KumaForestさんのページ | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


KumaForestさんのマイページ

ウェブサイト
ウェブサイトは未記入です。
自己紹介文
PC歴30年、SE歴20年のそこらへんによくいる熊です。
最近はオードリー・タン(唐鳳)氏に傾倒中。
台湾いいよね台湾。

投稿したアイデア 3

行政の施策をユーモアを含めて宣伝する部署が必要

KumaForestさん

最近、オードリー・タン氏関連の本を読んでいて、『市民が政治に参加できる仕組みづくり』のことがよく書かれていました。なるほどなーと思って読んでいましたが、このサイトがあることを思い出しました。つまり今の日本でも一応名目上は参加できることにはなっているわけです。 しか... » 詳しく

交通系カードの一元化

KumaForestさん

すでに始まっているのかもしれませんが、SUICAやPITAPAなど、交通系カードの一元化を求めます。台湾では悠遊卡という共通カード1枚だけがあり、この1枚で全ての鉄道・バスに乗れ、公衆電話が使え、コンビニで支払いに使え、自販機で飲み物を買うことができます。事前チャージ式で、バスの... » 詳しく

暴走族行動予測システム

KumaForestさん

一般市民が珍走団(暴走族)の被害をネット通報することで、現在位置から行動予測を行い、警察の摘発につなげる、暴走族の行動をAIで予測するシステム『珍走団撲滅AI』を作ってほしい。 事前にアプリをインストールしておき、そのアプリで『今ここ通ったよボタン』をポチッと押すこと... » 詳しく

お気に入りアイデア 0

まだお気に入りがありません。

投稿したコメント 3

行政の施策をユーモアを含めて宣伝する部署が必要

#004
それはもう「全てをオープンにする」が対策になるでしょう。台湾ばかり引き合いに出して申し訳ありませんが、台湾では国民に秘密裏のうちに中国と協定を結ぼうとしたり、教科書を改悪しようとしたりして、政府の信頼が地に落ちました。その時、オードリー氏が内閣に入り、会議の内容等を全て国民にオープンにすることで、信頼を取り戻しました。

by KumaForestさん - 2021/03/14 01:30 問題を報告

上記案に加えて、例えば先日の煽り運転で全く無関係の女性が加害者の横にいたとして被害を受けていましたが、そういう被害についても警視庁が宣伝部署を使って迅速にデマを否定することもできるようになると思います。

現在の科学捜査でなら、耳紋認証や歩行認証など、本人の顔写真を乗せる必要もなく本人ではないことの証明ができます。そういう手段を使ってフェイクニュースを迅速に否定することも、この『宣伝部』ならできると思います。これからの時代、必ず必要となる部署だと思いますので、是非ともご検討をお願いします。

by KumaForestさん - 2021/03/14 00:31 問題を報告

アメリカのように民間企業が参入しやすくする

民間人の力が必要なのは確かだが、民間企業へ丸投げする必要はない。台湾のオードリー・タン氏のように、政府が民間人を登用すれば良い。議員の中から大臣を選ぶシステム自体がもう通用しない。台湾のように大臣を100%民間から登用するシステムにすることこそが必要。

そうすれば学術会議や日弁連のような、思想が極端に偏った人物を行政から排除することもできるし、議員から選ばないとなれば派閥を気にする必要もなくなる。ハンコ議連のトップがIT推進大臣になったりすることもなくなる。

デメリットとしては、韓国のように親族を登用するなどの利権絡みの私利私欲に走る可能性が出てくること。ただそれも総理大臣が選出される仕組みを思えば、あまり気にする必要はないように思える。

by KumaForestさん - 2020/10/10 01:40 問題を報告

投票履歴 9

交通違反の自動検知

高評価コメント 0

他のユーザからの評価(★の数)の平均が4以上のコメントを表示しています。

ページの先頭へ