たくあんさんのページ | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


たくあんさんのマイページ

ウェブサイト
http://
自己紹介文
自己紹介は未記入です。

投稿したアイデア 1

デジタル庁の人事方針「回転ドア方式」について

たくあんさん

平井大臣がデジタル庁の人事の在り方について、就職後にデジタル庁と民間企業の 間を行き来する「回転ドア方式」が検討されていると聞き、以下の二点のような懸念を感じました。 まず、日本の雇用文化では、回転ドア方式でエンジニアが職員として採用されたとしても、 官と民の両方... » 詳しく

  • 6ポイント
  • 6
  • 2コメント

お気に入りアイデア 0

まだお気に入りがありません。

投稿したコメント 6

ノーコストの神エクセル✕マクロが最強か

コストを考えれば、マクロでまずは効率化を図るべきというのは賛成です。(というより「それぐらいは、やっておこうよ」という気持ちです)

ただ、マクロに頼りすぎると、ウィルスが入ったファイルを無警戒で開いてしまうケースが増えそうなのが、自分としては懸念点です

by たくあんさん - 2021/02/19 00:21 問題を報告

デジタル庁における民間人材の積極登用

私は民間の人材の登用には賛成で、自分も応募資格があるポストがあれば是非参加したいと考えております。ただ、今回の非正規雇用の形態について、以下のような点が気になりました。

まず、非正規雇用の職員の教育です。他省庁の関係者と調整するためにも、新規の人間は専門知識の学習が必須であり、また民間の人材はそれぞれ前職での仕事の進め方を持っているので、それを統一するためにも教育をどう進めるのか気になりました。

次に、成果物への責任についてです。任期終了後や途中で退職した後に、成果物に重大なバグが見つかったり、引継ぎが不十分であった際に、当事者不在で終わってしまうような事があれば、後々大問題になると思います。

by たくあんさん - 2020/12/26 13:55 問題を報告

霞が関省庁若手職員有志活動「ミライの霞が関」について

賛成です。
民間での業務改善のイメージは、改善提案制度やQC活動のように、まず現場からボトムアップでニーズを展開していく気がします。

それが、行政でできていないように見えるのは、「IT知識の不足」「イニシアティブがない」といった組織的な問題がある気がします。

デジタル庁はただシステムを作るだけでなく、現場と上層部をサポートするようなコンサル的な役割も将来的に必要だと思います。

by たくあんさん - 2020/12/15 02:03 問題を報告

募集要件をはっきりさせるべき

同年代より低い収入で、仕事はちゃんとやれ、責任は負えって…

不正のトライアングルでいけば、低い収入という「動機」、職場はITの素人ばかりという「機会」、待遇の悪さを是正したいという「正当化」が出来上がっている。セキュリティを確保するための採用で、その人材が初めから内部不正を行う危険性が高い状態なのは、話にならない

せめて年収は同年代と同じレベルにするのが、セキュリティを確保する上でも第一歩だろうに

by たくあんさん - 2020/11/26 22:48 問題を報告

PPAP代替手段

「Firefox Send」のサービスなど、セキュリティをあげるためにファイル共有サービスへ上げるのは有力な方法みたいですね。残念ながら、このサービスはウィルス送信に悪用されて停止となりましたが、行政側が送信する分には問題ないかと思います。(一般的なメール同様なりすましには要注意ですが)

ただ、送信する全部のファイルをクラウドに上げるのは手間ですし、そのうち把握しきれなくなるかもしれません。なので、そもそも組織内部にファイルを送るような場合、メールじゃなくskypeやteamsなど途中の通信が暗号化されるグループウェアを使うよう統一すれば、楽に高いセキュリティが確保できると思います。

こんな感じで、組織の外部/内部や機密の重要度で、ファイルの送信方法を分けると良いとこ取りできると思います。(ただ、定着するまで情シス的な人が苦労しまくるのか心配ですが…)

by たくあんさん - 2020/11/21 21:49 問題を報告

地方県警におけるサイバーセキュリティ分野の現状について

ネットでの体験談では、地方のサイバー捜査官は、研修が普通の警察官と同じ体育会系のカリキュラムであったり、日常業務でも一般の警察官としての業務がメインでITスキルを活かせないなど、環境への不満が多いイメージがあります。なので、一SEとしては、特にスキルのある人材がキャリア度外視で地方警察署に入る訳がないと感じてしまいます

そういった採用の問題含め、本質的には人材運用の問題かと思います。組織全体で人材を管理し、都市部から地方に人材を派遣するか、地方のサイバー捜査官以外でオペレーターの指示があれば動けるレベルの補助役の人間を育成するなどの取り組みが必要かもしれませんね

by たくあんさん - 2020/11/14 19:06 問題を報告

投票履歴 6

PPAP代替手段

高評価コメント 0

他のユーザからの評価(★の数)の平均が4以上のコメントを表示しています。

ページの先頭へ