しろねこ行政書士事務所さんのページ | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


しろねこ行政書士事務所さんのマイページ

自己紹介文
補助金・助成金専門の行政書士です。

投稿したアイデア 17

霞ヶ関のデジタル化

しろねこ行政書士事務所さん

法案の条文ミスの記事を目にしました。 まず何より霞ヶ関のデジタル化が急がれるのではないでしょうか? 字句、語句のミスはAI化である程度解決できるのではないかと思われます。省庁のAI OCRの導入実績、名寄せなどはどうなってるのでしょうか。 まさか全て手作業でやってるのでしょ... » 詳しく

問題を報告機能が全く機能していない

しろねこ行政書士事務所さん

リマインドメールすらこないのは、webサービスとしていかがなものでしょうか。 デジタル庁のレベルが心配になってきます。 対応については責任負いませんと規約にあってもリマインドメールぐらいは届いてしかるべきだと存じます。 https://ideabox.cio.go.jp/ja/rules/ » 詳しく

【急務】GbizID運用の抜本的改革を

しろねこ行政書士事務所さん

GbizIDについて今まで何度かアイデアや意見を投稿してきました。 ideabox:///idea/04670?%4004670 ideabox:///idea/04980?%4004980 ideabox:///idea/04984?%4004984 また問題点をまとめてくださっています。 ideabox:///idea/04894?%4004894 本人確認をどうするか、認証方法の妥... » 詳しく

本人が死亡した際の手続き及びマイナンバーカードの取扱いについて

しろねこ行政書士事務所さん

首題の件ですが、人が亡くなると膨大な事務処理が発生します。 これらをマイナンバーシステムで一元化できないでしょうか。 以下、相模原市の例です。 https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/faq/koseki/1000694.html ・死亡届 ・火葬許可 ・年金手続き 等々 また諸手続きに... » 詳しく

家賃支援給付金の不正受給について

しろねこ行政書士事務所さん

持続化給付金の不正受給が問題になっていますが、不思議と家賃支援給付金では不正受給、詐欺の摘発が少ないです。 残念ながら家賃支援給付金でも不正受給がありうると存じます。差し障りがありますので詳細は控えますが、持続化給付金が若者の不正受給が目立つのに対し、申請方法から家... » 詳しく

アナログで残すべきプロセスの精査を

しろねこ行政書士事務所さん

デジタル化社会が進んでもアナログで残すべき手続きは存在すると考えます。 その精査はすすんでいるのでしょうか? たとえば、マイナンバーカードの紛失・盗難。 https://www.soumu.go.jp/kojinbango_card/ こちらのサイトの下部に記載があるだけで非常にわかりにくいです。 「マ... » 詳しく

マイナンバーに「カナ」「アルファベット」表記を

しろねこ行政書士事務所さん

現在住民票には「カナ」表記がありません。戸籍も同じです。 住民票に「カナ」表記がないためマイナンバーカード、運転免許証にも「カナ」表記はありません。 個人を識別する上で「カナ」、「かな」は非常に有効であると思われます。 また、全国の銀行で使用されている「全銀データ」... » 詳しく

マイナポータル「代理」に拒否登録リスト機能をつけてほしい

しろねこ行政書士事務所さん

「代理」機能について、本人に不都合がおよぶ可能性がある場合にあらかじめ「拒否」登録機能をもたせてはいかがでしょうか。迷惑メール拒否リストのイメージです。 以下、「代理」権限をつけると不都合があると考えられる例です。 ・本人が離婚協議中の場合の配偶者 ・DV被害者の配偶... » 詳しく

裁判所のハードウェアを充実して欲しい

しろねこ行政書士事務所さん

民事裁判のIT化が予定されているが、まずその前に各地の裁判所のハードウェアを充実に予算を割いて欲しい。 電話審議という制度が存在するが、当方の知る限り、テレビ電話の台数がすくなく、地方の裁判所では文字通り 「電話」声のみの審議になってしまう。 https://www.courts.go.jp/... » 詳しく

【懸念】シェアリングエコノミーと社会保険制度

しろねこ行政書士事務所さん

社会のデジタル化とともに「業務委託」「フリーランス」という形態で働く人が増加するのではと考えています。 地方自治体の行政サービスそのものが民間業者に業務委託されることも十分に考えられます。 https://cio.go.jp/share-eco-center 「シェアリングエコノミー」の考え方自体に... » 詳しく

シェアリングエコノミー関連の法整備を急いでほしい

しろねこ行政書士事務所さん

総務省が推進する「シェアリングエコノミー活用推進事業」に関連する法整備を急いでいただきたいです。 https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/c-gyousei/sharing_economy.html#:~:text=%E6%B4%BB%E7%94%A8%E6%8E%A8%E9%80%B2%E4%BA%8B%E6%A5%AD-,%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82... » 詳しく

デジタル庁には就職氷河期世代を積極的に登用してほしい

しろねこ行政書士事務所さん

デジタル庁に求められる重要なものに、スピード感があげられると思います。 これを実現するために就職氷河期世代の方を積極的に登用してほしいです。 今までの政策には「就職氷河期世代=正社員経験がない、スキル、能力不足」という固定観念が透けて見えます。 就職氷河期枠の求人... » 詳しく

各省庁の情報窓口、ポータルサイトを一本化してほしい

しろねこ行政書士事務所さん

各省庁のサービスサイトを一本化していただきたい。 職業柄、補助金のサイトをよく利用します。 同じ経産省管轄でありながら、補助金関連で別のポータルサイトが存在します。 ■補助金ポータルサイトJグランツ(経産省)  https://jgrants.go.jp/ ■中小企業向け補助金・支援ポー... » 詳しく

【懸念】デジタル社会における行政空洞化

しろねこ行政書士事務所さん

まず大前提として行政電子化には賛成です。 その上で行政空洞化を懸念しています。 システムなど外注に頼る場面が多数予測されます。 もしかしたら運用も外注かもしれません。 また行政サービスそのものを、社団法人に委託してしまう事も考えられます。 これは補助金申請で実際に起... » 詳しく

士業向けアカウントの必要性について

しろねこ行政書士事務所さん

現在士業向けのアカウントというものはどこにも存在しません。 行政、司法分野でもIT化が進んでいきつつあります。 裁判の代理人などある一定の分野では、「士業」の資格を持ち登録していないと業として行えないものが数多く存在しますし、法律によって規制されています。 独占業務... » 詳しく

民事裁判のデジタル化と認証ID

しろねこ行政書士事務所さん

司法制度における認証IDについて 司法分野のデジタル化についての意見です。 民事裁判手続きのIT化が予定されていますが、基幹IDは何を使用するかという議論が全く進んでいないように感じます。 紙の資料をクラウド上でやり取りできるようにするという段階だと思いますが、さてど... » 詳しく

【懸念】マイナンバーとGビズIDのデジタル界での二重行政化

しろねこ行政書士事務所さん

・マイナンバー制度及び国と地方のデジタル基盤の抜本的な改善 について 経産省主導で進められている「GビズID」と「マイナンバー」の連携について全く世間で話題になっていないのを不安視しています。 「GビズID」は、「マイナンバー」制度に比べて一般の方に知名度はありません。 ... » 詳しく

お気に入りアイデア 1

【懸念】マイナンバーとGビズIDのデジタル界での二重行政化

しろねこ行政書士事務所さん

・マイナンバー制度及び国と地方のデジタル基盤の抜本的な改善 について 経産省主導で進められている「GビズID」と「マイナンバー」の連携について全く世間で話題になっていないのを不安視しています。 「GビズID」は、「マイナンバー」制度に比べて一般の方に知名度はありません。 ... » 詳しく

投稿したコメント 128

デジタル社会の罪と罰

#003
富岳で一晩かけてシミュレート。
そろばんで一瞬。
みたいな感じかと。
間違えて真面目にコメントしてしまいました。
april関係なくfoolなので

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/04/01 09:14 問題を報告

とりあえずデジタル以前にアナログの見直しを。
アナログ、特に一般事務軽視の風潮をなんとかならないかと思う今日この頃です。
ワークフロー、事務オペレーションの精査なくしてデジタル化など絵に書いた餅ではないかと。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/04/01 01:14 問題を報告

マイナンバーカードの保険証使用が延期に

デジタル化がマイナンバー以前の問題という点に賛成します。
またシステムの運用に関しても補助金も概ね同じような状況で、明日から本格申請が始まると思われる一時支援金のサイトも家賃給付金等と同じで給付の遅れ、コールセンターに問い合わせが殺到するのではと危惧しています。
https://ichijishienkin.go.jp/aboutsite/index.html

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/03/31 22:09 問題を報告

霞ヶ関のデジタル化

#028
経験上ものすごくよくわかります。
事務オペレーション、ワークフローの改善で本来の開発などの仕事により集中できるのではないでしょうか。

・ファイル名の命名規則の徹底
・ワークフローシステムで文書がどこにあるか、決裁者の見える化
・ワードの「校閲」「比較」機能の活用
・「表記揺れ」「上書き禁止モード」の活用
・校閲者入れる
・読み合わせをリモートで可能に

などで同様のミスの再発防止に努める。
で早期に審議再開にならないでしょうか…

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/03/26 17:48 問題を報告

#027
>今までこんな事はなかったのに

現在が非常時だからというのも原因の一つではないでしょうか。
・コロナ禍
・テレワーク
・デジタル化、マイナンバー関連、ワクチンシステム等優先順位1位レベルものが同時進行かつ急務とされている

非常時において今までと同じ仕事の質をどう維持するか、というのも官民に共通する課題かと思います。

とりあえず、文書作成にワードを使用しているなら特にシステム開発しなくても「比較」機能である程度ミスはなくなるかと。
https://www.alta.co.jp/blog/post-873/

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/03/26 17:37 問題を報告

#017
>デジタルと人間の接点をマネジメントできるような役割の専門家が必要なのかなと思いました。

当方はこの方面で実務経験がありますが、紙で囲まれた大企業によくありがちな例なのでつい意見を投稿しています。
目に浮かぶようです。無償で手伝いに行きたいぐらいです。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/03/26 07:14 問題を報告

#016
最後は人の目でチェックをするべきと思いますが、専門の校閲者がいるとは思えないレベルです。
ミスはあってはいけないものですが、「若しくは」を「若ししくは」で閣議決定のやり直しを求めるのが適切なのか、当方には疑問でしかないです。
-----
今回判明したミスは誤字や文字の重複だ。「若しくは」とすべき条文を「若ししくは」と誤記していた。野党は理事会で法案の閣議決定のやり直しを求めた。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/03/26 07:10 問題を報告

#007
立憲によると、法案などの間違いは誤字や脱字などのケアレスミスが多いが、防衛省設置法等改正案の関連資料では「カナダ軍」とすべきところが「英国軍」となっていた。20本には、既に誤りが判明した政権肝煎りのデジタル改革関連法案なども含まれる。
 与党からも厳しい声が上がっている。自民党の下村博文政調会長は会見で、各府省庁の責任者を党本部に呼んで厳重注意したと明かした上で「政府は緊張感がない」と非難。公明党の山口那津男代表も「度重なるミスは断じて許されない。与党への報告も迅速ではない」と声を荒らげた。
 ただ、役所側にも事情があるようだ。内閣府職員は「コロナ対応のため職場の人数が少ない中で読み合わせをしなければいけなかった。リモートではやりにくい」と漏らす。立憲の蓮舫代表代行は会見で、働き方改革にも触れつつ「労働環境が相当過酷になっているのではないか」と指摘した。

ケアレスミスがほとんどのようです。
リモートでやりにくいとしているので、この問題を解決することがテレワーク化、デジタル化のよい実例になるのではないでしょうか。日本中の会社の縮図のようです。これは決して皮肉で申し上げておりません。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/03/26 07:06 問題を報告

#013
このような事で国会審議が中止するとかしないとか言ってるのがバカバカしいと思います。
比較的簡単に対処出来そうなので是非再発防止に努めていただきたいと思い意見を投稿しています。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/03/25 09:59 問題を報告

#008
批判や責任追求だけでなく…に同意見です。
責任追求ではなく原因とどのように再発防止するかを公開してモデルケースにしていただきたい。
またこれをきっかけに新たなシステムを導入する際は現場の人の意見を徹底的に聞いていただきたい。
現場の人とは、その現場の責任者ではなく、実際に法案データを保存したり、校閲したりしている末端の方々です。
システムはできたがより煩雑になったという話は聞き飽きています。
また過渡期には必ずなんらかのエラーが起きます。
デジタルではなくアナログの事務オペレーションの部分です。霞ヶ関ですらそうなのですから、都道府県市町村も推して知るべしです。
@05469
で投稿した意見もデジタル庁には参考にしていただきたいです。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/03/25 09:36 問題を報告

#007
激務である事、多省庁の資料、条文を使用しているとの報道から、ヒューマンエラーの可能性が高いのではと思います。
省庁間共通のワークフローシステムがあるのかどうかは不明ですが、法案の確認を今どこの省の誰がやっているか、決裁状況はどうなっているか等を可視化する事でミスは減ると思います。
e-govの法令データが正確なのが大前提ですが、こちらも法案のリアルタイム更新に大いに活用できるかと思います。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/03/25 09:26 問題を報告

#004
デジタル改革関連法案の添付資料に計45カ所のミスが判明している。

添付資料のミスからアナログなヒューマンエラーによるところが大きいように思います。
・添付資料はどのように管理しているのか?
・エクセルなどの一覧表かもしくはクラウド上のデータベースか?
・資料のアップデート、差し替えが法案の脚注にリアルタイムでリンク更新などされるようになっているか?

等々です。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/03/25 09:10 問題を報告

#002
誤りがあったのは要綱で9カ所、新旧対照条文で8カ所、参照条文で28カ所。「電気」を「電子」、「関係」を「関連」などと誤記したほか、漢数字とすべきところを洋数字と間違った。
デジタル改革関連法案も案文に誤りはなかったが、手作業での確認が基本となる要綱と新旧対照表、参照条文で誤りが見つかった。

デジタル化よりも、どちらかというとアナログのオペレーションの煩雑さ、ヒューマンエラーによるところが大きいと思われます。
各大臣は法案が法案として出来上がってくるプロセスをあまりご存知ないと推測します。デジタル庁が激務であることはわかります。このような問題をいかに解決するか、がデジタル化のよいモデルケースになるのではないでしょうか。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/03/25 09:04 問題を報告

既知の事とは存じますが何かの参考になれば幸いです。
▽条文の中で削除すべきでない箇所を削除する誤りが1か所
▽法案の参考資料でことばづかいなどの誤りが20か所見つかりました。
・オリジナルデータの保存フォルダは適正か
・各省庁の担当者がコメント機能を使用しているのではと考えるが、名前の管理など機能を完全に使えているか?
・校閲を重ねることに別名保存していると考えるが、わかりやすいファイル名になっているか?例)0.0_A法、1.0_A法、1.1_A法
・ファイル名のみで最新ファイルが判別できるか?
・ファイルの受け渡しは適正か?各省庁共有フォルダなどあるか?
・更新する都度、表記ゆれチェック、置換機能は使用しているか?

「法案や関連する参考資料などに間違いがあることは、国会に審議をお願いする立場として、あってはならないことだ。いま、各省庁が再度、法案や関連する資料について、チェックし、その報告を受けて精査しているところだ。」

脚注機能を等をフル活用できているか?

ヒューマンエラーをいかに防ぐかというのもデジタル化で受けられる恩恵の一つだと考えます。早急に対応お願いします。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/03/24 18:24 問題を報告

問題を報告機能が全く機能していない

#006
https://ideabox.cio.go.jp/ja/news/2021/0004/
ご返信ありがとうございます。
アイデアボックスの改善計画を公開しました!

に対し、コメントをつけられないようでした。
そちらにて質問させていただく予定でした。
リマインドメールだけではなく、明らかに利用規約違反、報告があったコメントに対しても順次ご対応お願いいたします。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/03/23 13:53 問題を報告

#004
アイデアボックスの改善計画を公開しました!
https://ideabox.cio.go.jp/ja/news/2021/0004/
を拝見させていただきましたが、「問題を報告」機能について記載がありませんでした。

また意見も書き込めないようです。
改善してくれないのでしょうか?

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/03/23 09:54 問題を報告

gBizIDの問題点まとめ

#015
もちろん通知など来ませんし、メールアドレスもSMS認証を行う携帯電話番号を自由に変更可能です。
「委任」機能もありますが、国家資格の縛りなどなく自由に第3者へ委任できてしまうので、下手をしたら法律違反の可能性もあります。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/03/08 21:40 問題を報告

#004
久々にアプリを使ってログインしてみました。
ワンタイムパスワードでも送ってくるのかと思いきや、認証リクエストがありました、でスマホに指紋認証でタッチするのみログインできました。
「---の新たなデバイスからログインがありました」等のメッセージもありません。
これで安全なIDと主張する行政の方の認識力を疑います。
事業者ではないのでもちろんIDはお持ちでないし、使用も検証もしたことがないのでしょう。。。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/03/08 07:59 問題を報告

政府メール窓口への通報件数・区分の可視可

賛成です。
昨年4月より、消費者庁、経産省、総務省、民間各サービス会社、本サイトに補助金・助成金めぐる諸問題、GbizIDの問題について実名で通報、警鐘を投稿してきましたが結果は皆様の知る通りです。
補助金をめぐる不正受給、詐欺のニュースにはもううんざりです。
残念ながらこれからも続出しそうです。
コールセンターも混乱してまた電話が不通、Gbizidはまたシステムダウンになりかねないと思っています。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/03/07 21:08 問題を報告

問題を報告機能が全く機能していない

#001
コメントありがとうございます。
事務局の対応は任意とありますが、明らかに利用規約違反の投稿に対し問題を報告してもフィードバックすらないので届いているのかすらわかりません。
問題を報告機能をログイン必須にするなど何かしらの対応を求めます。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/03/07 18:31 問題を報告

【急務】GbizID運用の抜本的改革を

#006
Gbiz IDには色々と問題が大ありですが、補助金申請を電子化、進捗を可視化しようとするJグランツシステムの理念には賛同いたします。(インターフェース、検索機能等は改善すべき点が多数)
https://jgrants.go.jp/
IDの諸問題をクリアして、利用者に安全かつ利便性の高いシステムを実現していただきたいと存じます。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/03/07 04:22 問題を報告

#006
そもそも ID申請時の携帯電話番号が果たして代表者本人のものであるのかという問題があります。

@04894
でご指摘いただいております。

また ID、パスワードを第3者に渡す方は当然認証時にご自身の(真偽は不明ですが)SMSに届いた確認キーをその方に渡すであろうことは容易に想像がつきます。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/03/06 21:43 問題を報告

国家資格証のデジタル化(クラウド共通基盤の実現)

国家資格のデジタル化に関連して、総務省の標準職業分類を見直す必要があるように存じます。
https://www.soumu.go.jp/toukei_toukatsu/index/seido/shokgyou/kou_h21.htm
https://www.soumu.go.jp/main_content/000394337.pdf
こちらが色々なシステムのマスターテーブルになると存じます。
現状に即し、見直すべきではないでしょうか。
当方は行政書士です。
とりあえず大分類に行政書士がどこにもないので入れてください。。。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/03/06 08:11 問題を報告

【急務】GbizID運用の抜本的改革を

#003
このidは事業者向けで一般の方はあまり馴染みがないかもしれません。
しかし厚生労働省の社会保険手続にも使用されています。
そのため会社規模が大きい=従業員数が多くなるほど何かあった際に、個人の従業員の方にも被害が及ぶと考えられます。
漏洩事故等です。
事業者以外のG biz IDを持たない人にも無関係ではないのが怖いところです。

司法でこの IDが悪用されうる想定を記載しておきます。
(※民事裁判でどのIDを使うかは未定です)
悪意の第3者が、勝手に代金支払いの訴えを起こす。また別の第3者が和解する。
後日、全く身に覚えがないのに裁判所から金銭支払いについての通知が届く。または差押えなどの通知が届く。
尚、 IDやパスワードを第3者に本人が任意で渡してしまっていた場合、自分は知らなかったの主張は困難を極めると容易に想定できます。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/03/06 07:38 問題を報告

#001
コメントありがとうございます。
マイナンバーの法人版のようなものを目指していると思われます。しかしながらid発行過程、認証、運用面でセキュリティがあまりにもお粗末です。正式に委任者に代理できる仕組みが有れば良いと思いますが現状その機能はありません。
事が補助金で収まればよいですが(よくないですが)他の申請、社会保険、地方行政にもこのidを使用する予定であるようです。
https://gbiz-id.go.jp/top/
補助金でgbizidを取得申請される方が急増していると考えられます。発行手続きは大変なのに、使用はザルのidです。このidとパスワードさえ手にしてしまえば、公共事業の入札、様々な還付手続き、本人の認識しないところで悪意の第3者に勝手に使用されてしまう恐れがあるのではないでしょうか。特に怖いのが司法手続きです。おそらくまだどのidを使うか決まってないと存じますが、本人の知らない間に勝手に訴訟を起こされたり、和解してしまったりなどあるかもしれません。あるいは公共事業の入札金額を書き換えられたりなどもあり得ます。
是非立ち止まって見直しすべきと存じます。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/03/05 23:44 問題を報告

国家資格証のデジタル化(クラウド共通基盤の実現)

#006
「代理」機能について以下のような仕様はいかがでしょうか。
「代理人」には主に以下が考えられると思います。
・法定代理人
・任意代理人
・成年後見人

「法定代理人」について
本人が未成年の場合には「親権者」を候補として表示。(児童虐待などの事案があるので自動反映の可否は慎重に検討していく)

「任意代理人」について
住民票のデータから3親等内等の親族等を候補者として表示する。
不動産売買等でトラブルになる場合があるので、代理人の登録人数制限の必要性を検討する。

「成年後見人」について
本人が「被成年被後見人」の場合は法務局の後見制度データから、「成年後見人」等を「代理人」に自動で反映、手動変更不可にする。

また民事裁判のIT化が予定されていますが、本人が訴訟を起こす場合、マイナポータルをHUBとするなら、弁護士などの「代理人」と自動的に連携すべきと考えます。
あるいは訴訟代理人他は「委任」にすべきかもしれません。
その場合、弁護士などの国家資格の有無かつその資格で活動する事が有効かの判断もマイナポータルで自動照合すべきと思います。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/02/23 08:47 問題を報告

マイナポータルをハブとしたデジタル・セーフティネット構築(民間情報と電子申請等の連携、税(所得情報)と社会保障の連携等)の検討

@06249
で意見しましたが、「かな」「カナ」「アルファベット」表記の問題に早期に取り組みを望みます。
その際、全銀データ、「アルファベット表記」のパスポート及び入国管理局とのデータとの連携を十分に考えられたシステムになることを期待しています。
アルファベット表記は「ヘボン式」を採用するなら「カナ」を入力した時点で自動的に「ヘボン式」に変換しないと難しいと存じます。
また「かな」「カナ」の表記について、全国民に紙で回答書を送付など非生産的な進め方をしないとは存じます。
ヒューマンエラーがおこりにくいやり方で進めていただけきたいです。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/02/22 12:24 問題を報告

マイナンバーを利用したワクチン接種の問題点まとめ

#036
ご教授ありがとうございます。
大変参考になりました。
このシステム予定図ではV-SISに結果を手入力しないといけないのですね。せっかくですのでマイナポータルとも連携させて厚労省施策のスピードアップなど一石三鳥ぐらいを狙っていただきたいです。
「ワクチン接種証明書」が発行されるかどうか不明ですが、海外渡航などで必要になる可能性はあるように思います。
マイナンバーカードの保険証利用では病歴などを任意で共有できる予定のようですので、それの応用でコンビニからワクチン接種証明書を発行できれば個人的に便利だと思います。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/02/09 18:07 問題を報告

厚生労働省がマイナンバーカード搭載の利用者証明用電子証明書(12桁のマイナンバーではない)を使用してマイナンバーカードを保険証として使用する施策を進めてます。令和3年3月からの予定。
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_08277.html#Q10
医療機関向けにも補助金等で設備投資を促しています。
https://www.iryohokenjyoho-portalsite.jp/
ワクチン接種システム?もこの流れにのるかと当方は思っていたのですが、「利用者用電子証明書」ではなく「12桁のマイナンバー」を使用してワクチン接種のシステム?をとの案が急浮上したので厚生省、総務省その他でややこしいことになっているのではないでしょうか。「利用者用電子証明書」は日常で普通に使われており、当方もコンビニで住民票等取得に便利に利用させていただいております。「利用者用電子証明書」は取扱いに法の壁はそれほどないと思われます。平井大臣のおっしゃる「マイナンバー」はマイナンバーカード搭載の「利用者用電子証明書」の意図だったのかもしれません。的外れな意見でしたらすみません。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/02/09 17:09 問題を報告

地方自治体の業務システムの統一・標準化

この17業務に「防災」を加えていただきたいです。
南海トラフ地震の発生が数年前から指摘されており、マイナンバー制度はこのような大規模災害の局面に有効であると考えます。また逆に言うと役立つような仕組みにしていただきたいです。
保険証としての利用が予定されてますが、例えば病歴で配慮が必要な方の避難計画、避難所において配慮が必要な方の人数把握、避難所ごとの必要な物資、物流計画、あるいはそのシミュレーションに役立つのではないでしょうか。

by しろねこ行政書士事務所さん - 2021/02/07 07:38 問題を報告

投票履歴 101

霞ヶ関のデジタル化
データのオープン化
マルチ商法
中高年層の再教育
GO TO イート
年配者デジタル指針
法律解釈の統一化
AIとデジタル化
フィッシング110番
gBizIDの問題点まとめ
秘密分散技術の利用
法律のデジタル化

高評価コメント 22

他のユーザからの評価(★の数)の平均が4以上のコメントを表示しています。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

【急務】GbizID運用の抜本的改革を

#006
Gbiz IDには色々と問題が大ありですが、補助金申請を電子化、進捗を可視化しようとするJグランツシステムの理念には賛同いたします。(インターフェース、検索機能等は改善すべき点が多数)
https://jgrants.go.jp/
IDの諸問題をクリアして、利用者に安全かつ利便性の高いシステムを実現していただきたいと存じます。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

【急務】GbizID運用の抜本的改革を

#006
そもそも ID申請時の携帯電話番号が果たして代表者本人のものであるのかという問題があります。

@04894
でご指摘いただいております。

また ID、パスワードを第3者に渡す方は当然認証時にご自身の(真偽は不明ですが)SMSに届いた確認キーをその方に渡すであろうことは容易に想像がつきます。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

マイナンバーを利用したワクチン接種の問題点まとめ

#036
ご教授ありがとうございます。
大変参考になりました。
このシステム予定図ではV-SISに結果を手入力しないといけないのですね。せっかくですのでマイナポータルとも連携させて厚労省施策のスピードアップなど一石三鳥ぐらいを狙っていただきたいです。
「ワクチン接種証明書」が発行されるかどうか不明ですが、海外渡航などで必要になる可能性はあるように思います。
マイナンバーカードの保険証利用では病歴などを任意で共有できる予定のようですので、それの応用でコンビニからワクチン接種証明書を発行できれば個人的に便利だと思います。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

マイナンバーを利用したワクチン接種の問題点まとめ

厚生労働省がマイナンバーカード搭載の利用者証明用電子証明書(12桁のマイナンバーではない)を使用してマイナンバーカードを保険証として使用する施策を進めてます。令和3年3月からの予定。
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_08277.html#Q10
医療機関向けにも補助金等で設備投資を促しています。
https://www.iryohokenjyoho-portalsite.jp/
ワクチン接種システム?もこの流れにのるかと当方は思っていたのですが、「利用者用電子証明書」ではなく「12桁のマイナンバー」を使用してワクチン接種のシステム?をとの案が急浮上したので厚生省、総務省その他でややこしいことになっているのではないでしょうか。「利用者用電子証明書」は日常で普通に使われており、当方もコンビニで住民票等取得に便利に利用させていただいております。「利用者用電子証明書」は取扱いに法の壁はそれほどないと思われます。平井大臣のおっしゃる「マイナンバー」はマイナンバーカード搭載の「利用者用電子証明書」の意図だったのかもしれません。的外れな意見でしたらすみません。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

マイナンバーに「カナ」「アルファベット」表記を

#001
コメントありがとうございます。
「カナ」には現在「正」となるデータがどこにも存在しません。
まさか全国民に「紙」で回答書を配って手書きで記入させるなどということはないとは思いますが、特別定額給付金の例もあるので注視しています。
国民が自分で自分の個人情報にアクセスできるのはおそらくマイナポータルのみと思われるのでそこから「カナ」を入力させるのも一つの案ではないかと思われます。文字にも注意が必要です。
例えば、「みさを」という名前の方の「カナ」を「ミサオ」「ミサヲ」どちらにすべきか?拗音をどうすべきかなどです。
「ヲ」「ッ」の入力を認めないならばそのように構築すべきです。
「カナ」が銀行口座名義と違うと別人と認識される可能性もあります。
またアルファベット表記にも問題点があると思われます。
パスポートは原則ヘボン式ですが、一般の方にヘボン式はあまりなじみがないのではと思われます。「M」と「N」、「F」と「H」の別などです。https://www.pref.fukuok...ntents/hebonhyouki.html
ヘボン式を適用させるなら、「カナ」を入力した時点でヘボン式でアルファベットが自動入力されるようにするなどの措置が必要だと考えます。その場合、ご自身の認識している氏名のアルファベットと公的表記の差異が生じる恐れがあります。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

税・社会保障OSSについて

#002
「自分で考える」「想像する」ことができてない方が多いのではないでしょうか。厚生労働省の「消えた年金」と全く同じことが今起きています。
厚生労働省の方は何もアドバイスしなかったのでしょうか。当時かかわった方は今回の事態は容易に想像できたはずです。しなかったか、しても取り上げられなかったか、どちらも大問題です。
デジタル化、縦割り行政以前の問題かと思います。
また消えた年金問題が2007年、みずほ銀行のシステム統合障害が2002年。現場で末端の業務にあたっていたのは就職氷河期世代の方ではないかと推測します。
仕様の変更に次ぐ変更。コールセンターのパンク。事務フローの変更。膨大な事務作業。マニュアル整備。入力作業。
非正規雇用の方が多かったのではないでしょうか。
省庁のトップはわからなくてもこれらの方は、これから何が起こるか容易に想像し得ると思います。
非正規雇用の40代の女性の自殺が増加しています。
女性活躍推進には賛成です。ただ登用の仕方に疑問です。
特殊なスキルがなくてもこの世代の方の「知恵」「経験」を正当に評価すべきではないでしょうか。
男性も同じです。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

税・社会保障OSSについて

■業務の現場へ行って業務実態を詳細に把握したか
まずこれができていないと思います。
または、想像力が欠如していると感じます。
特別定額給付金は、紙の申請書のフォーマット案を見た時点でダメだと思いました。
フリーフォーマットなので書き間違い、読めないなどのリスクが発生します。
これは専門知識がなくてもわかることだと思います。
またマイナンバー窓口が混乱すると思いました。
コールセンターに殺到するだろうと予想がつきました。
消えた年金問題の際の経験が活きていません。
当時、書類で郵送確認が行われました。
フリーフォーマットゆえに書き間違い、読めない問題が発生しました。
コールセンターの増設につぐ増設。
入力人員の増員につぐ増員。
https://ja.wikipedia.or...89%B9%E5%88%A5%E4%BE%BF
https://www.nenkin.go.j...o/2009/20130326-04.html
今と全く同じ状況です。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

障がい者のテレワーク雇用拡大を増やして欲しい。補助金に頼らない。

デジタル化が進むと今までになかった産業、公務員?の需要が生まれてくると思います。
今足りていないと個人的に思うのが、サイバー犯罪に対する取り締まりです。
各都道府県警察にサイバー犯罪対策課もありますが、規模が小さかったと記憶しています。
今後、サイバー犯罪専門の警察官又はその補佐職の募集が増えるかも知れません。監視が主な仕事になると思うのでリモートワークは十分に可能だと考えます。
コロナはピンチでもありますが、新たな雇用創出のチャンスだとも思います。
障がい者、健常者の区別なくご活躍できる機会は必ず訪れると思います。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

紙書類による申請の禁止

基本的には賛成です。

補助金申請では既に電子申請しか受け付けられない補助金が存在します。
■IT導入補助金
https://www.it-hojo.jp/

しかし申請したい人すべてがネット環境のインフラが整っているとは限りません。
実際にどうしたらよいかという高齢の方から相談を受けました。
また申請にどのIDを使うかという問題や、代理申請をどう扱うか(認めるか)、代理権限の有無の確認など法律上の問題も発生すると考えます。

また補助金に限っての話ですが、特別定額10万円はマイナンバーで電子申請が可能でしたが、都道府県市町村など仕組みが整っておらず、電子申請されてきたものをモニターで目視確認など非常にアナログかつ効率が悪いと思われる方法で確認作業がなされていました。
そもそもすべての役所にモニターが十分な台数あったのか?という時点から疑問です。

将来的に電子申請移行すると思いますが、インフラ・法律・マニュアルの整備、チェックする体制フローの確率(AIorヒト)、ハードウェアの整備、コールセンターの設置など準備が整ってからでないと、惨憺たる有様になると思われます。

評価の平均値
4.5
コメント日時
コメントしたアイデア

本ページに関する意見(もっとモダンにして、もっとユーザ数を増やしてほしい)

賛成です。

5に関して
もうできていること
当方が知っている事についてはコメントしています。
(フィッシング110番など)

もうできているにも関わらず、アイデアの投稿があるということは、みんな知らない=広報が足りないのではないでしょうか?

せっかくの機会ですので、専用ページか何かで取り上げてはいかがでしょう。
方法はお任せします。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

公務員採用試験も組織も時代遅れでは?時代にそったものに見直してほしい

全くの同意見です。
就職氷河期世代の方の対策としては、職業訓練など、「就職氷河期=能力・スキル不足」という固定観念が透けて見えます。
非正規の方が多く色々な現場を経験したからこその、知見がおありだと思います。
また即戦力として求められるため、フレキシブルな対応力に優れた方が多い印象です。
埋もれさすにはもったいなさすぎると感じます。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

国に対する行政手続のオンラインによる代理人について

行政書士です。
おそらく総務省も忘れているであろう、行政書士電子証明書をもっと生かせないかと考えています。
実はあまり生かせる枠組みがないのです。
将来的に電子申請に一本化されるかもしれない。
マイナンバーをどうしても使いたくないという個人の方の代理申請に活かしてほしいです。

また無資格者の行政書士法19条違反行為ですが、補助金申請分野で非常に多く見られます。
特にシェアリングエコノミー関連で沢山の出品が見られます。申入れましたが出品を精査するだけのリソース不足のようです。行政書士会にも報告をあげています。
またツイッターやYouTubeにも給付金関連投稿が散見されます。詐欺につながりかねないと危惧しています。
なんらかの早急な法整備が必要と感じています。


https://www.soumu.go.jp...nsho/pdf/061128_1_3.pdf
https://elaws.e-gov.go....t?lawid=412AC0000000102

評価の平均値
4
コメント日時
コメントしたアイデア

マイナンバーカードの公的個人認証や商業登記電子証明書等に対応した国主導のPDF文書電子署名ツール開発

オープンソースという点に賛成します。
開発、運用、保守、監視、取締りを考えたときにどう考えてもリソース不足な気がします。
素人の意見ですが。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

gBizIDの問題点まとめ

#007
民事裁判のIT化が予定されてますが、法人が訴訟当事者となった場合、どのIDを使用するんだろうかと疑問に思ってます。
まさかとは思いますがGビズIDでしょうか。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

gBizIDの問題点まとめ

#005

お試しいただきありがとうございます。
こちらは因みに課長職ではなく、大臣官房室の直轄プロジェクトです。
一般の方々に全く知られていません。
開発会社にこれで完成なのか質問したいぐらいです。
随意契約だったらどうしようかと、勝手に悩んでいます。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

フィッシング110番

サイバー犯罪の相談窓口を拡充すべきという点で同意見です。

フィッシング110番ですが、既にあります。
https://www.npa.go.jp/cyber/

しかし広報が足りていないと思います。
サイバー犯罪が増える事も想定されます。
犯罪を取り締まる側のITスキルの底上げも必要だと感じます。
各都道府県に1つずつサイバー対策犯罪課があったと思います。しかし人数は少なかったように記憶しています。
愛知県警さんがこの分野で進んでいたかと思います。
間違っていたらごめんなさい。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

法律のデジタル化

#003
法文のデジタル化については既に実現しています。
それを利用したリーガルテックという分野が今活性化しています。
どなたもこの電子データを無料で2次利用する事ができます。

https://elaws.e-gov.go.jp/

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

法律のデジタル化

#004

デジタル化が推進されると、今までに考えられなかった犯罪が出てきます。
たとえば一連の補助金をめぐる詐欺。
あれは問題が表面化する前にすでにSNSやYouTubeでやり方教えます的な事が散々発信されてました。
ツイッターのDM機能や、YouTubeのリンクからひょっとして詐欺に踏みこんでしまった人がいたかもしれない。
そもそも両者ともに犯罪かも?という意識が全くなく善意かもしれない。

同じ事が家賃支援給付金でおこる事を危惧しています。
「自分はこのようにして給付金をもらえた」体験をSNSに投稿すること自体を規制する法律はありません。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

gBizIDの問題点まとめ

アプリもあるので是非使ってみてください。
https://gbiz-id.go.jp/top/app/app.html

ログインできるだけで、メニューが出てこないという惨憺たる有様です。
本気で4月から本格開始する気だろうかと半ば恐怖を感じています。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

法律のデジタル化

システム開発ありきで法整備が全く追いついていないというのに同意見です。
非常に危惧しています。
法整備が現実に追いつかないのはいつもの事ですが、デジタル化についてはあまりにも流れが早すぎて、追いつかないどころか無視していると言ってもいいかと思います。
特に刑法です。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

【懸念】マイナンバーとGビズIDのデジタル界での二重行政化

#002
コメントありがとうございます。
今は主に補助金申請に使用されています。
本格運用は2021年4月からのようです。
今のセキュリティのまま、地方自治体の公共入札などに使用される可能性を考えると、事故の予感しかしません。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

【懸念】マイナンバーとGビズIDのデジタル界での二重行政化

コメントありがとうございます。
大企業の方はおそらくそうだと考えます。
そして各部署の担当者がIDとパスワードを共有して使用するというのが現実的ではないでしょうか。
セキュリティが非常に心配です。

ページの先頭へ