山戸康弘さんのページ | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


山戸康弘さんのマイページ

ウェブサイト
ウェブサイトは未記入です。
自己紹介文
大分県のIT企業で勤務しています。その前は、県庁で働いていました。

投稿したアイデア 1

マイナンバーカードと免許証の一体化の課題等及び提案

山戸康弘さん

マイナンバーカードと運転免許一体化、&<a class="innerlink" href="ja/idea/03723/#039">#039</a>;26年実現へ、という記事がでています。 これ自体はいい事なのですが、以下のことはどうなるのでしょうか。 1.... » 詳しく

お気に入りアイデア 0

まだお気に入りがありません。

投稿したコメント 2

マイナンバーカードと免許証の一体化の課題等及び提案

#002
「マイナンバーをその業者がコピーすることで得られるメリット」はわかりませんが、現状でも、免許証のコピーをとるとともに免許証番号を書き込まれたことがよくあります。
免許証番号がどう使えるのかはわかりませんが、これと同じ感覚でコピー&記入をされる心配はないのかな、と思った次第です。どこまで国民の皆様に周知されているかわかりませんので。
なお、個人的には、番号がコピーされてもなんら問題は発生しないと思っています。

by 山戸康弘さん - 2020/11/18 17:42 問題を報告

外字の廃止について

#002 おっしゃるとおり、「戸籍と住民基本台帳を含んだ約6万文字のフォントを提供する文字情報基盤を提供」しています。これは、戸籍では必要と思いますし、重要な文字基盤と思いますが、一般行政では不要と思います。
まず、通常のパソコンでは、JIS第1、第2水準は変換できますが、第3以上になると環境依存文字、となっており、表示できないメールソフトなどがあります。
電子政府の総合窓口、日本年金機構やハローワークの申請等々でも、JIS第1,第2に限るとしています。衆議院議員のお名前もJIS第1,第2で表示します、と断っています。
一般行政では、第1、第2に法律で限定すべきと思います。正確な文字が必要なときは、戸籍システムからマイナンバーで連携してコピーしてくればよろしいのではないでしょうか。
電子申請を劇的に普及させるためにも、文字について法律で制限するのは当然と思います。
なお、法律で定めないと、名前のアイデンティティーにこだわる住民の方への説明がつきません。地方自治体の力では無理です。
この件は、役所に書類を提出する民間も困っています。

by 山戸康弘さん - 2020/11/05 16:23 問題を報告

投票履歴 3

外字の廃止について

高評価コメント 0

他のユーザからの評価(★の数)の平均が4以上のコメントを表示しています。

ページの先頭へ