安井元規さんのページ | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


安井元規さんのマイページ

ウェブサイト
ウェブサイトは未記入です。
自己紹介文
医療施設でシステム担当をしております。日本の医療系システムは一般的な企業で使用するシステムとは構成が大きく異なります。この部分についてもご意見させていただければと思います。

投稿したアイデア 1

人名漢字の登録について

安井元規さん

戸籍が手書きの時代より様々な人名が戸籍に登録されていますが、常用漢字や人名漢字ではない漢字やそもそも漢字として存在しない文字までもが戸籍に登録されています。そのような患者さんが病院にかかる際、毎回のように漢字を確認をし、登録できない旨を説明しご理解いただき、別の文字... » 詳しく

お気に入りアイデア 0

まだお気に入りがありません。

投稿したコメント 5

人名漢字の登録について

#002 そのとおりです。個人を特定するのに氏名の漢字表記を重要視していることにも問題があると思います。
現在の法律では難しいとは思いますが、マイナンバーの情報を電子カルテと連携し、当該患者さんの死亡診断書などをマイナンバーの情報を紐づけて電子カルテから提出できると、この様なことはなくなるでしょう。

by 安井元規さん - 2020/11/18 16:29 問題を報告

#001 そもそも、戸籍のはふりがな(読み仮名)は任意ですので、法改正が先ですね。

戸籍に読み仮名登録へ 本人確認の省力化図る 法制化検討
 →https://mainichi.jp/articles/20200925/k00/00m/040/292000c

このために、公的書類では漢字が重要視されているのでしょう。

by 安井元規さん - 2020/11/18 16:24 問題を報告

官公庁等のサイトにおけるPDF利用の削減

ブラウザ表示や印刷時のレイアウト崩れ防止の意味で、PDFでの公開は意味があると思います。また、改変の防止にも意味があると思います(本機能を使用していればの話ですが)。

投稿者様の言うとおり、HTMLによる公開でも良い資料があるのも確かです。

by 安井元規さん - 2020/11/18 11:55 問題を報告

行政手続きの和暦を廃止して西暦に統一していただきたい

「行政手続きにおける和暦」に関しては廃止していただくことに賛成いたします。

医療機関に勤めておりますのでその点についてだけコメントさせていただくと、患者さんのご本人確認に生年月日を使用している場合があり、お年寄りは自身の生年月日を西暦でおっしゃることが出来ない方が多く見えます。
このことからも「和暦を使用すべき部分がある」ことを理解していただいた上で、行政手続きにおいては和暦を廃止していただくことに賛成いたします。
(本人確認に生年月日を使用することの賛否は別として)

先日の改元に関して、システム内で電子化された行政への提出書類について、全ての書類で改元の対応を行いました。このような作業を減らすためにも意味があるのではないかと思います。

by 安井元規さん - 2020/11/18 09:06 問題を報告

パス付きzipを廃止する件

パスワード付きzipでのファイル送信の問題点は以下にあると思います。

1.添付ファイルをパス付きzipで送信したとしても、同一の宛先にパスワード送信するだけなので、誤送信してもパスワードを入手出来てしまう。

2.メールサーバやメーラーの機能でパスワードを付加する機能もあるが、1.により意味を成さない。

3.悪意のある添付ファイルのウイルスチェックをスルーしてクライアントまで配信されてしまう。
 通常はメールサーバ→ファイアーウォール→クライアントのウイルスチェックなどでチェックしているはずだが、これが動作しない。
 クライアントのウイルスチェックソフトで検知しても、もう遅い。

Yahoo!の記事には記載が無いが、クラウドストレージなどで安全に共有することでの安全性の確保が求められると思う。
併せてダウンロードした人の把握もすることが出来るストレージを選定することも重要かもしれない。

by 安井元規さん - 2020/11/18 08:46 問題を報告

投票履歴 7

高評価コメント 1

他のユーザからの評価(★の数)の平均が4以上のコメントを表示しています。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

「行政手続きにおける和暦」に関しては廃止していただくことに賛成いたします。

医療機関に勤めておりますのでその点についてだけコメントさせていただくと、患者さんのご本人確認に生年月日を使用している場合があり、お年寄りは自身の生年月日を西暦でおっしゃることが出来ない方が多く見えます。
このことからも「和暦を使用すべき部分がある」ことを理解していただいた上で、行政手続きにおいては和暦を廃止していただくことに賛成いたします。
(本人確認に生年月日を使用することの賛否は別として)

先日の改元に関して、システム内で電子化された行政への提出書類について、全ての書類で改元の対応を行いました。このような作業を減らすためにも意味があるのではないかと思います。

ページの先頭へ