JJTさんのページ | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


JJTさんのマイページ

ウェブサイト
http://
自己紹介文
日本で生まれ20代で米国へ移住。
60代リタイアを機に日本へUターン移住の帰化米国籍です。

投稿したアイデア 0

まだアイデアを投稿していません。

お気に入りアイデア 0

まだお気に入りがありません。

投稿したコメント 4

LINEのような通信インフラをデジタル庁が構築するチャンスなのではないか

米国籍です。
政府主導でメッセージシステムの構築をする事や民間企業・一般市民に特定のサービスの利用を禁止する事は難しいと思いますが、
LINEのように、個人情報漏洩防止法や通信の秘匿義務などの法律の無い国にサーバーを置いたり、海外資本の企業の電子通信システムを『国家&公務員が公用で』利用する事には厳重に規制をかけるべきだと思います。

LINEは大震災直後に、他にもメッセージシステムは多々あるのに政府(当時の民主党政権)が規制どころかあえて名指しで推奨して普及させたシステムですし、10年間も公務員が公用で使い続けている事は重大な懸念があると思われます。

ZoomもFBI、NASA、国防総省、各地の教育委員会が即座に「公務での利用禁止」を出しています。
個人が私用で利用する事は規制出来ませんが、公務での利用禁止は懸念が起きた時に迅速に発令するべきです。
情報漏洩の懸念を野放しにしている日本の現状は国際的には信じがたいです。

by JJTさん - 2021/03/20 16:02 問題を報告

国際運転免許証取得の手間をなくすため、運転免許証に英語表記追加

米国籍です
運転免許証にローマ字表記、西暦表記をする事には賛成ですが、国際免許証の所持を義務付けている国(ジュネーブ条約締約国)は、日本を始め多数の国で採用されています。
日本も表記言語に関係なく、外国の免許証だけでは運転出来ません。
同じ英語圏同士でも外国免許証だけでは運転出来ない国も沢山あります。
問題は免許証が英語表記かどうかだけではありません。

逆にカリフォルニア州道交法では(米国の他の多くの州も)国際免許証無しで非英語表示の母国の運転免許証で合法に運転出来ますが、国際免許が無いと英語表記のカリフォルニアの免許証だけで日本では運転出来ません。

by JJTさん - 2021/03/20 15:29 問題を報告

運転免許証にローマ字を追加

#001 米国籍です
免許証の名前は、パスポート&在留カードと同じアルファベット表記で姓・名・ミドルネーム順になっています。(カタカナ表記はありません)
米国パスポートとカリフォルニア免許証も姓・名+ミドルネーム順です。
住民票だけはローマ字表記の上にカタカナでフリガナが書かれています。
同じく姓・名・ミドルネーム順です。
明日にでもフランス人の友人の免許証がどう表示されているか(フランス語かどうか)見てみます。

by JJTさん - 2021/03/20 15:17 問題を報告

米国籍です
基本的には賛成ですが、米国の多くの州で(含むカリフォルニア)国際免許証無しで運転出来たりレンタカーが借りられる事と名前のローマ字表記は別の理由です。
カリフォルニアは国際免許証を持っていても母国の免許証が無いとレンタカーも貸しませんし、無免許運転扱いになります。
日本の漢字だらけで元号記載された現行の免許証だけでカリフォルニア州では合法に運転出来ます。
国際免許の代わりになるには名前だけではなく元号表記と免許区分も必要になります。

by JJTさん - 2021/03/20 15:00 問題を報告

投票履歴 4

高評価コメント 1

他のユーザからの評価(★の数)の平均が4以上のコメントを表示しています。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

米国籍です。
政府主導でメッセージシステムの構築をする事や民間企業・一般市民に特定のサービスの利用を禁止する事は難しいと思いますが、
LINEのように、個人情報漏洩防止法や通信の秘匿義務などの法律の無い国にサーバーを置いたり、海外資本の企業の電子通信システムを『国家&公務員が公用で』利用する事には厳重に規制をかけるべきだと思います。

LINEは大震災直後に、他にもメッセージシステムは多々あるのに政府(当時の民主党政権)が規制どころかあえて名指しで推奨して普及させたシステムですし、10年間も公務員が公用で使い続けている事は重大な懸念があると思われます。

ZoomもFBI、NASA、国防総省、各地の教育委員会が即座に「公務での利用禁止」を出しています。
個人が私用で利用する事は規制出来ませんが、公務での利用禁止は懸念が起きた時に迅速に発令するべきです。
情報漏洩の懸念を野放しにしている日本の現状は国際的には信じがたいです。

ページの先頭へ