misonoさんのページ | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


misonoさんのマイページ

ウェブサイト
http://nvsupport.org
自己紹介文
全盲の視覚障害者です。視覚障害者向けのスマホ講習やパソコン教室の主宰とともに講師です。
プログラミングが得意で視覚障害者向けアプリ開発なども手がけています。

投稿したアイデア 2

デジタル改革アイデアボックスをアレクサ対応にしませんか

misonoさん

すべての国民が情報にアクセスできる仕組みを考えるとき「音声による操作」は切っても切り離せないアクセシビリティの課題であると考えます。 情報弱者とも呼ばれる視覚障害者(目の見えない・見えにくい人)は、「デジタル改革アイデアボックス」にアクセスすること自体が困難です。... » 詳しく

目が見えない人にウェブページを読みやすく製作しませんか!(デジタルの光を!)

misonoさん

目が見えない人は画面読み上げソフトを使ってウェブページを音声で聞きます。 画面読み上げソフトにはパソコン用からスマホ用まで存在していますが、このような テクノロジーを活用した、ウェブページの読みやすさについては、まだまだ課題が 残されています。官庁のウェブページ自体... » 詳しく

お気に入りアイデア 0

まだお気に入りがありません。

投稿したコメント 4

デジタル改革アイデアボックスをアレクサ対応にしませんか

#005 シリだけで十分というかなり使いこなされている人がいてうれしく思いました!いずれにせよ、簡易な方法でアイディアに投稿できたらいいように思います。アイディアが多すぎて、まったく読み切れませんが。

by misonoさん - 2020/12/23 12:49 問題を報告

#003運営母体の承諾を得る必要があると考えますが、音声対話方式で実現できれば、ずいぶんデジタルの敷居が下がりますね。合わせて、そのような音声対話デバイスの設置については国が補助金を出して一人一人に設置してもらえ、さらにサポートも受けられるように体制作りが必要と考えています。地域生活支援事業でデジタル支援の枠組みができるよう願っています。

by misonoさん - 2020/12/22 12:35 問題を報告

視覚障碍者にもわかりやすいホームページの画面構成について

目の見えない人達は、画面読み上げソフトを使ってウェブページをナビゲーションしています。
そのときに音声で適切な情報を読み手に情報提供することは大切ですね。

by misonoさん - 2020/10/19 14:32 問題を報告

外部の力を使った小中学校でのICT教育の促進

視覚障害当事者です。
視覚障害のある子どもの場合には、通常のタブレット機器やパソコンでは学習ができません。
通常のタブレットやパソコンの機能に加え、画面読み上げソフトや画面拡大ソフトが必要です。
しかし、そのような特別な機器やソフトウェアを教えられる教員は、盲学校でさえもごくわずかです。
外部の専門機関の支援が必須であると考えます。

by misonoさん - 2020/10/19 14:04 問題を報告

投票履歴 5

上方障害者に助けを

高評価コメント 0

他のユーザからの評価(★の数)の平均が4以上のコメントを表示しています。

ページの先頭へ