社会的活動を越えてさんのページ | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


社会的活動を越えてさんのマイページ

ウェブサイト
http://
自己紹介文
デジタル改革アイデアボックスに登録させていただきました、「社会的活動を越えて」という者です。年齢的に若く、至らない点があるかと思いますが、述べさせてもらいたいことがあるので、どうかよろしくお願い申し上げます。

投稿したアイデア 2

未成年の端末機器の規制について

社会的活動を越えてさん

子供時代にしか得られない現実での対人関係での出来事は、一生の宝だと思いますし、世間的にも言われるように、それが成年したときの土台となると思っています。なので、デジタル庁で端末機器(ケータイ)の規制をかけることをお願いしたいと思います。例で言いますと、小中高は持てない... » 詳しく

  • -8ポイント
  • 16
  • 15コメント

子供たちのこれからの教科書について

社会的活動を越えてさん

子供たちのこれからの教科書は、紙面とディスプレイの両輪がいいと思います。その因果関係は、ディスプレイは意味的にマシンを表しており、マシンの世界で知恵を学ぶことは、知恵自体の背景がマシン化してしまうからで、紙面で学ぶことは、紙面の意味は自然性でそれにより得られた知恵は... » 詳しく

  • 2ポイント
  • 7
  • 3コメント

お気に入りアイデア 0

まだお気に入りがありません。

投稿したコメント 14

「デジタルの日」の候補日 D. その他

デジタルの日を創設するのに反対します。
暦に、デジタルを思い出させるようなものを書き加えると、自然的なものと関係ないものを介在させるものとなり、暦という従来から大切にしてきた日本人の精神を表したものを汚すことになるからです。
よろしくお願い致します。

by 社会的活動を越えてさん - 2020/12/08 14:24 問題を報告

未成年の端末機器の規制について

追記させていただきましたが、削除願います。

by 社会的活動を越えてさん - 2020/11/13 17:23 問題を報告

#012客観性が壊れるということは、少し前のこの場での僕のコメントで書かせていだだいたのですが、個人が独立した存在になってしまい、客観性という想い合うつながりというものが欠損してしまうということです。例えば、家族と話をしていても、間違ったことを述べたときにそこに不和を思うのは、家族との会話を客観視できているからです。客観視ができていなければ、ただ一方的に意見を述べているだけになります。それは、相手の話を聞いていないとなりますが、正常の人間であればそんなことはしません。相手の話を聞かない意味がないからです。SNSでのコミュニケーションで客観的になれないのは、文字でのやりとり、UIの問題、タイムラグが関係しています。文字でのやりとりが駄目なのは理解苦しむ、誤謬が存在するからです。UIの問題は客観のしやすさが問題点です。最後のタイムラグは、一番客観視に影響します。正常な会話ではタイムラグなんて発生しないからです。なので客観性は失われます。
 反論と言われていますが、僕は本当に真剣に子供たちの未来が不安なのです。コメントを残していただきありがとうございました。

by 社会的活動を越えてさん - 2020/10/16 09:34 問題を報告

#012 失礼ながらコメントありがとうございます。
 現実での対人関係は一生の宝も端末機器(ケータイ)の規制も、PCやゲーム機器は対人関係のコミュニケーション中心のものではないので、端末機器というコミュニケーションの中心になるものが駄目だと言うことです。また、オンライン、現実かの二つの仕方があり対人障害を持っている方もいるとおっしゃっいますが、それは精神障害の一種で病気としてとらえ福祉施設で治療しなければいけない内容です。端末機器上でのコミュニケーションは現実でのコミュニケーションの補足みたいなもので端末機器という異常なもののコミュニケーションの取り方には本当に注意しなければなりません。オンラインのコミュニケーションにSNSでコミュニケーション齟齬で心が壊れるの部分ですが、現実でのコミュニケーションで心が壊れるのと、SNSでのコミュニケーションで心が壊れるのはまた別の話です。そこには、コミュニケーションの客観的な見方は含まれていません。故に、SNSで心が壊れることは、客観性が壊れるということに帰結します。

by 社会的活動を越えてさん - 2020/10/16 09:05 問題を報告

失礼なのですが、反対の方の意見が聞きたいです。よろしければ、ここにコメントを残していただけないでしょうか。お願いします。

by 社会的活動を越えてさん - 2020/10/15 23:14 問題を報告

#009 コメントありがとうございます。
 「私自身が多少とも知性を持っているということは、私は知性を獲得することができたということだが、それが可能だったのは、私の精神の中にある観念が私の外側にあるものごとの秩序と一致するからである。」という文章が『論理学 考える技術の初歩』(エティエンヌ.ボノ.ド・コンディヤック著)にはあります。自ら行動し、自ら発見することが、良くできた精神状態を作るとコンディヤックは述べています。端末機器で得られた世界というのは、芸術的に還元された真実ならぬものです。そんなもので精神を構築すれば、真実を知ったことにはならないでしょう。子どもですからなおさら推論の力は弱いです。推測ができないことは判断ができないということで、真実と芸術的に還元されたものの違いが判別できません。その感性のまま育ってしまうと、言語的な還元は不可思議なものとなります。言語が分別できるというのは、良く知っているからです。言語的な還元が大切なのは、コミュニケーションから論文まで、どのような言葉を使えば伝わるのかという客観性が含み、それが分からないというのは、一人で生きているようなものだからで

by 社会的活動を越えてさん - 2020/10/15 15:34 問題を報告

#007 可能性と気付きのことなんですが、それを重視してしまえば、子供たちの多様性は無くなります。皆が同じ情報に触れてしまえるものに触れてしまえば、自分たちが今居てる場所を考えていかないと、アイデンティティは崩れていってしまいます。端末がアイデンティティに組み込まれてしまえば、それは人海戦術並みの乏しさです。また、機械的な作業ばかりしていては、生産されるのも機械的なものばかりになってしまいます。論理国語がこれから学校で採用されるみたいですが、これが典型的な例で、ただ文章を読みとくだけという能力はもはや人間ではありません。子供たちは無限の可能性を秘めていますとおっしゃいますが、2018年PISAの学力調査の読解力に関して「テキストの質と信憑性を評価する問題」では他国と比較して低かったそうです。教育の仕方に問題があるのかと思いますが、理解する子供たち側も理解できなければ教育の原理は成り立たないので、テキストの質も信憑性も理解できていないのであれば、情報収集能力、判断力そして情報処理能力は損なわれているのではないでしょうか。あなたが子ども時代に端末機器を持っていたらと想像すれば分かります。

by 社会的活動を越えてさん - 2020/10/14 10:42 問題を報告

#005 コメントありがとうございます。
 僕、個人としてはSNSでのコミュニケーションを磨くことに意味はないと思いました。現実でコミュニケーション力を磨けばチャットにも応用ができるからです。否定的なやり取りに対する耐性とおっしゃっていますが、常識的な知識を身につけた時点で否定的なやり取りには囚われないのではないでしょうか。また、ITを活用した日本の生産性向上、技術力向上ということですが、それは情報技術の分類でappなどの簡易的なサービスとは無縁なのではないでしょうか。
 子供たちの可能性についてはプログラミングのことを言いたいのかと思いますが、それは子供たちが自主的にやりたいと言い出してからやるもので、今後、IT以外にもやりたいことはでてくるものだと思っています。それこそIT漬けの方が子供たちの可能性を奪うことになるかと思います。
 今後重要な問題だと思うので述べさせていただきました。

by 社会的活動を越えてさん - 2020/10/14 08:46 問題を報告

#002 コメントありがとうございます。
 香川県議の皆さんのことは知りませんが、そのような考えを持っている方がおられるのは社会的に良いことだと実感しているし、そう思います。ありがとうございます。

by 社会的活動を越えてさん - 2020/10/13 22:01 問題を報告

#001 コメントありがとうございます。
 節度を持った使用方法を教えるということなんですが、端末機器を持って無かったとしてもそれはコミュニケーションに関する、勉強に関する教えというのは親の仕事ではないでしょうか。もし仮にSNSでの使い方を教えたとしても、そこには子供たちの主観が入り、考えが入るために、心の問題はなくならないのではないでしょうか。SNSに関する親の教えには限りがあります。また、学校は士気的なバイアスというものが発生する場であり、体たらくな教え方がされている子供が存在すれば、その子に影響される、もしくはその子をいじめる子が出てくる可能性もあります。長い文章になってしまいました。コメントありがとうございました。

by 社会的活動を越えてさん - 2020/10/13 21:54 問題を報告

子供たちのこれからの教科書について

追記:ディスプレイは持ち帰ってはならないというルールが必要かと感じました。ディスプレイも持ち帰ってしまうと、家に勉強に使う媒体がマシンかナチュラルかの二択になり、自分自身の現実性みたいなものが崩れてしまうからです。家には教科書だけ、だと現実性は増すと思いました。ご検討のほどよろしくお願いします。

by 社会的活動を越えてさん - 2020/10/13 21:24 問題を報告

教科書をすべてiPadに!

教科書をiPadにするのはいいと思われるのですが、幼少期、成長期の子供たちがiPadという機械を通して学ぶことの負の側面というのが、多分、まだ統計が取られていないと思うのです。個人的には負の側面は今後の社会的な幸福度に関わるだろうと推測しています。なので、紙媒体の教科書は置いておくべきだと思うのです。よければ、そのようなことを私の投稿で提示させていただいているので参考程度に読んでいただければなと思います。よろしくお願いします。

by 社会的活動を越えてさん - 2020/10/11 01:15 問題を報告

子供たちのこれからの教科書について

#001 違った視点での評価ありがとうございます!両輪でいけることを願うばかりです。

by 社会的活動を越えてさん - 2020/10/10 17:25 問題を報告

手段と目的を間違えるな

#001 これは「批判」ではなく「お願い」もしくは「警告的なもの」であり、デジタル改革アイデアボックスを陥れようとするものではありません。ポジティブに捉えていただければ幸いです。失礼します。

押印に関しては多分、行政の方も迷われたと思います。なので、目的とは言い切れない部分もあると思いました。

by 社会的活動を越えてさん - 2020/10/10 16:37 問題を報告

投票履歴 8

高評価コメント 0

他のユーザからの評価(★の数)の平均が4以上のコメントを表示しています。

ページの先頭へ