Ivarnさんのページ | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


Ivarnさんのマイページ

ウェブサイト
ウェブサイトは未記入です。
自己紹介文
自己紹介は未記入です。

投稿したアイデア 0

まだアイデアを投稿していません。

お気に入りアイデア 0

まだお気に入りがありません。

投稿したコメント 4

smooz事件を放置していては危うい

| 国は無作為を貫くつもりなのか?
利用者の意図しない“人が電子計算機を使用するに際してその意図に沿うべき動作をさせず、又はその意図に反する動作をさせるべき不正な指令を与える電磁的記録”と考えられるので、不作為を呈しているのは捜査機関(警察)だと評価すべきと思います。

by Ivarnさん - 2020/12/26 07:30 問題を報告

「データ共同利用権」という基本的人権に反した権利の新設に反対します。

#014 そもそも論として個人情報保護法は“個人情報を取り扱う事業者の遵守すべき義務等を定め”たものでもあり、“「やってはいけないこと」を決めるだけでなく「このように使いましょう」的なルール”も規定された法律です。(その詳細は施行令や逐条解説で規定、または広報されています。)

この点においては、現行法を無視した「データ共同利用権」なるものが適法に法制化されるということに期待できません。なぜならば、現行法はそのルールを定めたものであり、必要であればその内容を改正する際に求めるべきことだからです。

加えて言えば、「データ共同利用権」なるものを新設、規定した場合、おそらく GDPR の十分性認定を失してしまい、個人情報の EU 圏への流通にも支障をきたしかねず、国益にも反する結果となることが懸念されます。

by Ivarnさん - 2020/11/25 14:08 問題を報告

#009 どの権利の場合であっても、その前提として他者の権利を侵害してまで認められる権利はないと考えます。

by Ivarnさん - 2020/11/09 17:18 問題を報告

そもそも論として「データ共同利用権」の必要性が認められません。
一人一人の権利を認め、他者の権利も尊重するのが基本的人権の在り方と考えます。なぜ個々人の権利を尊重せずに、公共の利益と称して誰彼かまわず「データ共同利用権」を認めなければならないのでしょう。
個人情報保護法の範疇で利活用に機会喪失とならないよう、適切な法制化をすればよい話でしかないと考えます。それすらもできないのに「データ共同利用権」などという権利の法制化はおよそ不可能と考えられます。

by Ivarnさん - 2020/11/09 12:57 問題を報告

投票履歴 2

高評価コメント 0

他のユーザからの評価(★の数)の平均が4以上のコメントを表示しています。

ページの先頭へ