kensi999さんのページ | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


kensi999さんのマイページ

ウェブサイト
ウェブサイトは未記入です。
自己紹介文
自己紹介は未記入です。

投稿したアイデア 2

マイナンバーカードは、「キーホルダー」みたいに、気軽に使おう。

kensi999さん

2日前、市役所の市民課に行った。運転免許証を持っていくつもりで忘れた。結局本人確認ができなかった。私は、運転免許証はクルマの中に入れてある。そうしないと、運転するときに忘れる可能性があるからだ。もし、役所に運転免許証を持っていったら、今度はクルマに乗るときに忘れそうだ... » 詳しく

「マイナンバーカード」は、免許証と統合して「マイカード」へ。

kensi999さん

「マイナンバー」と言っても、自分が選んだ数字ではないので、親しみがない。また、「国民総背番号制」みたいで、イメージが悪い。そもそも、「マイナンバーカード」という名称が、言葉として長すぎる。そこで提案したいのが、運転免許証と統合されたカードを、「マイカード」と呼ぶのが... » 詳しく

お気に入りアイデア 0

まだお気に入りがありません。

投稿したコメント 7

「マイナンバーカード」は、免許証と統合して「マイカード」へ。

「マイカード」は三菱UFJ銀行が商標持ってますけど大丈夫ですかね?

紛らわしくて困るなら、「マイマイカード」とか、楽しい名前にしてもいいよ。その辺は、国民に広くカードの名前のアイデアを考えてもらうとか。もっとも、将来的には「生体認証」にして、「手ぶら」にするから。そもそも、カードを発行するという発想が、昭和や平成の考えですね。カードの発行に数千億円を使うなら、その税金で2026年までには「顔認証」「眼底認証」「指紋認証」にするべき。もう中国では、顔認証でOKらしいし、インドでも生体認証になってるとか。正確なことは知りませんが、「マイナンバーカード」を持って歩くのは、不便でしょ。個人が認証できればいいだから。6年後には、カードそのものを廃止して「生体認証」にするべき。

by kensi999さん - 2020/10/25 20:13 問題を報告

有効期間内マイナンバーカード更新時における本人確認書類を提示する必要を無くすべき

なんだかバカバカしい話だなと思いながら、このアイデアを読みました。もっとも私は「マイナンバーカードの更新」について、ほどんどの国民と同様に無知なので、しっかり調べてコメントするべきですが、とにかく手続きは簡単にしてほしい。「マイナンバーカード」に、10年間という「期限」があると知って驚きました。「マイナンバー」は、生涯不変と聞いたので、「カード」も更新する必要はないでしょう。この点が、まずバカバカしい。更新時に、本人確認証明が必要なのは、もうふざけてるとしか言えない。日本国民を行政機関は、バカにしているのか。有効期限が必要なら、「20年間」が適切だと思う。時期は、20歳、40歳、60歳、80歳の4回でいいよ。もし有効期限が10年間だと、人生で8回も更新する必要がある。面倒でしょ。1億人以上が、更新するとどうなるか。1年間に毎年1000万枚の「マイナンバーカード」の再発行があり、その事務手続きに、数千億円必要になる。無駄でしょ。将来的には、「生体認証」で、本人確認することになるから、10年後には「マイナンバーカード」は完全消滅しているし、消滅させるべき。とりあえず「指紋認証」がいいです。

by kensi999さん - 2020/10/25 00:48 問題を報告

免許とマイナンバーカードの統合に時間がかかり過ぎる問題

小此木国家公安委員長は、記者団に対し「運転免許証の情報をマイナンバーカードのICチップに登録して一本化する。住所変更などの手続きもワンストップ化され、住んでいる地域以外でも、更新手続きが可能になる」と述べ、早ければ2026年に、マイナンバーカードと免許証を一本化する仕組みを導入する方針を明らかにしました。

こんなことに6年もかかるのかよ。ハンコは、1か月で廃止の方向性が出せるんだからさ。本気になればもっと早くできるよ。そもそも、普及率が20%程度のマイナンバーカードに、すでに8000万枚以上発行されている運転免許証の情報を登録するという考えが、時間がかかる原因。発想が逆ですね。クラウドシステムを、2022年までに整備するそうだが、並行して一体化の準備ができるはず。なんだか「マイナンバーカード」の発行が目的化して、国民の利便性が後回しになっている印象だ。3人の大臣だけで方向性を決めるのも、問題がある。やる気があるなら、「遅くとも2026年までに一体化する」と、国民に向けて発表してほしいね。

by kensi999さん - 2020/10/17 11:49 問題を報告

運転免許証にローマ字を追加

運転免許証の漢字名の下に、ローマ字で名前を表記するアイデアに賛成します。私の持っているクレジットカードには、そもそも漢字名がありません。名前は、ローマ字で表記されています。漢字名は、サインするときに使用しますが、証明書には表記する必要はないです。考えてみると、漢字の読み仮名は、「ひらがな」「カタカナ」の2通りありますが、ローマ字表記をする書類はないと言っていいほどです。日本人は、小学校3年生からローマ字を習っていますから、アルファベットは読めます。最近は、外国人観光客のために、道路標識にも、地名をローマ字読み併記で書いてあるものが多いです。小学生も英語を勉強する時代になりました。役所に提出する書類も、名前のフリガナをローマ字表記にしてもいいです。たとえば、「紀子」は、NORIKO なのか、KIKO なのか、ローマ字表記の方が分かりやすいです。日本に毎年4000万人の外国人がやってくる時代になりました。身分証明書としての運転免許証の役割もあります。来年4月からの実行をお願いします。

by kensi999さん - 2020/10/17 02:10 問題を報告

マイナンバーカード取得の義務化など

中学3年生には、卒業式の前に、「マイナンバーカード」を配布することにすれば、日本国民としての自覚を意識できる。毎年100万人以上の中学3年生に配布するが、同時に家族にも持たせれば、普及率は大幅に向上する。現在2500万枚のマイナンバーカードが発行されている。自動車の運転免許証の発行数は、8000万枚以上だから、「マイナンバー」を自動車免許証に入力すれば、毎年1600万枚が「マイナンバー付き運転免許証」となる。中学3年生とその家族に配布する方法と、運転免許証に入力する方法を組み合わせれば、5年以内に普及率は90%を超える。運転免許証の更新ごとに、健康保険証やパスポートなど、加えればいい。ちなみに、名称は「マイカード」がいい。また、指紋認証などの生体認証を使えば、カードを持ち歩く必要はない。「手ぶら」なら、紛失の心配はない。自動車免許証は、警察の管轄なので、犯罪に使われる可能性が低くなる。国民にとっては、市区町村が発行するよりも、なんとなく安心だ。

by kensi999さん - 2020/10/11 21:48 問題を報告

住所や生年月日はもう書きたくない

10万円の特別給付金の申請書を思い出しました。そもそも、郵送で届くので住所や氏名が印刷されているのに、「住所」「氏名」「年齢」「性別」などを書いて、しかも「ハンコ」を押すという無駄な作業がありました。これは、受け取った役所の職員が、間違いがないか、すべて再確認しています。書かなければ、再確認も不要なんですが。総務省は2009年の定額給付金の申請書と「全く同じ」ものを使ってました。高市総務大臣(当時)の認識の低さに驚きました。3000億円を地方自治体の事務経費として気前よく支払って、「あとは知りません」というスタンスでした。銀行口座の番号等も含めると1枚確認するのに、5分はかかりますね。4月5月の忙しい時に、地方自治体の職員は休日返上で、残業代をもらいながら、働いてました。昔は、銀行で両替するときも、氏名・住所・性別・電話番号を、専用の用紙に書かされました。ハンコは持ってないと言ったら、押さなくていいと言われました。10万円の特別定額給付金が、3か月経ってももらえなかったのは、申請書の記載に間違いが多かったのも原因です。約半数に記入ミス(数字の書き間違い)があって、時間がかかったのです。

by kensi999さん - 2020/10/10 21:47 問題を報告

免許証にマイナンバーカードを含めてほしい

マイナンバーカードの発行枚数は、現在約2500万枚で、国民全員が持つためには、あと8000万枚発行する必要がある。発行手続きに1か月以上かかるものを、地方自治体職員数万人の手間をかけて、数千億円単位の税金を使って行うのか。バカバカしい。菅総理は、2年余りで国民全員が持てるようにしたいと言ったそうだ。現在自動車の運転免許証は、8000万枚以上発行されている。「マイナンバーカード」ではなく、運転免許証に「マイナンバー」を入力すれば、5年以内に国民の8割以上の発行が可能になる。ちなみに2年だとすると、24か月なので、一か月に330万枚発行することになる。1日1万枚発行できますか?ちなみに、運転免許証は、警察の管轄なので、犯罪に使われた場合、捜査がすぐにできる。国民としては、紛失した場合に、役所に届けて再発行手続きをして、さらに警察に行って紛失届を出す二度手間がなくなる。免許証と一体となった「マイナンバーカード」は、「マイカード」と呼ぶのがいい。親しみがわくし「マイカー・MYCAR」とひっかけてます。あと、指紋認証も付け加えると、「手ぶら」で便利、「カードレス社会」に対応できるので、よい。

by kensi999さん - 2020/10/10 21:16 問題を報告

投票履歴 8

高評価コメント 1

他のユーザからの評価(★の数)の平均が4以上のコメントを表示しています。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

マイナンバーカードの発行枚数は、現在約2500万枚で、国民全員が持つためには、あと8000万枚発行する必要がある。発行手続きに1か月以上かかるものを、地方自治体職員数万人の手間をかけて、数千億円単位の税金を使って行うのか。バカバカしい。菅総理は、2年余りで国民全員が持てるようにしたいと言ったそうだ。現在自動車の運転免許証は、8000万枚以上発行されている。「マイナンバーカード」ではなく、運転免許証に「マイナンバー」を入力すれば、5年以内に国民の8割以上の発行が可能になる。ちなみに2年だとすると、24か月なので、一か月に330万枚発行することになる。1日1万枚発行できますか?ちなみに、運転免許証は、警察の管轄なので、犯罪に使われた場合、捜査がすぐにできる。国民としては、紛失した場合に、役所に届けて再発行手続きをして、さらに警察に行って紛失届を出す二度手間がなくなる。免許証と一体となった「マイナンバーカード」は、「マイカード」と呼ぶのがいい。親しみがわくし「マイカー・MYCAR」とひっかけてます。あと、指紋認証も付け加えると、「手ぶら」で便利、「カードレス社会」に対応できるので、よい。

ページの先頭へ