TBさんのページ | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


TBさんのマイページ

ウェブサイト
http://
自己紹介文
自己紹介は未記入です。

投稿したアイデア 3

このアイディアボックスの省庁横断的展開を希望します

TBさん

他の省庁、政府機関の政策への意見公募には、e-Gov等にあるようなフォーム送信型から一歩踏み出し、本取組みと同様に双方向で対話型の仕組みを発展的に横展開頂ければと思いました。 また、意見公募だけでなく行政に関する困り事や行政相談も、民間の知恵袋サービスのように、対話的に投... » 詳しく

  • 7ポイント
  • 9
  • 16コメント

【ドローン物流】無人空輸網と管制システム整備の提案

TBさん

[概要] 公道・河川等の上空の空域30m~150mの間を複数階層に仮想的に分割し、 物流用ドローンによる無人空輸物流網として解放し公益組織にて管理する。 [組織と機能] 公益的な管理会社を設置し、国から許可された公道河川上の空域の運航を 民間物流会社等からの申請に基づきリアルタ... » 詳しく

  • 1ポイント
  • 1
  • 0コメント

[国土IoT] 電柱・信号機等の標準化・共通化・ネットワーク化の提案

TBさん

行政、公益企業などが個別独自に設置している電信柱・電柱・信号機などの柱状(地下)設置物とその付属物を標準化・モジュール化・共有化して、全て公共的な地域特別会社に移管し一元管理することで、日本国土全体の通信・電力・交通・気象情報をネットワーク化・集約化して国民生活の利... » 詳しく

  • 9ポイント
  • 9
  • 8コメント

お気に入りアイデア 0

まだお気に入りがありません。

投稿したコメント 15

[事務局]「マイナンバー制度及び国と地方のデジタル基盤の抜本的な改善に向けた検討課題」へのご意見をお願いします

行政と国民との情報連携が緊密かつ円滑になり、国民が得られる行政サービスの質も量もスピードも大幅に改善され、民間含めた情報利活用が活性化しているという社会。挙げられた5項目は、その実現に必要な課題を網羅しているように思いました。今後工程表を作成される中で具体的な施策を策定される際に、カード普及率、ポータルアクセス数、業務削減工数など、各年度における定量的な改善効果の達成基準が示されると、施策毎の見込みと実施結果との比較検証により、その後の投資を効率化できるのではと思いました。

by TBさん - 2020/11/28 21:14 問題を報告

[事務局]第3回データ戦略TFへのご意見をお願いします。

拝読させていただきました。「ベース・レジストリ・ロードマップ(案)」では重点的なベースレジストリ候補が来年3月までに指定されるなど、今年度、来年度に取り組まれる活動のスピード感に早期実現への期待が高まりました。国民目線では何ができるようになるのかといった事例もロードマップ上に目安としてあると利便性が実感できてありがたいです。また、「第一次とりまとめ(案)」では「番号登録機関の創設」にたいへん興味を持ちました。国内のリソースや活動をもれなくデジタル空間に再現するためには、その基礎としてあらゆるモノやコトに統一的で体系的で整合性の取れた信頼性のあるユニークなコードが附番・再附番される必要があると理解したのですが、ぜひ早期に整備頂ければと思います。

by TBさん - 2020/11/27 22:09 問題を報告

このアイディアボックスの省庁横断的展開を希望します

#015 コメントありがとうございます
この盛り上がりが広がるといいですね。

by TBさん - 2020/11/23 07:46 問題を報告

#013 人のアイディアに無断で追加修正して投稿するのは止めて下さい。

by TBさん - 2020/11/08 01:46 問題を報告

#011
1、繰り返しになりますが、内閣共通意見等登録システムのようなフォーム送信型ではフィードバックが無く参加意欲が湧かないが、アイディアボックスのような対話型であればフィードバックが得られ参加意欲が湧き多様な人の意見を集められ政府にメリットがある。という趣旨です。
2、分割して再投稿するつもりはありません。そのような厳密性を求められると気軽にアイディアを投稿出来なくなります。

by TBさん - 2020/11/08 00:21 問題を報告

#009 多様性というのは、アイディアの後半にも記載したとおり、様々な立場の方の意見の事です。
貴方が仮定している「切羽詰まった人しか投稿しない」という内閣共通意見等登録システムは、
切羽詰まった人しか投稿しないという偏りがあり多様性が確保出来ていない、という問題が存在する事になります。
私は投稿している人が切羽詰まった人かどうかは分かりませんが、
このアイディアボックスを横展開すると投稿者に様々な立場の人が増えるのではと考えました。
また、不便さに変化が無いか監視し続けるという事は目指していません。
多様な意見が政策に反映される事と国民の行政相談にタイムリーに適切な回答が与えられる事を意図したアイディアです。

緊急的な意見投稿システムとは何の事でしょうか。
問題全体が見えない問題というのはどのような意味ですか。

by TBさん - 2020/11/07 23:18 問題を報告

#007 行革110番の後継となった内閣共通意見等登録システムやeGovでのパブリックコメントの募集は、政府として広く国民の政策への意見を取入れたいという考えを元に設置されていますので、多くの方に意見を意欲的に継続して具申してもらえる事は政府の意図に沿うメリットだと思います。
アイディアや相談ごとなどで、本当に切羽詰まっている人以外にも幅広く意見を受付けることで、切羽詰まった特定の人だけの繰り返しの意見に偏らないこともメリットだと思います。ですので、オープンに対話する形式が必要だと思います。
このアイディアは国民が政府を育成するという意図はありません。国の政策に国民の多様な意見を反映させるという意図です。
また、政府の政策は政府の理念と合致する必要があると思いますが、もしこのアイディアが政策として実行される場合には、他者からインタラクティブにサポートが受けられるというメリットを相談者が享受出来るので、その事は政府理念に合致するので要件を満たす、という考えです。政府の理念に合致することがこのアイディアのメリットだという意味ではありません。

by TBさん - 2020/11/07 22:02 問題を報告

#005 このアイディアボックスのように意見を対話型でオープンにするメリットは、自分の意見に対して行政以外の様々な方からの反応を得られたり、同様なテーマで他の人の意見を参考に出来る事で、意見申請への参加意欲が高まる事だと思います。
ここに過去に投稿した@01887の意見を、全く同内容で同日に内閣共通意見等登録システムにも送った事がありますが、その後何も音沙汰が無いので参加している感覚が得られず、継続して意見しようという意欲が湧きませんでした。それに対して、こちらへの投稿にはすぐ返答をもらえました。
自分が気付かなかった知見を頂いたり、説明不足だった点を指摘頂いたりと勉強になります。
その後は、思いついたアイディアは、内閣共通意見等登録システムではなく、こちらのデジタルアイディアボックスだけに投稿する様になりました。
共助公助の話ですが、行政への悩み事への回答を行政以外の方の知見でも対話によりサポート出来るようでしたら共助になりますし、行政自体が対話によって回答支援出来るならば公助になるので、それらサポートいうメリットが政府の掲げる理念と合致するのではと考えた次第です。

by TBさん - 2020/11/07 20:24 問題を報告

#002 ご意見ありがとうございます。意見をオープンに議論したくない場合は、ご提示頂いた既存のフォーム送信型の仕組みが適していますね。

by TBさん - 2020/11/07 16:36 問題を報告

#001 ご賛同ありがとうございます。ユーザー視点で設計されるといいなと思います。

by TBさん - 2020/11/07 16:28 問題を報告

データ戦略へのご意見をお願いします!![事務局]

我が国における基礎データ利活用における現状の課題や、今後のあるべき姿と理念、実現への方向性が体系的に理解できました。
様々な規格が乱立する前に、海外にも先んじて標準化を主導されることと思います。
誰が主体となって、どのようなデータをどのような方法で整備し、国民がその利便性をいつから享受できるのか、
今後、より具体的なロードマップが明示されることを楽しみにしております。

by TBさん - 2020/10/31 08:34 問題を報告

[国土IoT] 電柱・信号機等の標準化・共通化・ネットワーク化の提案

#004 ご指摘ありがとうございます。利用者側の視点がありませんでしたね。例えば台風災害が起きた時、水位計測やカメラで冠水した道路を検知して交通信号制御で車が侵入できないようにしたり、電子案内板やスピーカーで遠隔で避難誘導したり、電柱が倒れてもすぐに位置を特定して早期に復旧対策が出来たり、送電線が切れて発電所から電気が来なくてもしばらくはバッテリー電源からの電源供給で街灯、交通信号やスマホ充電をしのいだり、といった利用が考えられると思います。

by TBさん - 2020/10/18 10:03 問題を報告

#003 ご意見ありがとうございます。たしかにご指摘のとおり標準化には必ずしも新会社を立ち上げて現行設備を移管する必要は無いですね。ハードルも高そうです。サービスを受ける側からすると、窓口や料金体系が一本化されてワンストップでサービスを受けられるメリットがあるのではと思いました。設備配置の最適化や設置、メンテナンスのコスト削減にもなるかと思いました。

by TBさん - 2020/10/18 09:57 問題を報告

#002 電源構成に再生可能エネルギーを含めた多様性を持たせるにはスマートグリッドが欠かせないと思います。

by TBさん - 2020/10/18 09:47 問題を報告

#001 ご意見ありがとうございます。確かにセキュリティは非常に重要ですね。

by TBさん - 2020/10/18 09:43 問題を報告

投票履歴 6

高評価コメント 5

他のユーザからの評価(★の数)の平均が4以上のコメントを表示しています。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

このアイディアボックスの省庁横断的展開を希望します

#013 人のアイディアに無断で追加修正して投稿するのは止めて下さい。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

このアイディアボックスの省庁横断的展開を希望します

#011
1、繰り返しになりますが、内閣共通意見等登録システムのようなフォーム送信型ではフィードバックが無く参加意欲が湧かないが、アイディアボックスのような対話型であればフィードバックが得られ参加意欲が湧き多様な人の意見を集められ政府にメリットがある。という趣旨です。
2、分割して再投稿するつもりはありません。そのような厳密性を求められると気軽にアイディアを投稿出来なくなります。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

このアイディアボックスの省庁横断的展開を希望します

#007 行革110番の後継となった内閣共通意見等登録システムやeGovでのパブリックコメントの募集は、政府として広く国民の政策への意見を取入れたいという考えを元に設置されていますので、多くの方に意見を意欲的に継続して具申してもらえる事は政府の意図に沿うメリットだと思います。
アイディアや相談ごとなどで、本当に切羽詰まっている人以外にも幅広く意見を受付けることで、切羽詰まった特定の人だけの繰り返しの意見に偏らないこともメリットだと思います。ですので、オープンに対話する形式が必要だと思います。
このアイディアは国民が政府を育成するという意図はありません。国の政策に国民の多様な意見を反映させるという意図です。
また、政府の政策は政府の理念と合致する必要があると思いますが、もしこのアイディアが政策として実行される場合には、他者からインタラクティブにサポートが受けられるというメリットを相談者が享受出来るので、その事は政府理念に合致するので要件を満たす、という考えです。政府の理念に合致することがこのアイディアのメリットだという意味ではありません。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

このアイディアボックスの省庁横断的展開を希望します

#005 このアイディアボックスのように意見を対話型でオープンにするメリットは、自分の意見に対して行政以外の様々な方からの反応を得られたり、同様なテーマで他の人の意見を参考に出来る事で、意見申請への参加意欲が高まる事だと思います。
ここに過去に投稿した@01887の意見を、全く同内容で同日に内閣共通意見等登録システムにも送った事がありますが、その後何も音沙汰が無いので参加している感覚が得られず、継続して意見しようという意欲が湧きませんでした。それに対して、こちらへの投稿にはすぐ返答をもらえました。
自分が気付かなかった知見を頂いたり、説明不足だった点を指摘頂いたりと勉強になります。
その後は、思いついたアイディアは、内閣共通意見等登録システムではなく、こちらのデジタルアイディアボックスだけに投稿する様になりました。
共助公助の話ですが、行政への悩み事への回答を行政以外の方の知見でも対話によりサポート出来るようでしたら共助になりますし、行政自体が対話によって回答支援出来るならば公助になるので、それらサポートいうメリットが政府の掲げる理念と合致するのではと考えた次第です。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

データ戦略へのご意見をお願いします!![事務局]

我が国における基礎データ利活用における現状の課題や、今後のあるべき姿と理念、実現への方向性が体系的に理解できました。
様々な規格が乱立する前に、海外にも先んじて標準化を主導されることと思います。
誰が主体となって、どのようなデータをどのような方法で整備し、国民がその利便性をいつから享受できるのか、
今後、より具体的なロードマップが明示されることを楽しみにしております。

ページの先頭へ