中石さんのページ | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


中石さんのマイページ

ウェブサイト
http://
自己紹介文
自治体向けシステムベンダーを経験後、自治体に転職。 システムの運用から企画、情報セキュリティ、マイナンバー制度、教育ICTなど幅広くやってます。 現場の部署には配属された経験はありませんが、その分、利用者を意識し、現場の声を聴き、法と業務のフローを理解することを常に心がけています。

投稿したアイデア 7

デジタル技術を活用し、授業時間数ではなく単元理解度を重視した教育へのシフトを実現する

中石さん

【アイデアの概要(粗いのでたたきとして)】  学習指導要領では各教科等の標準授業時数が定められていますが、これを(段階的に)廃止しませんか。  参考:https://www.mext.go.jp/content/20200205-mxt_kyoiku01-000004708_9.pdf  重要なのは「何時間使ったか」ではなく、「ど... » 詳しく

  • 10ポイント
  • 11
  • 7コメント

生業にできる仕組みでの「地域デジタル活用応援隊」の創設(中小企業デジタル化応援隊の拡張版)

中石さん

【概要】  地域で暮らす人々がICTのメリットを受けることができるよう、以下の取り組みを実施した人または団体・企業に対して報酬が支払われる仕組みを作る。  ※中小企業デジタル化応援隊のターゲットを地域団体や住民に置き換え、対象事業を拡大したイメージ。    ・ICTリテラシ... » 詳しく

  • 5ポイント
  • 9
  • 4コメント

自治体へのデジタル専門人材の強制派遣

中石さん

【アイデアの内容】  自治体間の格差を減らし全国的にデジタル化を推進していくため、国策として以下の人材構成を強制的に各自治体へ派遣する。  ・CIOレベルの人材(月1ペース)   組織の経営層(三役・部長・課長)に対してDXを実現するための指導・アドバイスできる人材。 ... » 詳しく

  • 12ポイント
  • 15
  • 4コメント

ぴったりサービスの申請で世帯員情報も自己情報開示APIで取得できるようにしてはどうか?

中石さん

【アイデアの概要】  ぴったりサービスのオンライン申請でログインした本人以外の情報も自己情報開示APIで取得し、申請画面に自動で入力できるようにする。  わかりやすく特別定額給付金を例とすると、  1.世帯員の追加というボタンを準備。  2.ボタンを押すとマイナンバー... » 詳しく

  • 4ポイント
  • 4
  • 3コメント

GIGAスクール構想で導入したタブレットを義務教育終了後に引き渡せるようにしたい

中石さん

GIGAスクール構想で導入するタブレットについて、廃棄のタイミングにどう取り扱うかを考えておりました。 そこで提案なのですが、義務教育終了(中学3年生卒業)時に、そのタブレットを生徒に譲渡することはできないでしょうか? 調べたところによると、今回のタブレットは金額が4... » 詳しく

  • 7ポイント
  • 13
  • 9コメント

自治体システムの究極形態アイデア(自治体システム等標準化の先へ)

中石さん

【究極形態アイデア(粗い)】  各社が連合体となって1つのシステムを開発・運用・法改正対応を行う。  (データとシステムの持ち方を中間サーバーのようにするのか、複数自治体での共同利用かはまた要検討)  こうすることで、将来のICT人材不足を解決するとともに、情報連携だらけ... » 詳しく

  • 8ポイント
  • 8
  • 3コメント

選挙における電子投票を実現するための段取りアイデアです

中石さん

【アイデア】  選挙における電子投票を以下の段取りで確実に進める。 <STEP1 あたらしい開票様式> 投票所の運営はそのままで、投票箱を完全電子化する。点字投票などは現行どおり。 国がクラウドシステムを準備し、14インチタッチ対応タブレットで投票を行う。 マイナンバー... » 詳しく

  • 11ポイント
  • 13
  • 9コメント

お気に入りアイデア 0

まだお気に入りがありません。

投稿したコメント 31

LGWAN版シンテレワークシステムについて

本当にけしからんと思います。

by 中石さん - 2020/11/03 22:20 問題を報告

高校生に1人1台端末を(まずは既にもっているスマホの活用から)

本当に早いに越したことはない取り組みです。
小中学校はGIGAスクールで一気に整備が進み、高校に上がった途端ICT環境が後退するという現象が起きています。

BYOD用として、本年度から一気に整備しているGIGAスクールのタブレットをそのまま卒業時に渡せるように、全国的にしてもらうとかどうでしょう。

そしたら、校内LANの整備だけで良くなります。
タブレットを買う家庭、買わない家庭で悩む時間も不要になるのでメリットは大きいです。
あとはしがらみだけ。(笑)

よければこちらも応援を☆
@00880
(宣伝ではないですよ!同志です。)

by 中石さん - 2020/11/03 22:17 問題を報告

デジタル技術を活用し、授業時間数ではなく単元理解度を重視した教育へのシフトを実現する

#006
要するに、高校と違い成績によって卒業や留年にはならない。
そしてそれは今もそうです。
つまり、今回の私が提案しているアイデアとは別に議論すべき内容かと。
でないと、論点がズレてしまいます。
目指すは「デジタル技術を活用し、授業時間数ではなく単元理解度を重視した教育へのシフト」であり、卒業させるべきかどうかをアイデアボックスの中で結論づける必要はないと感じています。

とはいえ、アイデアボックスなのでアイデアを出さねばですね。!(^^)!

高校とかもそうですが、赤点補習があると思います。
1、単元クリアのボーダーラインを決める。例:80%
2、再試験の回数に応じて段階的にボーダーを引き下げる。
それを義務教育の中でもしっかりやっていき、そもそもクリアできていない人がいないようにフォローしていくとかはどうでしょうか?
どうしてもクリアできない人も絶対います。そこはあまりシビアにする必要はないかと。

by 中石さん - 2020/10/24 21:18 問題を報告

GIGAスクール構想で導入したタブレットを義務教育終了後に引き渡せるようにしたい

#008
そうなんです。
機器入れ替えと廃棄のサイクルを今のうちに確立しておく必要があります。

できるだけ資源を有効活用しないと、廃棄だらけの世界になってしまいます。

じっくり考えるとわかるんですが、入れ替えサイクルがすごく難しいのです。

日本全国で見るとかなりの台数になるので、供給バランスも国家的には考えた方がいいと思うのです。

電子教科書は、先生用は賛成ですが、生徒用は紙とのハイブリッドがいいと考えています。
子どもたちが社会を生き抜く力をつけるのが教育であり、社会にはこれからも紙は残ります。
だとしたら、紙も電子もどちらも慣れておく必要があると思いませんか?

タブレットは、テストなどの置き換えとデータ収集と分析がメインになると考えます。

by 中石さん - 2020/10/24 18:01 問題を報告

自治体AIボットについて

Aiボットからは外れますが、業務手順のフローを全国的に管理できれば最高ですね!
ベースをテンプレートとして公開 → 各自治体であとは詳細を修正。

これで、自分の自治体が無駄なフローをやっていないかもわかりますし、標準化の一歩になりそうです。

なにより、各自治体で一から業務手順のフローを作る時間が省略されることの効果が絶大な気がします。

簡単にフローを作れるツールも公開してほしい。
予算がないので、どうしてもExcelで頑張ろうという話になってしまうことがよくあると思います。

by 中石さん - 2020/10/24 12:22 問題を報告

国民ダッシュボード機能について

マイナポータルが進化・浸透すれば実現できそうですね。
以前、セールスフォースのセミナーに参加したときに、このアイデアのような未来をつくる話をされていました。
今後に期待。

by 中石さん - 2020/10/24 12:18 問題を報告

統合認証基盤の整備について

PINに代わり、さらに簡単な認証基盤は今後さらに重要性を増すと思います。

by 中石さん - 2020/10/24 12:17 問題を報告

国~自治体間の共通ポータルについて

LGWAN掲示板がありますが、アクティブユーザーがどれくらいいるかが見えないため使おうという気になりません。
現在、LoGoチャットというツールを使い、他自治体とやり取りをさせていただいていて、大変有用だと感じています。

色々な製品・サイトを使い分けるのは非効率なので、このアイデアのように国・県・市町村がつながり、アクティブユーザーも多い仕組みがあれば最高ですね。

あと、この場合はメールを無くしていきたいです。
やり取りする相手が確定しているのであれば、チャットの方がはるかに速いしわかりやすい。
また、標的型メールと必要なメールが混在してくる今の状況を何とか変えていくことも必要だと思っています。

by 中石さん - 2020/10/24 12:13 問題を報告

不幸を減らすための、パーソナライズされたAIアシスタントの活用

>究極は、全国民にドラえもん
最高ですね。(^^)

ボストンダイナミクスの犬ロボットをもう少し可愛くして、高齢者の方たちの補助ができたらいいなと思ったことがあります。
(絶対に転ばないので)

犬に乗って(落ちない工夫が必要)、後は犬が目的地まで歩いて連れて行ってくれる。
とか。

by 中石さん - 2020/10/24 01:26 問題を報告

テレビを使っていつでも気軽に繋がれる

とても良いと思います。
最初に設定してもらえば、あとはすべてリモコン操作だけで完結できるようになればハードルもグッと下がる気がします。

テレビを付ければ自動的に特定の人へ通知が行けば見守りにもなりますし。

世界に先んじて高齢化を迎え、どう乗り越えるかが注目されている日本。
こういうテレビに力を入れられる施策が欲しいですね。
(海外の「テレビ普及率」と「高齢者の方のリテラシーの高さ」がどれくらいなのかわかりませんが)

by 中石さん - 2020/10/24 01:15 問題を報告

選挙における電子投票を実現するための段取りアイデアです

#008 の続き

4.そしてこれはオンラインなので選挙区・投票区関係なしに投票できる。
 市内でも、市外でも、県外でも、駅でも。おけばどこでも。
 (#006さんのコンビニというのはそういうところまで考えてあったのだと今気が付きました。素晴らしい。)


要するに、ある程度監視と抑制が効く環境でオンライン投票ができるようにするということです!!

by 中石さん - 2020/10/24 00:59 問題を報告

デジタル技術を活用し、授業時間数ではなく単元理解度を重視した教育へのシフトを実現する

#002
それは本当に悲しいですね。。。( ;∀;)

#003
>基本的には賛成
ありがとうございます☆

義務教育期間に対するアイデアなので、留年と卒業については問題ないと考えます。

詳しくは↓をご確認ください。(^^)
https://kizuki.or.jp/blog/futoko/28526/

by 中石さん - 2020/10/24 00:45 問題を報告

選挙における電子投票を実現するための段取りアイデアです

#007
わかります。私も同感です。
集会所に集めてみんなでスマホ使って同じ人に投票 → お金をもらう。
など、多くの不正が発生すると見込んでいます。苦笑

インターネット選挙は多くの人がアイデアボックスに投稿されています。
しかし、おっしゃっている懸念事項をまだクリアできていないのが現実なので、一足飛びでオンライン投票は無いと考えます。

そして、そこで思考停止してしまっていたのが今までの状態なんです。
私の提案はどちらかというとオンライン投票ではなく、「現実を見て、まずはできるところからやろうよ。」というスタンスのアイデアです。

さて、ご指摘いただいた懸念事項へのアイデアですが
想定される懸念事項が多すぎて、字が足りない…

ざくっと言うと#006 Kokさんのアイデアが素晴らしい。
それをいただいて
1.組み立て式・ドライブスルー型の小型かつ簡易投票所を作る。
  隔離・監視されたトンネルをイメージ。
2.そこでしかオンライン投票はできない。
  (不在者投票の人はまた別で)
3.期日前という考えを無くし、投票期間を長く。
足りん

by 中石さん - 2020/10/24 00:35 問題を報告

デジタル技術を活用し、授業時間数ではなく単元理解度を重視した教育へのシフトを実現する

ポイントは
授業時間数 > 単元理解度

となってしまっている現状を

授業時間数 < 単元理解度

にどうシフトしていくかだと思います。
また、時間数を基準に授業の組み立てをするのが昭和から続いているので、それを無くすことは不可能だと思われます。

なので、「廃止しませんか?」と冒頭に言っていますが、授業時間数は残すものの、あくまで「標準的な時間であって、短くても全く問題ない」という意識を浸透させていくことが現実的な進め方だと感じています。

デジタル技術(AI含む)をうまく組み合わせれば、先生たちがやっていた「教育のためへの効果が薄い作業」を減らし、生徒一人一人に向き合える時間が増えてくれるのではないかと期待しています。

※あとは、国や県からの調査物とかも減るといいですね。
 結構多く、それに時間をかなり使っていると聞きます。

by 中石さん - 2020/10/21 03:37 問題を報告

公立学校の宿題オンライン化の促進

賛成です。
Google for Educationもいいですが、ベネッセのドリルパークなど各社から製品が出ています。

ものによってはAIが自動でその子が苦手な部分を、学年をさかのぼって再学習するように促すことも可能です。※今は算数だけ

この機能を発展させ、かつ、国が一律でクラウド上で提供すればいいと思うのですが、なかなか進んでくれない状況です。

by 中石さん - 2020/10/21 02:36 問題を報告

真の教育のデジタル化について

教育のICT化を推進している者です。

[大賛成]
・宿題、定期テスト、出欠確認なども基本的にデジタルオンラインに
・次世代を育てる教育の場から、ペーパーレスを推進
・マイナンバー等の個人認証を受験票に
・入試のオンライン化

以下は実際に導入を進めていて得た経験から、こうしてはどうかと思う点です。

生徒用教科書のデジタル化
→子どもたちが大人になった社会では、まだ紙とデジタルが混在した世界です。逆に紙に慣れていないと電子機器が機能しなくなった時に混乱を招きます。
 教育は「子どもたちが社会で生きる力を身に付けるもの」なので、その視点で見ると紙も電子も両方を使いこなすことが必要だと考えます。
 折衷案は、先生が電子教科書「も」積極的に使うようにすることかと。
 電子教科書の予算確保がなかなか通らないので、文科省から明確な電子教科書予算を配分してもらいたいです。
 あと、タブレットのバッテリーが持たないです。

オンライン入試は分散実施なら実現できそうですね。
母校を試験会場にし、先生が生徒の不正を監視。学校の不正はAtomCOMなどでAIが監視。

by 中石さん - 2020/10/21 02:25 問題を報告

自治体へのデジタル専門人材の強制派遣

#001
>ただ、派遣される人によっては残念な末路もありえるかと。
>幹部も、コンサルも、SEも、本当に人次第だとしみじみ感じています。

私も同感です。
人が一番重要な要素ですよね。

この案を進める際には、派遣されるデジタル人材同士で基礎マインドを共有、高める工夫も入れてほしいです。

自治体の特性や事情を考慮せず、さんざんかき乱されて終わったということには絶対ならないようにする必要がありますね。

by 中石さん - 2020/10/21 00:23 問題を報告

生業にできる仕組みでの「地域デジタル活用応援隊」の創設(中小企業デジタル化応援隊の拡張版)

【文字数が足らなかったのでこちらに補足】

 そもそも、現実的にはパソコンの操作が苦手だったり、スマホを使って手続きすることに抵抗がある人も沢山います。
 私の周りでも半数近くがそうです。

 ただ、実は食わず嫌いなだけで、きっかけがあると使い始めてくれますし、活用もしてもらっています。

 つまり、

 使わない・使うきっかけがない状態

  ↓
 
 使えるようになった状態


 この間をどうやって埋めるか?

 そして、使い始めるには誰かのサポートがあった方が、その人も安心できるし、使い始めようとする心の後押しができると思っています。


うーん、何か良い方法はないですかね・・・

いざ「デジタルファースト!すべての手続きをオンライン化!」としたときに、今までその環境に慣れていない人にとっては苦痛の方が勝ることもあるだろうし。

時間が解決してくれるというには、変化のスピードが早いし。

できるだけ多くの人が、ストレス少なく、便利さを喜んてくれるといいなと思います。

by 中石さん - 2020/10/18 19:51 問題を報告

行政職員専用のチャットの整備

#007
こういうサービスのことですね!
検索すれば出てくるのでもう貼ってしまいます。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000532.000026811.html

今後、このようなサービスが増えてくると思いますが、YYYXXXさんのアイデアのとおり「全国の自治体の職員が参加している」ことが重要だと考えます。※できれば国・県も含めて。

なので、サービスが乱立して参加自治体がマチマチな状態では新たな事業に関する知やアイデアの共有レベルが下がると思っています。

また、自治体個別で予算化するとなると、まだまだチャットのメリットが浸透していない場合は費用対効果が十分に伝えきれず、依然としてメールと自力情報収集が続きます。

国の方で全国の自治体職員が使える仕組みを準備していただければ、これらのハードルも一気に下がるのでとても助かります。

1社のみであることが問題であるならば、データ部分を標準化・共通基盤化し、インターフェースを各社が提供するという方法も良いのではないかと。

by 中石さん - 2020/10/18 17:12 問題を報告

エクセル・ワード(紙)での照会・集計をなくそう

賛成です。
LGWAN-ASPからも使えるフォームもありますので、ぜひそちらを使っていただきたいです。
Excelで横長のやつの入力しにくさといったら・・・
23インチディスプレイでも入力しにくいのです。

そして、集計結果は省内でしっかり共有してほしいです。
似たような内容が国・県からよく来る気がしています。
まずは各省庁で、
・何のために
・どのような調査をどこに対して行っているか
を見える化して、無くせるものは無くし、統合できるものは統合していただければ幸いです。

きっと、回答結果はExcelのマクロで一括集計されていると思います。
質問内容が変わるたびにマクロの改修とチェックを行う時間が短縮できますので是非ご検討ください!

by 中石さん - 2020/10/18 16:59 問題を報告

ぴったりサービスの申請で世帯員情報も自己情報開示APIで取得できるようにしてはどうか?

(訂正)
3.読み取った内容を自動的に申請書へ反映。取り消しと再読み込みはできるが自動登録された内容への修正はできなくする

(補足)
2の部分は法的にはNGな内容ですが、リアルな状況では子どもなど家族のマイナンバーカードは家で保管していて、親が代わりにかざすというシーンはよくあると考えています。
(家族全員揃わないと申請できなくなってしまいますので)
事前に「この人に申請を委任可能とする。」みたいな設定をマイナポータルにしておいて、カードを読まなくてもその人たちをリスト表示・選択できるという方法でもいいかもしれません。


↓この部分↓
2.ボタンを押すとマイナンバーカードの読み取りと認証画面が表示され、世帯員のマイナンバーカードを読み取る。
  これNGの可能性大→『世帯員がその場に居ない場合もあるので、2段階ログインのようにスマートフォンへメッセージを出して許可する方法もありかと。』

by 中石さん - 2020/10/18 16:36 問題を報告

マイナポータルのぴったりサービスとつなぐLGWAN-ASPの一括調達

当初からぴったりサービスの申請結果を受け取る方法は自治体任せになっていて、正直??でした。
受信サービスの提供が1社のみになるのが問題視されたのかもしれませんが、そのおかげで?ぴったりサービスの浸透は進まなかったと考えています、
ぜひ、国でぴったりサービスとLGWAN-ASPのインフラを提供いただき、申請データの取り込みができるようになると助かります。

by 中石さん - 2020/10/18 16:10 問題を報告

自治体システムの究極形態アイデア(自治体システム等標準化の先へ)

#002
ありがとうございます。
いま、自治体の業務システムの統一・標準化の加速策というのが来ていて「2025年までに標準化されたシステムへの移行を目指す。」となっています。涙

実は本質がずれていて、標準化されていないから進まないという問題もありますが、もう一つ、「自治体クラウドを実施するための体制づくり(協議会作って各市町村のトップが調印までする)の事業規模が大きすぎる」という問題も大きいのです。

なので、国がシステムを作って受け皿になり、時期をあわせてそれに乗っかるという形をしないと、標準化は実現してもその後の工程は依然として負荷や課題の多いままなのです。

今のまま進めると、2025に標準化。で、その次はどうする?になります。
次は市町村で共同の統合作業が必要?どの自治体と組んでクラウドにするの?
そこが明確化されておらず、ただ標準化を実現すれば解決すると考えて思考が途中で停止していることに危機感を覚えます。

手段の目的化にならないように気を付けねばですね。

by 中石さん - 2020/10/18 15:49 問題を報告

GIGAスクール構想で導入したタブレットを義務教育終了後に引き渡せるようにしたい

#006
GIGAスクールで導入するChromeBookについては、今までのパソコンという感覚から脱却し、単なる消耗品という扱いに意識改革する必要があります。
台数が台数なので保守費用を組んでしまうとかなりの金額になります。故障率から考えると予備を多めに買って対処した方が全体のコストはかなり圧縮されますので、ぜひ一度故障率年間10%(100台中10台)で計算してみるように担当部署にお伝えください。※小・中学生が使うので故障率をかなり高めに設定してます。
後は実績を見て適正な数値に正していくといいです。

企業としても修理に人的コストを割くよりいいので、社会全体でみると負担が下がる見込みです。

Educationの適応範囲については、Gsuite等のアカウントを一括で停止して渡します。
あとは新たな学校で配布されるアカウントでログインしなおすだけで済みますので、大きな問題はありません。

一番の課題はおっしゃるとおり「補助金で整備した端末の財産処分等の課題」で、ここは自治体の範疇では手が出せない領域に入るので、ここにアイデアとして出して制度整備をお願いしている次第

by 中石さん - 2020/10/18 15:38 問題を報告

#003
ご意見ありがとうございます。
もちろん、コンテンツはクラウド上にあることを想定しています。

機器のスペックについては、Windows10とChromeBookのことを言っておりました。

実際に両方のOSを検証しており、Windows10だとそのクラウド環境にブラウザで接続できる状態になるまで(ブラウザ起動した後は早い)にChromeBookよりも10倍近く時間がかかります。

かつ、Windows10の格安パソコンはCPUもパワー不足でディスクもeMMCを使っていたり、休み時間も5分しかない授業スケジュールのなかでこれは致命的です。
ChromeBookであればこのスペックでも全然早いのですが。

Windows10は組織で管理する以上、グループポリシーの適用なども入るのでどうしても遅くなりがちです。

ちなみに、いただいたコメントと今回のアイデアの本質にズレが生じている気がするのですが、既に導入済みの機器を義務教育終了後に渡すことに反対であると認識していますが、それに対してはいかがですか?

by 中石さん - 2020/10/12 13:15 問題を報告

#001
なるほど。確かにありかもしれません。

・運用の効率性からOSは統一したい。(MDMやセキュリティ対策も含む)
・タッチパネルがない機種を選ぶと授業で使いにくい。
・スペックの差で授業の妨げになるのを防ぎたい。
・単体購入よりも一括購入の方がコストメリットが高い。

以上の理由から、入学時によくある書道セットや彫刻刀セットを選べるようなイメージで、ある程度機種を限定してそれからセレクトしてもらうといけるかもしれませんね!

今回は一括導入を既に全国的にしてしまっているので、まずはそれをどうするか。。。

その後、いただいたスタイルに徐々にシフトしていくと管理しやすいかもです。
定額支給ではなく、1割負担で購入とかになりそう。。。

by 中石さん - 2020/10/12 00:51 問題を報告

自治体システムの究極形態アイデア(自治体システム等標準化の先へ)

誤:・自治体システム等標準化で仕様を定めた。
正:・自治体システム等標準化で仕様を定めたとして。

誤:業務感
正:業務間

誤字脱字多く申し訳ございません。

by 中石さん - 2020/10/11 23:38 問題を報告

自治体業務システムの機能サービス化(API化)を必須要件に

API化に賛成です。

今は税・国保・生保・介護など、別々のシステムが各々のシステムにその情報を格納して管理しています。

その場合、どうしてもデータの不整合が生じるリスクがあり、システム導入時もデータ連携基盤の構築と検証という作業とコストが生じています。

最近、なんでも連携・連携・また連携で、システムを止めてネットワークのメンテナンスがなかなか出来なくなってきています。
いつ、どの情報が、どこに連携されているのか。

今は把握できていますが、これから先より複雑化したとき、運用面の負担とリスクが上がり、どうしようもない状況が待っている気がします。

※マルチベンダーで構築している場合、ベンダーさんでは把握は困難です。

by 中石さん - 2020/10/11 22:50 問題を報告

選挙における電子投票を実現するための段取りアイデアです

#001
>国政選挙及び地方選挙への導入でしょうか。
 →そうなんです。まずは国政選挙からが一番いいと思います。
  国政がすれば、他の選挙は追従する想定です。

STEP2以降については、確かにおっしゃるとおりですね。
間にマイナンバーカードを使った本人確認が入りそうですね。

あとは私が時間軸を入れていなかったのが失敗です。

STEP1 5年以内に実現
STEP2 10年以内に実現(STEP1が浸透した先)
STEP3 いつ実現できるかわからない
をイメージしています。

#002
投票者の匿名性の確保もかなり大切ですよね。
有権者確認のシステムと、投票のシステムは完全に分離させた方がいいのか・・・

by 中石さん - 2020/10/11 19:28 問題を報告

PPAP(暗号化zipの添付廃止)

大いに賛成です。
1通目を見られている時点で2通目も見られてます。
「しばらくするとパスワードメールが届くんだよね」と傍受者が言っているという話は結構有名かと。

そもそも現在、ビジネスチャットが主流になってきているので、やり取りする相手が決まっているときはチャット、不特定の場合はWebフォーム、どちらも添付ファイルはボットで無害化。という感じになればよいと思います。
(例:LOGOチャット など)

もう、メールは無くしたい。
迷惑メールや標的型メール、広告メール・・・
全国の人がメールの処理にどれだけの時間を費やしているか・・・

by 中石さん - 2020/10/11 19:15 問題を報告

質問通告

インシデント管理と同じような対応ができるのであれば、質問通告を行う国会議員さんにとっても、デジタル化はメリットが高いと思います。
やってみたら、「あ。便利だった。」という結果になる確率が高い。
今はFAXをシステムか何かに手入力しているのですか?
その作業時間はあまり価値を生まない時間に分類されるので、無くす対象として良いと考えます。

by 中石さん - 2020/10/11 18:59 問題を報告

投票履歴 61

保育園の利用申請
外字の利用制限
質問通告

高評価コメント 5

他のユーザからの評価(★の数)の平均が4以上のコメントを表示しています。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

選挙における電子投票を実現するための段取りアイデアです

#007
わかります。私も同感です。
集会所に集めてみんなでスマホ使って同じ人に投票 → お金をもらう。
など、多くの不正が発生すると見込んでいます。苦笑

インターネット選挙は多くの人がアイデアボックスに投稿されています。
しかし、おっしゃっている懸念事項をまだクリアできていないのが現実なので、一足飛びでオンライン投票は無いと考えます。

そして、そこで思考停止してしまっていたのが今までの状態なんです。
私の提案はどちらかというとオンライン投票ではなく、「現実を見て、まずはできるところからやろうよ。」というスタンスのアイデアです。

さて、ご指摘いただいた懸念事項へのアイデアですが
想定される懸念事項が多すぎて、字が足りない…

ざくっと言うと#006 Kokさんのアイデアが素晴らしい。
それをいただいて
1.組み立て式・ドライブスルー型の小型かつ簡易投票所を作る。
  隔離・監視されたトンネルをイメージ。
2.そこでしかオンライン投票はできない。
  (不在者投票の人はまた別で)
3.期日前という考えを無くし、投票期間を長く。
足りん

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

行政職員専用のチャットの整備

#007
こういうサービスのことですね!
検索すれば出てくるのでもう貼ってしまいます。
https://prtimes.jp/main...00000532.000026811.html

今後、このようなサービスが増えてくると思いますが、YYYXXXさんのアイデアのとおり「全国の自治体の職員が参加している」ことが重要だと考えます。※できれば国・県も含めて。

なので、サービスが乱立して参加自治体がマチマチな状態では新たな事業に関する知やアイデアの共有レベルが下がると思っています。

また、自治体個別で予算化するとなると、まだまだチャットのメリットが浸透していない場合は費用対効果が十分に伝えきれず、依然としてメールと自力情報収集が続きます。

国の方で全国の自治体職員が使える仕組みを準備していただければ、これらのハードルも一気に下がるのでとても助かります。

1社のみであることが問題であるならば、データ部分を標準化・共通基盤化し、インターフェースを各社が提供するという方法も良いのではないかと。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

エクセル・ワード(紙)での照会・集計をなくそう

賛成です。
LGWAN-ASPからも使えるフォームもありますので、ぜひそちらを使っていただきたいです。
Excelで横長のやつの入力しにくさといったら・・・
23インチディスプレイでも入力しにくいのです。

そして、集計結果は省内でしっかり共有してほしいです。
似たような内容が国・県からよく来る気がしています。
まずは各省庁で、
・何のために
・どのような調査をどこに対して行っているか
を見える化して、無くせるものは無くし、統合できるものは統合していただければ幸いです。

きっと、回答結果はExcelのマクロで一括集計されていると思います。
質問内容が変わるたびにマクロの改修とチェックを行う時間が短縮できますので是非ご検討ください!

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

GIGAスクール構想で導入したタブレットを義務教育終了後に引き渡せるようにしたい

#006
GIGAスクールで導入するChromeBookについては、今までのパソコンという感覚から脱却し、単なる消耗品という扱いに意識改革する必要があります。
台数が台数なので保守費用を組んでしまうとかなりの金額になります。故障率から考えると予備を多めに買って対処した方が全体のコストはかなり圧縮されますので、ぜひ一度故障率年間10%(100台中10台)で計算してみるように担当部署にお伝えください。※小・中学生が使うので故障率をかなり高めに設定してます。
後は実績を見て適正な数値に正していくといいです。

企業としても修理に人的コストを割くよりいいので、社会全体でみると負担が下がる見込みです。

Educationの適応範囲については、Gsuite等のアカウントを一括で停止して渡します。
あとは新たな学校で配布されるアカウントでログインしなおすだけで済みますので、大きな問題はありません。

一番の課題はおっしゃるとおり「補助金で整備した端末の財産処分等の課題」で、ここは自治体の範疇では手が出せない領域に入るので、ここにアイデアとして出して制度整備をお願いしている次第

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

PPAP(暗号化zipの添付廃止)

大いに賛成です。
1通目を見られている時点で2通目も見られてます。
「しばらくするとパスワードメールが届くんだよね」と傍受者が言っているという話は結構有名かと。

そもそも現在、ビジネスチャットが主流になってきているので、やり取りする相手が決まっているときはチャット、不特定の場合はWebフォーム、どちらも添付ファイルはボットで無害化。という感じになればよいと思います。
(例:LOGOチャット など)

もう、メールは無くしたい。
迷惑メールや標的型メール、広告メール・・・
全国の人がメールの処理にどれだけの時間を費やしているか・・・

ページの先頭へ