ヒロさんのページ | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


ヒロさんのマイページ

ウェブサイト
http://
自己紹介文
ソフトウェアのエンジニアです。
過去は自治体向けのパッケージソフトを作っていた事もあります。

投稿したアイデア 4

国民の各種手続きはイベントドリブンのワンストップで

ヒロさん

例)引っ越しというイベント 現状:  引っ越し    ⇒XXXに対する手続きA    ⇒XXXに対する手続きB    ⇒YYYに対する手続きC イベントドリブンのワンストップ:  引っ越し    ⇒手続き       ⇒(データ連携)XXXに対する手続きA       ⇒(データ... » 詳しく

法令では届出書類や各種帳票の様式は第二選択肢とし、第一に定めるのはデータ項目とすべきである

ヒロさん

法令で届出書類や各種帳票の様式が定められている事が電子化の阻害要因となっている。 各種システムは帳票出力支援システム、紙運用の効率化の為の清書システムと化しており、本末転倒である。 電子化においては、入口から出口まで電子データの連携で完結させる事がゴールである為、... » 詳しく

法律はソースコードのようにバージョン管理システムで管理する

ヒロさん

法律のオープンデータ化を推進するサービス「GovTrack」の創設者であるジョシュア・トーベラーさんが条文のタイプミスを見つけてからプルリクエスト機能を使って修正するまでの流れが海外ニュースメディアのArs Technicaで公開されています。 https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2... » 詳しく

各自治体で独自にシステムを構築するのは無駄です

ヒロさん

以前、自治体向けのパッケージソフトを作っていましたが、各自治体で独自に導入する為、日本中に似たソフトが大量に存在する状態になっています。 (私が担当していた製品はいろんな自治体に納めていましたが、各自治体向けの個別カスタマイズが大変でした。) これは無駄なので、複... » 詳しく

お気に入りアイデア 0

まだお気に入りがありません。

投稿したコメント 10

ここで起きてくる仕事をクラウドワークスに投げる

特定の企業名を挙げるのは官庁向けの営業活動という可能性を排除出来なくなるので控えたほうが良いでしょう。

by ヒロさん - 2020/10/18 11:11 問題を報告

ライフイベントを契機とした官民のワンストップサービス構想

この投稿を見る前に同じ意見の重複する投稿をしてしまった...
まあいいか。

by ヒロさん - 2020/10/17 23:22 問題を報告

セキュリティ意識のなさは国を亡ぼす。自覚させるための意識改革

人の意識を変えさせるのは困難です。
変えるべきは意識では無く仕組みでしょう。
情報弱者でも安全にITを利用出来るように設計する事です。

by ヒロさん - 2020/10/17 20:31 問題を報告

マイナンバーカードの申し込みから発行までオンラインで完結してほしい

本人確認をどうするかがポイントでしょうね。
メルカリであれば、自身の顔と本人確認書類を、画面に表示される説明に沿ってスマホで撮影でしたが。(自身の顔の撮影では前を向いてとか横を向いてとかアプリから指示される。)

by ヒロさん - 2020/10/17 19:49 問題を報告

IT先進国に追いつき、追い抜く改革推進へ

#010 行政に関してはPDCAのC(チェック)とA(アクション)が不十分だと考えています。失敗しても倒産する事はありませんからね。
それから、進め方が遅いという問題についてですが、長期計画、変化要素が少ないものはPDCAが向いていますが、先が見通せない事項についてはPDCAの融通の利かなさが悪影響を及ぼします。
現代は変化が多く先が見通せない事が多い為、アジャイルとかOODAとかが注目されているのでしょう。

by ヒロさん - 2020/10/17 19:27 問題を報告

フラットな組織で「さん」で呼び合う

私の会社はさんで呼び合っています。
戦前からある企業なので、昔は肩書きで呼び合っていたと思います。いつの頃からか上意下達でさんづけを強制して変えたのでしょう。
逆に上意下達で強制しないと変えるのは難しいでしょうから、役所はトップを動かすのが近道でしょうね。

by ヒロさん - 2020/10/17 18:52 問題を報告

申請主義

この例のように、観点を変える事で効率的に目的が果たせる様な方法は是非検討して頂きたいですね。

by ヒロさん - 2020/10/17 18:37 問題を報告

マイナンバーカードの普及に自治体にインセンティブを

そもそもインセンティブが必要な任意カードであれば普及するわけがありません。
仮にインセンティブがあっても、たまにしか使わない、且つ持っていなくても代替手段があるのであれば、取得しなくてもいいと思う人が相当数存在するのが実情です。

追記:
#004 自治体へのインセンティブでしたね。内容をよく読んでおりませんでした。申し訳ありません。
ただ、普及への努力をしないといけない任意カードであるという時点で、カード有り、カード無しという二種類の運用方法をとらないといけないので、非効率だなと思う訳であります。(主題の論点とは違いますが。)

by ヒロさん - 2020/10/17 18:30 問題を報告

法律、契約書は、形式言語記述しよう。

人による解釈のぶれが発生しないように、法令記述の論理的矛盾や誤記を機械的にチェック出来るようになればいいでしょうね。

by ヒロさん - 2020/10/17 18:01 問題を報告

法律記述言語の整備

ソースコードをコンパイルする時に構文誤りやロジック誤りをチェックするように、法律文面の静的解析で矛盾点をチェック出来れば良いですね。
複数の法解釈で参照される個所はサブルーチンや関数みたいなものですね。

それから、法律もソースコードみたいにバージョン管理システムで改定履歴を管理可能でしょう。(既にやってるかもしれませんが)

by ヒロさん - 2020/10/12 22:38 問題を報告

投票履歴 13

申請主義
法律記述言語の整備

高評価コメント 0

他のユーザからの評価(★の数)の平均が4以上のコメントを表示しています。

ページの先頭へ