下っ端吏員さんのページ | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


下っ端吏員さんのマイページ

ウェブサイト
ウェブサイトは未記入です。
自己紹介文
自己紹介は未記入です。

投稿したアイデア 1

電子申請が行える手続きをオプトアウト方式に

下っ端吏員さん

デジタル改革を進めていく上で、電子申請の利用は不可欠だと思います。地方でも平成16年頃から電子申請を導入している所が多いですが、ほとんど普及していない印象です。 普及しない原因として、都道府県市町村の条例がオプトイン方式(電子申請可能な手続きを予め規則等で定める)を... » 詳しく

お気に入りアイデア 0

まだお気に入りがありません。

投稿したコメント 3

市町村のシステム部門を都道府県に一元化

自治事務だからという理由で市町村がシステムを持っている事務は沢山あると思いますが、普通交付税の基礎になるような全国どこの市町村でもやっているような事務は、中央集権で処理してもいいんじゃないかと思います。
ただ市町村は、独自カスタマイズをあきらめて吊しの状態でシステムを使う覚悟は必要だと思います。

また、コメ主さんが言われているような「日本初」、「関西初」の様なシステムまで都道府県で整備しろと言われると厳しいんじゃないでしょうか。

by 下っ端吏員さん - 2020/10/15 20:16 問題を報告

国提出様式の固定、項目(内容)の削減

公文書は紙にプリントしたときの見た目を重視しているので、デジタル化にそぐわないWorkや神Excelが乱れ飛んでますね。

民間の方には信じられないかもしれませんが、役所には「公文書作成の手引き」なるものがあり、公印を押したときに美しく見えるよう文末のインデントまで決められています。

国への申請自体をフォーム入力で行えるようになればいいのではないでしょうか。

by 下っ端吏員さん - 2020/10/09 20:29 問題を報告

電子印鑑

#001
見た目はハンコの電子証明書があったら面白いですね。

ちなみに役所の場合は事務決裁規程というのがあり、どのようなルートで決裁を取るのかが決められています。電子決裁システムも既にあり、事務決裁規程のルートを外れることはできないようになっています。なので、印鑑を廃止しても最終責任者は明確になっています。

ただ、結局、どのような事を行うのかその都度、資料を見せつつ口頭で説明することになるので、じゃ最初から紙で説明してハンコをもらった方が早いじゃんとなります。

by 下っ端吏員さん - 2020/10/09 20:09 問題を報告

投票履歴 9

電子印鑑

高評価コメント 2

他のユーザからの評価(★の数)の平均が4以上のコメントを表示しています。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

公文書は紙にプリントしたときの見た目を重視しているので、デジタル化にそぐわないWorkや神Excelが乱れ飛んでますね。

民間の方には信じられないかもしれませんが、役所には「公文書作成の手引き」なるものがあり、公印を押したときに美しく見えるよう文末のインデントまで決められています。

国への申請自体をフォーム入力で行えるようになればいいのではないでしょうか。

評価の平均値
4
コメント日時
コメントしたアイデア

#001
見た目はハンコの電子証明書があったら面白いですね。

ちなみに役所の場合は事務決裁規程というのがあり、どのようなルートで決裁を取るのかが決められています。電子決裁システムも既にあり、事務決裁規程のルートを外れることはできないようになっています。なので、印鑑を廃止しても最終責任者は明確になっています。

ただ、結局、どのような事を行うのかその都度、資料を見せつつ口頭で説明することになるので、じゃ最初から紙で説明してハンコをもらった方が早いじゃんとなります。

ページの先頭へ