kokikoさんのページ | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


kokikoさんのマイページ

自己紹介文
自治体系のシステムエンジニア、ファイナンシャルプランナー(AFP)です。 http://www.amazon.co.jp/dp/B08P9C7FFZ

投稿したアイデア 1

自治体システムの共通化について

kokikoさん

自治体系のシステムエンジニアをやっています。 他の方の意見にもありますが、 自治体システムの標準化でなく共通化をしないと全く意味がありません。 標準化を実現するだけでは、今までと同様に 各システム開発ベンダが「標準化準拠」をうたい文句に、 今までと同様に多数のシス... » 詳しく

  • 11ポイント
  • 11
  • 7コメント

お気に入りアイデア 0

まだお気に入りがありません。

投稿したコメント 4

個人情報の政府の利用について

>全ての口座との紐付けが義務化されているわけではありませんよ。
全ての口座との紐付けが義務化されている訳では無いことは知っていますよ。でも肝心の銀行口座にマイナンバーの届出が義務化できないのは国民の反発が強いからでしょう。制度の話ではなくて国民感情の話です。


>紐付けされると銀行での取引が全て筒抜けになるという発想が理解できないですが、
取引とは言っていないですよ。資産と言っています。
例えば、現状でも所得申告でなく、個人の預貯金資産の申告が義務化された制度があります。
介護保険の負担限度額申請が端的な例ですが本人の預貯金等の申告が必要です。預貯金や有価証券等の資産の合計が1000万円以下(夫婦の場合は2000万円以下)でなければ
補足給付が受けられないというとんでもない制度です。おまけに資産の虚偽申告をした場合は銀行等への資産調査も行われます。
年金しか収入がなく老後のために貯めた預貯金の金額まで申告させられるんですよ。もし、銀行口座がマイナンバーで紐づけされれば、
当然、国は、銀行口座から口座残高を入手することになるでしょう。
これが国民感情として認められるかという話です。

by kokikoさん - 2021/02/05 17:47 問題を報告

マイナンバーと銀行口座の紐づけが進まないのは脱税者がいるからですよね。ただ国に自分の資産が筒抜けになることに違和感が無いかといえばウソになる。国に個人の情報が管理されることへの生理的な嫌悪感みたいなものはある。なぜかなあ。戦前の国家統制しかり、日本は同質的な国で熱しやすく冷めやすい国民性なので何か得体のしれない不安感のようなものがある。何か不測の事態が起これば一気に国家統制のような道に逆戻りしそうで恐ろしい。

by kokikoさん - 2021/02/05 12:12 問題を報告

自治体システムの共通化について

#005
・仕様の標準化ではなく、部品の共通化ってのは望ましい指摘と思います。
・部品の共通化であれば、開発ソースをすべてオープンソースとしてGitHubとかでパブリック公開して開発するのをベンダーの受注の条件にするのがよい気がします。
なるほど、オープンソースになれば最高ですね。
自治体のシステムは法律に沿って実装されるので(地方自治法、税法、その他諸々)、ソース公開(ロジック公開)しても問題ないと思います。ソース公開すれば、バプリックレビューも受けられるしバグも減るでしょうね。

by kokikoさん - 2021/01/05 20:42 問題を報告

#002
・一種類のシステムの危険性を考えたことは有りますか?
・バグやセキュリティホールなど欠陥が同一では、全滅も有り得ます。
確かにクラウド上の単一システムが落ちれば全滅でしょう。
なので、システムの2重化や回線の2重化など冗長性を持たせることは必要でしょう。
なお、バグやセキュリティホールまで懸念するのであれば、
MAINサーバはWindows系、バックアップサーバはLinux系とかで分けるしかないでしょう。
DBもSQL ServerとOracleとかで製品を分けるしかないでしょう。ただし、管理がかえって大変になると思いますよ。
・データベースと出力形式が同じであれば問題ないと思います。
でもそれだと、各開発ベンダがDB形式と出力形式は同じだけで、現状と同じ多数のシステムを作りあげるので、全く今までと変わらないし、トータルコストの削減も出来ないと思います。

by kokikoさん - 2021/01/05 12:36 問題を報告

投票履歴 1

高評価コメント 2

他のユーザからの評価(★の数)の平均が4以上のコメントを表示しています。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

自治体システムの共通化について

#005
・仕様の標準化ではなく、部品の共通化ってのは望ましい指摘と思います。
・部品の共通化であれば、開発ソースをすべてオープンソースとしてGitHubとかでパブリック公開して開発するのをベンダーの受注の条件にするのがよい気がします。
なるほど、オープンソースになれば最高ですね。
自治体のシステムは法律に沿って実装されるので(地方自治法、税法、その他諸々)、ソース公開(ロジック公開)しても問題ないと思います。ソース公開すれば、バプリックレビューも受けられるしバグも減るでしょうね。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

自治体システムの共通化について

#002
・一種類のシステムの危険性を考えたことは有りますか?
・バグやセキュリティホールなど欠陥が同一では、全滅も有り得ます。
確かにクラウド上の単一システムが落ちれば全滅でしょう。
なので、システムの2重化や回線の2重化など冗長性を持たせることは必要でしょう。
なお、バグやセキュリティホールまで懸念するのであれば、
MAINサーバはWindows系、バックアップサーバはLinux系とかで分けるしかないでしょう。
DBもSQL ServerとOracleとかで製品を分けるしかないでしょう。ただし、管理がかえって大変になると思いますよ。
・データベースと出力形式が同じであれば問題ないと思います。
でもそれだと、各開発ベンダがDB形式と出力形式は同じだけで、現状と同じ多数のシステムを作りあげるので、全く今までと変わらないし、トータルコストの削減も出来ないと思います。

ページの先頭へ