ひらちゃんさんのページ | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


ひらちゃんさんのマイページ

自己紹介文
自己紹介は未記入です。

投稿したアイデア 1

PPAPで何から守りたかったのか

ひらちゃんさん

パスワード付き添付ファイルとパスワードを同経路で送信する、いわゆるPPAPの代替ですが、どんな目的でPPAPを行っていたのかを考える必要があると思います。 PPAPを利用していた主な目的としては、 1. 盗聴による漏洩から守る 2. 誤送信による漏洩から守る (ファイルを間違った宛先... » 詳しく

お気に入りアイデア 0

まだお気に入りがありません。

投稿したコメント 1

PPAPで何から守りたかったのか

#001 ほげさん、コメントありがとうございます!

そうなんですよね。E2EEを意識すると、最近嫌がられているウィルスチェックで検知できない問題があるので、あえて外したんですが、おっしゃるとおりです。
パスワードzipなら盗まれても、第三者は見れないという点もあります。


S/MIMEやPGPで暗号化と誤送信防止の両方というかそれ以上を解決できることはわかるのですが、母数が少ない分今よりはPGPなどが普及していた90年代後半から2000年代前半にパスワードzipが流行りだしたことを考えても、証明書や鍵管理は敷居が高いのではないかと考えています。

また、受け手側のウィルスフィルタが効かない、の問題はS/MIMEやPGPでも署名暗号両方やってしまえば残ります。

E2EEのEがWebメールの普及によりMTAに寄ってきていると思いますので、Webメール業者を信用するならそれほど悪くはないかと最近思い始めています。

いずれにしろ、暗号化の話と誤送信防止の話をごちゃ混ぜにしている人が多い気がしたので、何を守りたかったのかを考えた上で、実現可能な方法を選びましょう、という主張でした。

by ひらちゃんさん - 2020/11/22 16:37 問題を報告

投票履歴 1

高評価コメント 0

他のユーザからの評価(★の数)の平均が4以上のコメントを表示しています。

ページの先頭へ