さかさんのページ | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


さかさんのマイページ

ウェブサイト
http://mins.mobi
自己紹介文
自己紹介は未記入です。

投稿したアイデア 1

書類の改竄防止とその一般へのサービス化

さかさん

ハンコをなくそう、という運動が進んでますが、問題になるのは「その書類が改竄されていないか」の証明だと思います。 「ハンコ」のかわりに、例えば書類ファイルにサインの画像や印鑑の画像を貼り付けるのはよく使われる方法ですが、その場合この書類が正しいサイン・印鑑なのかの証... » 詳しく

  • 8ポイント
  • 9
  • 2コメント

お気に入りアイデア 0

まだお気に入りがありません。

投稿したコメント 1

書類の改竄防止とその一般へのサービス化

#001 このアイデアで保護されるのは、「自分が提出した(サイン・ハンコなどの商人をした)書類が改竄されてないか」の証明になります。
例えば、示談書についてで考えると、(1)書面を損保会社か自分か、の両者で作成する。(2)甲、乙両方のサイン・ハンコをつけた書類データを作成する(3)甲、乙それぞれが、自分のマイナンバーか企業コードと一緒に書類のハッシュ値を登録する、という流れになります。
同じ書類であれば2つの登録のハッシュ値は同じはずです。片方が登録前に書類偽造して登録した場合、書類のハッシュ値が変わるのでどちらかが偽造してることははっきりします(どちらが犯人かまではわかりません)。
また、登録した後に一部書き換えたりする場合は、登録ハッシュ値と偽装書類のハッシュ値が異なりますので、その書類が偽造であることが明確にわかります。
この方法の良いところは、ハッシュ値は誰でも簡単に確認できるところです。専門家などよりも我々一般の弱者にこそ強みとして利用できるとおもいます。
身の回りの不誠実な事柄がIT技術で少しでも減るといいですね。

by さかさん - 2020/10/15 19:54 問題を報告

投票履歴 1

高評価コメント 0

他のユーザからの評価(★の数)の平均が4以上のコメントを表示しています。

ページの先頭へ