ぽんだいさんのページ | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


ぽんだいさんのマイページ

ウェブサイト
ウェブサイトは未記入です。
自己紹介文
自己紹介は未記入です。

投稿したアイデア 2

市民参加のためのオープンガバメントプラットフォーム

ぽんだいさん

ホワイトハウスの we the people や、マドリード市の decide madrid のような、議論・提案・予算付けなど含めて国のみならず地方自治体も含め、市民参加が可能となるプラットフォームが作られるとよいと思います。 市民からみれば、このアイディアボックスのような意見を交わす場が作... » 詳しく

国立国会図書館への電子納本

ぽんだいさん

国会図書館には納本制度があり出版物の納入が必要ですが、同時に資料の利用と保存の両立を図ることを目的に収納物の媒体変換(古くはマイクロフィルム等であったようですが、デジタル化ですね)が進められています。 一部ではインターネット上の資料の収集があったり、オンライン資料... » 詳しく

お気に入りアイデア 0

まだお気に入りがありません。

投稿したコメント 5

データ戦略へのご意見をお願いします!![事務局]

資料1にコメントします。

「4.データ戦略総論」がキモでしょうか?ここにデータ取引市場や情報銀行の文言がありますが、以降のスライドではプライベートセクターのデータがあまり出てこないように見受けられます。戦略の中で、パブリックセクターのデータと対比して位置づけた方が議論しやすいのではないかと思います。

もう一つの軸として、はじめからオープンであるべきデータと、個人に関する情報など機微データを分けて整理した方がよいと思います。たとえば6.のスライドの3.で「公益性の高いデータ活用」に触れていますが、この論点がオープンデータに持ち込まれると、オープンデータであれば当然可能であるべき自由な二次利用に制限がかかるので、一律の議論は難しいと思います。データライセンスの標準も合わせて検討してはどうでしょうか。

細かいところでこの文脈でよく出てくる「機械判読データ」の文言が気持ち悪いです。
「機械判読データ」は、ムラ言葉的に判読する対象のデータを指すものと理解していますが「機械判読可能なデータ」「機械可読データ」と違い、判読された後の出力の方を第一感で想像します。

by ぽんだいさん - 2020/11/06 03:40 問題を報告

国立国会図書館への電子納本

#001

> 既に電子書籍の納本は実施されています。
> が、これはDRMがないものに限っています。
アイデアにもちらっと書いたオンライン資料収集制度のことですよね。ご説明ありがとうございます。

> 出版社は、DRMをかける前のePub等のデータがあるはずなので、それを納本させるくらいは義務化しても良いと思います。

念のため、これは電子書籍に限った話ですよね? 紙の出版物で出版社が持っているのは原稿データ、せいぜいInDesignとかのデータと思います。(この場面でもePubがあるはずというなら私が不勉強でしたのでご教示ください。)

なお、有償の電子書籍の収集については実証実験があったようです。https://www.ndl.go.jp/jp/collect/deposit/dbdemo.html
今後何かしらの展開が期待できるかもしれません。

by ぽんだいさん - 2020/10/22 03:04 問題を報告

法案の記述言語作成

細かいところかもしれませんが、法律改正については、改正された法律ではなくて、改正の差分の方が法案の実体になります。
gitのように改正されたテキストで版を重ねるという考え方ではなくて、パッチの積み重ねになっています。(vimのパッチのイメージ、で通用しますでしょうか。)
印象として、法案の考え方そのものにかかわってくるので難しいかなと思いました。

by ぽんだいさん - 2020/10/20 03:18 問題を報告

ITダッシュボードの周知と更新

ITダッシュボードのデータの裏付けとなるODBの入力シートについては、いわゆる標準ガイドラインに記述があるのですが、調達仕様書等において受託業者に納入させるようなつくりになっていましたので、そもそもがあまり機動的な更新が期待できないようなものでした。
その他、予算要求等においてこの情報が折衝に用いられるという場面があったと思いますので、情報登録する側には最低限以上のものを登録するインセンティブが働かない仕組みになっていると思います。

ITダッシュボードがもっと使いやすくなれば、という点には賛同しますが、難しいのかなぁと感じます。

by ぽんだいさん - 2020/10/20 01:06 問題を報告

公務員へのHRTechの導入

「HRTech」といっても広いので、もう一段具体的にならないとわからないのですが、コメント等から察するに、ここでは人事評価関係あるいはもう少し業務寄りに見て、目標管理系のシステム導入でしょうか。

人事評価については、システム導入よりも国家公務員の人事評価制度そのものの見直しの方が必要なのではないかと思います。
https://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/jimu/jinjikyoku/jinji_d.html

by ぽんだいさん - 2020/10/20 00:29 問題を報告

投票履歴 18

依頼文文化の廃止
予算要求について
内製化の推進
質問通告

高評価コメント 1

他のユーザからの評価(★の数)の平均が4以上のコメントを表示しています。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

「HRTech」といっても広いので、もう一段具体的にならないとわからないのですが、コメント等から察するに、ここでは人事評価関係あるいはもう少し業務寄りに見て、目標管理系のシステム導入でしょうか。

人事評価については、システム導入よりも国家公務員の人事評価制度そのものの見直しの方が必要なのではないかと思います。
https://www.cas.go.jp/j...jinjikyoku/jinji_d.html

ページの先頭へ