井上智之さんのページ | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


井上智之さんのマイページ

ウェブサイト
https://wsdb.jp/
自己紹介文
留学生に関わる事業をIT化出来ないか取り組みをしております。 IT化を進める事で、多額の紹介料で教育の質を維持できなくなっている日本語業界をサポートしていきたいと考えています。

投稿したアイデア 3

地方入国管理局のシステム提供企業への情報共有

井上智之さん

入国管理局の留学生管理部門において、各地方入国管理庁ごとに、各日本語教育機関に発送している資料を、システム開発会社にもお送りいただけることで、速やかにシステムに反映できるため、資料の送付(もしくは公開)を希望したところ、「そのような事は自分たちの仕事ではない」とまっ... » 詳しく

  • 2ポイント
  • 3
  • 5コメント

在留資格更新時の在留カード回収を無くす

井上智之さん

現在、在留資格更新を行う際に、一括代理申請などでは古い在留カードを回収するという方法を取っています。 しかし、在留カードを回収せずに、情報の書換えや、新カードが発行された段階で破棄するなどの方法を取ることができれば、留学生の出席管理において、在留カードを本人のICカー... » 詳しく

  • 2ポイント
  • 2
  • 0コメント

在留カードのICチップ読み取りについて

井上智之さん

現在の在留カードは、ICチップが内蔵されていますが、民間に公開されている情報では、「カードの表裏の情報」「住所変更を行った後の住所情報」「偽造確認」しかカードリーダーでは読み込むことができません。 それ以外の「氏名」「性別」「国籍」「在留資格」「在留カード番号」「交... » 詳しく

  • 3ポイント
  • 3
  • 0コメント

お気に入りアイデア 0

まだお気に入りがありません。

投稿したコメント 2

地方入国管理局のシステム提供企業への情報共有

#002
文書の責任の所在の問題はあるのかもしれません。
全国統一基準で審査されているという建前もあるためかと思います。
どちらにしても、システム化に向けて本来であれば、書類フォーマットの統一をしていただくか、それが出来ないのであれば情報を円滑に手に入れられるようになりたいです。

by 井上智之さん - 2020/11/23 15:47 問題を報告

#001
コメントありがとうございます。

私がこちらで記載している書類というのは、各地方入国管理局留学審査部から各教育機関に送られる『在留資格認定証明書(「留学」の基準省令第1号ハ該当)の交付及び申請受付について』というものです。

こちらに記載されている内容に合わせ『在留資格認定証明書交付申請』の一括申請関する書類を作成するのですが、在留資格認定証明書交付申請の記載方法も各入国管理局で少しずつ異なります。この現象は現在入国管理局が作ったWeb申請システムが本格稼働すれば統一されてくると考えています。

しかし、一括申請にはさらに追加で提出する申請者リストのような書類(提出書類名なども統一されてません)があり、それらの書類は各教育機関にのみ通知され、各地方入国管理局毎に記載内容やフォーマットが大きくことなります。


Webで公開していただけると非常にありがたいのですが、各地方入国管理局毎で、提出内容が大きく異なる事が、はっきりしてしまうためか、責任の所在を問われると困るからか、現在は各教育機関から共有されなければ、把握できない状況です。

by 井上智之さん - 2020/11/23 15:43 問題を報告

投票履歴 5

西暦に統一

高評価コメント 0

他のユーザからの評価(★の数)の平均が4以上のコメントを表示しています。

ページの先頭へ