しろねこ行政書士事務所さんのページ | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


しろねこ行政書士事務所さんのマイページ

自己紹介文
補助金・助成金専門の行政書士です。

投稿したアイデア 20

理解しがたい…

しろねこ行政書士事務所さん

デジタル庁のG biz IDに対する投稿を読んで唖然としました。 https://note.digital.go.jp/n/na4ecf2c538f5 今までこちらのアイデアボックスにG biz IDの危険性について何度も投稿してきましたが全く無意味であったこと、言葉もありません。 ideabox:///idea/06578?%4006578 SMSの2段... » 詳しく

デジタル庁が未だに紙文化を引きずっている件について

しろねこ行政書士事務所さん

仮にも「デジタル」庁と名前がつく以上、先進的な取り組みわしていただきたいです。 新卒採用の官庁訪問のドキュメントをみて驚愕いたしました。このような身近なところから意識改革をしていただきたいです。失望の気持ちがより大きくなりました。 https://cio.go.jp/sites/default/fil... » 詳しく

デジタル庁の第二弾人材募集について

しろねこ行政書士事務所さん

第1弾の際は本サイトにもリンクして求人情報が掲載されていましたが、今回はされていないようです。 第1弾と第2弾の扱いの差はどこにあるのでしょうか。 おそらく担当者の人事異動等だと推測しますが… このサイトを有効活用しきれてないのではないでしょうか。 どんどん当初の目的か... » 詳しく

霞ヶ関のデジタル化

しろねこ行政書士事務所さん

法案の条文ミスの記事を目にしました。 まず何より霞ヶ関のデジタル化が急がれるのではないでしょうか? 字句、語句のミスはAI化である程度解決できるのではないかと思われます。省庁のAI OCRの導入実績、名寄せなどはどうなってるのでしょうか。 まさか全て手作業でやってるのでしょ... » 詳しく

問題を報告機能が全く機能していない

しろねこ行政書士事務所さん

リマインドメールすらこないのは、webサービスとしていかがなものでしょうか。 デジタル庁のレベルが心配になってきます。 対応については責任負いませんと規約にあってもリマインドメールぐらいは届いてしかるべきだと存じます。 https://ideabox.cio.go.jp/ja/rules/ » 詳しく

【急務】GbizID運用の抜本的改革を

しろねこ行政書士事務所さん

GbizIDについて今まで何度かアイデアや意見を投稿してきました。 ideabox:///idea/04670?%4004670 ideabox:///idea/04980?%4004980 ideabox:///idea/04984?%4004984 また問題点をまとめてくださっています。 ideabox:///idea/04894?%4004894 本人確認をどうするか、認証方法の妥... » 詳しく

本人が死亡した際の手続き及びマイナンバーカードの取扱いについて

しろねこ行政書士事務所さん

首題の件ですが、人が亡くなると膨大な事務処理が発生します。 これらをマイナンバーシステムで一元化できないでしょうか。 以下、相模原市の例です。 https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/faq/koseki/1000694.html ・死亡届 ・火葬許可 ・年金手続き 等々 また諸手続きに... » 詳しく

家賃支援給付金の不正受給について

しろねこ行政書士事務所さん

持続化給付金の不正受給が問題になっていますが、不思議と家賃支援給付金では不正受給、詐欺の摘発が少ないです。 残念ながら家賃支援給付金でも不正受給がありうると存じます。差し障りがありますので詳細は控えますが、持続化給付金が若者の不正受給が目立つのに対し、申請方法から家... » 詳しく

アナログで残すべきプロセスの精査を

しろねこ行政書士事務所さん

デジタル化社会が進んでもアナログで残すべき手続きは存在すると考えます。 その精査はすすんでいるのでしょうか? たとえば、マイナンバーカードの紛失・盗難。 https://www.soumu.go.jp/kojinbango_card/ こちらのサイトの下部に記載があるだけで非常にわかりにくいです。 「マ... » 詳しく

マイナンバーに「カナ」「アルファベット」表記を

しろねこ行政書士事務所さん

現在住民票には「カナ」表記がありません。戸籍も同じです。 住民票に「カナ」表記がないためマイナンバーカード、運転免許証にも「カナ」表記はありません。 個人を識別する上で「カナ」、「かな」は非常に有効であると思われます。 また、全国の銀行で使用されている「全銀データ」... » 詳しく

マイナポータル「代理」に拒否登録リスト機能をつけてほしい

しろねこ行政書士事務所さん

「代理」機能について、本人に不都合がおよぶ可能性がある場合にあらかじめ「拒否」登録機能をもたせてはいかがでしょうか。迷惑メール拒否リストのイメージです。 以下、「代理」権限をつけると不都合があると考えられる例です。 ・本人が離婚協議中の場合の配偶者 ・DV被害者の配偶... » 詳しく

裁判所のハードウェアを充実して欲しい

しろねこ行政書士事務所さん

民事裁判のIT化が予定されているが、まずその前に各地の裁判所のハードウェアを充実に予算を割いて欲しい。 電話審議という制度が存在するが、当方の知る限り、テレビ電話の台数がすくなく、地方の裁判所では文字通り 「電話」声のみの審議になってしまう。 https://www.courts.go.jp/... » 詳しく

【懸念】シェアリングエコノミーと社会保険制度

しろねこ行政書士事務所さん

社会のデジタル化とともに「業務委託」「フリーランス」という形態で働く人が増加するのではと考えています。 地方自治体の行政サービスそのものが民間業者に業務委託されることも十分に考えられます。 https://cio.go.jp/share-eco-center 「シェアリングエコノミー」の考え方自体に... » 詳しく

シェアリングエコノミー関連の法整備を急いでほしい

しろねこ行政書士事務所さん

総務省が推進する「シェアリングエコノミー活用推進事業」に関連する法整備を急いでいただきたいです。 https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/c-gyousei/sharing_economy.html#:~:text=%E6%B4%BB%E7%94%A8%E6%8E%A8%E9%80%B2%E4%BA%8B%E6%A5%AD-,%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82... » 詳しく

デジタル庁には就職氷河期世代を積極的に登用してほしい

しろねこ行政書士事務所さん

デジタル庁に求められる重要なものに、スピード感があげられると思います。 これを実現するために就職氷河期世代の方を積極的に登用してほしいです。 今までの政策には「就職氷河期世代=正社員経験がない、スキル、能力不足」という固定観念が透けて見えます。 就職氷河期枠の求人... » 詳しく

各省庁の情報窓口、ポータルサイトを一本化してほしい

しろねこ行政書士事務所さん

各省庁のサービスサイトを一本化していただきたい。 職業柄、補助金のサイトをよく利用します。 同じ経産省管轄でありながら、補助金関連で別のポータルサイトが存在します。 ■補助金ポータルサイトJグランツ(経産省)  https://jgrants.go.jp/ ■中小企業向け補助金・支援ポー... » 詳しく

【懸念】デジタル社会における行政空洞化

しろねこ行政書士事務所さん

まず大前提として行政電子化には賛成です。 その上で行政空洞化を懸念しています。 システムなど外注に頼る場面が多数予測されます。 もしかしたら運用も外注かもしれません。 また行政サービスそのものを、社団法人に委託してしまう事も考えられます。 これは補助金申請で実際に起... » 詳しく

士業向けアカウントの必要性について

しろねこ行政書士事務所さん

現在士業向けのアカウントというものはどこにも存在しません。 行政、司法分野でもIT化が進んでいきつつあります。 裁判の代理人などある一定の分野では、「士業」の資格を持ち登録していないと業として行えないものが数多く存在しますし、法律によって規制されています。 独占業務... » 詳しく

民事裁判のデジタル化と認証ID

しろねこ行政書士事務所さん

司法制度における認証IDについて 司法分野のデジタル化についての意見です。 民事裁判手続きのIT化が予定されていますが、基幹IDは何を使用するかという議論が全く進んでいないように感じます。 紙の資料をクラウド上でやり取りできるようにするという段階だと思いますが、さてど... » 詳しく

【懸念】マイナンバーとGビズIDのデジタル界での二重行政化

しろねこ行政書士事務所さん

・マイナンバー制度及び国と地方のデジタル基盤の抜本的な改善 について 経産省主導で進められている「GビズID」と「マイナンバー」の連携について全く世間で話題になっていないのを不安視しています。 「GビズID」は、「マイナンバー」制度に比べて一般の方に知名度はありません。 ... » 詳しく

お気に入りアイデア 1

【懸念】マイナンバーとGビズIDのデジタル界での二重行政化

しろねこ行政書士事務所さん

・マイナンバー制度及び国と地方のデジタル基盤の抜本的な改善 について 経産省主導で進められている「GビズID」と「マイナンバー」の連携について全く世間で話題になっていないのを不安視しています。 「GビズID」は、「マイナンバー」制度に比べて一般の方に知名度はありません。 ... » 詳しく

投稿したコメント 147

理解しがたい…

#009
マニュアル貼っておきます。
https://gbiz-id.go.jp/top/manual/pdf/QuickManual_Prime.pdf
認証押下するだけというのは、Gビズ IDプライムのほうです。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/07/11 23:47 問題を報告

#006
補助金を例に出しましたがG biz IDは幅広い分野での使用が予定されています。
またGbiz IDとマイナンバーとの連携が不明です。
G biz IDについて、問題がありそうだ?とするデジタル庁の昨年のレポートをみましたがその後対話がとだえたので不明です。
マイナポータルに委任、代理機能の拡張予定がありますが、「委任」と「代理」の切り分けが不明確です。
また誰でも代理できると明記するなど、成年後見制度への意識が欠けていると存じます。
成年後見制度の問題はデジタル庁も認識しているとお返事をいただきましたが、その後対話がとだえましたのでどうなっているかは不明です。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/07/11 21:24 問題を報告

続きです。
例えば無名戦士様が悪意を持った人物だったとします。補助金申請代行しますなどと謳い当方に連絡を取ります。当方はノウハウがないので ID、パスワードを連絡します。無名戦士様は自身のPCでログインします。
あらかじめ当方に認証だけしてくださいと伝えます。
ログインできたので、認証情報書き換えたりします。
架空口座に振込になるよう補助金申請します。

これは架空の話ですが、このようなことができてしまうかもしれません。
もっと簡単な方法があるかもしれません。
デジタル庁は果たしてこのような申請の不正を見抜くことが出来るでしょうか。

>事務局さま
このコメントが不適切であればどうぞ削除ください。
みていていただけていたらの話ですが。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/07/11 20:53 問題を報告

#001
コメントありがとうございます。
ハッキングするまでもありません。
ログインに必要なものは、 ID、パスワード、端末のみです。 ID、パスワードを入力しますと、端末アプリに認証するようにメッセージがきますので認証するだけです。もう一度書きます。暗証番号などの通知は来ません。認証するのみです。
悪用される恐れがあるので、投稿を差し控えていましたが、もうあえて書かせていただきます。
スマホがそもそも不正契約で入手された端末だったら?悪意を持った第3者が事業者を唆してログインさせたら?他にも色々思いつきます。
ペーパーカンパニーが複数 IDを持てば?互いに取引があるよう細工すればどうなるか?
なりすましも容易です。
持続化給付金であれだけ不正受給が発覚したのに、なぜ家賃支援給付金は検挙数が少ないのか?
サポートセンターなるものを請け負ってる事業者が全くその方面で実績がなさそうなのはなぜか?
つい先日アクセス過多でサーバーダウンしたばかりなのにGビズ IDを推進するような投稿をなぜデジタル庁はするのか?ただでさえ発行に3週間かかるのに体勢は整っているのか?
疑問だらけです。この事態が信じられません。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/07/11 20:33 問題を報告

デジタル改革Idea Boxの調達プロセス透明化

対話については残念としか言いようがないです。
マイナポータルの仕様についても、成年後見制度への配慮、委任、代理の理解、色々聞きたいことがあります。
特別定額給付金、持続化補助金、家賃支援給付金等の過程における混乱を2度と見たくはありません。
おそらくマイナポータル機能拡張時において混乱が生じることと存じます。「想定外」で済まされたくはありません。厚生省の消えた年金の事例もあります。最近ではひたすら経産省のGbiz IDを危惧しています。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/07/10 00:19 問題を報告

ファックス神話

これは行政のみならず司法にも言える事だと思います。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/07/10 00:05 問題を報告

科学技術省の創設(復活?)案

#002
残念ながらデジタル庁の方向については今のところ同じ印象を抱いています。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/07/10 00:01 問題を報告

「性能発注方式」の導入が「デジタル庁」を軌道に乗せる鍵ではないでしょうか

経済産業省がリリースする補助金申請システムを見るたびに、ため息をついていましたが、このような別の角度からの視点は大事だと考えます。
しかし性能発注方式が有効に働くにためには、省庁側担当者のITに関する知識のみならず、制度への深い理解、事務オペレーションを俯瞰する能力など高いレベルが求められるのではないでしょうか。
この点において現状悲観せざるを得ません。
アイデアボックスの運用についても同様です。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/07/09 23:53 問題を報告

デジタル庁が未だに紙文化を引きずっている件について

#003
まだ始まってもいないのだと思います。
始まる前に終わってしまった感すらあります。
(骨抜きにされてしまったと言うのが正しいかもしれません)
少なくともこのフォームに何の疑問も抱くことなく採用してしまうという辺りに問題の根深さがあるのではないでしょうか。 
日本のIT化の遅れの原因も推して知るべしです。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/07/06 06:05 問題を報告

#001
あいにくと、地検、裁判所は専門外なのですが、最高裁にIT化の予算がついてから一向に動きが無さそうなのが気にかかっています。まさかzoomなどを導入しただけで終わりだとは思いませんが。
https://www.courts.go.jp/about/topics/webmeeting_2020_1214/index.html

おそらく手続きにどのIDを使うのかすら固まっていないのではないでしょうか?
マイナンバーorGbiz ID
紙文化は根強いかと思います。FAXも多用していそうです。司法分野ではありますがデジタル化が必要だと感じます。
民事裁判手続きのIT化にはマイナンバーも関わってくるのではないでしょうか。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/07/05 21:23 問題を報告

デジタル庁の問題点と違和感、改善案

賛成ですが現実には逆の流れになっているようです。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/07/05 20:13 問題を報告

ものづくり補助金「電話のみ対応」驚きのルールをなんとかしたい

行政書士です。
運営が外部委託に丸投げなのでこういう事象が起こりうるのだと考えます。
・監督省庁
・応札委託先
・運営事務局
・システム開発ベンダー
・コールセンター
・入力支援会場
全てバラバラに動いています。
委託先も当方から見て首をかしげるようなところです。
どこに電話してもたらい回しです。
デジタル庁には全体を見る役割を期待していましたが、資料などをみると今のところ期待薄だと感じました。
なおJグランツはあれでもまだ使いやすくなりました。
JグランツシステムにはGビズIDの問題もあります。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/06/11 08:50 問題を報告

[事務局]第7回データ戦略TFへのご意見をお願いします

#081
そのような高度?な技を使わなくても外部委託丸投げの杜撰な運用で簡単にデータ抜かれそうです。
蟻の一穴とはよく言ったものです。
https://ichijishienkin.go.jp/news/20210512.html
https://www.google.co.jp/amp/s/japan.cnet.com/amp/article/35168122/

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/06/07 20:18 問題を報告

資料を拝見したかぎり、この仕組みを運用・保守するにあたり膨大な雇用創出が伴いそうですが、外部委託に丸投げで実際に動かすのは非正規雇用の方々というのはやめていただきたい。
また補助金の運用実績にあるように一般社団法人を通すのもやめていただきたい。ご承知の通り、一般社団法人には監督官庁がありません。運用に不適切なところがあっても官庁の監督・指導がききません。
雇用については当方の過去の投稿を参照いただくと幸いです。
@05469
@05534
今までなかったものを新たに作ろうとしているのわけなので、文字通り「国家百年の計」で臨むべきところを、あまりにも軽い印象を受けました。与党、大臣、内閣は入れ替わりがありえますが行政のデジタル改革は必然であるからにはそれに左右されない大綱が必要ではないでしょうか。長期的視点で捉える事が必要だと思います。
とりあえず大混乱した一時支援金の運用実態について参考までに貼っておきます。
https://www.meti.go.jp/covid-19/ichiji_shien/pdf/20210201_02.pdf
図にすら出てきませんが現場で実務にあたるのは非正規の方々です。
また司法分野との連携が出てこないのも気になります。民事裁判電子化はマイナンバーを使用するのではないでしょうか?法人はどうするのでしょう。三権分立をデジタル化でどのよう

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/06/07 06:46 問題を報告

#057
とりあえず「運用」軽視はやめていただきたい。
コロナ禍における今までの混乱を棚卸しすれば、「運用」の規模感、必要な人員、回線数、工数はある程度予測できるかと存じます。トラブルのデータ解析、AI解析、それこそ富岳にシミュレートさせるのもよいでしょう。
また資料のどこにも「GbizID」の巻取りはどうするのでしょうか。サーバーがダウンするほど新規申請があったはずですが。
この膨大なデータ量を扱う通信インフラはどのようにされる予定でしょうか?
当方が意見したことはすですでにデジタル庁の裏側で調整済みかもしれませんが、ご提示いただけるとありがたい。
また保守・運用において外部委託されることは必須だと存じますが、たとえば応札先が1社のみ、5次請け、6次請けなど責任の所在がわからなくならないよう規制いただきたい。
各省庁のサーバはどのように繋ぐのでしょうか。
コンソーシアムチェーンと思っていましたが違うのでしょうか。実行フェーズでご提示いただけることを期待しています。不服申し立ての主体が曖昧にならないかという点で、電子申請手続きにおける行政不服審査法についても懸念しています。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/06/06 16:43 問題を報告

#056
続きです。
一般社団法人データ社会推進協議会(DSA:Data Society Alliance)のHPを拝見しましたが、沿革すら載っていませんでした。https://data-society-alliance.org/about/history/
もしデジタル庁が、データ戦略と「運用」を別に考えている、あるいは「運用」はもっとあとの段階で検討などというお考えでしたら間違いなく今までと同じ轍を踏むとお見受けします。
いかに強固なセキュリティ、デジタル手続き法を整備したとしても運用・保守が全て外部委託でしたら、そこから漏洩事故等起こりうると存じます。
また、まさかとは思いますが、こちらの認定スキームに沿って?今回制定されたのが、一時支援金における「事前確認」制度でしょうか。https://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/dgov/data_strategy_tf/dai7/siryou1.pdf
だとしたら結果はあまりにもお粗末です。
外部委託先が別々にシステム開発したがゆえの混乱、コールセンターの回線数、さんさんたるものでした。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/06/06 16:25 問題を報告

資料を拝見いたしましたが、「運用」についてほぼ何も考えられていない印象をうけました。
当方は勝手にデジタル庁は「電子政府」実現に向けた取り組みあるいは足がかりとなるような大枠の仕組みを実践する庁だと考えておりましたがそうではなかったのかと少し残念にも感じました。
コロナ禍にでのIT分野での失敗の要因は「運用」にあると考えております。コールセンターの回線不足など素人でもわかりそうなことがなぜ回避できなかったのか、これらの資料を拝見してわかったような気がします。
まさかとは思いますが、運用はすべて民間委託、デジタル庁はワークフロー主導すらしないということでしょうか。
給付金、補助金、ワクチン予約すらスムーズにできなかった行政府がこの資料にあるようなシステムをスムーズに運用できるとは到底思えません。
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/dgov/data_strategy_tf/dai7/siryou8-1.pdfの資料にありました、一般社団法人データ社会推進協議会(DSA:Data Society Alliance)に丸投げでしょうか。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/06/06 16:14 問題を報告

手入力は減らす

#007
省庁、地方自治体の負担を軽減するためとして、これらは業務委託等に外注されるのではないでしょうか。
(既に外部委託になってますが)
セキュリティ、情報流出の懸念があると存じます。
一時支援給付金など補助金のシステムは一年前から進歩がありません。
GビズIDは相変わらずそのまま使い続ける方向のようでして、またサーバーダウンしたようです。1年前の状況と全く同じです。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/05/05 13:05 問題を報告

デジタル庁の前に霞ヶ関が大丈夫なのか!?

外部に業務委託することで、実質的に霞ヶ関解体を狙っているのではないかと思う今日この頃です。
願わくばまともに入札、業務遂行能力のあるところが落札すればいいですが、実際は出来レース、下請けに丸投げにつぐ丸投げ、結果として中途半端なシステムが出来上がり、現場の混乱に次ぐ混乱、過去の経験に全く学んでないのではと嘆きを通り越して呆れています。
当方の印象が的はずれである事を祈ります。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/04/25 22:55 問題を報告

デジタル社会の罪と罰

#003
富岳で一晩かけてシミュレート。
そろばんで一瞬。
みたいな感じかと。
間違えて真面目にコメントしてしまいました。
april関係なくfoolなので

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/04/01 09:14 問題を報告

とりあえずデジタル以前にアナログの見直しを。
アナログ、特に一般事務軽視の風潮をなんとかならないかと思う今日この頃です。
ワークフロー、事務オペレーションの精査なくしてデジタル化など絵に書いた餅ではないかと。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/04/01 01:14 問題を報告

マイナンバーカードの保険証使用が延期に

デジタル化がマイナンバー以前の問題という点に賛成します。
またシステムの運用に関しても補助金も概ね同じような状況で、明日から本格申請が始まると思われる一時支援金のサイトも家賃給付金等と同じで給付の遅れ、コールセンターに問い合わせが殺到するのではと危惧しています。
https://ichijishienkin.go.jp/aboutsite/index.html

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/03/31 22:09 問題を報告

霞ヶ関のデジタル化

#028
経験上ものすごくよくわかります。
事務オペレーション、ワークフローの改善で本来の開発などの仕事により集中できるのではないでしょうか。

・ファイル名の命名規則の徹底
・ワークフローシステムで文書がどこにあるか、決裁者の見える化
・ワードの「校閲」「比較」機能の活用
・「表記揺れ」「上書き禁止モード」の活用
・校閲者入れる
・読み合わせをリモートで可能に

などで同様のミスの再発防止に努める。
で早期に審議再開にならないでしょうか…

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/03/26 17:48 問題を報告

#027
>今までこんな事はなかったのに

現在が非常時だからというのも原因の一つではないでしょうか。
・コロナ禍
・テレワーク
・デジタル化、マイナンバー関連、ワクチンシステム等優先順位1位レベルものが同時進行かつ急務とされている

非常時において今までと同じ仕事の質をどう維持するか、というのも官民に共通する課題かと思います。

とりあえず、文書作成にワードを使用しているなら特にシステム開発しなくても「比較」機能である程度ミスはなくなるかと。
https://www.alta.co.jp/blog/post-873/

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/03/26 17:37 問題を報告

#017
>デジタルと人間の接点をマネジメントできるような役割の専門家が必要なのかなと思いました。

当方はこの方面で実務経験がありますが、紙で囲まれた大企業によくありがちな例なのでつい意見を投稿しています。
目に浮かぶようです。無償で手伝いに行きたいぐらいです。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/03/26 07:14 問題を報告

#016
最後は人の目でチェックをするべきと思いますが、専門の校閲者がいるとは思えないレベルです。
ミスはあってはいけないものですが、「若しくは」を「若ししくは」で閣議決定のやり直しを求めるのが適切なのか、当方には疑問でしかないです。
-----
今回判明したミスは誤字や文字の重複だ。「若しくは」とすべき条文を「若ししくは」と誤記していた。野党は理事会で法案の閣議決定のやり直しを求めた。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/03/26 07:10 問題を報告

#007
立憲によると、法案などの間違いは誤字や脱字などのケアレスミスが多いが、防衛省設置法等改正案の関連資料では「カナダ軍」とすべきところが「英国軍」となっていた。20本には、既に誤りが判明した政権肝煎りのデジタル改革関連法案なども含まれる。
 与党からも厳しい声が上がっている。自民党の下村博文政調会長は会見で、各府省庁の責任者を党本部に呼んで厳重注意したと明かした上で「政府は緊張感がない」と非難。公明党の山口那津男代表も「度重なるミスは断じて許されない。与党への報告も迅速ではない」と声を荒らげた。
 ただ、役所側にも事情があるようだ。内閣府職員は「コロナ対応のため職場の人数が少ない中で読み合わせをしなければいけなかった。リモートではやりにくい」と漏らす。立憲の蓮舫代表代行は会見で、働き方改革にも触れつつ「労働環境が相当過酷になっているのではないか」と指摘した。

ケアレスミスがほとんどのようです。
リモートでやりにくいとしているので、この問題を解決することがテレワーク化、デジタル化のよい実例になるのではないでしょうか。日本中の会社の縮図のようです。これは決して皮肉で申し上げておりません。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/03/26 07:06 問題を報告

#013
このような事で国会審議が中止するとかしないとか言ってるのがバカバカしいと思います。
比較的簡単に対処出来そうなので是非再発防止に努めていただきたいと思い意見を投稿しています。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/03/25 09:59 問題を報告

#008
批判や責任追求だけでなく…に同意見です。
責任追求ではなく原因とどのように再発防止するかを公開してモデルケースにしていただきたい。
またこれをきっかけに新たなシステムを導入する際は現場の人の意見を徹底的に聞いていただきたい。
現場の人とは、その現場の責任者ではなく、実際に法案データを保存したり、校閲したりしている末端の方々です。
システムはできたがより煩雑になったという話は聞き飽きています。
また過渡期には必ずなんらかのエラーが起きます。
デジタルではなくアナログの事務オペレーションの部分です。霞ヶ関ですらそうなのですから、都道府県市町村も推して知るべしです。
@05469
で投稿した意見もデジタル庁には参考にしていただきたいです。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/03/25 09:36 問題を報告

#007
激務である事、多省庁の資料、条文を使用しているとの報道から、ヒューマンエラーの可能性が高いのではと思います。
省庁間共通のワークフローシステムがあるのかどうかは不明ですが、法案の確認を今どこの省の誰がやっているか、決裁状況はどうなっているか等を可視化する事でミスは減ると思います。
e-govの法令データが正確なのが大前提ですが、こちらも法案のリアルタイム更新に大いに活用できるかと思います。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/03/25 09:26 問題を報告

投票履歴 113

ISMAPの認証について
理解しがたい…
ファックス神話
霞ヶ関のデジタル化
データのオープン化
マルチ商法
中高年層の再教育
GO TO イート
年配者デジタル指針
法律解釈の統一化
AIとデジタル化
フィッシング110番
gBizIDの問題点まとめ
秘密分散技術の利用
法律のデジタル化

高評価コメント 25

他のユーザからの評価(★の数)の平均が4以上のコメントを表示しています。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

対話については残念としか言いようがないです。
マイナポータルの仕様についても、成年後見制度への配慮、委任、代理の理解、色々聞きたいことがあります。
特別定額給付金、持続化補助金、家賃支援給付金等の過程における混乱を2度と見たくはありません。
おそらくマイナポータル機能拡張時において混乱が生じることと存じます。「想定外」で済まされたくはありません。厚生省の消えた年金の事例もあります。最近ではひたすら経産省のGbiz IDを危惧しています。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

経済産業省がリリースする補助金申請システムを見るたびに、ため息をついていましたが、このような別の角度からの視点は大事だと考えます。
しかし性能発注方式が有効に働くにためには、省庁側担当者のITに関する知識のみならず、制度への深い理解、事務オペレーションを俯瞰する能力など高いレベルが求められるのではないでしょうか。
この点において現状悲観せざるを得ません。
アイデアボックスの運用についても同様です。

評価の平均値
4
コメント日時
コメントしたアイデア

行政書士です。
運営が外部委託に丸投げなのでこういう事象が起こりうるのだと考えます。
・監督省庁
・応札委託先
・運営事務局
・システム開発ベンダー
・コールセンター
・入力支援会場
全てバラバラに動いています。
委託先も当方から見て首をかしげるようなところです。
どこに電話してもたらい回しです。
デジタル庁には全体を見る役割を期待していましたが、資料などをみると今のところ期待薄だと感じました。
なおJグランツはあれでもまだ使いやすくなりました。
JグランツシステムにはGビズIDの問題もあります。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

#006
Gbiz IDには色々と問題が大ありですが、補助金申請を電子化、進捗を可視化しようとするJグランツシステムの理念には賛同いたします。(インターフェース、検索機能等は改善すべき点が多数)
https://jgrants.go.jp/
IDの諸問題をクリアして、利用者に安全かつ利便性の高いシステムを実現していただきたいと存じます。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

#006
そもそも ID申請時の携帯電話番号が果たして代表者本人のものであるのかという問題があります。

@04894
でご指摘いただいております。

また ID、パスワードを第3者に渡す方は当然認証時にご自身の(真偽は不明ですが)SMSに届いた確認キーをその方に渡すであろうことは容易に想像がつきます。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

#036
ご教授ありがとうございます。
大変参考になりました。
このシステム予定図ではV-SISに結果を手入力しないといけないのですね。せっかくですのでマイナポータルとも連携させて厚労省施策のスピードアップなど一石三鳥ぐらいを狙っていただきたいです。
「ワクチン接種証明書」が発行されるかどうか不明ですが、海外渡航などで必要になる可能性はあるように思います。
マイナンバーカードの保険証利用では病歴などを任意で共有できる予定のようですので、それの応用でコンビニからワクチン接種証明書を発行できれば個人的に便利だと思います。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

厚生労働省がマイナンバーカード搭載の利用者証明用電子証明書(12桁のマイナンバーではない)を使用してマイナンバーカードを保険証として使用する施策を進めてます。令和3年3月からの予定。
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_08277.html#Q10
医療機関向けにも補助金等で設備投資を促しています。
https://www.iryohokenjyoho-portalsite.jp/
ワクチン接種システム?もこの流れにのるかと当方は思っていたのですが、「利用者用電子証明書」ではなく「12桁のマイナンバー」を使用してワクチン接種のシステム?をとの案が急浮上したので厚生省、総務省その他でややこしいことになっているのではないでしょうか。「利用者用電子証明書」は日常で普通に使われており、当方もコンビニで住民票等取得に便利に利用させていただいております。「利用者用電子証明書」は取扱いに法の壁はそれほどないと思われます。平井大臣のおっしゃる「マイナンバー」はマイナンバーカード搭載の「利用者用電子証明書」の意図だったのかもしれません。的外れな意見でしたらすみません。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

#001
コメントありがとうございます。
「カナ」には現在「正」となるデータがどこにも存在しません。
まさか全国民に「紙」で回答書を配って手書きで記入させるなどということはないとは思いますが、特別定額給付金の例もあるので注視しています。
国民が自分で自分の個人情報にアクセスできるのはおそらくマイナポータルのみと思われるのでそこから「カナ」を入力させるのも一つの案ではないかと思われます。文字にも注意が必要です。
例えば、「みさを」という名前の方の「カナ」を「ミサオ」「ミサヲ」どちらにすべきか?拗音をどうすべきかなどです。
「ヲ」「ッ」の入力を認めないならばそのように構築すべきです。
「カナ」が銀行口座名義と違うと別人と認識される可能性もあります。
またアルファベット表記にも問題点があると思われます。
パスポートは原則ヘボン式ですが、一般の方にヘボン式はあまりなじみがないのではと思われます。「M」と「N」、「F」と「H」の別などです。https://www.pref.fukuok...ntents/hebonhyouki.html
ヘボン式を適用させるなら、「カナ」を入力した時点でヘボン式でアルファベットが自動入力されるようにするなどの措置が必要だと考えます。その場合、ご自身の認識している氏名のアルファベットと公的表記の差異が生じる恐れがあります。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

#002
「自分で考える」「想像する」ことができてない方が多いのではないでしょうか。厚生労働省の「消えた年金」と全く同じことが今起きています。
厚生労働省の方は何もアドバイスしなかったのでしょうか。当時かかわった方は今回の事態は容易に想像できたはずです。しなかったか、しても取り上げられなかったか、どちらも大問題です。
デジタル化、縦割り行政以前の問題かと思います。
また消えた年金問題が2007年、みずほ銀行のシステム統合障害が2002年。現場で末端の業務にあたっていたのは就職氷河期世代の方ではないかと推測します。
仕様の変更に次ぐ変更。コールセンターのパンク。事務フローの変更。膨大な事務作業。マニュアル整備。入力作業。
非正規雇用の方が多かったのではないでしょうか。
省庁のトップはわからなくてもこれらの方は、これから何が起こるか容易に想像し得ると思います。
非正規雇用の40代の女性の自殺が増加しています。
女性活躍推進には賛成です。ただ登用の仕方に疑問です。
特殊なスキルがなくてもこの世代の方の「知恵」「経験」を正当に評価すべきではないでしょうか。
男性も同じです。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

■業務の現場へ行って業務実態を詳細に把握したか
まずこれができていないと思います。
または、想像力が欠如していると感じます。
特別定額給付金は、紙の申請書のフォーマット案を見た時点でダメだと思いました。
フリーフォーマットなので書き間違い、読めないなどのリスクが発生します。
これは専門知識がなくてもわかることだと思います。
またマイナンバー窓口が混乱すると思いました。
コールセンターに殺到するだろうと予想がつきました。
消えた年金問題の際の経験が活きていません。
当時、書類で郵送確認が行われました。
フリーフォーマットゆえに書き間違い、読めない問題が発生しました。
コールセンターの増設につぐ増設。
入力人員の増員につぐ増員。
https://ja.wikipedia.or...89%B9%E5%88%A5%E4%BE%BF
https://www.nenkin.go.j...o/2009/20130326-04.html
今と全く同じ状況です。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

デジタル化が進むと今までになかった産業、公務員?の需要が生まれてくると思います。
今足りていないと個人的に思うのが、サイバー犯罪に対する取り締まりです。
各都道府県警察にサイバー犯罪対策課もありますが、規模が小さかったと記憶しています。
今後、サイバー犯罪専門の警察官又はその補佐職の募集が増えるかも知れません。監視が主な仕事になると思うのでリモートワークは十分に可能だと考えます。
コロナはピンチでもありますが、新たな雇用創出のチャンスだとも思います。
障がい者、健常者の区別なくご活躍できる機会は必ず訪れると思います。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

基本的には賛成です。

補助金申請では既に電子申請しか受け付けられない補助金が存在します。
■IT導入補助金
https://www.it-hojo.jp/

しかし申請したい人すべてがネット環境のインフラが整っているとは限りません。
実際にどうしたらよいかという高齢の方から相談を受けました。
また申請にどのIDを使うかという問題や、代理申請をどう扱うか(認めるか)、代理権限の有無の確認など法律上の問題も発生すると考えます。

また補助金に限っての話ですが、特別定額10万円はマイナンバーで電子申請が可能でしたが、都道府県市町村など仕組みが整っておらず、電子申請されてきたものをモニターで目視確認など非常にアナログかつ効率が悪いと思われる方法で確認作業がなされていました。
そもそもすべての役所にモニターが十分な台数あったのか?という時点から疑問です。

将来的に電子申請移行すると思いますが、インフラ・法律・マニュアルの整備、チェックする体制フローの確率(AIorヒト)、ハードウェアの整備、コールセンターの設置など準備が整ってからでないと、惨憺たる有様になると思われます。

評価の平均値
4.5
コメント日時
コメントしたアイデア

賛成です。

5に関して
もうできていること
当方が知っている事についてはコメントしています。
(フィッシング110番など)

もうできているにも関わらず、アイデアの投稿があるということは、みんな知らない=広報が足りないのではないでしょうか?

せっかくの機会ですので、専用ページか何かで取り上げてはいかがでしょう。
方法はお任せします。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

全くの同意見です。
就職氷河期世代の方の対策としては、職業訓練など、「就職氷河期=能力・スキル不足」という固定観念が透けて見えます。
非正規の方が多く色々な現場を経験したからこその、知見がおありだと思います。
また即戦力として求められるため、フレキシブルな対応力に優れた方が多い印象です。
埋もれさすにはもったいなさすぎると感じます。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

行政書士です。
おそらく総務省も忘れているであろう、行政書士電子証明書をもっと生かせないかと考えています。
実はあまり生かせる枠組みがないのです。
将来的に電子申請に一本化されるかもしれない。
マイナンバーをどうしても使いたくないという個人の方の代理申請に活かしてほしいです。

また無資格者の行政書士法19条違反行為ですが、補助金申請分野で非常に多く見られます。
特にシェアリングエコノミー関連で沢山の出品が見られます。申入れましたが出品を精査するだけのリソース不足のようです。行政書士会にも報告をあげています。
またツイッターやYouTubeにも給付金関連投稿が散見されます。詐欺につながりかねないと危惧しています。
なんらかの早急な法整備が必要と感じています。


https://www.soumu.go.jp...nsho/pdf/061128_1_3.pdf
https://elaws.e-gov.go....t?lawid=412AC0000000102

評価の平均値
4
コメント日時
コメントしたアイデア

オープンソースという点に賛成します。
開発、運用、保守、監視、取締りを考えたときにどう考えてもリソース不足な気がします。
素人の意見ですが。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

#007
民事裁判のIT化が予定されてますが、法人が訴訟当事者となった場合、どのIDを使用するんだろうかと疑問に思ってます。
まさかとは思いますがGビズIDでしょうか。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

#005

お試しいただきありがとうございます。
こちらは因みに課長職ではなく、大臣官房室の直轄プロジェクトです。
一般の方々に全く知られていません。
開発会社にこれで完成なのか質問したいぐらいです。
随意契約だったらどうしようかと、勝手に悩んでいます。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

サイバー犯罪の相談窓口を拡充すべきという点で同意見です。

フィッシング110番ですが、既にあります。
https://www.npa.go.jp/cyber/

しかし広報が足りていないと思います。
サイバー犯罪が増える事も想定されます。
犯罪を取り締まる側のITスキルの底上げも必要だと感じます。
各都道府県に1つずつサイバー対策犯罪課があったと思います。しかし人数は少なかったように記憶しています。
愛知県警さんがこの分野で進んでいたかと思います。
間違っていたらごめんなさい。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

#003
法文のデジタル化については既に実現しています。
それを利用したリーガルテックという分野が今活性化しています。
どなたもこの電子データを無料で2次利用する事ができます。

https://elaws.e-gov.go.jp/

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

#004

デジタル化が推進されると、今までに考えられなかった犯罪が出てきます。
たとえば一連の補助金をめぐる詐欺。
あれは問題が表面化する前にすでにSNSやYouTubeでやり方教えます的な事が散々発信されてました。
ツイッターのDM機能や、YouTubeのリンクからひょっとして詐欺に踏みこんでしまった人がいたかもしれない。
そもそも両者ともに犯罪かも?という意識が全くなく善意かもしれない。

同じ事が家賃支援給付金でおこる事を危惧しています。
「自分はこのようにして給付金をもらえた」体験をSNSに投稿すること自体を規制する法律はありません。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

アプリもあるので是非使ってみてください。
https://gbiz-id.go.jp/top/app/app.html

ログインできるだけで、メニューが出てこないという惨憺たる有様です。
本気で4月から本格開始する気だろうかと半ば恐怖を感じています。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

システム開発ありきで法整備が全く追いついていないというのに同意見です。
非常に危惧しています。
法整備が現実に追いつかないのはいつもの事ですが、デジタル化についてはあまりにも流れが早すぎて、追いつかないどころか無視していると言ってもいいかと思います。
特に刑法です。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

#002
コメントありがとうございます。
今は主に補助金申請に使用されています。
本格運用は2021年4月からのようです。
今のセキュリティのまま、地方自治体の公共入札などに使用される可能性を考えると、事故の予感しかしません。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

コメントありがとうございます。
大企業の方はおそらくそうだと考えます。
そして各部署の担当者がIDとパスワードを共有して使用するというのが現実的ではないでしょうか。
セキュリティが非常に心配です。

ページの先頭へ