の人間の「思い付き」はとても大切です。でも、思い付きだけで物事を具体的に解決できることは少なく、特に、強い立場の方の「思い付き」は修正もできにくいので残念な結果に直結しがちです。 これは、デジタルの分野でも同じことです。 そこで、デジ... » 詳しく

お気に入りアイデア 0

まだお気に入りがありません。

投稿したコメント 82

このアイデアボックスを予定通り終了しよう

アイデアボックスの閉鎖を11月の時点からお書きになっているのは素晴らしいことだと思います。
今はひどいことになっています。先を見通した投稿に敬意を表したいと思います。
同時に、電子掲示板の荒れ対策について、善意の献身的な管理人に頼り切りにならずに、技術的にほど良い解決策が生まれることを期待します。
荒れ対策については、現状では、三十年前から顕著な進化を感じられませんので。

by タツヤさん - 2021/03/10 22:29 問題を報告

このサイトの閉鎖について意見

私も、1月初旬から2ヶ月ぶりに見に来たのですが、残念な状況になっているのを見て、悲しくなりました。
いろいろなアイデアも拝読しましたが、もはや見るべきものは見たと感じます。官僚のみなさんも、この委託事業の担当者以外は誰も見ていないでしょう。
今日でアクセスは最後にしようと思いますが、私が思っていたことを、私などよりもっとうまく書き表していらっしゃるこの提案を拝読できてよかったと思います。
AIなども活用し、荒れたり劣化しないが、多様なアイデアを無限に集めるアイデアボックスとして生まれ変わってくれると嬉しく思います。

by タツヤさん - 2021/03/10 22:17 問題を報告

アイデアボックスは、いったん蓋を占める時だと思います。

#002 りゅうきんさん、最初のころの感覚にご理解いただきありがとうございました。
いろんな工夫を意欲的に仕掛けるためには、休みって大切ですよね。

国家規模のDXにはまだまだたくさんのアイデアが必要ですし、具体的な取組がスタートするといろんな問題も生じ、その情報共有や問題解決に向けたアイデア出しが一層重要になるでしょう。
その時にうまくさばけるようにするためにも、アイデアボックスの進化は、ぜひお願いしたいと思います。
お願いばかりで官僚の皆さんには申し訳ないと思いつつ。。。

by タツヤさん - 2021/03/10 20:05 問題を報告

「デジタル改革共創プラットフォーム」の創設

このボックスでの議論の質が落ちたと思ったら、議論の場が移っていたのですね。
確かに、行政関係者だけなら議論は全く荒れませんし、価値のある議論ができますね。
しかしながら、アイデア出しでは、荒れは論外として、馬鹿げた議論で色んな方向に振ってみる、ということは重要です。
行政関係者だけではアイデアが小さくなったり、そもそも表明できなかったりしますから。
このアイデアボックスで価値ある議論をされたり、アイデアボックスが荒れないように自警団的に努力してくださった方などを評価し、そういった方々とは意見交換を促進する仕組みがあると良いと思います。

あと、アイデアボックスそのものの荒れ対策をもう少し整備すべきだと思います。
このアイデアボックスそのものが長続きしてほしいので、アイデアボックスにおいてもどのようにしたら価値ある議論ができるか、アイデアを募り、実装案と再開次期を定めた上で、いったん閉じてはどうかと思います。

by タツヤさん - 2021/03/10 07:38 問題を報告

デジタル改革IdeaBoxの管理について(アイデアボックス改善要望)

このボックスの担当職員の方は、おそらく様々な業務の片手間で対応せざるをえないお立場でしょう。
職員に理不尽なことを求めず、我々、参加者自身がボックスの趣旨に沿いつつ価値のある議論をしたり、あるいは、価値のない議論に対して、スルーではなく、否定の意思をきちんと示すことが必要だと思います。

by タツヤさん - 2021/03/10 00:31 問題を報告

AIを用いた法案チェックシステムの開発

官僚の皆さんの驚異的な仕事ぶりは素晴らしいのですが、人間なのでミスは生じ得ます。少しでも楽に法案を作成できるよう、そしてそのことで政策の中身についての思索を深められるよう、ぜひとも法制執務を支援するシステムは必要だと思います。

by タツヤさん - 2021/03/09 23:15 問題を報告

人間が津波フラッグを使うのは危ないので、ドローンに津波フラッグを使わせる

緊急時に担当職員をドローンの運用業務に従属させてドローンにフラッグを設置させるには、課題が多い一方で、メリットが見えにくいと思うので今は反対です。

自治体規模によってある程度の幅はありますが、職員の業務量については、一般的に想像されがちなイメージと実際の自治体とは随分異なり、限られた人数で様々な、かつ、責任の重い業務に対応する必要があります。災害時は特に厳しくなります。

そういう基本的な認識はあるものの、遠い将来、タフで自律制御できるドローンができたら賛成に切り替えたいと思います。

※言葉が足りませんでしたので修正しました。お読み頂いた方にお詫びいたします。

by タツヤさん - 2021/03/09 23:11 問題を報告

村社会嫌い都会で孤独死す残る田舎で孤独死もあり

ご趣旨は掴みかねますが、少なくともこのアイデアボックスの趣旨には合わないと感じられますので反対票を入れさせていただきます。

by タツヤさん - 2021/03/09 22:51 問題を報告

政府メール窓口への通報件数・区分の可視可

クレームや理解を放棄せざるを得ないような内容のメールは、自動でさばいて件数だけカウントすれば良いでしょう。
政府は何でもかんでも返信する必要はありません。本来取り組むべき仕事をなし、救うべき人や企業を救うべきです。
どのような質のメールがどのくらい来ているのかを、人工知能などで振り分けして見える化することは、行政へ寄せられるメールがいかにひどい状況かを国民に知っていただくために良いことです。

by タツヤさん - 2021/03/09 22:44 問題を報告

児童相談所に捜査権、警察署の捜査権放棄

問題意識はなんとなくわかる気もするのですが、可能な限り、課題の所在を具体的にお書きになり、自分なりの打ち手も併せてお書きにになったほうが良いと思います。
なお、児童を保護すべきか否かを人間が判断する前に、デジタル技術でリスク事案をスクリーニングすることはは、かなり将来ならありうるでしょうが、人工知能は万能ではなく、データベースの質に左右されるため、入力された情報次第ではひどい結果に至るので慎重な議論が必要でしょう。

by タツヤさん - 2021/03/09 22:33 問題を報告

電気、ガス、水道料金等の公共料金支払いのデジタル化

賛成ですが、自治体側にとって明らかに高すぎる手数料の値下げが必要です。

by タツヤさん - 2021/03/09 21:50 問題を報告

本人を中心においたマイ・カルテ

ご提案に基本的には賛成です。ただし、例えばMRIなどの画像データなどはどこが保管するのか、といったことだけを考えてみても大変です。私にも、これで全て解決できる、といったアイデアがありません。
もちろん、カルテの文字情報だけなら、なんとかなるのでしょうけど。

by タツヤさん - 2021/03/09 21:47 問題を報告

地方自治法上の小切手による支払義務の廃止

完全に賛同。石器時代の石器を抱えたままで新しい時代にはたどり着けない。

by タツヤさん - 2021/03/09 21:42 問題を報告

地域デジタル化の推進に資する住民の学習機会の提供について

どのようなデジタル社会にするのかということと、デジタル社会の住民がどのような知識を持っているべきか、ということはセットで考えるべきですよね。住民の知識の水準に合わせてシステムを作り込む必要がありますから。

by タツヤさん - 2021/03/09 21:39 問題を報告

「デジタル社会のパスポートのようなもの」と「最高位の身分証明書」の意味が分かりにくい

主語が明確でないとわかりにくくなりますよね。
「国民が」、政府がこれから作ろうとしているデジタル社会へ入るために必要なパスポート、というのが正しい説明だと思います。

by タツヤさん - 2021/03/09 21:36 問題を報告

Chromebookへの対応

おっしゃるとおりの事実なら、これは早急な対応が必要ですね。

by タツヤさん - 2021/03/09 21:24 問題を報告

未利用の空き家活用(職・住近接による通勤抑制)

空き家は膨大な件数となっており、我が国の、住宅メーカーに寄り添いすぎ感がある政策により、これからもどんどん増えます。そこに限りある公費を投入することは政策の誤りを重ねることとなると思います。
なお、おっしゃるとおり、テレワークのための手当の拡充は重要ですね。デジタル長が企業に働きかけるのは立ち位置からして難しいかも知れませんが、率先してモデル的に手当を拡充してみて、それを霞が関全体に広げ、民間企業に波及させることには価値があります。

by タツヤさん - 2021/03/09 21:17 問題を報告

コンピュータウイルスに関する管理について

おっしゃる問題意識には同感なのですが、組織内の個人は、資格を持っていても弱いので、すみませんが打ち手としては反対です。きちんと監督するなら、監督官庁による許可制を敷くほうが適切だと思います。当然、許可制度の運用については監査と、適切な第三者による監査と情報公開が不可欠です。

by タツヤさん - 2021/03/09 21:02 問題を報告

生活保護の見直し

大変恐縮ですが、この場での議論が妥当ではないので反対票を入れました。
生活保護制度そのものについては、様々な議論があると思います。さらに充実させるべきところもあるでしょう。
デジタルと無関係の、生活保護制度そのものの議論は、アイデアボックスの趣旨からズレてくると思います。
他方、例えば、マイナンバーを活用して不正受給を抑止・縮減し、その成果を、他の分野に振り向けるのではなく、本当に困っている人々への給付の充実化に振り向ける、といった方向のアイデアでしたら賛成です。

by タツヤさん - 2021/03/09 19:13 問題を報告

地方自治体の業務システムの統一・標準化

#016 確かに、住民への恩恵がちょっと感じられにくいですよね。ただ、今は日銀による無制限な国債の引受(市場を通していますが)などにより、行政側で必要なだけ借金をしていますから、コストカットの意味が薄れ気味です。
しかし、そういう事情がなければ、国が自治体に対して保証している財政規模は維持できず、各自治体ごとの財政規模は税収に比例し、行政のリソースにも制約が生じます。
そうすると、コストカットが、行政のリソース配分の適正化、例えば、システム開発費の代わりに、実際に住民に恩恵のある政策に回せるため、コストカットしたことの良さを住民も理解しやすくなるはずです。
いずれにしても、おっしゃるとおり、住民にわかりやすく意義を伝えることはとても大切だと思います。

by タツヤさん - 2021/03/09 18:46 問題を報告

国家資格証のデジタル化(クラウド共通基盤の実現)

素晴らしいこと。マイナンバーカードの有効活用の面だけでなく、虚偽の防止にも役立ちます。後は、例外なく、電子化することが大事だと思います。ニセ医者やニセ弁護士が死語になるよう、取組を緩めないよう願います。

by タツヤさん - 2021/03/07 08:39 問題を報告

PPAP(自動暗号化・パスワード自動送付)の廃止

代わりの統一的なセキュリティ対策ルールを示すべきだと思います。
「一方、暗号化自体が無意味であるかのような誤解が生じないよう、説明・周知を徹底してまいります。」の部分こそ、この話題でとても大事な部分のはずですが、具体的に言いたいことが見えてこなくて、スカスカなのは、清々しさも安心感も無くて残念です(笑)
自動的にパスワードを別のメールで送るのは絶対的にやめるべきだとして、パスワードの送付ルートを変える、複数の人間でチェックする、システムで送付先の是非をチェックする、そもそもメールでやり取りせずオンラインシステムで完結させる、といった方向性は具体的に示す方が良いと思います。
国はいろいろなことを求められて大変ですが、能力があるゆえなのでがんばってください。

by タツヤさん - 2021/03/07 08:28 問題を報告

国家公務員 総合職試験における「デジタル区分」の創設

人材の管理の仕方は気になります。
デジタル分野の専門職を置くことで、民間企業の良いところを生かし、悪いところを真似しない、という理想を目指すわけですね。
しかし、GAFAのような時代の先端を行く民間企業では人材の新陳代謝で成長しています。
一方、日立やNTTグループなどが、過去にはチャンスがたくさんあったのに今ひとつ伸びていないのは、優良企業だからこそ、ロートルの人材を抱えたままになっている面があります。同じことが国家レベルで起きないようにしておいたほうが良いと思います。
公共セクターのデジタル人材が、今は渇望されているので良いとして、将来、パフォーマンスが低下した職員を免職させる仕組みをきちんと設けておくべきです。

by タツヤさん - 2021/03/07 08:06 問題を報告

地方自治体の業務システムの統一・標準化

当然すべきだと思っていたことが実現されることは嬉しく思います。各自治体で行われているシステム開発業務がなくなれば、中途半端に専門的で、将来にもつながらないような仕事を随分と減らすことができるでしょう。
法制度を整備する際には、その制度の運用のために見込まれるシステム化の技術的な情報(運用や改修も含め)を併せて示し、システム化ができうるのか、コストをかけてやることなのかについてもきちんと議論してほしい。特に、議員立法については必須だと思う。

by タツヤさん - 2021/03/07 07:42 問題を報告

回転ドアで大企業が優位になることの懸念事項

おっしゃるような懸念は確かにありますね。ただ、一概に大企業が有利でもないと思います。大企業の提案は面白くないことも多いですね。豊富な知見やリソースが高齢の技術者で台無しになっている例も結構あります。中小でも、下請け系のところにはさらに残念な印象を持っています。ベンチャーで尖っていてコミュ力がある業者、行政と密にコンタクトを取り、問題の核心を押さえて解いてやろうという気概のある業者には期待しています。

by タツヤさん - 2021/01/09 15:13 問題を報告

日本政府版slack(チャットベースのコミュニケーションツール)の開発・導入

業務に必要な知識の共有と蓄積を促進するためにはチャットが重要だと思います。あと、しゃべったことをあらためて議事録にするのも無駄なことですね。

by タツヤさん - 2020/11/03 11:46 問題を報告

選挙公報のフォーマットをオープンデータ対応に

公約を比較したり、実績に照らして検証しやすくなる観点でも良いアイデアだと思います。

by タツヤさん - 2020/10/25 11:57 問題を報告

これまでの取り組みを研究することが大事

失敗事例の共有は重要です。前向きな活用を前提として、ですが。
つまらない揚げ足取りをされるリスクがあるので、既に報道されているものベースで良いと思いますが、集めて整理し、シェアすれば実り多いものになるでしょうね。
例えば、特許庁のシステム開発失敗とか、かつて作ってもほとんど使われなかったシステムとか。

by タツヤさん - 2020/10/20 11:58 問題を報告

デュアルモニタ、ワイドモニタの導入への財政措置を

私は24インチのディスプレイを自費で買いましたが、効率が圧倒的に良くなりました。元には戻れません。
1〜2万円で買えるので、これはデフォルトで全員に配備できると良いかも。
自治体をいくつか無作為に選んで全職員にディスプレイを配備する試行を行ってRCTで効果検証し、効果が上がれば全国展開してほしいと思います。

by タツヤさん - 2020/10/20 07:14 問題を報告

復興庁の被災地訪問のデジタル化

復興庁の職員がカラー印刷を求めているのか、それとも自治体が忖度でされているのか、そのあたりはどうなんでしょうか。

by タツヤさん - 2020/10/19 21:39 問題を報告

投票履歴 133

電子カルテの普及
国会答弁のWeb会議化
Chromebookへの対応
生活保護の見直し
キッズスマホ
医療業務の電子化
自治体システム

高評価コメント 18

他のユーザからの評価(★の数)の平均が4以上のコメントを表示しています。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

業務に必要な知識の共有と蓄積を促進するためにはチャットが重要だと思います。あと、しゃべったことをあらためて議事録にするのも無駄なことですね。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

失敗事例の共有は重要です。前向きな活用を前提として、ですが。
つまらない揚げ足取りをされるリスクがあるので、既に報道されているものベースで良いと思いますが、集めて整理し、シェアすれば実り多いものになるでしょうね。
例えば、特許庁のシステム開発失敗とか、かつて作ってもほとんど使われなかったシステムとか。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

私は24インチのディスプレイを自費で買いましたが、効率が圧倒的に良くなりました。元には戻れません。
1〜2万円で買えるので、これはデフォルトで全員に配備できると良いかも。
自治体をいくつか無作為に選んで全職員にディスプレイを配備する試行を行ってRCTで効果検証し、効果が上がれば全国展開してほしいと思います。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

おっしゃる趣旨には全く同感です。
ただ、派遣される人によっては残念な末路もありえるかと。
幹部も、コンサルも、SEも、本当に人次第だとしみじみ感じています。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

改正の際の改め文もやめた方がよい。法制担当者には馴染み過ぎていて手放せないし、せっかくの技術が失われることへの抵抗もあるだろうが、新旧対照表か見え消しの方が圧倒的に親切だ。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

おっしゃるとおり。
デジタル庁が指揮する政策においてプロダクトアウトの事業が並んだら、本当にこの国は立ち直れなくなるでしょうね。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

開示することを前提として、非開示部分をきちんとマスキングできるシステムを作ることは、全ての関係者にとって良い話だと思います。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

素晴らしい。運転免許証が統合できるなら、他の資格も容易にできますよね。
医師国家資格なども含めて格納すれば 運用次第では、偽者による膨大な詐欺事案を防げる可能性があり、国民や企業の安心や安全を手厚く確保できますね。諸手を上げての賛成です。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

この機に絶対的に廃止すべきですね。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

おっしゃるとおりです。
ただ、銀行以上に人事が全て(笑)
さて、内閣府行政改革担当やデジタル庁、そして自治体の人事がどうなるか見てみましょう。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

総務省が「地域の元気創造プラットフォーム」というシステムを作っており、全団体の、しかも組織の中核に情報伝達できるサイトはあるんですが、せっかくのシステムなのに利用目的が軽減されており、他の省庁も含めた統一的な活用がされておらず、サイトの使い勝手も今ひとつなので、デジタル庁からの指示で今後改善されればいいなと思います。

評価の平均値
4
コメント日時
コメントしたアイデア

確かにメリットはあります。
しかしながら、学校での先生方による生徒への指導がとても大変になるでしょうね。
フィルタリングがかけられていないスマホの危険性は恐ろしいものがあります。
更には、カメラでの生徒間や教師による盗撮、拡散など、子どもたちの心や人生に傷をつけることになりやすく、巨大なリスクテイクをするのか、ロジックツリーにより議論してから落ち着いて考えてみてもよいでしょうね。

評価の平均値
4
コメント日時
コメントしたアイデア

「日本国家のブラウザを作れば」という部分があるので反対です。賛成票を入れたかったのですが、ただの賛成票をいれると、そっちに流れては困るので、あえて反対票を入れさせていただきました。
それ以外の部分はおっしゃるとおりです。
世界標準の技術で、ということは不可欠だと思います。
国も地方も、その対応に必要な財政措置が必要です。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

#001 おっしゃるとおりです。取次でのたらいまわしや、聞き取り、書き取りの時間など、国民や企業のみなさんの大切な時間を浪費するだけでなく、生の情報が共有されにくいので、対応も質が低くなってしまいます。
こういったことを改善しないと、サービス向上にはつながっていきません。
驚かれるような遅れがありますが、今般、このボックスに関しての前向きな取組を見ると、デジタル庁の取組には期待してよいと思っています。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

法人代表者だけでなく、その他の役員などの変更手続きも大変です。法人情報は既に法務省のサイトで誰でも確認できる情報が増えていますから、さらに活用しやすくなるといいですね。
ただ、欠格要件の確認のために生年月日や住所も必要な手続きもあり、その場合は住基情報との連携が必要となります。
まずは、そんな厳重な確認を要しない手続きから始めれば、速さと正確さは申し分無いでしょうから、きっと凄く価値ある効率化となるでしょうね。

評価の平均値
4
コメント日時
コメントしたアイデア

税制改正に対応する税務システムは毎年大変ですよね。
最近での、もっともひどい例は、歳出科目の28節のうち第7節を削除し、第8節以降を繰り上げたことです。
第7節を欠番にすることも可能だったのに、財務会計システムのことを考えていない対応のため、未だにその対応で大変なことになっています。
全国では数十億円の損害でしょうね。
これは、総務省としてきちんと法整備をされたかったのでしょうが、その影響を十分に把握されていなかったのであれば反省していただきたいな、と思います。
地方財政措置が十分かも確認してほしいところです。
そして、今後同じようなことが生じないように気をつけてほしいですね。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

地方創生の取組が始まったばかりの頃はワクワクしました。首長や幹部を本気にさせる仕掛けが必要ですね。もっとも、屋上屋を重ねることは厳禁ですが。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

過去には大きな実績はあるが、「旬」は過ぎているなと感じられる人が自治体に来られることが多いと思います。
一方、技術専門職を置くことにも、視野狭窄が生じるリスクがありますね。もちろん人によりますから、あくまでリスクです。
したがって、自治体の一般の職員に対してきちんと教育するプログラム(問題解決、数理統計、ICT)を設けることが重要だと思います。

ページの先頭へ