はーみーさんのページ | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


はーみーさんのマイページ

ウェブサイト
http://
自己紹介文
自己紹介は未記入です。

投稿したアイデア 12

大学の「オンライン副専攻」解禁

はーみーさん

現在、専攻(major)の他に、副専攻(minor)を決めることができる大学が増えてきています。ただし、あくまで学位(学士など)の付随情報のような形で、所属する大学が提供する副専攻しかできません。例えば、所属する大学が得意としない分野の学びは、科目履修など自主的な取り組みはでき... » 詳しく

  • 5ポイント
  • 5
  • 2コメント

クラウドファンディングの中央省庁版

はーみーさん

民地方公共団体やNPO・大学などにクラウドファンディングが少しずつ浸透しています。寄付金の用途が明確化されているので、寄付者のモチベーションや社会貢献意識に直結します。それに、寄付を集める事業体も「財務の効率化」「なぜ大事かアピール」するインセンティブがあり、事業の見え... » 詳しく

  • 7ポイント
  • 7
  • 1コメント

JMOOCの企業内研修バージョン (勉強会のオンライン公開プラットフォーム)

はーみーさん

日本国内でのeラーニングのプラットフォームとしてJMOOCがあり、大学講義のオンライン公開が進んでいます。ブランド力向上や社会貢献アピール・受験生増加につながるというインセンティブがあり、一部ですが、大学も積極的です。 大企業をはじめ、社内での研修・勉強会を充実させてい... » 詳しく

  • 4ポイント
  • 4
  • 1コメント

「たろうとかたろう」のような、ゆるいオンライン交流の場を全大臣が定例化するよう閣議決定

はーみーさん

平井大臣にまじめなお願いです。河野大臣が、時々、YouTube上でゆったりと質問に答えてる場を設けているのを見て、政治・政府に親近感がわきました。忙しいので月一とは言いませんが、三か月に一回でも、努力義務でもいいです。似たような交流の場を各閣僚が持つように、閣議決定を働きか... » 詳しく

  • 3ポイント
  • 3
  • 0コメント

国家・地方公務員採用の履歴書に(資格欄のほかに)「ITパスポート試験」合否を聞く欄を設ける

はーみーさん

一般社会人の基礎リテラシーとして「ITパスポート試験」はとても優れた試験だと思います。高校生や大学生からの受験を推奨すべきです。民間では、採用の履歴書に資格欄の他にわざわざ「ITパスポート試験」の合否を聞く欄を設けている会社もあると聞きます。それを、国家公務員・地方公務... » 詳しく

  • 7ポイント
  • 7
  • 0コメント

主要科目(英国数理社)に「情報」を加える

はーみーさん

高校に情報の科目がありますが、大学受験などでは圧倒的に英国数理社に関連する科目が多いです。AOや推薦入試などでも、英語や数学の資格試験などを重視することはあっても、情報系資格はあまり活用されていません。結果、高校時代に「情報」をまともに勉強しなかった、という話を多く聞... » 詳しく

  • 12ポイント
  • 18
  • 8コメント

データセンター使用電力の地産地消

はーみーさん

国家プロジェクトやスーパーシティ構想・地方自治インフラの効率化などに、機械学習など応用するためのデータセンターやスーパーコンピュータの使用がが増えると思います。しかし、それらは相当の電力を必要とします。災害時の脆弱性や安全保障の観点からも、スーパーコンピュータやデー... » 詳しく

  • 2ポイント
  • 4
  • 2コメント

新聞記者・テレビ報道関係者へのデジタル研修

はーみーさん

国民の理解・認識・議論促進に直接関与する、報道関係者へのデジタルリテラシー研修の推進を要望します。 平井大臣のBS TBS(報道1930)などへの出演を観ました。デジタル化の考え方や基本的な哲学の説明を通じて、国民全体のリテラシーの底上げにつながっているのはよいことだと思い... » 詳しく

  • 1ポイント
  • 7
  • 3コメント

中高生向け「私の町のデジタル化提言コンテスト」の実施

はーみーさん

デジタル化の末永い発展のためには、国民、特に生徒・学生のITリテラシー向上が欠かせません。情報技術という観点では、世代が新しくなるにつれ、放っておいてもレベルは上がっていくと思います。しかし、デジタル庁の目指すような「デジタルを生活向上に生かす」「幸せな生活に繋げる」... » 詳しく

  • 11ポイント
  • 12
  • 2コメント

ボランティア・マップ

はーみーさん

グーグルマップのように、地図上で、参加できるボランティア活動が一目でわかるようになるといいと思います。具体的には、時間(例:来週土曜の午後)、場所(例:○○駅から電車で30分以内)、種類(例:植樹、ごみ拾い)などを入力し、該当するボランティア活動を地図上で表示します。ふ... » 詳しく

  • 9ポイント
  • 10
  • 0コメント

「情報科学入門」を大学必修科目に!

はーみーさん

英語や論文執筆を必修科目にしている大学は多いですが、IT系の基礎知識も現代社会を生きる上で必須の基礎教養です。ITパスポート試験レベルの入門科目を、大学の必修科目にしてほしいです。 » 詳しく

  • 7ポイント
  • 14
  • 2コメント

生涯学習歴の見える化のためのe-portfolio(資格・検定・学歴など)

はーみーさん

提案:学習歴記録ポートフォリオ 背景1:国民の学習意欲の高さ。外国生活が長いと感じる日本人・日本社会の強みの一つに「検定・資格取得熱があつい」ということがあります。英語検定や数学検定のような国民教養的なものから、日商簿記やIT系資格・メンタルヘルス・マネジメント検定... » 詳しく

  • 4ポイント
  • 9
  • 0コメント

お気に入りアイデア 0

まだお気に入りがありません。

投稿したコメント 25

小中高の主要教科授業を動画で全国一斉配信、現場教師はサポート役に徹す。

大きな方向性に賛成です。そのためには、教職科目の再編も必要ですね。コーチング研修など、生徒のやる気をサポートするための技能(現行の心理学の知識のみならず)に特化した教職科目の設置が望まれます。

by はーみーさん - 2020/10/22 17:12 問題を報告

広告の規制

YouTube広告は、民放のCMと同じくらいの倫理的規制があってもいいかと思います。YouTubeなど動画プラットフォームが国民に浸透している状況を考えると、見たくない人が見ざるを得ない、という意味ではYouTubu広告も民放CMも同じだと思います。

by はーみーさん - 2020/10/18 23:11 問題を報告

0.01%…

デジタル庁の設置準備グループへの採用が間に合わなかったとしても、デジタル庁が設置した暁には、wolfさんのような視覚障碍者を採用してほしいと思います。高齢者採用や、外国人採用などと合わせ、多様な「情報弱者」の視点を政策作成過程に取り込むことが可能です。

by はーみーさん - 2020/10/18 23:08 問題を報告

シーテックジャパン(IT展示会)等の「修学旅行」の推進

学生の旅費・宿泊費補助の財源についてですが、展示会に参加している企業さんから、「学生に直接話しかけるの説明会をしたい」企業などに寄付を募るのはどうでしょうか?高校の修学旅行なら、2年もしくは6年後に就活します。企業にとっても、将来仲間になるかもしれない優秀な学生に好印象を与えるチャンスを得れるので、寄付をするインセンティブがあると思います。

5~15企業くらいから寄付を募りそのような再度イベントに参加してもらえば、学生もその中から2~3社の話を聞く企業を選べるようにすれば、「強制された感じ」もなくなります。

by はーみーさん - 2020/10/17 22:04 問題を報告

YouTubeを使った学習

数学や理科、歴史など、内容がすぐに古くならない科目を中心に、文科省が認可した教科書についてはオンラインで講義を無料公開することを義務づけてもいいと思います。私立校や教育委員会が採用教科書を選ぶ際、各出版社の違いも分かりやすくなり、つまらない教え方・構成の仕方の教科書が淘汰されることにもつながります。

by はーみーさん - 2020/10/17 21:55 問題を報告

主要科目(英国数理社)に「情報」を加える

追記:「情報」ではありませんが、オランダでは30年ほど前に「数学」を大学入試の必須科目にしました。文理の別、入試の試験形態、若者/社会人を問わず、すべての受験生にです。学問の世界ですが、定量研究(計量心理学や統計学)の世界では、近年のオランダの躍進はすさまじいものがあります。受験の必修科目化などの半強制的な手段でも、国民のリテラシーを底上げする重要性を侮れないと思います。

by はーみーさん - 2020/10/15 19:50 問題を報告

手書き履歴書の廃絶に向けて

賛成です。「履歴書の押印」についても、総理か大臣の発言が欲しいです。

by はーみーさん - 2020/10/15 02:40 問題を報告

学生個人教育管理アプリ(SPEM)の開発

部活や受験勉強で頑張ったことや、何か授業や他の活動で心に残ったことなどを、書き留める機能を足すと、自分史のようでいいですね!時々書いた日記だけでも、希望者がのちに本や個人ブログなどの形で受け取ることができるようにすれば、一生の宝になるかもしれませんね。

by はーみーさん - 2020/10/15 02:29 問題を報告

ネットと窓口の決済手数料変更

賛成です。対面窓口のほうが、職員としては業務が増えてしまうので。それに、一回50円ですら効果が出ると思います!

by はーみーさん - 2020/10/13 03:17 問題を報告

オンライン授業で、先生の全国選抜

優秀な教員が、もっと注目と尊敬を集めることにも通じるので、賛成です。

by はーみーさん - 2020/10/13 03:14 問題を報告

小中学校「総合」と高校の「探究」の時間を全ての学校で同じ時間にしてネットワークで繋ぐ

#007 大学の教員との連携に、大賛成です。

うまく大学と連携すれば、教授との議論の他、ゼミや研究課単位で大学生・院生とのディスカッションなども可能となります。フォローアップの大学訪問などを見据えて地元の大学とつなげたいばあい、公立の中高ならば、自治体が公立大学との連携も手助けすることも可能です。自分の高校時代を思い出すと、大学生・院生の先輩という「ななめ上の」大人との触れ合いは、勉学やキャリア・読書へのモチベーションアップにもつながっていました。

by はーみーさん - 2020/10/12 18:10 問題を報告

高校のデジタル化について

大賛成です。大学入試共通テストの他にも、国家試験や、公共性の高い民間資格試験のオンライン申請も推進してほしいです。また、大学での種々の申請(社会人大学院の試験申請や、科目等履修の申請など)もオンライン申請できないことが多く、とても不便です。

by はーみーさん - 2020/10/12 01:58 問題を報告

アイデアボックスを常設して欲しいです。

#001 開始・実現はもちろんのこと、プロジェクトが「やらないと決まった」「失敗した」場合でさえ、だれだれのアイデアで始まった、と告知されると、それでもインセンティブになるような気がします。

by はーみーさん - 2020/10/11 23:36 問題を報告

国民の「行政に対する意見」を書き込める掲示板の設置

#003 各省庁でのアイデアボックスの設置ですが、一定数の参加者を確保するためには「小さく生んで大きく育てる」スタンスでどんどん始めることが大切だと思います。各省庁のみならず、各政党や各政治家にも、アイデアボックスの設置を働き掛けていってほしいと期待します。

また、それらのリンクをまとめたページなどがあると、アイデア投稿段階で登校する適切な場所が選ばれ、担当者の負担も軽減されると思います。アイデアボックスのような企画への国民の期待は、これからも大きくなる一方だと思います。

by はーみーさん - 2020/10/10 17:14 問題を報告

義務教育の廃止

飛び級制度を実現するために、高等学校卒業程度認定試験を各学年に各科目で設置し、オンラインで受験できるようにするのが一手だと思います。オンライン教育の一環として、そのような習熟度を確認する試験・課題などを整備する必要があります。

by はーみーさん - 2020/10/10 14:27 問題を報告

小中学校のIT基盤の強化

教職科目と教員採用試験にIT系科目を含めるところから、検討していただきたいです。

by はーみーさん - 2020/10/10 14:12 問題を報告

求人に応募する際に不便を感じています

履歴書のデジタル化に賛成です!

by はーみーさん - 2020/10/10 14:07 問題を報告

オンラインでの単位取得をを前提とした大学の創設

賛成です。

学修時間や習熟度を確認・保証できるようなシステムができると、単位の意味をある程度保証できるのでいいと思います。

また、CourseraなどのMOOCも日本語で少しありますが、あまり普及していません。大学は基本的に貧乏で余裕がないので、良質な講義を作成し公開するインセンティブの設計が大切だと思います。

by はーみーさん - 2020/10/10 14:05 問題を報告

教科書をデジタルするなら、ここまでやっちゃおう!?

自学自習が基本となるべき科目と、ディスカッションや対話を経て学ぶべき科目に分けるというアイデアに大賛成です。科目レベルで難しくても、単元レベルでは今すぐにでもできるのではないでしょうか?授業の一部オンライン化(反転教育)を小さく始めてでも急いでほしい理由がいくつかあります。

(1)教員の負担軽減。授業準備に割かれる時間を減らし、一人一人の生徒・学生と向き合う時間を増やしてほしいです。宿題やドリルなども選択式で用意できれば、教員の負担はだいぶ減ります。
(2)教員の授業力不足による学力格差拡大の防止。教え方の下手な教員を持った学生はかわいそうです。わからないのは教員のせいなのに「自分のせいでわからない」と錯覚したら、自信も失ってしまいます。良質な講義が保証できれば、この危険が減ります。
(3)多様な学び方への対応。個々人の学ぶ速度や学び方には多様性がありますが、一斉授業と違い、何度もわかるまで観れる、質問する先生に余裕がある、観れるビデオ講師が複数いる、などがあると「やる気があるが落ちこぼれた」生徒にとったら「逆転チャンスが増えた」ことになりモチベーションもあがります。

by はーみーさん - 2020/10/10 13:58 問題を報告

国立デジタル図書館をつくる

各市町村の公共図書館や、大学図書館など、複数の図書館をまとめて検索できるようにしてほしいです。最近は他の図書館から借りる「インターライブラリーローン」も増えているので、大学生や研究者などは特に喜ぶと思います。

by はーみーさん - 2020/10/10 03:29 問題を報告

交通違反の自動検知

このアイデアの交通違反の自動検知に賛成です。しかし、国民的な、丁寧な、時間をかけた議論が必要だと感じます。

中国の杭州に(コロナ前に)訪ねました。そこでは、監視カメラが町中にありました。信号の上、街灯の近く、パーキングロットなど、ありとあらゆるところです。それらのカメラで、車のナンバーを検知していました。交通事故や事件の発見・捜査に大活躍しているそうで、運転マナーも向上したとのことでした。

ただ、日本人としては、常に監視されているようで、気持ちよくはなかったです。3週間ほどの滞在でしたが、慣れることはありませんでした。プライバシーや監視社会への移行について、幅広い意見があると思います。国の方向性にもかかわる話なので、デジタル化推進グループには、このようなデジタルの倫理的・文化的側面の議論も盛り上げていってほしい、と切望します。

by はーみーさん - 2020/10/10 03:25 問題を報告

学校教育レベルの学習、教育用のデータ公開

#002 (2)に関しては、萩生田大臣との連携はじめ、いろいろな既得権益層との調整が必要だと思います。特に「大学は自由であるべき」という観点から、国が教える内容にあれこれいうことは難しいので、基礎科目など「どこが/誰が教えても」同じような内容になるべき科目に限る必要があると思います。それこそ、IT系の科目などは(UdemyやCoursera)などで皆さん学ばれていますが、理系科目はそのような(教える内容への介入などの)問題が少ないのだと察します。

ともあれ、一番大変なのは、大学にどうモチベーションを持ってもらうかだと思います。大学は、基本的に、お金も時間の余裕もありません。ただ、助成金などの収入や、受験生の増加につながれば、大学も真剣に取り組みます。それこそ、大人や大学生だけでなく、高校生やその保護者にも届く形でシステム(ホームページ?)が設計される必要があります。

大学は、あぐらをかきすぎです。「社会のために、国民のためにどの大学が一番貢献できるのか」競争させる必要があり、デジタル化の努力と相性がいい改革だと思います。

by はーみーさん - 2020/10/10 03:18 問題を報告

理系人材の教育強化と増加

文系・理系の区分をなくすべき、という意見に賛成です。すぐにはなくならないと思いますが、デジタルは「文系でもある」(何を便利にするのか、だれに幸せにするのか、という問題意識・現状認識をしっかりする必要があるため)というメッセージを送ることが第一歩になると思います。

by はーみーさん - 2020/10/10 02:50 問題を報告

学校教育レベルの学習、教育用のデータ公開

素晴らしいアイデアです。名物教師を抱えていたり、「よい授業をやっているとアピールしたい学校」が、競争して授業をオンライン化できる仕掛けがあるといいと思います。

追加になって申し訳ないですが、
(1)日本語や日本文化に関する授業などがあれば、在日外国人の日本への溶け込みも進み、マナーや慣習を教えることにつながれば、近隣トラブルなども減ることと思います。

(2)大学(特に基礎・教養科目)についても、各大学が競って公開するような仕組みを期待します。例えば、投稿授業の視聴回数や満足度評価に基づき、私学助成金を傾斜配分するとか。ともかく、学校や大学側として、動画をどんどん公開したくなる動機付けが必要です。

(3)日本語(普通)、優しい日本語、英語など、3~5くらいの言語の字幕を付けることができれば、より多くの人が恩恵を享受できると思います。

by はーみーさん - 2020/10/10 02:45 問題を報告

教育について

素晴らしい、かつ実現可能性の高いアイデアだと思います。中高のみならず、大学(特に基礎・教養科目)でもe-learningによる教材準備・単位認定を実現してほしいと思います。ここで、基礎・教養科目とは、全学もしくは各学部の必修科目(○○学入門)を意識しています。理由は三つ。

1)大学教員の講義力の底上げにつながります。大学教員の中には、他人(履修学生以外の大人)にみられないことを盾に授業改善の努力を怠る人がいます。学生がより多くの名物教員に触れることにより、学生にとっては「教員を評価する目」は厳しくなり、大学教員にとっては「自分の講義力の乏しさ」に気づく機会が増えます。

2)コスト削減につながります。大学の基礎科目は、多くの大学で教えられています。また、専門科目と違い、科目(シラバス)のスタンダード化が進んでいます。

3)少人数講義が増えます。対面授業で効果を発揮するのはディスカッションの多い科目ですが、履修学生が15人以下である必要があります。オンラインで効果を発揮する「知識注入型」の科目では、対面の必要がありません。教員の空いた時間を、少人数の授業に充てられます。

by はーみーさん - 2020/10/10 02:37 問題を報告

投票履歴 291

入試のデジタル化
広告の規制
0.01%…
教育(校務)の情報化
YouTubeを使った学習
中途半端な電子化
faxを無くしたい
履歴書のデジタル化
自宅警備員(本気)
スキルの格差是正
ペーパーレス化
政治献金の見える化
デジタル民生委員
マイカルテ
ETC利用範囲の拡大
少額集金
質問通告
まずは教育を
匿名での寄付金控除
日本版I-94の新設
意見
ネット投票を可能に
印鑑廃止について
防災でIT
特定医療費の申請
歯科治療記録など
永続的な組織を
教育のデジタル化
政策議論の可視化
国会審議の効率化
紙の領収書の廃止
公務員試験の見直し
医療業務の電子化
ICT推進の本質
テレワーク
マイナンバー一元化
交通違反の自動検知
ごあいさつ
生涯電子カルテ
このサイトの不具合?
教育について

高評価コメント 10

他のユーザからの評価(★の数)の平均が4以上のコメントを表示しています。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

主要科目(英国数理社)に「情報」を加える

追記:「情報」ではありませんが、オランダでは30年ほど前に「数学」を大学入試の必須科目にしました。文理の別、入試の試験形態、若者/社会人を問わず、すべての受験生にです。学問の世界ですが、定量研究(計量心理学や統計学)の世界では、近年のオランダの躍進はすさまじいものがあります。受験の必修科目化などの半強制的な手段でも、国民のリテラシーを底上げする重要性を侮れないと思います。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

アイデアボックスを常設して欲しいです。

#001 開始・実現はもちろんのこと、プロジェクトが「やらないと決まった」「失敗した」場合でさえ、だれだれのアイデアで始まった、と告知されると、それでもインセンティブになるような気がします。

評価の平均値
4
コメント日時
コメントしたアイデア

小中学校のIT基盤の強化

教職科目と教員採用試験にIT系科目を含めるところから、検討していただきたいです。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

求人に応募する際に不便を感じています

履歴書のデジタル化に賛成です!

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

教科書をデジタルするなら、ここまでやっちゃおう!?

自学自習が基本となるべき科目と、ディスカッションや対話を経て学ぶべき科目に分けるというアイデアに大賛成です。科目レベルで難しくても、単元レベルでは今すぐにでもできるのではないでしょうか?授業の一部オンライン化(反転教育)を小さく始めてでも急いでほしい理由がいくつかあります。

(1)教員の負担軽減。授業準備に割かれる時間を減らし、一人一人の生徒・学生と向き合う時間を増やしてほしいです。宿題やドリルなども選択式で用意できれば、教員の負担はだいぶ減ります。
(2)教員の授業力不足による学力格差拡大の防止。教え方の下手な教員を持った学生はかわいそうです。わからないのは教員のせいなのに「自分のせいでわからない」と錯覚したら、自信も失ってしまいます。良質な講義が保証できれば、この危険が減ります。
(3)多様な学び方への対応。個々人の学ぶ速度や学び方には多様性がありますが、一斉授業と違い、何度もわかるまで観れる、質問する先生に余裕がある、観れるビデオ講師が複数いる、などがあると「やる気があるが落ちこぼれた」生徒にとったら「逆転チャンスが増えた」ことになりモチベーションもあがります。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

国立デジタル図書館をつくる

各市町村の公共図書館や、大学図書館など、複数の図書館をまとめて検索できるようにしてほしいです。最近は他の図書館から借りる「インターライブラリーローン」も増えているので、大学生や研究者などは特に喜ぶと思います。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

交通違反の自動検知

このアイデアの交通違反の自動検知に賛成です。しかし、国民的な、丁寧な、時間をかけた議論が必要だと感じます。

中国の杭州に(コロナ前に)訪ねました。そこでは、監視カメラが町中にありました。信号の上、街灯の近く、パーキングロットなど、ありとあらゆるところです。それらのカメラで、車のナンバーを検知していました。交通事故や事件の発見・捜査に大活躍しているそうで、運転マナーも向上したとのことでした。

ただ、日本人としては、常に監視されているようで、気持ちよくはなかったです。3週間ほどの滞在でしたが、慣れることはありませんでした。プライバシーや監視社会への移行について、幅広い意見があると思います。国の方向性にもかかわる話なので、デジタル化推進グループには、このようなデジタルの倫理的・文化的側面の議論も盛り上げていってほしい、と切望します。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

学校教育レベルの学習、教育用のデータ公開

#002 (2)に関しては、萩生田大臣との連携はじめ、いろいろな既得権益層との調整が必要だと思います。特に「大学は自由であるべき」という観点から、国が教える内容にあれこれいうことは難しいので、基礎科目など「どこが/誰が教えても」同じような内容になるべき科目に限る必要があると思います。それこそ、IT系の科目などは(UdemyやCoursera)などで皆さん学ばれていますが、理系科目はそのような(教える内容への介入などの)問題が少ないのだと察します。

ともあれ、一番大変なのは、大学にどうモチベーションを持ってもらうかだと思います。大学は、基本的に、お金も時間の余裕もありません。ただ、助成金などの収入や、受験生の増加につながれば、大学も真剣に取り組みます。それこそ、大人や大学生だけでなく、高校生やその保護者にも届く形でシステム(ホームページ?)が設計される必要があります。

大学は、あぐらをかきすぎです。「社会のために、国民のためにどの大学が一番貢献できるのか」競争させる必要があり、デジタル化の努力と相性がいい改革だと思います。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

理系人材の教育強化と増加

文系・理系の区分をなくすべき、という意見に賛成です。すぐにはなくならないと思いますが、デジタルは「文系でもある」(何を便利にするのか、だれに幸せにするのか、という問題意識・現状認識をしっかりする必要があるため)というメッセージを送ることが第一歩になると思います。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

学校教育レベルの学習、教育用のデータ公開

素晴らしいアイデアです。名物教師を抱えていたり、「よい授業をやっているとアピールしたい学校」が、競争して授業をオンライン化できる仕掛けがあるといいと思います。

追加になって申し訳ないですが、
(1)日本語や日本文化に関する授業などがあれば、在日外国人の日本への溶け込みも進み、マナーや慣習を教えることにつながれば、近隣トラブルなども減ることと思います。

(2)大学(特に基礎・教養科目)についても、各大学が競って公開するような仕組みを期待します。例えば、投稿授業の視聴回数や満足度評価に基づき、私学助成金を傾斜配分するとか。ともかく、学校や大学側として、動画をどんどん公開したくなる動機付けが必要です。

(3)日本語(普通)、優しい日本語、英語など、3~5くらいの言語の字幕を付けることができれば、より多くの人が恩恵を享受できると思います。

ページの先頭へ