unabara23さんのページ | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


unabara23さんのマイページ

ウェブサイト
http://
自己紹介文
とても良い取り組みだと思います。よろしくお願いします。

投稿したアイデア 2

国民参加型の大規模実証実験の日にして欲しい

unabara23さん

気象予測、花粉情報、大気汚染情報など、すでに活用され始めた観測データを利用して、 国・自治体・広域での連携をしつつ住民参加型のイベントができると楽しいと思います。 行政側で公開しているデータを活用すると、 「お祭りの日の混雑状況は、ここを見ると確認できます」 「連... » 詳しく

役所の申請主義について考え方改革が必要です。

unabara23さん

徴収しすぎた税金は申請が無い限り戻さない。 子供が生まれた時に申請しないと国籍が与えられない。 そもそもの役所に申請を前提としている制度が多すぎますね。 申請しない限りは国民が不利益を被るという制度設計になっている。 人手不足と言うのであれば、申請ありきではない... » 詳しく

お気に入りアイデア 0

まだお気に入りがありません。

投稿したコメント 3

[事務局]「マイナンバー制度及び国と地方のデジタル基盤の抜本的な改善に向けた検討課題」へのご意見をお願いします

まず、「運転免許証とマインバーカード一体化」について内容を確認してみたところ仰天しました。
運転免許証のICとマイナンバーのICをそれぞれ両方を一枚のカードにするとなっておりました。

「一体化」という言葉の表現に囚われて本質を見失ってしまっているのではと心配になっています。


実際は本人であることを確認できれば良いため、どちらで認証しようが問題無いのではありませんか。
ICの中の氏名情報や免許番号とマイナンバーの紐づけ等もワンスオンリーの観点からみると、どこかのタイミングで紐づけできそうですね。
直接的な紐づけができない場合でも、間接的に本人でしか持ちえない情報の組み合わせの議論もしていただきたいです。

※免許証と生体情報、生体情報とマイナンバーなどの紐づけは、なぜできないのでしょうか。

安易に物理的な「一体化」をする前に、本人であれば手続きできるという状態は、どうあるべきかを議論していただきたいところです。

いやいや、現実的にはこうしましょうという話もあろうかと思いますが、一歩目で止まらず、「あるべき姿」を確認しながら、まずはここまで、次はここまでと進めていただきたいです。

by unabara23さん - 2020/12/09 23:13 問題を報告

[事務局]第3回データ戦略TFへのご意見をお願いします。

記載が見つけられず、忘れられてないか気になるのでコメントします。

ライフサイクルという用語がでてきます。
しかし、ライフサイクル全体を表現した記載が無いように見受けられます。
データの生成・更新・複製・削除や廃棄のような一連の流れはどこかで定義されているのでしょうか。

良くミスするので、一度ミスしたデータがずっと残ってしまうのかと不安ですね。

by unabara23さん - 2020/11/30 21:11 問題を報告

データ戦略へのご意見をお願いします!![事務局]

興味深く拝見しました。

参考資料3:第1回データ戦略タスクフォース 参考資料(PDF/2,251KB)

7ページ目のデータ連携を支える各種ガイド(CIO.go.jp)
ガイドを用意していただくのは大変助かります。

しかし、各ガイドの関連性を読んで理解した上で、これから取り組む課題に対して、適切な項目が網羅されているかチェックするのは、今後更に難易度が上がっていくと予想されます。

そして、よくある「ガイドラインだから」準拠しなくてもよい。という理屈で、標準データ項目が具備されない政府のシステムを許容してほしくありません。

新しく繋がりたいシステムに最低限備えておくべき要件について

連携先APIで要求されるデータ項目が存在するかチェックする。
一定範囲のデータの連携を自動でチェックする。
など相互で連携をチェックしあえる仕組みについても議論していただきたいです。

そこで、今後文章のガイドラインを公開・更新するスタイルだけで良いのか、今からご検討よろしくお願いします。

by unabara23さん - 2020/10/29 00:57 問題を報告

投票履歴 4

高評価コメント 1

他のユーザからの評価(★の数)の平均が4以上のコメントを表示しています。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

データ戦略へのご意見をお願いします!![事務局]

興味深く拝見しました。

参考資料3:第1回データ戦略タスクフォース 参考資料(PDF/2,251KB)

7ページ目のデータ連携を支える各種ガイド(CIO.go.jp)
ガイドを用意していただくのは大変助かります。

しかし、各ガイドの関連性を読んで理解した上で、これから取り組む課題に対して、適切な項目が網羅されているかチェックするのは、今後更に難易度が上がっていくと予想されます。

そして、よくある「ガイドラインだから」準拠しなくてもよい。という理屈で、標準データ項目が具備されない政府のシステムを許容してほしくありません。

新しく繋がりたいシステムに最低限備えておくべき要件について

連携先APIで要求されるデータ項目が存在するかチェックする。
一定範囲のデータの連携を自動でチェックする。
など相互で連携をチェックしあえる仕組みについても議論していただきたいです。

そこで、今後文章のガイドラインを公開・更新するスタイルだけで良いのか、今からご検討よろしくお願いします。

ページの先頭へ