杉並区民2050さんのページ | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


杉並区民2050さんのマイページ

ウェブサイト
http://
自己紹介文
一般サラリーマンです。今後人類がどういう道を歩むか、どのように進化するか、どのように滅ぶか、科学的根拠を交えた未来への予想と妄想を好みます。

投稿したアイデア 2

麻生氏発言を受けて、国会議員の総資産、貯金額の公開義務化

杉並区民2050さん

麻生太郎副総理兼財務相は24日、新型コロナウイルス対策の一環として国民1人あたり10万円を配った特別定額給付金について、「その分だけ(個人の)貯金が増えた」と述べ、消費を喚起する効果は限定的だったとの見方を示した。 朝日新聞より抜粋 麻生氏は一般人が将来のために貯金す... » 詳しく

  • 1ポイント
  • 6
  • 6コメント

この世に蔓延るFAXを全てぶっ壊す

杉並区民2050さん

紙は全部燃やす。 製紙工場、印刷工場は全部ぶっ潰す。 文房具店も印鑑店も全部潰す。 なんて強権的なことをやっても良くありませんので、今までお世話になったこれらの業界に敬意を払いつつ徐々に撤退していただくように仕向けるのが良いと思われます。 時代にそぐわない物に対し... » 詳しく

  • 3ポイント
  • 9
  • 2コメント

お気に入りアイデア 0

まだお気に入りがありません。

投稿したコメント 12

アマゾン商法を禁止する。

#003
もちろん、大した問題ではないと思います。
規制され始めたとはいえ中華業者もおりますし、大抵のユーザーは「指定した業者じゃないけどアマゾン直販ならいっか」程度でしかないでしょう。
問題はもっと根が深いところにあります。
アマゾンに対抗する通販会社が存在しないことです。
mimazokuさんはおそらくアマゾン出品者なのでしょう。
アマゾンにかすめ取られるのが嫌ならアマゾンなんかに出品しなければいいんです。
WEBを勉強して自分で自分の都合の良い通販サイトを立ち上げればいいんです。
しかしながらアマゾンを利用するのが手っ取り早いから、他人の褌で相撲を取りながら文句を垂れているのです。
問題はアマゾンに顧客をかすめ取られることではなく、日本の理系、情報科学の教育の遅れ、リーダーシップや起業精神の皆無が根幹にあるのかもしれません。
アマゾンを出し抜くならデジタル庁に頼らず自分のチカラでやるべきですね。

by 杉並区民2050さん - 2020/10/25 15:50 問題を報告

誰一人取り残さないデジタル化=国民全員にタブレット配布

政府と癒着や談合せずに入札できる信頼できる日本メーカーがあれば良いアイディアだと思います。
日本政府の場合、信じられない低スペックのタブレットを高値で入札するとかやりそうで何とも言えませんね。
あとは初心者や子供だと落として壊すことが多いので、落としても壊れない紙くらい薄いタブレットがあれば良いと思います。
配布しておいも修理費にコストがかかってしまうなら10万円給付のほうがマシでしょう。

by 杉並区民2050さん - 2020/10/25 15:35 問題を報告

.

by 杉並区民2050さん - 2020/10/25 15:34 問題を報告

FAXは正義

貴方はまずPDFとかjpg等の概念のお勉強が必要ですね。
デジタル化まであと一歩ですよ!
頑張って!

by 杉並区民2050さん - 2020/10/25 15:11 問題を報告

デジタル庁は改革意欲があれば誰でも採用

>IT経験、独創性の高い人、問題解決能力のある人

これを最も早く効率的に見分けるのが学歴というものなのです。
普通の人が嫌がるお勉強をこなし、自分の脳みそにぶち込むことができる初歩的な能力を持ち合わせている人の通行手形です。
そんな初歩的なことができない人はさっさとふるいにかけたほうが良いでしょう。
皆が皆総理大臣というわけではないのですから。

by 杉並区民2050さん - 2020/10/25 15:02 問題を報告

アマゾン商法を禁止する。

2020年10月20日、米司法省がグーグルを独占禁止法で提訴しました。
グーグルが検索機能において、自社に都合の良い情報や流通経路を優遇しているとのことです。
対してグーグルは「独占ではなく、グーグルに代わるサービスが他社に存在しないだけで、顧客、ユーザーの意思によって選ばれた結果」と主張しています。
巨大企業が独占しているから競合他社が存在しないのか、競合他社が存在しないから巨大企業に成長したのか。
大規模な司法のメスが介入しない限り真実はわかりません。
アマゾンにおいても同じです。
競合する楽天がありますが、私は楽天を信頼していません。
2019年に楽天元社員が、上司と会社を相手に提訴しました。
後遺症が残るほどのパワハラを受けたことに対し、2億円の賠償を提訴したのです。
社内の暴力事件を内々に処理する企業は信頼できません。
一方のアマゾンは、日本の法人税を支払わずに法の抜け穴を潜っていましたが、現在はちゃんと日本の法人税を支払っており、日本人の雇用も生み、国益にも貢献しています。
外資であるアマゾンが発展することに、私は何ら抵抗はありません。

by 杉並区民2050さん - 2020/10/25 14:45 問題を報告

麻生氏発言を受けて、国会議員の総資産、貯金額の公開義務化

#001
丁寧かつ的確なご返信ありがとうございます。
遠慮せずに反対ボタン押して良いんですよ?
タナカ氏は何も押されずにゴールドロジャー氏の反対1票だったので
お前(ゴールドロジャー)誰やねん!
って一瞬なりました。

by 杉並区民2050さん - 2020/10/25 04:48 問題を報告

地方議会にカメラを設置して居眠り議員の特定

居眠りしてる人のほうが有能だった場合はどうしましょう。
国会も台本通りで形骸化してる場面もあります。
議論に値しないふざけた議題を延々と垂れる議員もいるでしょう。
居眠りするのも悪いですが、内容の無い討論で議員を集めるのを予防したほうが良いのかもしれません。
加えて、
「真面目に授業を聞いてきちんとノートを取ってるけど成績も頭も悪い」
っていうコ。
クラスに一人はいたでしょう。
居眠り防止監視カメラでそういう人しか得になりません。
無能な働き者という奴です。

追記:居眠りばっかしてた無能号泣議員もいましたね。

by 杉並区民2050さん - 2020/10/25 04:35 問題を報告

自宅のパソコンで住民票が取れるように

反対です。
WEBで印刷できるというのは無駄にWEB犯罪の余地が広がるだけです。
本当にデジタル化に必要なアイディアは
「住民票をどこでも印刷できる」ではなく
「住民票を紙にわざわざ印刷しなくていい」
社会作りのための発想です。
これでは「判子をやめてサインにした」と同じです。

by 杉並区民2050さん - 2020/10/25 04:09 問題を報告

トヨタとホンダを潰す

ヤマハが楽器の技術を応用してバイクを作り始めたように、トヨタもホンダもいずれは車だけの会社ではないかもしれません。
自動車で培われた技術や人材が新しい何かを生み出す可能性も秘めております。
その可能性を潰すのは良くありません。
彼らも自動車が売れなくなれば新しい何かに挑戦するでしょう。

by 杉並区民2050さん - 2020/10/10 02:54 問題を報告

日本全国の地図を3Dデータ化

反対というか、それもうグーグル先生がやってるので。
わざわざ税金使ってやることではないです。

by 杉並区民2050さん - 2020/10/10 02:49 問題を報告

年金の廃止

>返金もしなくていいです。
この点に関しては反対ですね。
これはあなたの都合でしかなく既に真面目に払い続けてなお受給できずにいる引退直前の高齢者を無視してますので。
年金を廃止するなら全額返金すべきです。
個人的には年金制度は廃止すべきではないと思います。
旧社会保険庁は本当に役立たず機関でしたが、現在の年金機構は株運用を上手いことやりくりして財源を確保しているようです。
その割には受給年齢の高齢化や受給額の減額、支払い増額などがありますが、それでも存続すべきです。
コロナ禍で嫌というほど思い知るのは、危機的状況下になると平時では煩わしかったはずの医療保険や社会保障が助けてくれるのです。

by 杉並区民2050さん - 2020/10/10 02:44 問題を報告

投票履歴 24

FAXは正義
FAX、なくさない
中高年層の再教育
確定申告の自動化
年金の廃止

高評価コメント 2

他のユーザからの評価(★の数)の平均が4以上のコメントを表示しています。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

FAXは正義

貴方はまずPDFとかjpg等の概念のお勉強が必要ですね。
デジタル化まであと一歩ですよ!
頑張って!

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

年金の廃止

>返金もしなくていいです。
この点に関しては反対ですね。
これはあなたの都合でしかなく既に真面目に払い続けてなお受給できずにいる引退直前の高齢者を無視してますので。
年金を廃止するなら全額返金すべきです。
個人的には年金制度は廃止すべきではないと思います。
旧社会保険庁は本当に役立たず機関でしたが、現在の年金機構は株運用を上手いことやりくりして財源を確保しているようです。
その割には受給年齢の高齢化や受給額の減額、支払い増額などがありますが、それでも存続すべきです。
コロナ禍で嫌というほど思い知るのは、危機的状況下になると平時では煩わしかったはずの医療保険や社会保障が助けてくれるのです。

ページの先頭へ