世良満久さんのページ | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


世良満久さんのマイページ

ウェブサイト
ウェブサイトは未記入です。
自己紹介文
自己紹介は未記入です。

投稿したアイデア 0

まだアイデアを投稿していません。

お気に入りアイデア 0

まだお気に入りがありません。

投稿したコメント 2

行政機関の利用ファイル形式をオープンドキュメント形式(ODF)にしてください

LibreOfficeは、学ぶための書籍、スキルを認定する試験機関、Webでの情報が残念ながら充分ではありません。
ODFは欧文文書には向いていると思われますが、日本の文書作成文化を無視して導入することになると、作成者と利用者に不便や混乱が起きることが予想されます。
日本でのオフィスソフトの使われ方として、Excel方眼紙、スペースで揃えたWord、過密な情報を詰め込んだPowerPointなど、情報の体裁が崩れてしまう作り方が多くみられます。
私は現状の日本でのオフィスソフトのスキルは、スキルのとても高い方がいても、ほとんどは初心者に近い方が多いと思います。

無料で公開しているから自力で学んで使ってくださいということであれば、移行や学習にかかるコストと、Microsoft-Officeのライセンスのコストとを比較してユーザーが選択するだけのことです。
皆さんがMicrosoftの独占状態を危惧してみえるのは理解できますが、Microsoftが多くのエンジニアを投入し日本語向けに改良を行い普及させてきた企業努力については一定の理解をするべきと思います。

by 世良満久さん - 2020/12/21 15:36 問題を報告

官庁の文書フォーマットをODFで統一

ある地方自治体のODFファイルをダウンロードして、WindowsPCでLibreOffice、MS-Office、GoogleでODFを開いて見ました。
残念なことにLibreOfficeでしかレイアウトを保持していませんでした。LibreOfficeでODFを作成して、LibreOfficeで編集保存しなければ体裁を保持できないのであれば使用するソフトが限定されてしまいます。
ODFの仕様に沿った文書作成をすればソフトによる変形は減ると思われますが、残念ながら日本の一般的なユーザーにはエクセル方眼紙やスペースで見た目を揃える文化が根強く残っています。
個人的にはオープンソース、オープンデータを応援したいと思っていますが、現状ではすべての官庁の文書フォーマットをODFに統一することは、まだ課題が多くあると思います。
今後のODFの発展を望みます。

by 世良満久さん - 2020/12/13 13:13 問題を報告

投票履歴 2

高評価コメント 1

他のユーザからの評価(★の数)の平均が4以上のコメントを表示しています。

評価の平均値
4.5
コメント日時
コメントしたアイデア

ある地方自治体のODFファイルをダウンロードして、WindowsPCでLibreOffice、MS-Office、GoogleでODFを開いて見ました。
残念なことにLibreOfficeでしかレイアウトを保持していませんでした。LibreOfficeでODFを作成して、LibreOfficeで編集保存しなければ体裁を保持できないのであれば使用するソフトが限定されてしまいます。
ODFの仕様に沿った文書作成をすればソフトによる変形は減ると思われますが、残念ながら日本の一般的なユーザーにはエクセル方眼紙やスペースで見た目を揃える文化が根強く残っています。
個人的にはオープンソース、オープンデータを応援したいと思っていますが、現状ではすべての官庁の文書フォーマットをODFに統一することは、まだ課題が多くあると思います。
今後のODFの発展を望みます。

ページの先頭へ