和田浩一さんのページ | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


和田浩一さんのマイページ

ウェブサイト
http://
自己紹介文
中学2年で眼の難病と診断され、30歳で文字が読めなくなり、現在は全盲。
盲学校の教員として35年間勤務。
視覚障害教育に情報機器の導入を推進し
視覚障害者用のソフトウェアの開発や研究を行った。

現在の所属
公益社団法人 NEXT VISION ビジョンパーク 情報マスター
視覚障害リハビリテーション協会会長

投稿したアイデア 1

デジタル化で失望を無くしインクルーシブ社会へ

和田浩一さん

私は眼の難病で見えなくなりました。 最初は文字の読み書きに困難を感じましたが、パソコンやスマートフォンを使用して読み書きができるようになりました。 紙媒体の資料はOCRでデジタル化することで、音声や点字に変換して出力して読むことができます。 現在大きなバリアは、各種手続... » 詳しく

お気に入りアイデア 0

まだお気に入りがありません。

投稿したコメント 0

まだコメントしていません。

投票履歴 2

高評価コメント 0

他のユーザからの評価(★の数)の平均が4以上のコメントを表示しています。

ページの先頭へ