上州人さんのページ | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


上州人さんのマイページ

ウェブサイト
http://
自己紹介文
自己紹介は未記入です。

投稿したアイデア 2

「紙の台帳」思想を改める(2)

上州人さん

(続きです) 市区町村の住民基本台帳を正本データとして住基ネットに副本連携している現状では、データ不整合が発生します。特に平成27年度のマイナンバー付番の事業においては、住基ネット内での本人確認情報の論理矛盾が多数発覚し、これを市区町村間で解決するのに大変な苦労があ... » 詳しく

  • 8ポイント
  • 10
  • 0コメント

「紙の台帳」思想を改める(1)

上州人さん

「首長が台帳を調製し事務を執る」という現行法体系の上で動いている仕組みは「紙の台帳」が発想のベースです。電磁的記録の利用を可とする条文があっても台帳や事務の運用は地方自治体単位が基本です。全国的に均一な行政サービス基盤を整備するべく本質的に(=住民が実感できる)「デ... » 詳しく

  • 14ポイント
  • 18
  • 5コメント

お気に入りアイデア 0

まだお気に入りがありません。

投稿したコメント 2

「紙の台帳」思想を改める(1)

#003 コメントありがとうございます。ご指摘の通りだと思います。

一般的には生活の上で役所の窓口に行くよりも民間手続きの方が多いでしょうから、民間手続きのタイミングで便利さを体感できることが重要だと思います。

その民間手続きの便利を支える仕組みについて行政が担うといいと思います。

データ連携基盤にいかに可用性を持たせるかが、最大のポイントだと思います。

by 上州人さん - 2020/12/13 20:21 問題を報告

#001 その点が実は実施プロセスで一番の難局だと思います。何せ、マイナンバー制度導入にあたり、メディアによる漠然とした不安イメージの大衆煽動に対する説明がとても大変であって、そのタイミングでは情報提供ネットワークシステム(機関別符号)を念頭に「芋づる式に漏洩しない堅牢なデータの分散管理」とのうたい文句でやってきたものですから。
よって、制度として一定の信任を得たこの連携スキームには手を入れず、台帳=データの所掌自体を総務大臣に移行することでデータベースの正規化を狙ったアイデアであります。

by 上州人さん - 2020/11/29 08:12 問題を報告

投票履歴 4

高評価コメント 0

他のユーザからの評価(★の数)の平均が4以上のコメントを表示しています。

ページの先頭へ